01123456789101112131415161718192021222324252627282903

date :2008年02月

工夫がいりますね

昨日、
守口市障害者生活支援センター主催の
「後期高齢者医療制度学習会」の講師をしました。

聴覚障害の方がおられて、
視覚障害の方がおられて、
下肢機能障害の方がおられて、
75歳以上の方もおられて
65歳以上の方もおられて、
若い方もおられた・・・・。

視覚障害の方は点字のレジュメの方は手で読みながらですし、
聴覚障害の方は、手話通訳をみていたらレジュメみれないし・・・・
どういう学習会の形態が一番いいのかな・・・・と考えてしまいました。

3月6日の学習会でも視覚障害の方と聴覚障害の方が混在します。

耳からの情報と
目からの情報を
いつも同時にもらって、私は思考をするわけですが、

片一方だけであれば情報の受け取りが少なくなるわけで・・・・・。

でも、とても一生懸命聞いてくださいましたので、
とても感激しました。

ここでもやっぱり、
世帯分離をしたほうがいい方がおられましたので、
世帯分離のお話も詳しくさせていただきました。

情報量が少ないということは
当然、こうした制度のこともご存知ない方が多いわけで。

早く、
「負担軽減のためのハンドブック2008」作らないといけないなあ。
スポンサーサイト

3月は学習・学習・学習!!

明日の総会が終わると、

大阪社保協では怒涛のように学習会やらシンポジウムやらが続きます。

「学習」から運動は始まるからです。

さあ、あなたもご参加を!!


お申し込みは
大阪社保協ホームページの「当面のスケジュール」にチラシをアップしていますので
必要事項記入の上、大阪社保協までFaxを。


【当面の学習会スケジュール】

★3月6日(木)午後2時~5時 大阪府保険医協会M&Dホール

 「撤回届」はどうしたらいいの?
 障害認定をうけた方ための後期高齢者医療制度学習会

 ・・・・これはすでに140人の方の申し込みがありますのでお早く!!

★3月14日(金)午後6時~9時 大阪府保険医協会M&Dホール

  第3回後期高齢者医療制度講師養成講座
 「後期高齢者医療制度の内容(診療報酬)と世帯分離学習会

★3月20日(祝)午後1時半~4時半 国労大阪会館(JR天満駅すぐ)

 安心・安全、尊厳の守られたケアをめざして
  介護事故問題を考えるシンポジウム (その後福祉介護オンブズネットおおさか総会)

★3月23日(日)午後1時半~4時半 大阪市すまい情報センター(地下鉄天神橋6丁目駅上)

  介護サービス制限問題を考えるケアマネ・ヘルパーシンポジウム


殆ど報道されないのはなぜ?

昨日、後期高齢者医療制度廃止法案が野党4党で国会に提出されたのに

殆どどのマスコミも流していないし、
出てても見落とすくらい小さい。

キャリアブレインニュースにも出ていないのはなぜ?

しんぷん赤旗のみ報道

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

後期高齢者医療制度 4野党が廃止法案 衆院提出


日本共産党、民主党、社民党、国民新党の野党四党は28日、
四月実施予定の後期高齢者医療制度を廃止する法案を、衆議院に提出しました。
日本共産党から高橋千鶴子衆院議員が参加し、衆院事務総長に法案を手渡しました。

同制度は、75歳以上の高齢者を、
現在加入している国民健康保険や被用者保険から切り離し、
後期高齢者だけの医療保険に組み入れるというもの。
保険料が年金から天引きされるとともに、受けられる医療の内容も、
それ以下の年齢の人と比べ制限されます。

2006年、自民、公明両党が強行した医療改悪法で導入が決められました。
制度が知られるにつれ、
「年寄りは死ねというのか」などの怒りが広がり、
中止・撤回や見直しを求める地方議会の意見書も、
21日までに512に達しています。

四野党の法案は、
後期高齢者医療制度の導入そのものを撤回させる内容。

同じく4月から実施される予定の
71―74歳の病院窓口負担の二割への引き上げ(現行一割)や、
65―74歳の国保料(税)を年金から天引きする改悪についても、中止するとしています。

4野党が共同で法案を提出するのは、
昨年の参議院選挙後、衆院では初めて。
法案提出後の記者会見で、
高橋議員は「国民の怒りを背景に、政府・与党も実施前から『凍結』を言わざるを得ない。制度の破たんは明らかだ。法案提出を契機に、中止に追い込むため大きく声をあげていきたい」
と述べました。

今日は事務所にだれもいません

今日は大阪府議会開会日の関係で
ずっと外にでております。

H事務局員はお休みのため
事務所にはだれもおりません。

ご連絡は
メールまたはファクスでお願いいたします。

大阪社保協ホームページ来週リニューアルです

明日、3月1日、大阪社保協「第18回総会」です。

今年は後期高齢者医療制度の開始、
国保料年金天引き開始など、
医療制度の大改悪と大幅な負担増の年です。

さらに、今、地域医療は、病院閉鎖などでがらがらと音をたてて崩れていっています。

後期高齢者医療制度が4月に始まれば、
高齢者は混乱と困難にみまわれます。

大阪社保協の運動は、
団体や地域社保協のみなさん、そして個人のみなさんの
一人一人の熱意や努力によって大きく動いています。

後期高齢者医療制度については、
昨日28日に野党共同提案で「廃止法案」がだされました。

3月の1ヶ月間の闘いは本当に重要です。

そして、たとえ4月実施となっても、
この先も引き続いた中止・撤回大運動を続けるとともに、
生活困難となっている高齢者はじめとした住民の
いのちとくらしを支援する具体的な取組みも同時に進めていく必要性があります。

みんなで作る大阪社保協運動です。
明日の総会にご参加いただき、
多くの方に発言していただきたいと、
今年の方針提案などはスリムにしたいと考えています。

ぜひ、ご参加いただき、ご発言ください。

総会議案はすでに大阪社保協ホームページにアップしています。

なお、総会後の来週中に
大阪社保協ホームページはリニューアルの予定です。
トップページも大きく変わり、
より見やすく、
そしてどこにもない情報を
いち早く発信できるようにしていきたいと考えています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大阪社保協第18回総会

★日 時  2008年3月1日(土)午後1時開場/2時開会/5時閉会

★場 所  大阪府保険医協会M&Dホール5階 

★報告と議案  
(1)報告~2007年度活動報告、決算報告、会計監査報告
(2)議案 第1号議案  社会保障をめぐる情勢と2008年度活動方針(案)
      第2号議案  2008年度予算(案)
      第3号議案  2008年度役員体制(案)

やっぱり出た・・・後期高齢者医療制度廃止法案

民主党、共産党、社会民主党、国民新党は本日2月28日、

「高齢者医療制度等廃止法案」を衆議院に提出しました。


法案のポイントは以下

◆70歳から74歳の医療費自己負担引き上げの廃止

◆75歳以上の被扶養者(200万人)に対する保険料徴収の廃止

◆国民保険料・後期高齢者医療保険料の年金天引き中止

これだけをみると
制度そのものの廃止じゃないかと思えてしまいますが、
いま確認したところ、制度とのものの廃止をする法案になつているそうです。

骨子を送ってもらっていますので、
また正確な情報をながします。

いま、記者会見をやっているようなので
キャリアブレインニュースなどで報道がされると思います。


3月5日開催予定の集会の概要は以下

◆ 集会名 後期高齢者医療制度廃止をもとめる緊急集会(仮称)

◆ 日時  3月5日(水)12時~13時

◆ 場所 衆議院議員面会所

関西での「従軍慰安婦」企画実行委員会に参加しませんか

以下は
私が大阪社保協事務局長ではなく、個人で取り組もうとしている企画です。
でも、この企画でも事務局長をやっております。

2006年・2007年、韓国・ソウルの「ナヌムの家」を訪問したものとして
ここ関西で行動をしなければと思っています。

ともに行動したいと思われる方がおられましたら
ぜひご参加ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさまへ 
       
私たちは神戸女学院・石川康宏ゼミとともに2006年、2007年に「ナヌムの家」を訪れたメンバーとその仲間たちです。

ナヌムの家とは、元日本軍によって従軍「慰安婦」にさせられた韓国のハルモニ(おばあさん)たちが暮らす家です。

さて、ナヌムの家には年間5000人が訪問し、その半数は関西からの訪問者であると現地スタッフから伺っています。

私たちは、昨年9月に「ナヌムの家」を訪れた時に大きなショックをうけました。

それはハルモニたちの高齢化です。

いまナヌムの家で証言ができるのは3人しかいません。

私たちは、ハルモニたちにはもう時間がないのだということを嫌と言うほど思い知らされました。

これは、全世界中にいるハルモニと同様に日本軍により「慰安婦」に無理やりされた人々も同様です。

ハルモニはじめ、中国やフィリピンの「慰安婦」とされた女性たちは、辛い体験を多くの日本人に語ってくださっていますが、日本でのその点での関心は驚くほどなく、進展もありません。

ハルモニたちが一番望んでいるのは、日本政府の公式謝罪と公的補償であり、そして私たち日本人の行動です。

今年私たちに証言をしてくださったハルモニは証言の最後に「私たちの真実を記録してほしい。そして日本にいる人たちに伝えてほしい」と繰り返し繰り返し言いました。

そうした言葉を受けて、神戸女学院大学・石川康宏ゼミの女子学生たちは、いま精力的に講演活動などを行っています。

一方、慰安婦問題で日本に公式謝罪を求める国際的な動きが急速に高まっています。

2008年7月アメリカ下院議会が決議採択、11月オランダ下院とカナダ下院が決議採択、欧州議会が12月に決議採択をしました。

いま日本が慰安婦問題に対してどのような態度をとるのかについて国際的な注目を浴びているにもかかわらず、国内的には殆ど知られず、議論もされていません。

私たちは、いま「慰安婦」問題を多くの方に早急に知らせ、議論を起こす必要があると考えます。

また、民主党が参議院で過半数を取ったことにより情勢も変わり、2000年以降国会に提出されている「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する方針」の実質審議も可能となっています。

私たちはここ関西で、慰安婦問題に関心を持つ多くの方々とともに、一緒に考え、一緒に行動する企画を
2008 年8月、大阪市内で開催予定です。

企画の目的は下記の3点です。

①国外で様々な動きがあるのに一向に国内で取り上げられない「慰安婦問題」を主要な問題にするための取り組みとする。

②若い人たちにスポットをあてて若い人たちの視点から慰安婦問題を語っていただく取組とし、今まで慰安婦問題を知らなかった人たちが気軽に足を運べるものとする。

③その上で、だれでも参加できる「慰安婦問題」解決への道を探る。

つきましては、こうした取組みの実行委員会を
来る3月18日(火)午後7時~大阪国労会館地下会議室

で開催いたします。ぜひ、ご参加ください。

今日は出ないらしい

昨夜、事務所で会議をしていると

日本共産党の小池参議院議員秘書さんから電話があり、

野党4党共同提案でだされる後期高齢者医療制度廃止法案は
当初言われていた28日、
つまり今日には提出されないということだった。

なんだがっかり・・・・

でも、「出さない」ということではなく、
法案整理がまだ間に合っていなくて、今日には「出せない」ということらしい。

3月5日の野党4党の院内集会は予定通り開催とのことなので、
その日までには「出る」らしい。

でも、法案が提出されても
国会で議論されなければはじまらない。

民社党はこれまでも障害者自立支援法や介護人材でも法案を提出しているが、
まだ一度も国会で審議されていない。

民主党を動かすもの。

それはただひとつ・・・

「世論」、つまり「国民の声」だ。

私は昨日Fax通信754号を作成して一斉に流した。

記事の中にこういうものがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はがき署名が毎日毎日届く・・・切実な声を与党国会議員、そして厚生労働省は聞け!!

大阪社保協には毎日毎日、
大阪のあちこちで開かれた学習会や宣伝行動で配られた後期高齢者医療制度中止・撤回署名はがきが届きます。
ここに書かれている声は全国1300万人の後期高齢者の声です。

以下一部紹介します。

★「死ねというのか」は明日のわが身。切ない思いの署名です。なんとしても中止・撤回をお願いします。

★本当にひどい内容です。若い人達も全然関係ないのではなく、年を負うごとに負担が重くなっていくことを知らせて廃止させる運動をしなければなりません。

★「75歳になられて今後の医療費は心配ありませんよ」というのが政治ではないでしょうか。逆に死ぬまで保険料を払えとはあまりに高齢者イジメの制度ではないでしょうか。

★狭心症で発作を起こし開胸手術をしてどうにか今日まできました。これからも今までどおりでお願いします。

★昭和6年生まれの小生の年代は食糧難と恐ろしい戦争におびえて逃げ回り、食べ物もなく、死ぬ思いでやっと生きて来た。思えば育ち盛りに食べるものもなかったことがいまたたって病気ばかりになっているのではないか。こんな毎日に追い討ちをかける医療制度は絶対反対。

★この運動を起こしていただき感謝申し上げます。自民党・公明党へ仇を討ちましょう。

★私は視覚障害者です。今まで何の情報もなく、区から急にお知らせがきました。区は国会で決まったから我慢しろといいます。

★保険料払った残りで生活できません。医者にもいけません。老人見殺しにするつもりですか。

★今まで一生懸命生きてきましたが、なぜこんなことをいわれなければならないのか。年を取ったら死ねといわれるのか。

★長い人生生きていたら、誰だって体が悪くなります。暖かい手を差し伸べるのが福祉というものじゃないのですか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こんなはがきが
毎日毎日毎日毎日届いたら、
あなたはどうですか?

私ははがきを読むたびに胸がつまる。
この内容は昨日、民主党のホームページから「ご意見」として送った。

でも、お年よりはメールなんで出来ないから送れない。

だから、大阪社保協では
お年寄りの声「1万人はがき行動」というのを3月から実施する。

学習会に来てくれるお年寄りや
町で私たちの宣伝チラシを受け取ってもらえるお年寄りに
50円切手だけカンパしてもらって
自らの気持ちを書いてポストにいれてもらう。
あて先は「民主党本部」

お年寄りの字は震えているものが多い。
お年よりは震える手で、一字一字丁寧に書いてこられる。

若い方、
パソコンが出来る方は、
ぜひ、民主党ホームページの「ご意見」コーナーから「世論」送ってほしい。


確定申告で様々な控除を利用しよう

大阪社保協ホームページのアクセスが昨日751を数えた。

4桁を越える日もそう遠く無いのかもしれない。

この事務局長ブログのアクセスも昨日471だった。

いろんな方がみておられるようだ。

このブログは主に
①大阪社保協関係
②着物関係
③家族・友人関係
の3つの分野で書いているが、

入ってくるコメントや拍手の数でみると、
様々な制度についての情報を得たいと思っている方が多いようだ。

意識して、そうした内容を書きたいと思う。

いまは確定申告の時期なので、
ぜひ税金の様々な控除を活用して
所得税や住民税を安くすることが出来るし、
低所得の方、
家族の多い方、
高齢者の方、
障害者の方は
住民税が非課税になると様々な保険料や利用料などが安くなるので
ぜひ控除について知ってほしい。

税金の控除の詳細は、国税庁のタックスアンサーが詳しい。

高齢者を抱えている方に特に知ってほしいのは、

障害者手帳をもっていたら障害者控除が使えること。

でも、障害者手帳がなくても寝たきりであれば障害者控除が使えるし
寝たきりでなくても介護保険を利用していれば市町村に申請して「障害者控除認定書」がもらえれば障害者控除が使える。

この認定基準は市町村よってまちまちだが、
介護認定の中・重度であればほぼ認定されるし
軽度でも認定される場合があるので、
ぜひ役所で申請してみてほしい。
さらに、5年前から介護認定をうけているのであれば、
税法上、控除は5年にさかのぼることができるので、
5年分の控除がうけられることになる。これはとても大きい。

それから、医療費をたくさん払っている方は、ぜひ医療費控除を。
これは、同一生計の親族であれば(扶養家族でなくても)
同居していなくても合算できる。

医療費以外にも
介護保険の医療系サービスとか
介護保険の医療系サービスと併用される福祉系サービス
医療機関に行くための交通費とか
売薬とかも控除される。

医療費控除額の計算は

1年間(1/1~12/31)に支払った医療費の総額-保険金などで補填される金額-10万円または所得金額の5%=医療費控除額(最高200万円)

つまり、所得が低ければ、10万円以下の医療費であっても控除される。

たとえば、
年金年額240万円の高齢者であれば、
公的年金等控除120万円を引いた120万円が所得となり、
120万円×0.05=6万円を越えれば控除されるということ。

それから、
夫や妻と死別・離婚した人は「寡婦控除」「寡夫控除」がとれる。

国税庁タックスアンサーを検索して
控除に強くなってほしい。

これらはすべて、お近くの税務署で申告できる。

サラリーマンの方で控除もれがある場合などは、
自分の源泉徴収票を一緒にもっていくこと。

それから、所得税から住宅ローン控除額を引ききれなかった方も多いはず

平成18年末までに入居し、所得税の住宅ローン控除を受けている方で、
所得税から控除しきれなかった額がある場合は、
毎年市区町村への申告により、翌年度の住民税(所得割)から控除できる。

詳しくは総務省のホームページに掲載されている。
注意しなければならないのは
平成20年度分の申告期限は平成20年3月17日(月)ということ。
急ぎ手続きを!!

日本の制度は全て申請主義。
つまり、
まず制度を知っていることと、
役所に行って申請しなければ使えない仕組みになってる。

だから
勉強してそして行動しないと制度は使えないようになっている。

知りたい情報や制度があれば
ぜひコメントにメッセージを。


本気は伝わる

先日のプロフェッショナルの流儀で
西脇の織物機械の会社の社長さんが

「本気は伝わる」

と言っておられた。

私もそう思う。

私はいま後期高齢者医療制度の学習会の講師を何回も何回もやっていて

昨日数えたら
一年間で120回講師をやっていた。

私は学者でも研究者ではない。
一介の市民団体の事務局に過ぎない。

でも
学習会に参加してくださる皆さん、
特に高齢者の真剣な眼差しや切実な声をいつもいつも聞き
そうした皆さんに育てられて
毎回毎回真剣勝負で
学習会で話をさせていただいている。

そして
私の中にある
高齢者医療に対する怒り、
高齢者を人間扱いしないことに対する物凄い怒りが
参加してくださる皆さんにも伝わるようだ。

そして私はいつも最後に

お上の言うことにははむかえないと言って
仏壇に手を合わせて我慢し続けるか

「死ね」いわれても「死ぬもんか」と言って動きだすか

もう
怒ってもいいんじゃないですか

と問いかける。

120回の学習会にいったいどれだけの高齢者がこられただろう。
たいていは50人以上は集まられるので
50人×120回=6000人
6000人~1万人に私は話をしてきたことになるようだ。

先日うれしい話を和歌山の高齢者運動連絡会の方からきいた。

私は去年秋以来
和歌山で3回の後期高齢者医療学習会にいかせていただいた。

それ以来
和歌山にある7つの地域の高齢者運動連絡会が動き出した。

いま
高齢者運動連絡会が後期高齢者医療問題で
和歌山県内すべての自治体を訪問して交渉をする
キャラバンをしているとのこと。

和歌山の方から

あのときの話をきいて
和歌山の高齢者はえらく刺激を受けました。
事務局長の本気とやる気が伝わったんやよ

といわれました。

「本気は伝わる」

確かに、そう実感しました。

わからないって、勉強すればいいでしょう

大阪のある大きな障害者福祉施設の職員から2回電話があった。

65-74歳の障害認定者の「撤回届」について何度も説明したが
「よくわからない、わからない」という。 

大阪社保協ホームページのトップに
私の学習会の最新レジュメをアップしているが
ぜひ読んでほしい。
レジュメにはこう書いている。


2008年4月1日時点で
75歳以上のすべての高齢者はそれまでの医療保険を強制脱退させられ、
そしてこの後期高齢者医療制度に強制加入となる。
生活保護受給者は除外となる。

さらに、65~74歳で一定の障害がある方はこの制度の加入者となる。

〔一定の障害のある人とは(現行の老人保健法の対象者)〕

・身体障害者手帳1~3級所持者
・身体障害者手帳4級のうち音声・言語障害の方と下肢機能障害の一部の方
・知的障害の程度が重度(A)の判定をうけた方
・精神障害者保健福祉手帳1級又は2級所持者
・国民年金法による障害の程度が1級及び2級の方(障害年金受給者)

これは4月施行の「高齢者医療確保法」は現行の「老人保健法」に準じるため、
そのまま対象も移行するからだ。

現在すでに65歳以上障害者で老人保健法の加入者となっている方は
「みなし」で自動的に後期高齢者医療制度に移行となるが、
3月31日までに市町村に「撤回届」(脱退届)を出せば入らずにすむ。
その場合は、後期高齢者医療制度以外の医療保険に加入しなければならない。

また、4月1日以降65歳になる障害者は申請しない限り
後期高齢者医療制度には加入しない。

大阪府の障害者医療助成制度を利用している方は、
現在は老人保健法加入が前提となるが、
大阪府は条例改正し、後期高齢者医療制度に加入していなくても引き続き利用できる。

・・・・・・・

レジュメにはこう書いてある。
これを読んでも「わからない」という。


今頃、何をいっているのか?
対象者にはすでに自治体から「撤回届」についての文書が届いている。
わからなければ、
その文書を先ず読んで、そのうえで自治体に聞けばいいではないか。
お年寄りはそうしている。

ましてや
障害者福祉施設の職員なら
周りには対象者ばかりがいるはず
いままで何の勉強もしてこなかっということではないのか?

一般の市民がわからないというならば仕方ないと思う。
これから学習してくださいねと思うが、

障害者施設の職員で
そして、大阪社保協の加盟組織の一員でないか。
大阪社保協では、この問題は去年の夏から最新情報を流し、
中央社保協と連携して厚労省に通達も改めてださせた経緯もある。
そして、それらはすべてニュースにしホームページにもアップしてきた。

学習会にも障害者の問題は必ずいれ、
一般の方にも理解してもらえるようにしてきた。

その施設のある地域のまわりの地域社保協では
多くの市民向け、高齢者向け後期高齢者医療学習会がこれまで開かれている。

いま
学習会にきた高齢者がどんなに真剣に必死に学んでいるか。
誰も教えてくれないから
自分で一生懸命勉強している。

そうした高齢者の姿と施設職員の姿勢の落差に愕然とした。

施設利用者である障害者のみなさんのいのちと健康を守るという気概があるのか?

いまごろ「わからない」を繰り返すので
「自分達がしらないことで、利用者が不利益になるというとがわかっているんですか!
ちゃんと勉強してください!!」と伝えた。

わからないなら
勉強すればいいでしょう。
危機感もってほしい。




疲れて乾杯

一日中頑張ったので

印刷所に議案書を入稿したら
今日1日分の力が抜けちゃいました。

ので、
H事務局員と
天満たちのみ横丁で乾杯。

天満は美味しとこ
沢山あるんですよ

できたー

今日は
3月1日開催の大阪社保協「第18回総会」の議案書の入稿日。

今朝は8時過ぎに事務所にきて
文書整理などを行う予定でしたが、
9時過ぎから事務所の電話が鳴り始め、
それも相談事とか説明とか、結構時間のかかる電話が多く手をとられました。

気づくと、もう11時前・・・。
今年10月に発行予定のケアマネジャーによる本作りについて
ナヌム仲間の機関紙協会のMさんに来ていただき、
どうすれば本が出版できるのかについてお知恵を拝借。

そして、時間はいつの間にか正午に。

あかんっ
えらいこっちゃ・・・・

そして今は午後6時。

人間やれば出来るもんですね。
なんとか入稿できそうです。

はあ~しんど。
でも、できたー。

朝からペンネアラビアータ

今日の朝ご飯はなぜかペンネアラビアータ。
ペンネアラビアータとは
ペンネというパスタを唐辛子がきいたトマトソースであえたもの

一昨日の晩御飯に次男K平に作ったら
彼はいたく気に入ったらしく
朝から私に作り方をきいて作りだした。

ペンネアラビアータはとても簡単

1、お湯をたっぷりわかし大さじ2の塩をいれてペンネをゆでる

2、フライパンか中華鍋にオリーブオイルをいれ、きざんだにんにく2片をいれ、ゆっくり温め香りをだす。

3、2にきざんだベーコンをいれ炒め、唐辛子2本をちぎっていれ、ホールトマト2缶をいれつぶしながら強火にし煮詰める。ワインや日本酒があれば少々いれると美味しい。

4、味付けは塩、コショウと、かくし味に砂糖を少々。

5、パスタがアルデンテに茹で上がったらトマトソースの中にいれてあえたら出来上がり。

息子のペンネアラビアータも美味しく出来ましたよ。

世帯分離に反響

このブログでも一度触れた世帯分離にコメントなどがたくさん入ってきている。

学習会でも反響が大きい。

どうしたら負担が軽くなるのかとみんなが考えているからだ。

関西に住んでいる方なら
3月に学習会を予定しているのでぜひ来てほしい。

学習会に来れない方のためには
当日のレジュメを大阪社保協ホームページにアップするので見てほしい。

世帯分離は住民基本台帳法に定められている。
条件は「生計が別」ということのみ。
実態として「生計が別」であれば夫婦でも世帯分離できる。

ここでポイントとなるのは
税の世帯と
健康保険の世帯が違うということ。

健康保険は「遠隔地扶養」という制度があるように
一緒に住んでいなくても住所が別でも扶養になるし

税も一緒に住んでいなくても控除合算ができる。

こうした内容を整理した学習会にしたいと思っているので
ぜひご参加して学んでほしい。

それから、
昨年作った「負担増から住民をまもる 相談活動ハンドブック2007年度版」
の今年度版をやはり作ろうと思う。

昨日、学習会の講師2人ともその話をした。

相談活動ハンドブック編集委員会を3月に立ち上げることに。
こちらも乞うご期待を。

070712_1920~0001.jpg




■第3回後期高齢者医療制度講師養成講座
  ~診療報酬の内容と世帯分離を学ぶ

 日時 2008年3月14日(金)午後6時~9時
 会場 大阪府保険医協会M&Dホール
 参加費 無料
 必ず事前申し込みを。

チラシは大阪社保協ホームページのトップページに掲載しているので
ダウンロードして大阪社保協にFax送信を。


なんでやろう

朝から会計決算と格闘
12000円合わない!
どこをどうやりなおしても合わない!

こういう時は違うことをやったほうが解決するかも

ニュースでもかこうとしたら
会議を一つ忘れてた!
いまから後期高齢者医療対策協議会です

信州のお土産

早朝5時半に長男U介が長野から帰ってきました。

大学のラグビーサークルのスノボー旅行から帰ってきたのです。

「母さん。ほい、お土産」
といってくれたのが
「大雪渓」という日本酒。

20080225061700.jpg



「純米酒やからな冷かぬる燗がうまいらしいで」

さすがわが息子。
私の好みをよく存じておられる。

ゼミの先生も酒飲みらしく
先生用のお土産もきっちりと買ってきていた。

彼は他人を喜ばせるのが大好き。

ゆっくり大事に楽しませていただきましょう。

お勧めは木綿かリサイクル

この春から着物きようかな・・・・

なんて思っている方がいたら、

着物は木綿着物か
正絹ならリサイクルがお勧めです。

それも、ネットショップで買うのがいいです。
とにかく安い。

まず、初めて着る方は、自分のサイズがわからないので
誂えるより、
洋服と同じようにSMLでつくってある着物がいいでしょう。

私もよくチェックして
実際に購入もしたおすすめサイトを紹介します。


きものさんのよきもの・・・・ここの木綿着物は上質で、素敵です。

キモノカフェの木綿着物
・・・・とにかく安い!

着物屋くるりのデニム着物
・・・・デニム着物はここくらいしかありませんが、おしゃれだし、一見紬の様にも見えます。

居内商店
・・・・いろんな生地でいろんなものをつくっている船場の着物屋さん

kimono gallery 晏の 保多織
・・・・高松の織物の保多織の数多い見本の中から選んで誂えてもらうことができる。
   保多織は暖かく、ほっこりとした感じの織物。
   ここの仕立てはとても丁寧。
   生地を選んで帯にしてもらうことも出来る。


そして、正絹の着物や帯を購入するなら

リサイクル着物かないや
・・・・ここはとにかく品数が多い。
   いいものが、10分の1とか高くても5分の1で買えます。
   私の帯は殆どここで購入していますし、
   いまとても気に入っている大島紬はここで二枚購入しました。
   男物も充実しています。

そして、小物を購入するなら

キモノ仙だい(漢字が変換できませんでした)屋・・・・帯締、帯揚などがとても安く豊富です。

嬉しいメール

今日、立命館大学の芝田英昭教授から
大阪社保協ホームページをみて国保ハンドブック2008を送ってくださいとの
ご注文をいただいた。

もちろん、寄贈させていただきますと返信。

芝田先生は
かつて介護保険制度創設前、
大阪社保協が最後まで「保険あって介護なし」と
介護保険制度に反対を貫いたときに
研究者として、私たちと同じ主張を最後まで変えなかった
ただ一人の研究者であったと私は今でも思っているし
あの状況のなかでとても大変なことだっと思うけれど
だからこそ私はとても尊敬している。

あの介護保険創設が決まる前、
いろんな論争があったけれど、

さらに、
初めは反対していたのに
あることをきっかけとして翻った数多くの研究者の人たち。

「介護保険制度は介護を社会化するために必要だ」
とか
「保険制度で、全員が保険料を払うから使う権利がある」
とか
「民間事業者が参入しサービスが増え、自由競争でサービスの質が上がる」
・・・・・
なんていっていた奴、どこにいった?
あんたら、今の介護保険みてどう思うねんって詰め寄りたい。

今はまさに「保険あって介護なし」状態になっている。

「自費サービス」って知っていますか?
2006年4月以来、特に訪問介護(ホームヘルプサービス)の利用が難しくなり、
ケアマネジャーがケアプランにいれようと思っても
保険者である自治体からストップがかかる。
そこでいま自費サービス、つまり、介護保険外サービスが横行しているのだ。
自費のホームヘルパーって、つまり家政婦さんとか雇うのと同じこと。

介護保険料、無理やり年金から天引きされているのに
いざ使いたいときには「ダメ」だといわれて、
介護保険外サービスを使わされる。

まさに「保険あって介護なし」「やらずぼったくり」だ。

私はこの自費サービスの横行はなんとかしないといけないと思う。
介護保険の意味がないからだ。



芝田先生がずっと続けてこられた日本社会保障研究会
ホームページアドレスを送っていただいた。

誰でも参加できる研究会とのことですので、
ぜひ。



やっぱり社保協運動は面白い

雪がふっても
土日は着物
・・・ということで、初志貫徹、着物をきて神戸へ。

20080224153703.jpg


200802250617002.jpg


今日はお気に入りの大島紬に
西陣織の袋帯です。

今日は寝坊をしたのですが、
昨日のうちに半襟つけとコーディネートを考えていたので
着付け時間は20分ですみました。

10時から
元町の学校厚生会館というところで第一部は、
神戸女学院大学・石川康宏教授の記念講演。

昨年末に
守口社保協総会での記念講演がとてもよかったので
再度お願いしました。

政治情勢を基本にお話いただいたのですが、
私の心に深くのこったのは、
NHK特集ワーキングプアⅢでの若いワーキングプアの青年のお話
そして学びについての部分でした。

石川先生は
日本の政治がアホなのは国民がアホだから・・・
とおっしゃっていましたが本当にそう思います。
大阪府民は特にそう。
あのタレントエセ弁護士に180万人もの府民が票をいれるんですから。
もっと賢くならないとあかん。

そして私たち自身も。

私は常日頃から
自身が学習会の講師になるのが一番勉強になるといっていますが、
まさに同じ趣旨を石川先生がおっしゃっていました。

そして独習について。

具体的には、
3ヶ月スパンの学習計画をたてる。
本を5冊買う。
本を読むときは当面の必要部分のみ抜粋して読む。
あとは本棚にストックする。
そしていつも必要なときに辞書のように本を使う。

私は学習計画はたててはいませんが、
それ以外は石川学習術を知らぬ間に実施してきたようです。

12時半からは元町商店街の「風月堂」で懇親会。

二次会は昼食会ではありましたが、
近畿の社保協のみなさんの声を聞くのはとても楽しいものでした。

社保協運動は楽しい。

本当にそう思います。

わぁ!雪だ!

ちらちらと雪が降っています。

今日は
神戸で近畿ブロック懇談会があるので
これから着物を着ます。

洋服のプランは全く考えていないので

路線変更は無理!

着物きるしかない。

関西着物九条の会第一回例会日程きまりました

関西着物九条の会第一回例会日程決まりました。

4月13日(日)です。

っていうか、私は4月はこの日しか休みがとれないのでこの日しかないのです。

まだ何も決まっていませんが、

行き先は京都です。

美しいものを見て
美味しいものを食べる。
そして
語る、しゃべる、つながる、ひろげる。

誰でも参加できますが、
ただひとつの条件は着物を着てくるということだけです。

詳細決まり次第またお知らせします。

はあ~まだ終わりません・・・

1時半から2時半まで
枚方市民会館で枚方社保協総会での後期高齢者医療制度学習会。

1時間しか時間がないので、
医療内容について集中して話ました。

2時半には会場をでて
そのまま事務局に直帰。

3時過ぎから6時半までほぼ3時間半
ずーっと会計やっています。

大分できてきたんですけど
まだお金があわなかったりして・・・・

まだ仕上がっていません。

ふぅっ・・・。

かなり嫌になってきました。

明日は朝から神戸で2008年度社保協近畿ブロック懇談会なので
会計は出来ません・・・。

打ち出したものをもつてかえって
ゆっくりあわせていきますか。

会計は会計ソフトで入出金伝票から合計表、貸借対照表までできるのですが、
なにせ
入力は人間の手ということで、
科目や金額をまちがったりするのです。

ましてや、
会計担当者がいるわけでなく、
総会前に私がっーっと入力しるもんですから、
このお金が何のお金かがわからん・・・ということが多々あったり、
領収書を全部打つ込んでいるつもりでも、
やっぱり入力漏れがいくつもでてくるし・・・。

まあ、会計ソフトが計算をしてくれるので
それは楽です。
昔は手書きだったので
計算ミスという基本的なミスも多々ありましたから。

でも
来週土曜日が泣いても笑っても総会なので、
来週月曜日あたりには絶対に目処をつけなければ!!


やっぱり春が近づいてますね

今日は寒いという天気予報でしたが

確かに風は強いけど
冷たさはありません。
やっぱり
春が近づいてきたんだなあって感じます。

日差しは暖かです。

今日の着物

今日の着物は
秋から気に入ってよく着ている
西陣でおられた花織の紬と赤い袋帯です。

20080223110334.jpg


袋帯が簡単にできることがわかったので、
しっかりとした袋帯のほうがいいなあと思っています。

袋帯だとお太鼓が二重になるので「二重太鼓」といいます。

今日は事務所で12時すぎまで実務して
そのあと枚方市民会館に行きます。

枚方社保協総会です。

ちよっと楽しいこと考えているんですけど

関西着物九条の会を立ち上げたんですけどね

まだ何の活動もしていないんです。

そこで、

春、4月に着物で集まって
お花見して美味しいご飯食べて
平和について語る会みたいなのをしたいと思うんですけど・・・

どうでしょう。

着物きてみたいという方も歓迎です。

実は大阪社保協には姿見がありますので、
着付けをすることも練習することも出来るんですよ。

簡単な帯の前結びなら
誰でもできますしね、
着付けしてあげることも出来ます。

着物なくても大丈夫です。

着ていない小紋の着物とか
気楽に着て洗濯できる木綿着物もたくさんありますので
襦袢と下着と足袋を持参していただければ。

それと、
多分実家の箪笥なんかひっくり返したら
たいていの家にはなんかかんか着物があるはずです。

関西着物九条の会に参加してみたい方
いらっしゃったら
コメントか拍手にメッセージ入れてくださいね。

あかん、煮詰まって来た・・・

4時に事務所に帰ってきて、

Fax通信を作成、発信。

いくつかの問題を解決すべく、連絡調整・・・。

来週にある後期高齢者医療制度学習会のレジュメを発信。

印刷やさんと打ち合わせして
総会の議案書は26日(火)に何がなんでも入稿しなければならず、

あさっての社保協近畿ブロック懇談会での行動提起案に着手・・・・
でも、脳が疲れて来たのか、うまく働かず、
煮詰まってきました・・・・。

明日も出勤するので、
明日がんばろうかなあ・・・・という気分になってきました。

明日は着物着て仕事しょっかなあ・・・・。

昼からは、枚方社保協総会で
後期高齢者医療制度の学習を小一時間します。

なんてことを考えつつ、
今日の仕事を終了しようかと思っています。

頭に何にも浮かんでこなくなったから仕方ないですね。
私は集中力でがーっと仕事するタイプなんで。

明日きる着物のことでも考えよっと。

明後日の社保協近畿ブロック懇談会は神戸であり、
もちろん着物の予定です。

今日みたいに暖かかければコートは無しです。


何のための自治体なのか?

今日の午後は
茨木市と茨木社保協の社会保障要望についての懇談(という名の交渉)に参加した。

一言でいうと
非常に頭にきた交渉だった。

今日の要望内容は、
医療、障害者福祉、こども施策、介護保険、国民健康保険、国民健康保険など
様々な問題での要望が出され、
茨木市は独自にどういった行政をするのか
具体的に施策を作るのか、
予算等をつけるのか、
といったものを明らかにする交渉であったわけだが、

結論からいうと、
茨木市は何もしない、
国、大阪府に要望するということだけ

おまけに、
敬老祝い金については、「他市がやっていないからやめる」という。
じゃあ他市がやっていることをやるのかと言えば、何もやらない。

他市がいま高齢者等の外出支援などで取り組んでいる
市内循環バス(100円バスという名で実施していたり、大阪市は赤バスという名で実施)については、
「既存バス路線の廃止、変更等民間事業者を圧迫する」するから出来ないというのだ。

それで、
私が頭にきているのは、
茨木市が財政困難で汲々としている自治体ならまだしも、
非常に豊かな自治体であり、
市の普通会計は毎年黒字で
おまけに介護保険や国民健康保険という特別会計も毎年大きく黒字を出している自治体だからだ。

茨木市は確か今年は地方交付税の不交付団体のはず。
財政力指数(ざいせいりょくしすう)とは、地方公共団体の財政力を示す指標として用いられるもので、
基準財政収入額を基準財政需要額で除した数値の、通常は過去3カ年の平均値を指す。
この財政力指数が1以上だと交付税が不交付になる。

つまり、国の助けがいらない自治体ということであり、
茨木市の財政力指数は大阪でもトップクラスなのだ。

全国の市町村の決算状況は
総務省の決算カードのサイトで見ることができる。

平成17年度の茨木市の普通会計の決算は
実質収支は7.6億円の黒字で
積立金計上後も4億円ほどの黒字だ。

やれないのではなく
やらないのだ。

茨木市財政の特徴は以下。

・きわめて健全な財政
・財政力指数    0.99(2005年度)・・1に近いほど、1を超えるほど財政力がある。
・経常収支比率   87.9(2004年度)
・歳入では自主財源(地方税、分担金、負担金など条例等に基づき賦課徴収した歳入)比率が 高い。
・歳出では普通建設事業費率が高い。  

一体何のために住民は税金を納めているのか?

医療・福祉、社会保障に使わないで
なにやっているんだ?

怒りでいっぱいになった。

今日もくるくる

今日も忙しいです!

事務所で雑務してから
午前中は保険医協会で大阪府内の救急問題での懇談会

午後1時から3時まで茨木市役所との交渉

そのあと茨木駅近くでケアマネの会事務局長さんと打ち合わせ

終わったら事務所にトンボ帰りして会計作業など

移動時間考えたら
お昼ご飯食べてる時間ないですねえ~

まあ
総会終わるまでこんな感じの毎日です。

移動時間の合間の心のオアシスは
やっぱり着物本!

昨日京橋の紀伊国屋で大人の和生活を購入したので
しばらくはこの本を眺めるのが楽しみです。

大人の和生活 Vol.5―旅と、着物と、和のしつらい (5) (別冊美しい部屋)大人の和生活 Vol.5―旅と、着物と、和のしつらい (5) (別冊美しい部屋)
(2008/02)
不明

商品詳細を見る


さあ
今日も元気に1日頑張りますかっ

シッコ上映会があります

門真社保協事務局長さんのブログによると

4月に門真で「シッコ」の上映会があるそうです。

見逃した方
もう一度みたいと思っている方、ぜひ。

アメリカ国民に医療がないことがよくわかりますし、
国民皆保険がいかに大事なことか
医療が民営化されるとどんなことになるのか・・・

映像が私達に訴えてきます。

ぜひ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

映画と講演会

日時  4月12日 午後1時開場 
場所  ルミエール大ホール
映画  「シッコ」
お話  薬害訴訟原告団より
主催  映画「シッコ」守口・門真上映実行委員会
連絡先 けいはん医療生協

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク