FC2ブログ
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

date :2007年12月

大人の遠足でした

浜坂から城崎へ

城崎は子ども達が小さいときから何度も何度も行った場所

平日の月曜日でも
結構観光客が沢山
みんなお目当ては松葉蟹

でも私達は昨日かに三昧だったので

昼ごはんは但馬牛に

城崎ビール片手に
但馬牛やビーフシチューに舌鼓

おなか一杯になったら
マリンワールドへ

大人になっても
動物園と水族館は楽しい

・・・・

2日間ゆっくりして感じたこと

大人にも遠足が必要です
うきうき楽しい旅は
明日への活力

さあ
今年もあと少し、
ラストスパート頑張りますかっ!!






湯村、浜坂、そして余部

旅館の朝は朝風呂からスタート

湯村温泉のお湯は本当に柔らかで
お肌がすべすべします。

朝ご飯を急いで食べて
私は着物を着つけ

昨日今日と着物で通しています。

湯村温泉からバスで浜坂駅へ

浜坂駅から城崎行まで時間があるので
駅前の喫茶店に
40年続けているお店だそうで
店内も雰囲気がありました。

城崎行の汽車に乗り込み

お楽しみは余部鉄橋

これから初めてわたります。

かにと温泉と足裏マッサージ

今日明日は疲れを癒やしに温泉旅行

仲間達と
大阪梅田バスターミナルからバスに乗り
湯村温泉へ

ちょっとした遠足みたい

大阪駅のイカリスーパーで
お弁当やらおつまみやらビールをやまのように買いこみ
バスが出発した途端に車内は宴会場に
周りのお客さんご迷惑をおかけしました

三時間で湯村温泉に到着

晩御飯はカニ三昧

温泉はかけながしでものすごく温まるいいお湯

もちろん大好きな足裏マッサージも

ああ極楽極楽

あしたは
余部鉄橋をわたります

今夜門真へ行く

今夜門真社保協の会議に参加する

目的は
来年実施したいと考えている
「門真住民生活実態調査(仮称)」の相談で

昨日から
調査企画骨子案を考えていた。

門真市はいわずと知れた松下電器産業の企業城下町

そして門真市の所得データ、社会保障データを調べたが

改めて・・・・
驚きだった

・生活保護率 40.59‰(2007年3月末、ちなみに大阪府平均16.02‰)  
・国民健康保険滞納率57.1%(大阪社保協アンケート2007.3末現在)
 滞納率というのは、国保加入世帯でどれくらいが100%払いきれていないかという割合

・国民健康保険料2006年度収納率77.2%(全国ワースト1)
 収納率というのは、加入世帯が1年間に収納すべき国保料がどれだけ払われているかという割合

・一人当たり平均所得  311万円(大阪府内最下位)

・・・・多分門真市の多くのデータが全国ワースト1になる。

松下電器産業は単なる企業ではない

日本を代表する「世界のパナソニック」だ。

門真市の歴史と現状は
日本資本の変遷とも切っても切れない関係にある。

今夜
地元のみなさんとざっくばらんにお話をさせていただいて
実態調査について
具体化していきたいとおもっている。



来年まであと少し

明日は今年最後の事務局会議

今日は一日中
パソコンの前にはりついていた

来年3月には総会があるし
来年の運動方針も考えなきゃ

後期高齢者医療のこれからの運動のことも

でも
なかなかパソコンの前にいても
閃かないものです

動きなが考えるのがいいみたい

明日また朝考えよう

今週末から
お楽しみがあるので

明日は仕事に集中集中

認知症にならない生き方

先日の日曜日の大阪高齢者大会

午後の分科会での
大阪府歯科保険医協会・K先生のお話がとてもよかった。

75歳を過ぎると
男性では5人に一人
女性では4人に一人が
認知症になるという

認知症に
なる人ならない人

三浦敬三さんの生き方についてのお話があった。

三浦敬三さんは
三浦雄一郎さんのお父さん

還暦を過ぎてから海外での滑降を始め
70歳の時にヒマラヤ、
77歳でキリマンジャロを滑降。
88歳の時には、アルプス・オートルートの完全縦走を果たす。
99歳でモンブラン山系のヴァレブランシュ氷河からのスキー滑降を成し遂げ、
100歳で、アメリカのスノーバードで親子孫曾孫の4世代での滑降を行った。

そして
2006年1月5日、101歳で死去。

三浦さんは
スキーが滑りたいという一心で
食生活は和食中心に肉、豆腐などのたんぱく質を多くとり、
そして毎日筋肉トレーニングを欠かさなかったし
もちろん
ずっとしっかりとした生き方をされた。

三浦敬三さんの奥さんは
入院を機に認知症に。

敬三さんが認知症にならないで
なぜ奥さんは認知症になったのか。

奥さんは夫や息子のサポートをすること生きがいを感じていたが
自分自身で「これをやりたい」と強く願うものがなかった。
敬三さんは
「スキーがやりたい」という強い気持ちがあり
入院してもしっかりと食をとりしっかりとリハビリしたという。

認知症にならない生き方は
自分のために
自分のやりたいことをやる
そんな人生なんだな
もしかするとそれは
他人からみると「わがまま」に見えたとしても

やっぱり自分の人生を
自分のためにすごす

それが認知症にならない生き方なのかもしれない。

つまり・・・
積極人生・・・っていうやつですかね。


K先生のお話を聞きながら
そう感じた。











情熱大陸

11時から4チャンネルの情熱大陸をみた

きものスタイリストの石田節子さんを追いかけた番組

石田節子さんの本は沢山よんでるし
コーディネートも好き
吉永小百合のシャープアクオスのCMの着物も
石田さんのスタイリングだ

でも
仕事しているところや
声も表情も始まりみた
驚きは
石田さん自身はゆるゆるの着付けだったこと
全然きちんとはきていなかった

あんな着付けでいいんだとびっくりした

石田節子さんは着物が好きという強い気持ちだけで
今の着物の仕事に飛び込み
いまは着物スタイリストの第一人者となっている

好きの力はすごい

私も好きの力で動いてるもんなあ

私たちに必要なもの

このごろ考えること

いま私たちに必要なものは
想像力、感性、発信、ネットワーク、そして行動することだと思う。

この間、貧困が広がる中で、
こどもたちからお年寄り、
つまり、すべての人々が、
「生まれて来てよかった」
「毎日が楽しい」
「生きていてよかった」
と思えるような世の中、社会をつくっていくことが
私たちの仕事だと思う。

いろんな人に会って
いろんな場面に遭遇して

私たちの活動にいま必要なことがなになのか、
よく考える。

そしてひとつの到達点。

まず、感性と想像力。

自分が経験したことがないこと、
知らなかったことを自らのものにし、
そして心が揺さぶられるには、
豊かな感性と想像力が必要。
そしてその揺さぶりは大きな力となる。
なぜなら人間は理屈では動かないから。
心で、感情で動くものだから。

つぎに、発信。

自らの思いを心の中にとどめることなく、
他人に語ること。これは本当に大きな力となる。

そして、ネットワーク。

一人の力は小さい。
できることもわずか。
でもネットワークがあれば
具体的に命を救うことだってできる。
ネットワークこそが私たちの力を倍増させる。
勇気100倍、というやつ。
つながること、
つなげること。

最後に、自らが行動すること。
これなくしては、なにも変わらない。
だれかがやってくれるのを待つではなく、
とにかく自分からはじめる。
難しいようで難しくはない。
だって
できることをやっていけばいいのだから。

感性・想像力・発信・ネットワーク・行動すること





 

今日の足

今日は新しいげたです。

はなおが映えるように普段あまり履かない白足袋にしました。


20071201213701.jpg

新幹線はいっぱい

今日は広島に日帰り

観光シーズンだからかな

行きは外国人学校?の学生さんたちのグループで車内はいっぱい

帰りは団体旅行のおじいちゃんおばあちゃんグループで車内がいっぱい

私は学習会講師だったのでもちろん遊び抜きだけれど
着物なので
ちょっといい気分

お土産は
もみじ饅頭と賀茂鶴

来月は泊まりがけて広島で学習会

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク