FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

category :後期高齢者医療保険

ついに「廃止」の声が与党から!!

遂に舛添厚労大臣が
後期高齢者医療制度の「廃止」について言及。

このままでは与党は勝てないとの判断なんだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後期高齢者医療制度を廃止へ、厚労相が方針


舛添要一厚生労働相は19日夜、
記者団に対し
「後期高齢者医療制度を廃止し、それに代わる新しい医療制度を創設する」
との方針を明らかにした。
新しい制度には年齢で対象者を区切らないことや、
年金からの天引きを強制しない仕組みを盛り込む。
1年程度かけて議論する。

今年4月に導入した75歳以上が対象の後期高齢者医療制度は、
制度の周知が遅れたこともあり、当初から混乱の連続だった。
新しい制度では、
(1)年齢で対象者を区分けしない
(2)年金からの天引きを強制しない
(3)世代間の反目を助長しない仕組み
――の3点をセットで盛り込む見通し。

後期高齢者医療制度では、
保険証が届かない、
保険料の誤徴収、
年金からの天引きミス
などの不手際が頻発。
批判を受けて負担軽減措置の延長や制度見直しにも取り組んだが、
場当たり的な対応で制度はわかりにくさを増している。

日経新聞 (23:34)

すごいぞ!日の出町

75歳以上医療費 町が肩代わり  東京・日の出町 方針
2008年9月17日 東京新聞朝刊

東京都日の出町は、
後期高齢者(七十五歳以上)の町民が病院の窓口で支払う
医療費の自己負担分について、
来年度から町が全額を負担する方針を明らかにした。
「日本一、お年寄りにやさしい町づくり」を目指すという。

後期高齢者医療制度の保険料については町民自身が負担する。
厚生労働省によると、こうした自治体の取り組みは「聞いたことがない」という。

町によると八月一日現在、
後期高齢者医療制度の対象となる町内の被保険者は千八百三十人で、
町の人口(約一万六千人)の約11%を占める。
来年四月時点では約千九百人に増える見通しで、
後期高齢者医療制度を適用した場合、
医療費の自己負担分は計約八千五百万円と推計。
この分を来年度の一般会計予算に計上する。

青木国太郎町長は、財源について昨年十一月、
町内にショッピングモールがオープンしたことで
固定資産税の税収が増加しており、
これら増収分や経常経費の削減で捻出(ねんしゅつ)するとしている。

都によると、
日の出町では、全人口に六十五歳以上が占める高齢化率は24・91%(一月一日現在)。
島しょ部を除く都内の区市町村では、
檜原村(41・07%)、奥多摩町(38・32%)に次いで三番目に高い。

大阪市北区の医師会も立ち上がる

北区役所キャラバンでもらってきました。

20080905123509.jpg

全国で、
大阪で
医師会主催で医療決起集会が開かれています。

そして、きっちりと
「後期高齢者医療制度即時廃止」がうたわれています。


国会開会冒頭解散、総選挙・・・・・
などという憶測も流れていますけど、

間違いなく
後期高齢者医療制度を廃止するかどうかは
大争点になりますから。

与党のみなさん
覚悟をしてください。

兵庫の高齢者も立ち上がる

昨日午後は
神戸市医師会会館で開催された
「兵庫県高齢者大会」へ。

20080830073031.jpg

会場には120人が参加。

20080830073028.jpg

私は記念講演として「いまなにをすべきか高齢者」として
後期高齢者医療制度廃止運動の到達点と
その原動力となった「高齢者の怒り」について
そしてまさにいま「なにをすべきか」について
一時間お話させていただいた。

120人の参加者全員が
きっとこっちを向いてくださり、
とても真剣に聞いてくださった。

私は
半分兵庫の人間で
半分大阪の人間。

西宮で生まれ、
中学一年生の夏に宝塚に引越し
そして結婚するまで兵庫にいたから。

去年、今年、
神戸市、姫路市、加古川市、豊岡市、川西市での学習会で
話をさせていただいているので
「あんたの話楽しみにしてたで」
「久しぶりねえ」
などと沢山の方に声をかけていただいた。

10月には神戸市内各地で「シッコ」上映会が開かれる。
私はそのうち神戸ハーバーランド近くのホールで開かれる
上映会前に一時間医療の話をさせていただくこととなっている。



地域医師会が動きだした

後期高齢者医療制度廃止の声はますます大きくなっているのですが、

医師会の動きも活発です。

大阪府医師会は会内の主導権争いでごたごたし、
かつ後期高齢者医療制度に「賛成」の立場なのですが、
こうした府医師会に業を煮やした地域医師会が
活発に動き出しています。

7月31日、旭区民ホールで開催された
「後期高齢者医療制度に反対する旭区民集会」は
旭区医師会が主催し、同区の歯科医師会、薬剤師会が共催、
区内の老人会などから250人が参加しました。

当日、来賓の福島豊・公明党衆議院議員は
会場の高齢者から
「よくこれたな」
「どの面下げてきたんや」とやじが飛ばされ、
弁解に収支したといいます。

20080825112433.jpg

西淀川区では9月13日に区民集会が開かれます。
この集会の開催には、地元西淀川社保協が奮闘しました。

20080825111820.jpg

そして、
堺市医師会が呼びかけ、
いくつかの地域医師会との共催でシンポジウムが堺市内で開催されます。
堺市医師会は大阪府内でいち早く反対決議を上げ、
さらに府内の地域医師会に呼びかけ、
25地域医師会連名での決議をあげました。

20080825112435.jpg

幸せな長寿を全うできるかどうかが問題

毎日新聞の報道

でも幸せな老後かどうかが問題でしょう

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

平均寿命:過去最長の男79.19歳、女85.99歳

厚生労働省は31日、
昨年の人口統計を基に算出した日本人の平均寿命を発表した。

男性が79.19歳、女性が85.99歳で、いずれも過去最長。

国際比較では、
女性が2位の香港に0.59年差をつけ23年連続1位。
男性はアイスランド、香港に次いで3位。
男性が昨年より一つ順位を下げたが、長寿国を改めて示した。

平均寿命は、現在の0歳児が何歳で亡くなるかの予測の平均。
今回発表は、前年比で男性が0.19年、女性が0.18年延びた。
ただ、延び幅は男性が0.25年、女性が0.11年縮小。

0歳児の半数が生きると期待される年数(寿命中位数)では、
男性82.11年、女性88.77年となった。

一方、0歳児の将来の死亡原因としては、がんが最も高い。

男性は30%、女性は21%が、がんで死亡する計算だ。

心疾患と脳血管疾患を含む「3大死因」は男女とも50%を超え、
医療の進歩でこれらの疾患が完全に治療できるようになると、
平均寿命は男性が8.25年、女性が7.12年延びると推計している。

厚労省人口動態・保健統計課は
「3大疾患の治療が進歩していることや、
昨年はインフルエンザの大流行がなかったことが、
寿命の順調な延びにつながった」と分析している。

毎日新聞 2008年7月31日 19時39分

不服審査請求 どうすればひろげられるか

天王寺からくろしお号で「紀伊田辺」へ。
駅に車で迎えに来てもらい
西牟婁教育会館へ。

「第52回西牟婁母親大会」にお邪魔しました。

20080706224921.jpg


20080706224920.jpg


後期高齢者医療制度の話をしたのですが、
最後に

「不服審査請求」についても話をしました。

講演の後の質問で
「不服審査請求はどうやってすることができるのか」
という質問が出ました。

田辺市役所がこれまで介護保険料や国民健康保険料で
不服審査請求を受理したことがあるのかどうか、
不明ですが、

とにかく、和歌山県に電話をして
申請の仕方や、申請用紙を
最寄の田辺市役所に置くように要請してください。
申請用紙に必要事項を書き入れて
市役所に提出すれば完了です、
と話をしました。

80歳の方だったので、
大阪社保協のホームページをみてください、
というわけにも行きませんからね。

大阪の場合は、
介護保険料の不服審査請求運動の歴史があるので、
役所で「後期高齢者医療保険料の不服審査請求がしたい」
と申し出れば
多分大阪府が作成したマニュアルや申請用紙をだしてくれると思います。

全国に後期高齢者が1300万人います。
その1%の13万人を目標に不服審査請求をしてはどうでしょうか。
大阪はその1割の1万3千人を目標に。

これまでの大阪での不服審査請求の最高数が
おととしの介護保険料の不服審査請求2000件です。
少なくとも
これの数倍を目標に。

地域で組織をすれば、
知らせれば、
やりたいという高齢者は多いはずです。

大阪でもそろそろ後期高齢者医療保険料の本算定通知がとどきます。






後期高齢者医療「新署名」と不服審査請求運動推進のために

今朝
「6.12やめてんか後期高齢者医療 おおさか総行動」実行委員会で

後期高齢者医療制度の新署名(請願項目 参議院で可決された「後期高齢者医療制度廃止法案」を衆議院でも直ちに審議し、可決してください)の取組と
不服審査請求運動を一気にすすめていくため

「後期高齢者医療新署名と不服審査請求 運動スタート集会」を
開催することが急遽決定しました。

□日時 2008年7月17日(木)午後2時~4時

□場所 大阪民医連

□内容 新署名と不服審査請求を一気にすすめていくための意思統一

各地域社保協、年金者組合や生健会などの地域組織のみなさん
ぜひご参加ください。

面白い学習会でした

昨日の
白浜の将来を考える会主催の「後期高齢者医療制度学習会」

会場の農業振興会館には
50人ほどの、多分後期高齢者のみなさんが参加。

半分以上は
白浜の将来を考える会員以外だとか。
会員は30人程度しかいないということですから
当然ですよね。
やはり関心の高さを感じました。

講演の前に私の前にやってきたおじいさん。

「私、二階の親戚です」

二階とは、
自民党の二階敏博氏のことでしょうね。
おおっ、さすが地元。

白浜町の保険課長さんもきていたとか。

私の後期高齢者医療制度学習会の特徴は、
とことん医療内容、つまり後期高齢者だけの診療報酬を話すこと。

「そんな話はじめて聞いた」とか
「広域連合も役場もそんなこと一言もいわない」とか
そういう感想がいつも寄せられます。
「診療報酬の勉強をしたい」という積極的な声も寄せられました。

私も
今回は診療報酬の勉強をとことんしました。
診療報酬がわからないと医療は語れないんだということも実感。

それと
これまでの介護保険と国民健康保険の運動と学習の蓄積があったので
後期高齢者医療制度の制度的な問題点もよく理解できました。

昨日の学習会には
今年初めて着てみた小千谷縮
ほんとうにさらっとして着易い麻の着物です。
私はこの小千谷縮が大好きで
今年はもう一枚小千谷縮を誂えたいな・・・と思っているのですが。

20080616195054.jpg


私はなぜか
和歌山の皆さんからの学習会講師のお呼びがよくかかり、
7月6日には田辺で開かれる「西牟婁母親大会」へ。
ここでもやはり後期高齢者医療制度の学習会です。



なんでやねん!やめてんか!コール響く

今日は
「やめてんか!後期高齢者医療制度 6.12怒りのおおさか総行動」があり、
大阪の高齢者はじめ約500人が大阪城公園に集結。

昨日の夜は結構雨が降ったけれど
今日はとてもいいお天気。

15分間のスタート集会ののち、
大阪府警前→大阪府庁前→自民党大阪府連前→近畿厚生局→NHK大阪放送局
とぐるっと1時間をかけてパレードした。

20080612144845.jpg


20080612144846.jpg


200806121448462.jpg


200806121448464.jpg


200806121448466.jpg


今日のパレードは

「シュフレヒコール」なんかはしない

「・・・・・やめてんかっ!」

「・・・・・なんでやねんっ!」

と、大阪弁全開で声を上げる。

ちょうどお昼休みの時間だったので
ビジネスマンも面白そうにこっちをむいてじっと見ているかんじ。

NHKや読売テレビ、朝日新聞なども取材にきて
とても盛り上がりましたよ。

6月12日に高齢者が怒りの行動

国会最終盤の6月12日に
大阪府庁周辺を包囲する
やめてんか後期高齢者医療制度 6.12怒りのおおさか総行動」を実施します。

後期高齢者医療制度に怒りをもっておられる方、
どなたでもご参加いただけます。


やめてんか!後期高齢者医療制度 6.12怒りのおおさか総行動


◆行動時間 6月12日(木)午前11時45分~午後1時過ぎ

◆行動場所 大阪府庁周辺

◆行動規模 500人

◆行動スケジュール

11:45  スタート集会 場所 教育塔前
12:00  パレード出発
       大阪城講演教育塔
         ↓       
       大阪府警前交差点右折
         ↓
       大手前交差点左折(国民会館前)
         ↓    
       谷町1丁目交差点左折(大阪合同庁舎第3号館)
         ↓
       谷町筋南下
         ↓
       自民党大阪府連本部前
         ↓
       谷町4丁目交差点左折
         ↓
       近畿厚生局(合同庁舎4号館)

※12時に近畿厚生局・大阪府広域連合・大阪府・自民党大阪府連に対して
 要請書提出行動を行います。

13:00  近畿厚生局まえで流れ解散

◆統一カラーはオレンジ色です。

出来るだけオレンジ色のもの(Tシャツ・帽子・傘・ハンカチなど)を身に付けてお集まりください。事務局でオレンジのバンダナも用意します。

◆怒りをあらわしたパネル・看板・横断幕・プラカードなどお持ちください。

不服審査請求をすることの意味

先週5日に
大阪府後期高齢者医療広域連合と懇談をした。

その中で広域連合は

保険料の年金天引きについて
「そんなに苦情はきていない」
それどころか、
「なぜ4月に年金天引きされないのかという問い合わせも多くあった」
とまでいった。

年金天引きに対する怒りは強い。
しかし、
思っているだけではだめなのだと痛感した。
そのためには
不服審査請求をすることが必要だ。

4月の保険料仮算定に対する大阪の不服審査請求は300件ほど。
でもこれくらいの数字では
「あまり苦情はきていない」
という評価になるということのようだ。

7月中旬以降、
本算定通知が届く。
この時に驚く数の不服審査請求が提出されないと
「そんなに苦情はきていない」
ということとなる。

不服審査請求は電話での苦情とは違う。

2006年には介護保険料に対して
大阪では2000件の不服審査請求がされた。
せめてこれくらいの規模でないと。

7月8月の不服審査請求については、
大阪の高齢者全体に対する呼びかけと大きな取り組みが必要となる。

予想通りですけどね

昨日の沖縄県議選の結果は予想通り。

後期高齢者医療制度への怒り
あんな与党の見直し策でガス抜きできるなんて思ってるのか。

特に年金80万円以下の方の
保険料年金天引きは
同居するこどもなどの口座から引き落としができるなら
選択性にできるなんていう見直し策
与党のKY(空気読めない)にもほどがある。

学習会でもこの話をしたら

「こどもにそんなこと頼めるわけないやろっ」
と高齢者の怒りに油を注ぐだけ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

沖縄県議選、与党が過半数割れ…高齢者医療への批判か

6月9日1時6分配信 読売新聞


沖縄県議選(定数48)は8日投開票された。
改選前に27議席を確保していた自民、公明などの県政与党は
22議席で過半数を下回り、
野党24議席、野党寄りの中立2議席となった。

後期高齢者医療制度(長寿医療制度)に対する
有権者の批判が影響したとみられる。
野党は仲井真弘多知事が推進する
米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の県内移設に反対しており、
与野党逆転により、移設計画にも影響が出そうだ。
投票率は過去最低だった前回の58・72%を下回る57・82%だった。

立候補したのは、14選挙区に計74人。
うち2選挙区(3人)は無投票だった。
野党側は前哨戦から党首クラスを投入し、
後期高齢者医療制度の廃止を主張。
与党系候補は制度の運用改善を訴えたが、逆風をかわしきれなかった。

当選者の内訳は、
与党が自民16人(改選前20人)、
公明系会派5人(6人)、
無所属1人(1人)。

野党は社民系会派8人(9人)、
民主4人(1人)、
共産5人(3人)、
諸派5人(5人)、
無所属2人(1人)。
中立は2人(1人)。
改選前は欠員1。

国会最新情報

後期高齢者医療制度廃止法案は29日に参議院で審議入りしました。

参議院は火曜日と木曜日ですので

6月3日(火)の参議院の厚生労働委員会で
午前10時から6時間コースで審議されます。

午前中は
民主100分

午後は
自民150分
公明70分
共産20分
社民20分

とのことです。

医師会の提案、すごくいいと思う

今日のキャリアブレインニュースから。

こういう提案
すごくいいと思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高齢者医療制度は「保険」でなく「保障」で

後期高齢者医療制度の見直し論議が高まる中、
日本医師会は5月28日の定例記者会見で、
「高齢者(75歳以上)のための医療制度」を公表した。
同制度への「対案」とも言うべきもので、
政府・与党にあらためて提案・説明している。

中川俊男常任理事はまず、
現行の後期高齢者医療制度について
「わたしたちは『保障』であるべきだと考えているが、
現実は『保険』になっている」と批判。
その上で、
▽75歳以上を手厚くする
▽今までと同じ医療の提供
▽医療費の9割は公費(国)で負担
▽高齢者の負担は保険料と一部負担を合わせて1割
─の4項目を柱とした制度を提案した。

案では、公費9割負担について、
現在公的医療保険に投入されている
公費の総額10兆円をすべて高齢者に集中し、
不足する約1兆円は国の歳出見直しや新たな財源で対応するとした。
その場合、
一般医療保険に投入されている公費4兆8000億円が
高齢者医療制度に回ることになるが、
後期高齢者支援金4兆7000億円がなくなるため、
全体として見れば当面収支が均衡する。
国保、政管健保、組合健保、共済の保険者間で財政調整を行う。

被用者保険では、事業主負担や保険料上限の見直しを行い、増収を図る。
非正規雇用や無職世帯の増加を背景に、
医療費に占める事業主の負担割合は年々低下している。
このため、
非正規雇用にも被用者保険加入の道を開くなどの方策を講じるべき
としている。
また、
現在保険料率は年収約2000万円で比例が終わり定率となるが、
この限度を引き上げて増収を図るべきと主張した。

国保についても、
保険料の付加限度額の上限を引き上げるなどの方策を求めている。

こうした増収策を取った上で、
特定財源の見直しや消費税引き上げ分を新たな財源とすると主張している。

さらに、
2008年度を後期高齢者医療制度のスタートラインと位置付け、
老人保健法改正時と同様、
公費負担割合を段階的に引き上げていくとした。

怒りの声を与党議員へ

6月12日、

「やめてんか!後期高齢者医療 6.12怒りの総行動」
を実施することが今朝決まりました。

6月13日は二度目の保険料年金天引き日です。

いまも大阪社保協事務所には
東大阪のⅠさんとうおじいさんが見えていて
怒りの声をどうしたらいいかと相談にこられています。

Ⅰさんには
国会情勢をお話しました。

23日に野党4党から参議院に提出された「廃止法案」は
多分今日29日に参議院厚生労働委員会審議入りし、
3日の委員会にも可決して、
そして衆議院に送られます。

問題はそれからです。

与党がすぐに否決するかどうか、
それは世論次第です。

そのため、
いま、Ⅰさんには大阪選出与党議員への手紙を書いてもらっています。

誰に宛てて書いてもらっているのか。

この2人です。

二人とも衆議院厚生労働委員です。
あなたも怒りの声この2人の与党議員にメールしてください。

谷畑孝 自民党衆議院厚生労働委員  メールtanihata@gold.ocn.ne.jp

【国会議員会館】
〒100-8981 東京都千代田区永田町2-2-1衆議院第1議員会館726号
Tel 03-3581-5111(代) Fax03-3508-3726

【八尾事務所】
〒581-0003 大阪府八尾市本町5-1-3グランフェル八尾2階
Tel 072-994-5005

【柏原・羽曳野・藤井寺】
〒583-0017 大阪府藤井寺市藤ヶ丘3-12-14
Tel 072-937-3100

福島豊 公明党衆議院厚生労働委員 fuku21yu@nifty.com

【国会議員会館】
〒100-8982 東京都千代田区永田町2-1-2衆議院第二議員会館738号
TEL.03-3508-7488  FAX.03-3508-3368

【守口事務所】
〒570-0027大阪府守口市桜町5-9ギャラント石土第2ビル201号
TEL.06-6992-8881 FAX.06-6992-8887









 

今日、後期高齢者医療廃止法案参議院提出へ!!

今日、いよいよ後期高齢者医療廃止法案が参議院に提出されます。

本日のキャリアブレインニュースから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

4月に始まった「後期高齢者(長寿)医療制度」について、
民主、共産、社民、国民新の野党4党は5月23日、
同制度の廃止法案を参院に共同提出する。
廃止法案は、同制度を来年4月1日に廃止して
元の老人保健制度に戻すことを柱とする内容で、
参院で参考人招致や地方公聴会を行い、徹底的に審議する方針。

野党関係者によると、
「後期高齢者医療制度は、
75歳以上の高齢者に適切な医療を確保するものではなく、
一日も早く廃止すべき」として、
廃止法案を参院で早期に可決して衆院に送る予定だった。
しかし、衆院では、与党が十分な審議に応じないことが予想されるため、
まず参院で徹底的に議論することにしたという。

廃止法案には、
同制度の来年4月1日の廃止のほか、
後期高齢者保険料を年金から天引きする特別徴収を
遅くとも今年10月1日までに停止することや、
同制度の導入前に被扶養者だった人の保険料徴収を
政府が6か月間「凍結」している措置について、
これを1年間に延長することなどが盛り込まれている。

2008/05/22 19:08 キャリアブレイン

私らどうしたらいいんですか

昨日の午後は
高槻市にある槻ノ木荘という盲の方のための養護老人ホームで
後期高齢者医療制度学習会。

私は時々障害をお持ちの方の前で講師をさせていただくが
昨日は盲の、それも殆ど後期高齢者の方ということで
レジュメは使わず、
私の話だけでさせていだいた。

一時間
そして分かりやすい言葉でゆっくりと。

怒りの声が上がったのは
後期高齢者の医療内容。

私はいつもこんな風に後期高齢者の医療について話す。

「75歳になったらね・・・・・こういう風に言われます。

なるべく医者に行かんようにしてください。
薬はなるべく少なく、絶対に重ならんように。
入院もなるべくせんように。
入院したら、出来るだけ早く退院してください。たとえ末期がんであっても。
それから死ぬときは病院以外で死んでください。
そうそう、生きているうちに死に方考えておいてね。

これが後期高齢者の医療です。」

と。

この内容は、この4月に新しく作られた
後期高齢者だけの診療報酬に具体的に書かれています。

基本的に貫かれているのが
「75歳過ぎたら、もうどうせ死ぬんだから
無駄な医療費は使わんといてください」
という考え方です。
そもそも、後期高齢者医療制度が規定されている
「高齢者の医療の確保に関する法律」というのは、
医療費の適正化(国家財政にとって今医療費が適正ではないので削る)のための法律だからです。


一時間話をした後、
質疑応答になりました。

いろんな質問がでたあと

最後に体の小さいおばあちゃんが・・・
「私ら、どうしたらいいんですか・・・。」と尋ねられた。

「お願いしいたいのは声を出すことです。
それも怒りの声です。

私ら年寄り大事にせえ、
私ら昔から年寄りと違うで、
戦前・戦中・戦後がんばってきたんやで、
年寄り馬鹿にしたらあかんで

って。
絶対、私らもう死んだほうがいいんやなって思わんといてください。

みなさんは、署名書きにくいでしょ。
電話してみてください。
自民党・公明党の国会議員には
あんたらえらいもん、決めたな、これから大変なことになるでって。
民主党の国会議員には
本当に後期高齢者医療制度廃止させたいと思うなら
早く国家意義審議入りさせてくださいって。

もう、我慢したらあきません。

行動する後期高齢者になってください。」

マスコミ関係者のみなさんへ

いま後期高齢者医療制度の関係で
様々なマスコミ関係者からの取材要請が殺到しています。

マスコミ関係者といってもいろいろです。

テレビ局の記者やディレクター
新聞記者

このごろ多いのは
番組制作会社のディレクターなど。

一番多い取材要請は、
「こういうひと紹介してください。」という要請。
いまは、
「後期高齢者医療制度で困っている人」というのが多い。

具体的にいえば
保険料が高くて困っている人、
保険料が年金天引きされて生活ができない人
医療が制限されて困っている人・・・・
こういう人で顔を出して話してくれる人。

そう
すべて後期高齢者ですからね、
70歳代後半から80歳代90歳代の高齢者です。

でもね、考えてみてください。

保険料が年金天引きされて・・・・という場合、
自分の年金収入がいくらいくらって、そう簡単にいえます?
私は親の年金額や所得がいくら知りませんよ。
ましてや見ず知らずの人に私の給料はねとか年金はねっていいますか?
そんな失礼なこと、普通聞かないでしょう。

先日の後期高齢者医療なんでも110番で
何で年金額や収入などを言ってくれたかというと
電話相談だからですよ。
顔見えないからです。
だから安心して相談してくれたんです。
「あとでこちらからご連絡しますので、電話番号を教えてください」といっても
殆どが拒否です。

それと、マスコミのみなさん。
相手が高齢者だという認識をキチンとしてください。

やっと説得して取材に応じてもらったら・・・
制度のいろはも分かってない人から
根掘り葉掘り長時間聞かれるわけですから
そりゃあ身体的にも精神的にも負担ですよ。

その上で、
指折り数えて放映を楽しみにまっていたのに
いざ、実際のテレビ放映で全く使われていないとなったら・・・・・
そりゃあ、もう次から取材になんて応じてくれないですよ。

高齢者を傷つけるような取材には
私は応じられません。

マスコミに顔をさらして発言すること
高齢者にとってどんなに大変なことなのか
よくよく考えたうえで、取材要請をしてください。
おねがいします。


これ以上の犠牲者をだすな!!

高齢者を絶望の渕に追いやる後期高齢者医療制度
今すぐやめさせなれば
続く高齢者がでる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「後期高齢者医療で大変」58歳、87歳母と無理心中か
朝日新聞2008年04月21日21時27分

山形市岩波で20日午後2時40分ごろ、
無職長橋安男さん(58)宅で、
安男さんと母親のキミ子さん(87)が死亡しているのを
訪ねてきた安男さんの弟が見つけた。
山形県警山形署は遺書があったことなどから、
安男さんがキミ子さんを殺し、自殺した無理心中とみて、調べている。
安男さんは近所の人に「
後期高齢者医療制度で保険料が年金から天引きされ、生活が大変だ」
と相談していたという。

同署によると、
弟が自宅敷地内の物置小屋で安
男さんが首をつって死亡しているのを発見した。
キミ子さんは自宅寝室で死亡しており、首を絞めた跡が残っていた。
キミ子さんは認知症の症状やぜんそくの病歴があった。
茶の間のこたつの上に安男さんが書いたとみられる遺書があり、
キミ子さんの入院についての悩みのほかに「生きていくのに疲れた」とあったという。

安男さんは20日午前6時ごろ、地区の民生委員(68)に、
腰を痛めて入院していたキミ子さんが5日ほど前に退院したが、
認知症の症状が現れ始めたことを相談。
「(新制度で)保険料が上がったし、
再入院するには、医療費も上がり、大変だ」と話したという。
近所の人にも、介護のために仕事を辞め、
キミ子さんの年金を生活費に充てていたとし、
保険料が天引きされ、生活が苦しいと漏らしていた。

21日に民生委員と新しい医療制度で入院費がどうなるか、
山形市内の病院に話を聞きに行く約束をしていたという。


プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク