FC2ブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

date :2006年11月22日

許せない

今朝の朝日新聞に「生活保護 使いやすく自立しやすく」という社説が掲載されました。
厚生労働省が進めようとしている「生活保護改悪」のお先棒を担ぐような文書に怒り心頭です。
なぜ生活保護費が増え続けるのか、その根本的な原因にはなんら触れずに、いかに減らすかということだけを書いています。

いまでさえ「本当に必要な人」が生活保護を受給していない現実。
北九州市の生活保護現場で何がおきているのか。
老齢加算が削られて100均の商品でさえ、悩んで悩んでかわずにあきらめるという高齢者。
母子加算が削減され、どうやって高校生の子どもの修学旅行代を工面しようかと悩んでいるお母さん。
暑い日も寒い日も部屋にいられないから120円の切符買って一日中環状線をぐるぐるまわっている人。

誰だって、生活保護は受けずにいたい。
働いて、暮せるだけの給料がもらえるなら、生活保護を受けずにすむ。でも、働けない。
働いても暮せるだけの給料がもらえない。
いまは若い人でも、大卒でも半分は非正規労働。40歳過ぎたら技能や資格がなければ仕事なんてない。

現実をみることもせず、机上だけで文書を書く人たち、一度外にでて、地域を歩いてみたらどう?


「生活保護 使いやすく自立しやすく」

 厚生労働省は、増え続ける生活保護費を抑えるため、来年度予算で「母子加算」などを減らす方針を決めた。
 病気や失業で自活することが難しくなった時、最後の支えが生活保護だ。貧富の差が広がり、その役割はますます重要になっている。
 しかし、保護費は総額2兆6千億円にのぼる。財政再建が急がれる中で、生活保護だけを聖域にするわけにはいかない。予算のつじつま合わせに終わらせず、この際、本格的な改革につなげて、本当に必要な人には行き渡る仕組みにしてもらいたい。
 厚労省が削ろうとしている「母子加算」は、一人親の家庭に上乗せされている。この支給条件を就労の有無によって厳しくしようというのだ。
 保護を受けていない母子世帯と比べると、保護世帯の収入は、加算をやめても必ずしも低くなるわけではない。月2万円余りの支給の対象を絞り、段階的に減らしていくのはやむをえまい。
 家を持っているお年寄りには自宅を担保にした生活資金の貸付制度を利用してもらい、保護の対象からはずす。こんな案も浮かんでいる。お年寄りにはつらいだろうが、仕方があるまい。
 生活保護については極端な議論がある。「支給の条件が厳しすぎる。認められないで餓死した人もいる」「いや、甘すぎる。暴力団員ももらっている」
 現実には、福祉事務所の窓口で相談して、保護を受けられるのは3人に1人といわれている。本来保護の対象でない人は外さねばならないが、本当に困っている人にはもっと広い門にする必要があるだろう。
 同時に、生活保護から出やすくすることにも知恵を絞ってもらいたい。
 その点で、知事会などがつくった検討会が提言した「有期保護制度」は参考になる。現役世代の支給期間を最大5年とし、その間に集中的に自立を支援しようというのだ。
 横浜市が始めた就労支援専門員にも注目したい。ハローワークのOBらを福祉事務所に配置し、受給者の職探しを手伝っている。その結果、昨年度は260世帯が保護からはずれ、保護費が4億7千万円減った。
 保護費の半分余りを占める医療扶助の見直しも欠かせない。市町村の国民健康保険に加入し、保護費で保険料や自己負担分を払う仕組みを考えてもいい。
 生活保護の中で衣食を賄う生活扶助は国が責任を持ち、医療や住宅、教育など残りの扶助は権限と財源を地方に移す。地方の一部からは、こんな提言も出ている。住宅や教育は自治体が責任を持って運営した方が、実情に合って効率がいい、という考えからだ。
 厚労省と地方団体は昨年、生活保護の補助金の削減をめぐって激論を繰り広げ、決着がつかなかった。使いやすく自立しやすい仕組みにするため、いまこそ前向きな議論をしてもらいたい。

スポンサーサイト



プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク