071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

date :2008年08月

服部先生はどんどん進化してはる

今日31日の午後は
マスターケアマネ養成研修第一回オープン講座
「次期介護保険見直しとケアマネジャーの役割」と題して
立教大学教授の
服部万里子先生の講演がほぼ三時間あった。


20080831205728.jpg

参加者は120人のケアマネジャー
会場いっぱいの参加だった。

20080831205726.jpg

20080831205723.jpg

今日の学習会の感想。

僭越ながら・・・
「服部先生はどんどん進化しはるんやなあ」ということ。

この3年ほどで
私は5回ほど服部先生のお話を聞いているのだけれど、

先生のお話はどんどんよくなり、
なによりも
現場の人間に勇気と元気を与えるお話をしてくださる。

いま、
介護保険を語る研究者で
服部先生以上の方はいないと
私は断言できる。

それは、
服部先生は大学教授ではあるけれど、
現役ケアマネジャーでもあるから。

理論的にどんなにすばらしくても
私は現場にこそ真実があると思うし、
目の前にいる利用者、高齢者の顔が浮かぶ
ケアマネジャーの心に沿った話ができる
服部先生は
どんどん話がよくなっていると思う。

ケアマネジャーとして日々闘い
そして勝ち取っている積み重ねが
服部先生を輝かせているのだとおもうのです。

今日の講演
本当に良かったです。

スポンサーサイト

定時制高校の先生からうれしいお便り

事務所にうれしいお手紙が届きました。

先週の日曜日に箕面山荘で開催された
大阪府高教定通部(定時制と通信制高校の先生の組合)の
夏季セミナーで
「教育格差にどう立ち向かうのか」というシンポジウムで
総合社会福祉研究所のkさん
大阪生活と健康を守る会連合会のAさん
とご一緒にシンポジストをさせていただき、
私は「こどもたちが自治体から見捨てられている」として
資格証明書発行世帯のこどもたちの話をさせていただきました。

当日の内容についてのニュースを送ってくださったのです。

20080831102023.jpg

私は当日、
「もっと教育現場からの発信を」と訴えたのですが、
記事にはそのことについても書かれていました。

・・・・・・・・・・・・・・・

確かに私たちは
「修学旅行に行けず返金(積立金の)を活かす」
「保険証のコピーがだせない」
「日銭がいるから派遣で働く」
「経済的に全日制へ通えなくなった」
等々、「健康で文化的な最低限度の生活」を
保障されていない生徒たちに日々直面しています。

3人のパネラーの方々は
「府立高校にそんな実態があったのか」と改めて驚かれたようでした。
逆にいえば私たちの「告発」が府民はもとより、
福祉の最前線で仕事をしている方々にさえ届いていないことがわかりました。

されざれの専門分野を越えて、
大阪のこどもたちのために連帯し共同していくことが
大人の役割だと痛感させられました。
そしてやはり「教育こそ自立への第一歩」です。
貧困や格差を再生産し、世襲させてはなりません。
あらためて学校の役割や責任も再認識させられました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

K先生は加えて
「今回のシンポの内容をあちこちで宣伝しています」
とお手紙も下さいました。
ありがとうございました。

こどもたちを救うためには
教育現場と
社会保障運動団体が
さらには
医療現場や
福祉現場が
どうしてもつながっていくことが必要です。


大人のみなさん。
こどもを守る共同のネットワークをつくっていきませんか!!


秋の気配

今朝は風が涼しく
見上げると空は青く
秋の気配です。

20080831205730.jpg


今日は午前中事務所で実務をしたあと
午後は大阪民医連会議室で
ケアマネジャー向けの学習会です。

今日も一日がんばります!

20080831095257.jpg

今朝の毎日新聞~全国大都市の資格証明書発行世帯のこども数明らかに

今朝の毎日新聞に
全国大都市に対して毎日新聞が行った
資格証明書発行世帯の中のこども数が報道された。

大阪社保協の調査をうけて
毎日新聞が全国調査に取り組んだもの。

この事実は重い。
いま、自治体がこどもを守るのか、見捨てるのかが問われている。

しかし、その地域の大人たちが
この事実を知って動かないののは自治体と同じことをしている。
こどもたちを守るために大人たちがいま何をすべきかは
明らかだ。

私は「こどもを守る」ということについては
自治体とのやり取りの中でも
一歩も引くつもりはなく、
あいまいにすまいと思っている。

「あなたたちはこどもを見捨てるのか」
「生まれた家によって医療差別をする国が先進国などといえるのか」
「このこどもたちの中に育児放棄の可能性もある。福祉的観点がないのか」

・・・・と。

そして大事なことは、
こどもたちのいのちは何よりも重いということ。
自治体が保険料どうのこうのというものではない。


20080831094029.jpg

20080831094031.jpg



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

無保険:子どもが20都市で約7300人 親の国保滞納で

国民健康保険(国保)の保険料を滞納して保険給付を差し止められ、
医療費の全額自己負担が必要になった世帯の子ども(中学生以下)が、
都道府県庁所在地と政令市計51都市中20都市で7333人以上に及ぶことが、
毎日新聞の全国調査で分かった。
「無保険」の子どもの人数が、全国的に把握されたのは初めて。
子どもの診療抑制につながっている可能性が高く、
保護者と同等に国や自治体も子どもの育成責任を負うとした
児童福祉法の観点から見直しの声も上がりそうだ。

東京都区部を含む都道府県庁所在地と政令市で07~08年、
給付差し止めで保険証の返還を求められ、
代わりに資格証明書の交付を受けた世帯に
義務教育年齢以下の子どもが何人いるかをたずねた。

人数を把握できたのは、
横浜3692人▽千葉838人▽大阪748人▽和歌山407人▽大分379人
--など20都市。
無保険の子どもは「いない」と回答したのは山形、大津など5市。
18市が「子どもは含まれるが統計がない」、
8市が「不明」と回答しており、
実際の人数は51都市で判明分の数倍に上る可能性がある。

7333人のうち年齢別の内訳が不明の岐阜市を除き、
小学校入学前の乳幼児が少なくとも599人いることも分かった。
ほとんどの自治体で子育て支援のため、
乳幼児医療費の助成制度を実施しているが、
無保険ではこれも対象外となっているとみられる。

政府は滞納対策の一環として00年度から、
1年以上滞納した世帯に対し、保険証を返還させて給付を差し止め、
資格証明書を交付するよう義務付けた。
国会では民主党や共産党が制度の見直しを求めているが、
厚生労働省は「ルールに基づき自治体が独自に判断するもの」と
慎重姿勢を崩していない。【竹島一登、平野光芳】

◇直ちに是正を 芝田英昭・立命館大教授(社会保障論)の話 

資格証明書の発行は子どもの診療を抑制することになり、
社会的にも利点はない。
国保は保険料が高い一方で所得が低い世帯が多く、
滞納者が必ずしも悪質とはいえない。
性悪説に立った現在の制度は健康を守る観点から本末転倒で、
厚労省は直ちに是正すべきだ。

今日は土曜日ですから

今日は雨模様ですが、
着物大好き人間としては何の障害にもならず
張り切って着物を着て事務所にきました。

20080830115705.jpg

事務所に姿見があるんです。
ですので、背景は事務所内です。

今日はこれから東住吉区の矢田というところに行き、
東住吉区のみなさんとはじめて
自治体キャラバン行動事前学習会をします。

東住吉区には残念ながら地域社保協はまだありません。
しかし、この間
後期高齢者医療の関係で
東住吉区の新婦人のみなさんと学習会を2回したことや
その縁で世帯分離の援助をしたりとかの
そうしたつながりができて、
今日、学習会を設定していただきました。

私は学習会の講師を時間のあるかぎり断ることなくやってきましたが、
その甲斐あって、
いろいろなところで学習会つながりのお知り合いがたくさんできました。

本当にうれしいことです。

今年の東淀川区キャラバンに
かつてなくたくさんきていただけそうですよ。



兵庫の高齢者も立ち上がる

昨日午後は
神戸市医師会会館で開催された
「兵庫県高齢者大会」へ。

20080830073031.jpg

会場には120人が参加。

20080830073028.jpg

私は記念講演として「いまなにをすべきか高齢者」として
後期高齢者医療制度廃止運動の到達点と
その原動力となった「高齢者の怒り」について
そしてまさにいま「なにをすべきか」について
一時間お話させていただいた。

120人の参加者全員が
きっとこっちを向いてくださり、
とても真剣に聞いてくださった。

私は
半分兵庫の人間で
半分大阪の人間。

西宮で生まれ、
中学一年生の夏に宝塚に引越し
そして結婚するまで兵庫にいたから。

去年、今年、
神戸市、姫路市、加古川市、豊岡市、川西市での学習会で
話をさせていただいているので
「あんたの話楽しみにしてたで」
「久しぶりねえ」
などと沢山の方に声をかけていただいた。

10月には神戸市内各地で「シッコ」上映会が開かれる。
私はそのうち神戸ハーバーランド近くのホールで開かれる
上映会前に一時間医療の話をさせていただくこととなっている。



昼はキャラバン、夜はケアマネ学習会

昨日28日は

中央区役所→此花区役所→西淀川区役所へ。

中央区はまあ文字通り大阪市の真ん中にあり、
人口増加は大阪市内一で、
一年間で3000人以上区民人口が増えている。
大阪城は中央区です。
中央区の生活保護受給者は
高齢者、一般(母子家庭、若年等)と、
そして大阪城公園に居住するホームレスの人たちの三分類だそうだ。

そういえば、
おとといの西区では
生活保護受給者は
三分の一が高齢者で、三分の一が母子家庭で、
あとの三分の一は
若年の精神疾患の方(うつなど)という分類だと聞いた。

大阪市内にある24行政区。
住んでいる人たちの階層がぜんぜん違うので、
やはりいろんなところで違いが出てくる。

西淀川区キャラバンでは、
資格証明書のないの子どもたちの問題で
まさに大激論となった。

大阪市は今年11月から国民健康保険証がカードとなる。
カード化されると
加入者一人ひとりに1枚ずつのカードとなる。
短期保険証も
資格証明書も
一枚一枚
加入者名でのカードとなる。
今年11月、
こどもたちに、資格証明書カードが送られてくるのか、
そうならないのか、
そのために、いま私たちは必死の思いでキャラバンをしている。

すべてのこどもたちには医療保障を。

・・・・・・・
5時15分に西淀川区役所をとびだして、
事務所にもどる。

7時からは
ケアプラン点検マニュアル問題検討会。

今年から三年間、「介護給付費適正化」というのが実施される。
2006年以来、めちゃくちゃ給付が落ち込んでいるのに
これ以上「適正化」してどうするんやと思うけれど、
それでもやるという。

その「適正化」の中で、
各市町村がケアマネージャーの作成するケアプランをチェックするというのだ。

厚生労働省はすでに
「ケアプラン点検支援マニュアル」というものを作成している。

20080829002411.jpg

その内容について、
マスターケアマネと一緒に検討していくという会議。

20080829002408.jpg

10月13日には学習会も予定している。

私はケアマネジャーではないけれど、
とても面白い。


今日は一日中キャラバンです

今日は一日中大阪市内キャラバンです。
H事務局員は今週お休みですので
事務所にはだれもいません。

夜に会議があるため夕方6時以降には事務所に戻りますので
ご用件のある方は
Faxまたはメールでお願いします。

「大阪市」と簡単にひとくくりにはできない

おとといから大阪市内を駆け回っている。

25日は住吉区役所

昨日26日は平野区役所→天王寺区役所
そして夜は西淀川区。

今日27日は西区役所との懇談を終えて事務所に帰ってきた。
ちょこっと実務をして
また大正区役所に出かける。

明日28日は忙しくて
中央区役所→此花区役所→西淀川区役所にいく。

細かい話はいろいろあるけれど、

「大阪市といっても、区によってぜんぜんちがうなあ~」っていうこと。

大阪市民は行政区で暮らしている。
淀屋橋にある大阪市役所なんて、たぶん一生いくことがない。
区といっても、
平野区は20万人人口だし
住吉区は15万人人口で、
衛星都市の市と同規模だと考えてもいい。

だから区民は区役所が頼り。

でも、その区役所の対応が区によって全く違うのだ。

今回は24行政区全部まわって
全部掌に乗せるつもりです。

昨日天王寺区をうろうろしてこんなお寺をみつけました。
ちよっとした中国ですね。

20080826234735.jpg

夜は西淀川社保協の総会に参加しました。
とっても元気のいい地域社保協で
元気もらいました!!

20080826234733.jpg

温泉行きたいなあ

昨日は珍しく
ものすごく「肩こったあ~」って感じだったんですよね。


すごく体力あるので
ほとんど疲れたとか
しんどいとか思わないんですけど
昨日の夜はすごく肩こったあっていう感じだったんですよね。

でも一晩寝たら元気になりました。

でも
温泉行きたいなあ~
8月はどこにも行ってません。

9月も現時点では計画ありません。

10月は城崎
11月は白浜
12月は青森、函館で予定入りました!

やっぱり楽しいことないとね!

今日から大阪市内キャラバン

今日の午後は
住吉区役所キャラバン。

行ってびっくり!!

なんちゅう、豪華なすごい区役所!!

住吉区は15万人口。

私は、府内全市町村の庁舎を知っているけれど、
ちょっと豪華すぎませんかっ。

大阪市は本当にハコモノにはお金をつぎ込みますねえ。
「財政が大変」なんてどこ吹く風ですわねえ。

住吉区社保協のみなさんも15人ほどあつまっていただき、
20分も超過して
国保と介護保険で懇談しました。

20080825182313.jpg

大阪市というところは、
権限は本庁(市役所)に集中しています。
区役所というのは、「支所」みたいなものです。
ですので、
大阪社保協が全24区役所をまわって渡した要望書に対する回答は
本庁がつくります。

しかし、
こと国民健康保険業務については区役所に決定権があり、
本庁におうかがいをたてることはあまりありません。
国保料滞納者に対する資格証明書発行も
さしおさえも
全部区役所が権限をもっています。

ですので、
本日は、国保と介護保険について
住吉区の独自対応について詳しく聞きました。

明日は
平野区と天王寺区にいき、
夜は西淀川区で「事前学習会」をします。


地域医師会が動きだした

後期高齢者医療制度廃止の声はますます大きくなっているのですが、

医師会の動きも活発です。

大阪府医師会は会内の主導権争いでごたごたし、
かつ後期高齢者医療制度に「賛成」の立場なのですが、
こうした府医師会に業を煮やした地域医師会が
活発に動き出しています。

7月31日、旭区民ホールで開催された
「後期高齢者医療制度に反対する旭区民集会」は
旭区医師会が主催し、同区の歯科医師会、薬剤師会が共催、
区内の老人会などから250人が参加しました。

当日、来賓の福島豊・公明党衆議院議員は
会場の高齢者から
「よくこれたな」
「どの面下げてきたんや」とやじが飛ばされ、
弁解に収支したといいます。

20080825112433.jpg

西淀川区では9月13日に区民集会が開かれます。
この集会の開催には、地元西淀川社保協が奮闘しました。

20080825111820.jpg

そして、
堺市医師会が呼びかけ、
いくつかの地域医師会との共催でシンポジウムが堺市内で開催されます。
堺市医師会は大阪府内でいち早く反対決議を上げ、
さらに府内の地域医師会に呼びかけ、
25地域医師会連名での決議をあげました。

20080825112435.jpg

アクセス11万突破!!

おかげさまで
「事務局長ブログ」は11万アクセスを突破いたしました。

いろんなところで
いろんな方にみてもらえているようで
とてもうれしく思っています。

このブログによって
いろんな情報といろんな知識が発信できるようにと思っています。

それから
ブログを通じて人と人がつながっていけるように

このブログをみて
学習会に参加していただいたり
自治体キャラバン行動に参加していただいたり
そしていろんな制度を知って役立てていけるようにと
いつもいつも思っています。

これからも
どうぞよろしくおねがいいたします。

今日から大阪市内キャラバンです。

大阪市民のみなさん
あなたの区でどんなことが起こっているのかをしる機会です。
ぜひどなたでも
ご参加ください。

最新日程は大阪社保協ホームページのトップに掲載しています。

今日はこれからこどもと貧困シンポジウム

いまから箕面に向かいます。

箕面山荘で
大阪府高教の定時制通信支部の夏期セミナーがあり
私はそのなかのこどもの貧困シンポジウムのシンポジスト

資格証明書発行世帯の中のこどもたちの問題を話します。

そしてこどもたちを守るために
私たち大人がしなければならないことを話したいと思っています。

僕も非正規ですから

昨日、東京の番組制作会社のⅠ川さんという方が
資格証明書発行世帯のこどものたちの問題での取材にこられた。

東京キー局の報道番組を作っている会社だそうだ。

まだ31歳の青年。

いろいろと資料を示しレクチャーする中で、彼がこう言った。

「僕、国保なんです。」

「えっ~?会社の医療保険は?政管健保じゃないの?」

「僕、非正規の派遣ですから」

「そうなんや~」

「この世界、みんなそうですよ」

東京江戸川区の国保に入っているそうで、
国保証カードを見せてくれた。

こういう若い人達が国保に入っているんや・・・。
いわゆる「被用者」という分類で国保に入っている人達ですね。

それからまた色々話をしている中で、
昨日は栃木県で若い30歳代の青年が餓死したという事件を取材していたという。
その人は引きこもりだったらしい。

Ⅰ川さんもいわゆるロストジェネレーション世代・・・
引きこもりで無職の青年が自分のまわりにも2人いるという。
とても他人事ではないという。

こちらが若い人にいろいろ取材をさせていただいているような感じになってしまった。

こんな人達が番組を作っているなら
こちらも最大限協力しようという気持ちになって、
国保ハンドブックもこどもシンポ報告集も
全部差し上げました。

がんばって。

今年は「ワーキングプアと蟹工船」、「暮らしに思いを馳せる経済学」

2008年度「大阪社会保障学校」が近づいてきました。

今年の講師は大阪社保協が始めてお呼びする方々です。

★午前中の浅尾大輔さん~いま、若者たちが「蟹工船」に共感するわけ

午前中の講師の浅尾大輔さんからは
すでにレジュメ・資料とコメントが届いています。

浅尾さんは、当日映像を使いながらの講演を予定してくださっています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

浅尾です。

1970年愛知県生まれ。名古屋大学法学部卒業。

アルバイトをしながら小説を書き続け、2003年、
小説「家畜の朝」で第35回新潮新人賞を受賞しました。

しんぶん赤旗記者をへて、
全労連オルグで4年間、霞が関・中央省庁で働く非常勤国家公務員に
組合加入の活動を続けました。

現在、「超左翼マガジン ロスジェネ」の編集長です。
 
小林多喜二さんの小説「蟹工船」ブームの背景を読み解きながら、
いま、全国の青年労働者たちが
労働組合を通して、みずからの生存と誇りをかけて
団体交渉にのぞんでいる姿を紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★午後の山家由紀夫さん~暮らしに思いを馳せる経済学

山家(やんべ)先生には、
近著「暮らしに思いを馳せる経済学」(2008年5月新日本出版社から発行)
の内容をお話いただきます。

暮らしに思いを馳せる経済学―景気と暮らしの両立を考える暮らしに思いを馳せる経済学―景気と暮らしの両立を考える
(2008/05)
山家 悠紀夫

商品詳細を見る



山家先生はこの本のタイトルのように
「国民の暮らし」に軸足をおいた心暖かな経済学を展開しておられます。

そして、この本には「どうしたら国民が幸せになれるのか」という
山家氏の思いがにじみ出ています。

山家先生は
「財政を家計や企業にたとえてはいけない」
「家計と企業と、政府とは本質的に違うものだからです。」
と書かれています。

印象的な箇所を抜粋します。

「何のために政府があるのかを考えますと、
それは人々が生活するに必要なモノやサービスを
(必要だけれど市場に任せておいては供給されないサービスを)
提供するためだ、といえるでしょう。

モノやサービスを提供するために政府があるとしますと、
政府にあっては、支出のほうが先にある、ということになります。
必要なモノとかサービスの量を測ってそのために必要に資金を調達する、
それが政府の考え方の順序、ということになります。

家計や会社とは全く逆で、
政府は、
入るを量って出ずるを制してはいけない、
出ずるを量って入るを決めなければならない。

そして政府には、家計や企業と違って収入は与件ではない、
議会に諮ってではありますが、自ら決める権限をもっているのです」

・・・そこにいる人々の暮らしに思いを馳せながら、
顔を思い浮かべながら財政を考えていかなければならないのだという
山家先生の暖かさが伝わってく本です。
山家先生の心の中にはイギリスの経済学者マーシャルの
「冷静な頭脳と暖かい心」という言葉がすみついているそうです。
「社会保障はたかりだ」と言い放つ竹中平蔵氏とは全く違う経済学です。

私はこの本を読んだときにとても感動しました。
経済学の本を読んで感激したのは初めてでした。

ですから、
「今年の大阪の社会保障学校に絶対に来ていただきたい!」と思い、
即座に講師要請をさせていただき、
すぐに快諾いただきました。

ぜひとも、このお二人から学んでいただきたいと思います。

みなさん!

学ばなければ闘えません!
闘わなければ変わりません!!

さあ、あなたも学びの場へご一緒に!!!

★★★★★★★★★★★

2008年度大阪社会保障学校のご案内

□ 日時 2008年9月7日(日)9時30分~16時30分
□ 会場 大阪府保険医協会M&Dホール

□ 記念講演①(9:30~12:30)  浅尾大輔氏(雑誌「ロスジェネ」編集長)
「ワーキングプア~なぜ働いているのに貧しいのか いま若者が『蟹工船』に共感するわけ」                        
□ 記念講演②(13:30~16:30) 山家悠紀夫先生(「暮らしと経済研究室」主宰)
「暮らしに思いを馳せる経済~消費税増税なんて必要ない」      

□参加費  2000円

□申し込みは大阪社保協まで
 メールアドレスはosakasha@poppy.ocn.ne.jpです。

天満の夜は熱く濃く更けて行く・・

昨夜は
東京から里帰りしているT本さんを囲んで
T本さんが大好物という焼肉を思い切り食べようと

介護保険料に怒る一揆の会K事務局長
吹田生健会H事務局長
大阪医労連Hさん
H川事務局員
そしてなぜか玉一の焼肉につられて参加した長男U介も一緒に
わあわあとにぎやかな夜となりました。

20080822084306.jpg

20080822084303.jpg

20080822084301.jpg

仕事のことはもちろん、
家族のこと、
仲間のこと、
いろいろ話ながら
楽しくも熱くディープな天満の夜でございました。

今日の朝日新聞

今日の朝日新聞の生活欄に
「こどもの貧困」が特集されている。

20080821180307.jpg

そして資格証明書発行世帯の中のこどもたちの問題が
取り上げられている。

この朝日新聞の記者とは何度も電話やメールでやり取りした。

この記事の中で、

「横浜市社保協が昨年3月末、
市から得たたデータによると、
市内で資格証明書を持つ小中学生3692人。全体の1.3%にあたる。」

と書かれている。

横浜の4000人近いこどもたちに資格証明書が
発行されているという事実にもショックをうけるが、

私たちの仲間である横浜市の社保協がこの事実を昨年に把握していたこと、
しかし、神奈川県社保協などからそうした発信は全くなかった・・・。

先日、
民主党からの召集で国会に出向いた
寝屋川のTさんは大阪のこどもたちの現状や国保データを色々と一生懸命説明。
最後に民主党議員にこう言われたらしい。

「東京とか首都圏の資料はないんですかねえ、
大阪は地方ですからねえ」

といわれたそうだ。

大阪が地方といわれたことも心外だが、
大阪の私たちが首都圏の運動にはどうのこうのいえない。

中央に近いところの社保協運動に期待したい。



第一次不服審査請求一斉提出行動が取り組まれました!!

本日、
後期高齢者医療制度、介護保険料、国民年金保険料
の本決定に対する不服審査請求の第一次提出行動が
大阪府議会会館で実施されました。

参加者は80人。

提出件数は現時点でまだ集計中です。

さらに地域では、市役所や区役所に直接提出の行動が予定されています。

今日は、大阪府の職員が出向き、一枚一枚の請求書を確認しながらの提出行動です。

介護保険料に怒る一揆の会・K事務局長から
今日の行動予定について説明

20080821152318.jpg

真剣に聞き入る参加者のみなさん

20080821152320.jpg

国民年金保険料に対する不服審査請求を行う方

20080821152316.jpg

後期高齢者医療保険料に対する不服審査請求を行う方

20080821152313.jpg

介護保険料に対する不服審査請求を提出される方

20080821152311.jpg






今日はこれから怒りの行動!

今日の午後はこれから
大阪府議会会館で
高齢者の皆さんとともに
後期高齢者医療保険料と
介護保険料と
国民健康保険料
に対する不服審査請求です。

マスコミも沢山来るようです。

さあ
頑張ろう!

各地のカフェの経営者の皆さんへ

私は毎日動き回っているなかで
小休止をし気分転換するためのカフェを見つけることは
私にとってはとても重要なことです。

そこで
カフェの経営者、オーナの皆さんに言いたい。

1、中途半端な分煙化はやめて欲しい。
席を分けてもタバコの煙はやってくる。
せっかく部屋を分けてもドアをつけないで開けっ放しなら同じこと。

私は今はタバコを吸わないけれど二十歳台には吸っていたのでタバコの美味しさもわかるので嫌煙ではない。
みんなが気持ちよくいれるように配慮してほしい。

2、紙コップではコーヒーの美味しさは半減

飲み物を紙コップで飲ませるカフェが多い。
同じコーヒーなら紙コップより陶器のカップで飲んだほうが絶対に美味しい、と私は思う。
紙の匂いやカップの上につけるプラスチックの口当たりが嫌い。
ビールはグラスで
コーヒーはコーヒーカップでのみたい。
洗う手間なんだろうけど
カフェは心地よさがいちばん大事だからそういう配慮してほしい。

今日もバタバタの予定

午前中に事務局会議があるので
8時には事務局入りしてレジュメ作成。
事務局会議終わったら
飛び出して年金者組合女性部での学習会へ

終わったら事務所に戻って
実務実務。

夜は「慰安婦」シンポジウムの総括実行委員会。
3日のシンポジウムからまだ二週間ほどしかたっていないのに
すごく前のことのように思うのは
毎日濃厚に暮らしているからかな。

来週の兵庫高齢者大会のレジュメも作らなきゃ。

再始動!

今日からまた忙しくなる。

今日は河内長野市役所→藤井寺市役所キャラバン。

そして夜は旭区でキャラバン事前学習会。

来週からは大阪市内区役所キャラバンがはじまる。

今日は5時半に目覚めた。
キャラバンの日は朝から余裕を持っていきたい。

早めに家をでて
近鉄阿部野橋駅にあるお気に入りのカフェで
アイスティーをのみながら
河内長野市のデータを見る。

河内長野にはしっかり活動されている社保協があるので私は司会に徹して進めたい。

さあ頑張ろう!

火曜日はH事務局員は不在で
私も一日中外回りで事務所にはおりません。
連絡はメールでお願いします。
ただし、お返事は明日となります。

こんだけ読んだ!!

すでに読んだ浅見光彦シリーズ

後鳥羽伝説殺人事件
平家伝説殺人事件
津和野殺人事件
佐渡伝説殺人事件
白鳥殺人事件
天城峠殺人事件
小樽殺人事件
高千穂伝説殺人事件
鏡の女
短編集「鏡の女」「地下鉄の鏡」「透明な鏡」
竹人形殺人事件
軽井沢殺人事件
佐用姫伝説殺人事件
恐山殺人事件
天河伝説殺人事件
鞆の浦殺人事件
志摩半島殺人事件
津軽殺人事件
隠岐伝説殺人事件
城崎殺人事件
隅田川殺人事件
横浜殺人事件
金沢殺人事件
讃岐路殺人事件
神戸殺人事件
御堂筋殺人事件
歌枕殺人事件
伊香保殺人事件
平城山(ならやま)を越えた女
「紅藍(くれない)の女(ひと)」殺人事件
耳なし芳一からの手紙
上野谷中殺人事件
鳥取雛送り殺人事件
浅見光彦殺人事件
博多殺人事件

「紫の女」殺人事件
薔薇の殺人
熊野古道殺人事件
若狭殺人事件
朝日殺人事件
透明な遺書
坊っちゃん殺人事件
「須磨明石」殺人事件
斎王の葬列
箱庭
歌わない笛
幸福の手紙
沃野の伝説
札幌殺人事件
イーハトーブの幽霊
華の下にて
蜃気楼
姫島殺人事件
崇徳伝説殺人事件
皇女の霊柩
遺骨
鄙の記憶
藍色回廊殺人事件
はちまん
黄金の石橋
氷雪の殺人
ユタが愛した探偵
秋田殺人事件
貴賓室の怪人「飛鳥」編
不知火海
箸墓幻想
しまなみ幻想
贄門島
化生の海
十三の冥府
イタリア幻想曲 貴賓室の怪人II
短編集「他殺の効用」「乗せなかった乗客」「透明な鏡」「ナイスショットは永遠に」「愛するあまり」
上海迷宮
幻香

う~ん、何冊読んだのかな?

久しぶりに手帳を見る

なるべく見ないようにしていた手帳を久しぶりに見ました。
明日は夜に介護保険対策委員会

明後日は朝から河内長野市→藤井寺市キャラバンで夜は地元旭区で自治体キャラバン事前学習会

しあさっては朝から事務局会議、昼は年金者組合女性部国保学習会、夜は仕事ではないけど「慰安婦シンポジウム」実行委員会

ということは
実務は明日しかできないということ。
よし!
集中して明日は実務頑張ろっ

夏休み最終日は好きなことやろう!

今日で今年の夏休みは終わり。

明日からのまた忙しい日々に備えて
今日は好きなことをすることにしました。

だってせっかくの休日をぼんやりすごすなんて
もったいないし考えられない。

まず着たかった綿麻着物と墨色の麻をしめて

20080817204900.jpg


行き先はやっぱり京都だよねえ。

人がいっぱいな場所は避けて
京阪電車の終点、大好きな出町柳にきました。

鞍馬温泉にも行きたいけど
着物だとややこしいので今日はやめにして。

大阪を出た頃は曇り空だったけど
出町柳はとってもいいお天気!

20080817204316.jpg

賀茂川の緑と青空がとても綺麗なコントラストに。

20080817204314.jpg

日傘を差して橋の上からあたりの景色を堪能。
なーんか、好きなんだよねえ、この辺り。
賀茂川って、ほんとにすっごく緑が綺麗。

20080817204312.jpg

お腹がすいたので
いつものカフェdishに入り

20080817204310.jpg

いつものパングラタン。
ここのパングラタンはとても美味しい!
いつもは赤ワイン派ですけど
今日は冷たく冷えた白ワイン。
グラタンによく合います。


20080817204302.jpg


好きな音楽ききながら
今日の本はね
浅見光彦シリーズではありません。
内田康夫のデビュー作の「死者の木霊」。
だって京橋紀伊国屋に読んでないのがこれしかなかったんだもの。

でもなかなか面白い。

私は結構「お一人様」が好きなんです。

一人でどこでも行ってしまうし
一人で映画もいくし
一人で飲み屋さんにも行ってしまう。

もちろんみんなでワイワイも大好きですがね。

考えてみると
私は好きなことがいっぱいだなあ。

まず
仕事が大好きですよね。
あんなにストレスフリーな仕事はないです。
仕事がしんどいと思ったことがないんです。
いつもやりたいことが次々と浮かんできます。

旅行
露天風呂
美味しい料理と美味しいお酒
読書
映画
街をブラブラ

それから
ちょうど三年前の夏から着物、あのときは浴衣、に出会って大好きになりました!

いっぱい好きなことがあって
そして着物に出会って毎日がもっと楽しくなりました。


急がないと介護現場は崩壊する

今日の毎日新聞報道。

かつて大阪府が実施していた「公私間格差是正制度」
のような施策を急いで作らないと
福祉・介護現場には優秀な人材は全く来なくなる。

そうなればどうなるのか。
もうすでに起こっている事態が加速する。


「介護保険料払っているのにサービスが使えない」

「介護保険料を払っているのに自費サービスを強要される」

「介護事業所が利用者を選別する」

「介護事故が頻発する」

介護保険料を無理やり高齢者から奪い取っておいて
こんな状況となれば
「介護保険は詐欺」というそしりは免れない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

介護事業所:職員確保へ公費支援 厚労省

人手不足が深刻な介護職員を確保するため厚生労働省は、
職員の能力や資格、経験に見合う賃金制度を導入した介護事業所を
公費で支援するシステムを09年度に創設する。
介護未経験者の介護業界への就職を目指し、
未経験者を採用した事業所が対象の助成制度も設ける。
介護報酬の引き上げに加え、労働政策面でも人材確保を図ることにした。

介護保険は00年度の開始当初から民間企業の参入を促していた。
「保険料を払っているのにサービスを受けられない」との批判を避け、
事業者の数を確保する観点からだった。
しかし、それは業者間の過当競争を招き、標準モデルがない中で、
きちんとした昇給制度がないままに低賃金を強いる事業所を多く生み出す結果となった。

07年の厚労省調査によると、
男性の福祉施設介護職員(勤続4.9年)の平均月額賃金は22万5900円で、
全産業平均の37万2400円(同13.3年)の6割にとどまる。
離職率も全産業平均(16.2%)よりも介護職(21.6%)は高い。

具体的には、昇給制度を導入した事業所への公費助成に加え、
中小事業主を対象に、職員のキャリアに賃金を反映させる必要性や、
労働関係法令の理解を深める講習、雇用管理に関する研修などを
業界団体を通じて開催する。
複数の事業所が共同で研修を実施するモデル事業を始めるほか、
全国の3カ所程度に介護職員向けの「拠点ハローワーク」を整備する。

3337の介護事業所を対象に行った厚労省調査(07年度)で、
人手不足感を訴えた事業所は全体の59.7%。
訪問介護に限れば75.2%に達し、一般の中小企業(27%)の3倍近くに達している。

「ねんきん特別便」がきた~!

「ねんきん特別便」がきました!

ちゃんと記録されてました!

20080817205751.jpg

だから居酒屋やりたいんだよね

自分で言うのもなんですが、
私は料理が上手いです。
料理の才能は確かにあると思うんですよね。
習ったことは無いけど、本見たりして何でもできます。

でも、
今日カレー作ってて思ったんだけど、
私の料理は誰かに喜んでもらうために作るもので、
私は自分のための料理だと
「野菜食べたいっ」という時は野菜をざくざく切ってがーっと炒めるだけだし・・・

いつか息子たちは巣立っていくもんだし、
だから
「居酒屋」やって、私の料理を食べてもらいたいんだね。

あと何年後かな。


よしっ、カレー作ろう!!

この前から
辛いカレーを作りたいと思っていました。

私は市販のルーを使わない手作りカレーなので、
時間とやる気の両方が揃わないとなかなか出来ないので、
自治体キャラバン行動の合間に作るのはちょっと難しかったのです。

昨日、カレー用の牛肉を買ってきたので
朝から作っています。

暑いんで・・・・
まずキッチン・ダイニングのエヤコンをがんがん効かせます。

我が家のカレーの主役たち。

20080816081451.jpg

今日は、野菜ジュースは3パックつかいました。私はこの伊藤園の「一日分の野菜」が大好きで、外食が続いたなというときに飲んでビタミン補給をしたり料理にもよく使うので、生協でいつも大量購入しています。

そうそう、私のカレーは小麦粉を使ったルーを使わないので、小麦粉アレルギーの人も食べられますよ。とろみは野菜でつけます。

①まず、寸胴鍋ににんにく大2片の薄切りをいれてオリーブオイルを熱し香りを出します。

②それから、肉を入れて焼き色をつけ、カレーパウダー大匙10を振りいれ炒め

③日本酒をいれ、アルコールを飛ばし、

④トマト缶1と野菜ジュース3パックをいれて煮込む。

⑤玉ねぎ大3個を櫛切りにしてフライパンにいれて

20080816081454.jpg

あめ色になるまで炒めます。これが味の決め手となり、かつとろみとなるので丁寧に炒めます。

20080816081449.jpg

これを鍋に入れてことこと煮込みます。

20080816082835.jpg

⑥人参はここでいれて、ジャガイモは煮崩れるので味をきめてからいれます。今日は冷凍かぼちゃがあったので、冷凍のままいれました。かぼちゃは自然の甘みがでます。

⑦味は、塩・コショウ・しょうゆ・ウスターソース・味噌・ケチャップ・ジャムなどをいれて整えます。カレーは味が複雑なほうが美味しいので、冷蔵庫の中にあるいろんなものを入れるといいですよ。


カレーを作るといつも思い出すこと。

次男k平が小学校の低学年の頃、
学童の指導員から
「k平くんがね、『うちの母さんのカレーは売ってるルー使わへんねんでえ!!』って今日みんなに自慢してましたよ~」
と言われた事。

子どもって、そんなことが自慢なんだなあって
なんだかとても嬉しく思ったことを昨日のことのように思い出します。

息子たちがいつもすっごく喜んで食べてくれるから
手作りカレーは幸せな味がするんだよねえ。

いい感じに煮えてきました!!

20080816091507.jpg

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク