1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

date :2008年11月

浅虫は吹雪いてます

弘前駅から青森駅、そして浅虫温泉駅へ各駅停車で移動。

浅虫温泉は青森と八戸の間にある海沿いの温泉街です。

ホテルは駅のすぐ裏にあり徒歩5分ほどですが
雪はチラチラですが吹雪いていて寒い!
でもこれが露天風呂の時は最高にいいんです。
寒いといくらでもつかっていれますからね。

そしてやっぱりいいお湯でした。

青森といえば棟方志功。
市内には記念館もあります。
棟方志功はここ浅虫温泉が好きでよく来ていたそうです。

スポンサーサイト

時間がゆっくり

大阪にいると
5分おきに電車があるし
それどころか
10分でも遅れたら文句言ってる。

でも地方だと
ただでさえ電車二時間に一本とかで
「待つ」時間が多い。

でも別に次になにがあるでなし

持ってきた単行本はもう読んでしまったし。

私は予定を立てない旅がすきなので
行き当たりばったり。

各駅停車の旅は楽しい。

ぼんやり外を眺めているのが好きなので
地下鉄は嫌いだし
夜の旅はつまらない。

弘前の街は雪がやんだ。

青森は雪!

予定通り伊丹を出発。

窓際の席。

とてもいいお天気なので
地上を飛び立ってからもずっと外をみていました。

琵琶湖ってめちゃくちゃ大きいんやなあ~

滋賀県の山はゴルフ場だらけ

岐阜の山には何にもないんやねえ~

名古屋までは雲がほとんどなくよく下がみえましたが
それからは雲のなか。

予定では飛行時間は65分。
そろそろ着陸かなあと思ったけれど
なんかそんな気配なし。

青森は雪で空港が除雪作業をすりために
40分上空で足どめ(飛行機どめ?)をくらいました。

予定時間から50分ほど遅れて到着。

青森空港は山のなかにあるので一面銀世界です。

20081202195255.jpg


寒いのが大好きなのでワクワク。

荷物がないのですぐ空港をでて
空港バスで弘前へ。
途中のりんご畑は雪の中でした。

一時間ほどのバスのなかではうとうと。あっという間に弘前駅前に。

降りるとやっぱり寒い!
ダウンジャケットは着てるけど手袋忘れた!
っていうことで駅前のイトーヨーカ堂で手袋を購入。
これでずんずん歩けます。

さあどこに行こうかなあ!

青森へ

今朝は5時半に起きてお風呂に入り
洗濯をして
ブログを更新。

6時半に家をでて門真からモノレールに乗り込んで伊丹空港へ。

搭乗手続きをしていまカフェでお茶をしています。

これから青森に飛びます。

この夏に青森に行って以来、
冬の青森にも絶対行きたいと密かに計画してきました。

大阪から青森にその日のうちに行くには
新幹線乗り継ぎでいくのと
飛行機で飛ぶのと
二種類あるけれど
なんと行っても飛行機が楽で早くてそして安い。

私はいつもネットを駆使して行動するけれど
飛行機チケットは
特割とか早割だと恐ろしく安く買えるのです。

伊丹から青森は一時間とちょっとなので
今日の予定は青森空港からバスで弘前に、昼前にはついてしまいます。

昼ご飯は青森の郷土料理のけの汁。
ランチで食べれる店はネットで確認すみです。

そして夕方には弘前から浅虫温泉へ特急で移動。

浅虫温泉には夏にきたのですが
あまりに気に入ってしまったのでリピーターです。

何がいいって
露天風呂から浅虫温泉駅とその向こうに海が見えるんです。
私は海が見える露天風呂が好きなので
そのホテルの露天風呂は私の理想とする温泉でもあるんですよね。

荷物は全部ホテルに送ってあるので
バック一つの身軽な旅です。

熱くないとだめだ!

昨夜の
「介護報酬どうなる!!わたしたちはどうする!!ケアマネ・ヘルパー学習決起集会」
はとても熱い集会となった。

記念講演講師のKさんがとてつもなく熱い人だった。

Kさんは
社団法人認知症の人と家族の会の副代表理事で富山県支部事務局長で
社会保障審議会介護給付費分科会委員で介護保険部会委員をされている。

20081130000034.jpg



Kさんは、去年からの介護給付費分科会で
何がどう議論されているのかを話しながら
そして、認知症の人と家族の会として30年間活動したきた
歴史とそして思いも熱く語った。

そしてそこに流れているのは
「粘り強く、そして訴え続けなければ変わらない」
「現場からの具体的な声こそが動かしていく原動力」
と・・・
私たちがいつも運動で大事にしていることそのものを
ケアマネジャーやヘルパーに語りかけてくれた。

私もたいがい熱い人間だけど、
Kさんは私の数倍は熱かった。

でも、その情熱が人のこころを揺さぶるのだと思う。

最終のサンダーバードで帰らなければならないとのことで
後ろ髪ひかれつつ集会途中で帰られたKさん。

本当にありがとうございました。

大阪社保協とよりよい介護をめざすケアマネジャーの会と
大阪のマスターケアマネたちは、しっかりとあなたの思いをうけとめ、
現場からの声、発信していきます。

なんばのカフェで経済を勉強中

事務所を出てなんばへ。

いつものカフェに入り暖かいロイヤルミルクティーをのみながら
EU経済を勉強中。
アメリカに従属せず対抗するために発足したEU。

日本ではあまり報道されないEUについて学びたいと思う。

渋系紬が好き

地下鉄日本橋駅で
4人の着物女性に遭遇。

2人は柔らかもの。
あとの2人はかたもの。それもこげ茶色の渋系紬で素敵。

もっとゆっくり眺めていたかったけど電車に乗り込んでいかれました。

今日携帯に10月頭に京都祇園屋で誂えた紬が出来上がったと留守電。

いつとりに行けるかなあ~来週時間ないなあ。

「ケアマネ白書」作成に取り組んでいます。

大阪社保協の組織内に
「よりよい介護をめざすケアマネジャーの会」(略称 ケアマネの会)という、
文字通りケアマネジャーさんたちの組織があります。

結成は2000年4月1日。
まさに介護保険がはじまったその日に結成しました。

いまでもはっきりと覚えているのは、
天満研修センターで「結成総会」をしたのですが、
同じフロアの会議室で
あのコムスンが「出陣式」みたいなものをしていて
「エイエイオー」とかって気勢をあげていたこと。
あの介護保険発足当時、
コムスンの営業所数っていったらすごかった。
でも、半年でばたばたと閉鎖していったんですけどね。

そのコムスンもいまや無い。

「よりよい介護をめざすケアマネジャーの会」はもちろん着々と活動し、
いまでも100人以上の会員がいます。

よりよい介護をめざすケアマネジャーの会は2001年春に
「ケアマネジャー609人の証言~介護保険を変えよう」を出版しました。
大阪府内、多分1800箇所ぐらいの居宅介護支援事業所(ケアマネ事業所)にアンケートを送付、
その1/3の事業所から回答があり、
その内容を集約・分析した書籍です。

それから8年。

いま、「ケアマネ白書」づくりをすすめています。
構想から1年、実際に手がけだして半年。
原稿はほぼ出揃って、
入稿しはじめています。

ケアマネジャーさんたちは、日々現場で奮闘中・・・
という感じなので、
「原稿書いてください」といっても原稿はほとんどあつまってこないんです。

それで苦肉の策で、
とにかくマイクロレコーダー片手に、事業所に行って話しを聞く、
それを文字に起こす。

ケアマネジャーさんだけでなく、利用者さんのところにも足を運びました。

介護保険をどんな思いでつかっているのか、
ケアマネジャーさんやヘルパーさんをどうおもっているのか、
語っていただきました。

私も5か所くらい行き、いろんな方にお会いしました。
自治体キャラバン行動がはじまるまえですから、
4月5月に集中的に。
座談会も企画しました。

本作りが目的ではありましたが、
本当に勉強になりました。
それが、今の社保協運動にものすごく影響しています。

現場にでないとわからないことが山のようにある・・・と思いました。
だから、その後の自治体キャラバン行動では、
現場で働く人たちやサービスを利用している方が
私に乗り移ったかのような・・・・
そんな気持ちで自治体の担当者と話をしました。
ですから、
今年の私の話は説得力あったと思いますよ。

私は、学習会でもよくお話するのですが、
医療、福祉、介護現場で働きたいとやってくる人たちは、
どちらかというと、損得勘定で仕事を選ぶのでなく、

「誰かの役に立ちたい」
とか
「喜んでくれる顔を見るだけで幸せ」
とか
「苦しんでいる人を救いたい」
とか
「命を救いたい」
とか
そういうことで選んでくる人たちです。

特に福祉現場は昔からどちらかというと条件が悪くて、
処遇もいまいちで、
でもそれでも沢山働く人はいました。

私も、
医療系ではなくて福祉系の仕事をしたいとおもって大学に行ったのですが、
実習先はいまの施設なんかよりももっと古くて汚い、
そして光が当たらないという雰囲気が漂っていました。

それでも、いまより仕事をしたい人が多かった。

こんなに介護現場に人がこなくなったのはこの数年。

やっぱりはっきりしているのは
介護保険が始まって営利企業が参入し、
介護・福祉が儲けの対象になったことと
介護報酬が2度切り下げられた中で、
儲けを確保するために営利事業所が人件費を切り下げたこと。
そして決定的なのは、
介護保険では「やりがいを感じられない」ということでしょう。
だって、もうけないといけないんですから。

このままでは介護保険は限界でしょう。

大学が福祉系学部をどんどんやめています。
福祉専門学校もつぶれだしています。

そんな中でも懸命に働くケアマネジャーさんたち。
やめずに踏ん張っているのは、
目の前にいる高齢者、利用者、家族が、
やめてしまえばたちまち窮地に陥ることがわかっているからです。

現場を訪問してみてケアマネジャーさんたちは
決して「しんどい」とか「やめたい」とか言いませんでした。

「もっとちゃんと仕事がしたい」という思いがあふれていました。

私はケアマネジャーさんたちって、「あかひげ」みたいだと思ったんです。
すごくどろくさいんだけどね、
でも目の前にいる高齢者の人生の最後の最後のところで出会って
「いい人生だった」とその方に思ってもらいたくて
懸命に努力していると思いました。

そのために、
今回つくる「ケアマネ白書」は
そうした働くケアマネジャーさんたちの姿、声をうきぼりにしながら
「こんな介護保険ではあかんっ」
「このままの介護保険ではちゃんとした仕事できない」
というメッセージを発信できるものにしたいと思っています。

まだ、題名がきまっていないんです。
「ケアマネ白書」っていうのは決まっているけど、
副題がね。

いろいろ考えているとふっと湧き出てくる気もするんですけどね。


さあ、今日も一日がんばろっ

今日は午前中、畳屋さんがきて採寸。

午後は事務所に行き、
夜の学習決起集会準備と、やり残した仕事の整理。

5時にはなんばの大阪府保険医協会に行き、
6時からの学習決起集会。

今日も一日がんばろう。

お肌が・・・

一日中事務所で仕事していると
エアコンでお肌がパサパサになっちゃうんです。
ああ、水分下さい~っていう気分です。
温泉行きたい~。

行きますけどね。日曜日に。

ふぅ~今日は終わりです

一応やるべき仕事はやりあげました!

頑張った自分に拍手。

通勤途中の京橋駅はなんだかすごい人の波。

今日は金曜日だものねえ。

みんな飲みに行ったり遊びに行ったりするんでしょうねえ。

子育て

久しぶりに、
グルメの会メンバーで(最近、着物の会にシフトしているのでやっていません)
旅行関係で公私共にいつもお世話になっている
ツアーコンダクターのOさんが来局したので、
ちょっと長いめのおしゃべり。

一人娘のRちゃんとは、一緒に北海道旅行にも二度いった間柄。

そのRちゃんが小学生になってからは
心配ごとが多いみたいで、
勉強のこととか進学とか、
「子育てって大変ですね」と彼女、ため息。

外野席から
「塾行かさないと」とか「中学校は私学に」とか
いっぱい言われているらしい。

そんな雑談をしたあと、
私は彼女にこんなメールしました。

「子育ての先輩としてのアドバイスです。

お母さんはRちゃんが大好きだよ。
お母さんはいつだってRちゃんの味方だよ。
Rちゃんすごいねえ、いいとこあるねえ。お母さんうれしいな。

この言葉、毎日毎日たくさん言ってあげてね。

親に愛されている実感と自分への自信があれば
こどもは絶対にちゃんと育ちますから。」

私はそうやって子育てしてきました。

だから、わが息子たちは、
私が世界中で一番息子たちを大切にしていること
よくわかっているし、
彼らは自分がだめだとかできないとかあかんとか
多分一度も思ったことないと思うんです。

たとえば、
高校受験も大学受験も
周囲(特に学校)から
「絶対に無理」といわれた学校にチャレンジして合格。
そして「この成績であの学校に入れるなんてびっくりした」
なんて言葉を(結構失礼な言葉ですが)
二人とも担任から言われましたし。

彼らは
「やれば絶対にできる」と思っています。

自分への自信、
自尊心とかプライドとかを
私は何よりも育てないといけないと思っています。

それさえあれば、
あとは努力さえすれば結果は必ずついてくるものです。

長男は今年教員試験にチャレンジしましたが、
果たせませんでした。
でも、6月のあのしんどかった教育実習を経て
「やっぱり中学の日本史の先生になって、ラグビー部の顧問やりたい」
という気持ちを強くもっているようなので、
「がんばれ」って応援しています。

まあ、じいちゃん、ばあちゃんなどの外野席からいろいろありますけど、
でも、なんでも本人次第ですからね。


今日は猛烈な勢いで仕事してますっ

今日は、
すごい勢いで仕事しています。

明日の夜は
「介護報酬はどうなる!わたしたちはどうする!!ケアマネ・ヘルパー学習決起集会」がありますから
資料を印刷しつつ、

来週の予定の学習会、

まず、3日に堺である介護者家族の会の学習会レジュメ
そして、7日に東京立教大学である「こどもの貧困フォーラム」発言レジュメ
(今日の朝日新聞に紹介記事が載っていました)

この二つを作り上げました。

そして、来週は4日に事務局会議があるんで
そのレジュメもいまから作ります。

そして締め切りを勘違いしていた原稿が1つあることを
昨日発見したので、それも今日中につくって送ります。

なぜそんなにがーっと仕事をしているかというと・・・

日曜日からちよっと北の方面へ行こうとおもっていまして
火曜日までお休みをいただくからです。

帰ってきてからの仕事の段取りを
なんとしても今日中につけておく!
と気合がはいっているのです。

人間、やる気になったらなんでもやれるっ!!
・・・・どこかで聞いたような・・・
という感じです。

張り切ってお鍋・・・のはずが・・

今日は夜に会議が無いし、
寒いし、
生協の食材が届く日だし、
早く帰ってみんなでお鍋でも・・・・

っとはりきって帰ったら、

長男U介は「今日飲み会やし・・」
次男K平は「バイトやで・・・」

ですって。

つまんない~。

お忙しいわね、二人とも。

こどもを資格証明書発行から除外する国保法改正法案提案される

今日、野党三党で共同提出された
こどもを資格証明書発行から除外する国保法改正法案。

「こどもだけか」
という意見もあるだろうけど、

私たち大阪社保協が6月に無保険のこどもが
大阪に2000人はいると発信してから5ヶ月。

マスコミが社会問題化し、
厚生労働省が動き、
自治体が動いた。

どんな家庭にうまれても
どんな自治体で育っても
こどもがひとしく等しく医療がうけられるのは当たり前。
だって、
こどもは国が自治体が社会が育てるものだから。

当たり前の私たちの主張で政党も動いた。

党派とわず、この法案を成立させてほしい。

もし、反対する政党があれば、
私たちは「こどもを見捨てる気か」と激しく迫っていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「無保険」の子供救済へ、民主など3党が改正案共同提出

民主、社民、国民新の3党は27日、
保護者が国民健康保険の保険料を滞納し、
保険証のない「無保険」となった子供を救済する
国民健康保険法改正案を衆院に共同提出した。

国民健康保険では、
保険料の滞納が1年以上続くと、保険証は返還させられ、
代わりに資格証明書が交付される。
窓口で医療費を全額自己負担し、
後に保険適用分が払い戻されるため、
必要な治療をためらう受診抑制につながりかねないとの指摘がある。

法案は、18歳未満の子供については、
保護者が保険料を滞納していても、保険証返還の対象外とする内容だ。

厚生労働省の全国調査によると、
今年9月時点で保険証のない中学生以下の子供は
1万8240世帯の3万2903人に上っている。

(2008年11月27日20時40分 読売新聞)

次のロスジェネはクリスマスごろですって

夏の社会保障学校にきていただいて以来、
浅尾さんのファンなので
毎日浅尾さんのブログみてます。

今日のブログには以下の記事が。

面白そうですね。買わなくちゃ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『ロスジェネ』第2号は、特集「反貧困」。

 何事も起こらなければ、超左翼マガジン『ロスジェネ』第2号の発売予定日は、早いところで来月12月25日ごろ(……もうヘトヘトです)。本日、校了(こうりょう)しました。
 年末のギリギリになってしまいましたが、定価は1000円に(300円も値段を下げま)したし、力のこもった特集は組めましたし、なんとか創刊号での公約を守ることが出来ました。みなさん、本当にありがとうございます。




(内容)
ロスジェネ第2号 
表紙タイトル「反貧困 政治家を壊す? 育てる?」
対談 大転換時代に女たちが挑む 堤未果×増山麗奈

目次
特集 反貧困 政治家を壊す? 育てる?

対談 大転換時代に女たちが挑む――格差社会と妻・母親・表現者の生き方
堤未果(ジャーナリスト)×増山麗奈(画家)

討論 生存/労働運動のリアリズムは、どこにあるのか?
湯浅誠(反貧困ネットワーク事務局長)×浅尾大輔(本誌編集長)

路上エッセー 殺す市民 カレーライスでつながり生きかえれ! 
いちむらみさこ(路上生活者・アーティスト)

「官製ワーキングプア」のたたかいに寄せて
手記 「現実を変える力は、百回、千回言い続けること」 原告M
解説 ロスジェネがホームレスにならないために 浅尾大輔
資料1 判決文 労働者は道具を取り替えるのとは訳が違う東京地裁判決(抄)
資料2 弁護団声明 法の厚い壁を崩して、新たな地平を切り開こう 

小説 遠い異国の鳥たち(70枚) 立花沙世  挿絵 増山麗奈

漫画 白い闇  小野寺祐子

【世界の窓】
フランスにおける日本のオタク文化の反抗性 ブヴァール・ジュリアン(山梨大学
インド人が読む漫画「NANA」の世界 ラチタ・シュリワスタワ(日本語通訳)

エッセー ロスジェネ的オルタナティブ市場構想  大澤信亮(批評家)

表紙の言葉

筆者一覧

次号予告 

貝塚の方無事保険証発行されました

一昨日ご相談のあった貝塚の方

事業で多額の損失がありかつ病気なのに資格証明書発行されていた方です。

今日貝塚市役所に行き
保険料を払えないという特別な事情についての申し出書を提出したところ
国保の通常証が発行されたとのことでした!

貝塚市役所の国保課の皆さま

親切な対応をしていただきありがとうごさいました!

ただいまカフェで一休みしながら考え中

今日は朝から一心不乱にパソコンに向かって作業をしていて
FAX通信作成と発信

土曜日の学習会決起集会関係の実務さくさく

ケアマネ白書関係実務さくさく

気がつくと昼ご飯も食べずに3時過ぎに!

温かいロイヤルミルクティーが飲みたいなあ~っと
天満駅前のドトールへ。

ここでちょっとブレイクしながら
引き続き来週の学習会レジュメ作り。

最近はパワーポイントレジュメが見やすいみたいで好評です。

色んなこと同時進行だけど
丁寧にひとつひとつに取り組もうと思ってます。

長年の実務経験で
急いでいるときほど丁寧にしたほうが失敗がなくて結局能率的だということを知っています。

来年1月には
「負担軽減のための相談活動ハンドブック2009」発行すべく会議日程もいれました。

大阪社保協ハンドブックを待っている人がたくさんいるんですよね。

ちょっとゆっくりしながらいろいろ考えよう・・・・

なんて思っていたけど、
お茶中にも携帯に℡がはいり、
今日中に東京でのシンポジウムレジュメもつくらなければいけなくなり、
ゆっくりしてる場合ではなくなってしまいました!!

がんばろっ。

塩水うがいは偉大だ!!

朝おきて・・・なんだかのどが痛い・・・

私の場合、風邪はのどからやってくる・・・・ような気がする。

そんなときにいつもすること。

かなり塩辛い「塩水」をコップいっぱいにつくり、
とにかく、がらがらがらがら・・うがいをします。

これがとにかく兎に角効くんですよ。

お蔭様でのどの痛みはなくなりました~。

いちいちコメントするのもいやになるけど

はあ・・・
コメントするのもいやになるけどね、
あまりに無知で
社会保障制度のなんたるかもわかっていないらしいね、あのひと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


首相「何もしない人の医療費、なぜ払う」、諮問会議で発言
11月26日23時36分配信 読売新聞


麻生首相が20日に開かれた政府の経済財政諮問会議で、
社会保障費の抑制を巡って
「たらたら飲んで、食べて、何もしない人の分の金(医療費)を何で私が払うんだ」
と発言していたことが、26日に公開された議事要旨で分かった。

与謝野経済財政相が社会保障費の抑制や効率化の重要性を指摘したのを受けて、
首相は出席した同窓会の話を紹介しながら
「67歳、68歳で同窓会にゆくとよぼよぼしている。医者にやたらかかっている者がいる」、
「彼らは学生時代はとても元気だったが、
今になるとこちら(首相)の方がはるかに医療費がかかってない。
それは毎朝歩いたり何かしているから」と発言した。

病気を予防することが社会保障費抑制につながることを強調する物言いとみられるが、
病気になり医療サービスを受ける人が悪いとも受け取れる発言で波紋を呼びそうだ。

首相は19日に行われた全国知事会議で
「医師には社会的な常識がかなり欠落している人が多い」
と発言し、謝罪に追い込まれたばかり。

「無保険の子に保険証を」野党4党、法改案提出へ

今週にも
国保法改正法案が衆議院に提出されるようだ。
4野党共同提出ということがうれしい。

ただ、
「自治体側の徴収責任を明確にする規定」とはなにか。

それにこの朝日新聞記事の
「親の国民健康保険料の滞納で」という書き方、
国保料の実態がわかっているのか、といいたい。

厚生労働省や自治体がよく使う
「払える能力があるのに払わない悪質な世帯」が
滞納世帯にいったい何パーセントいるというのか。

先日、大阪市の収納課の課長代理が
「ベンツのってるのに払わない人」などというので
「そんな人年間何人います?」ときいたら
「数人」といっていた。

大阪市の滞納世帯16万5千世帯(08年3月末)のうちの数人。
ということは、
小さい自治体ではそんなひと、殆どいないということだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「無保険の子に保険証を」野党4党、法改案提出へ
朝日新聞2008年11月26日20時23分


親の国民健康保険料の滞納で
「無保険」状態になった子どもに保険証を交付できるよう、
民主党は26日、国民健康保険法の改正案を
共産、社民、国民新の3党と共同提案することを決めた。
18歳未満の子どもに一律に保険証を交付する条文を盛り込む。
早ければ今週中にも衆院に提出する考えだ。

滞納の助長や保険料を支払ってきた世帯との
不公平感などを懸念する与党側に配慮し、
モラルハザードを防ぐために
自治体側の徴収責任を明確にする規定も設ける。

無保険状態の中学生以下の子どもは
全国に1万8240世帯、3万2903人(厚生労働省調べ)。
世帯主が保険料を1年以上滞納した場合、
自治体の判断で保険証の返還を求めている。
医療機関の窓口で、いったん全額を払うため
必要な治療を受けにくくなると指摘されている。

今日は仕事がいまいち出来ない1日

今日はなんだかバタバタしているわりに
ちっとも仕事が出来ない1日でした。

午前中は色んな電話がいっぱい。

午後は介護保険料に怒る一揆の会総会。

写真は一揆の会代表の宮崎さん。

20081127070848.jpg

夜はより良い介護をめざすケアマネジャーの会事務局会議。
ケアマネジャー白書の題名考えるだけで2時間かかってしまいました。

ふう疲れましたあ。
夜は京橋「わさび」で来月19日のクリスマスパーティーの打ち合わせ。

今日は本当に仕事があまりできなかった1日でしたあ。

南さつま市のkさんへ

まだお会いした事のない南鹿児島市のkさんですが、
今日はご家族の写真をおくってくださいました。
4人のお子さんの愛らしいお顔をみていると
本当に国民健康保険証が発行されてよかったなあと
つくづく思います。
体調を崩されていた奥様もお元気になられたのでしょうか。
ご家族6人がずっと笑顔でいれますように。

鹿児島と大阪と離れてはいますが、
でも、全ての人が安心して医療にかかれるようにとの思いは同じです。

そして
こどもたちには笑顔を。
どんなことがあっても幸せなこども時代を。

そんな思いで毎日活動しております。

今後とも、ご一緒に。

今日は素敵な家族写真を
本当にありがとうございました。
とてもとてもうれしく思っています。





大東市、急遽方針変更

本日、大東市保険年金課長名で
「子どものいる世帯への資格証明書発行について」
という文書が大東四条畷保健生協からFaxされてきました。
内容は以下です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平成20年11月25日               
大東市議会議員のみなさまへ

                     保険年金課長

子どものいる世帯への資格証明書発行について

本市の「被保険者資格証明書」の発行については、
法令上の義務であり、
一般優良納税者との負担の公平性を保ち、
国保の適正な運営を行っていくためには必要な制度であり、
子どものいる世帯についても基本的に同様の扱いをしてまいりました。
ただし、就学前の子どものいる世帯については、
従来より説明してまいりましたように、
就学前児童の医療の確保を図る観点から
「短期保険証」の交付をしてまいりました。

しかしながら、マスコミ等の報道により
義務教育の子どものいる子どもの医療の確保を図る社会的要請の高まりを受けて、
10月30日付で厚生労働省保険局国民健康保険課長の
「被保険者資格証明書の交付に際しての留意点について」の通知がありました。
この通知は、
子どものいる滞納世帯には家庭訪問等による納付相談の奨励に加え、
実態把握に努めることなど、
資格証明書の交付に際してよりきめ細かな対応に努めるよう求めています。

つきましては、この通知を踏まえ、
義務教育の子どもがいる世帯(35世帯)については
資格証明書から無条件で短期保険者証に変更することといたしました。

尚、短期証の交付は保険年金課の窓口とさせていただきます。
よろしくご理解の程お願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大東市はつい先週19日には
「いままでどおり、子どもがいても資格証明書は発行する」
と言っていたんですよ。

急遽方針変更です。

大東社保協のみなさんはじめ
いろんな市民の皆さんががんばったんです。

「病気」なら無条件に保険証は発行されます

国民健康保険法と法令施行規則により、
「特別な事情」があれば資格証明書発行から除外されます。

「特別な事情」とは以下です。
「災害」「盗難」「病気(怪我)」「事業休廃止」「損失」などの場合は、
滞納には関係なく無条件で短期保険証が発行されます。

このことをぜひ知っておいてください。

【国民健康保険法施行令】

第一章 市町村 (法第九条第三項に規定する政令で定める特別の事情)

第一条  国民健康保険法 (以下「法」という。)第九条第三項 に規定する政令で定める特別の事情は、次の各号に掲げる事由により保険料(地方税法 (昭和二十五年法律第二百二十六号)の規定による国民健康保険税を含む。次条において同じ。)を納付することができないと認められる事情とする。

一  世帯主がその財産につき災害を受け、又は盗難にかかつたこと。

二  世帯主又はその者と生計を一にする親族が病気にかかり、又はしたこと。

三  世帯主がその事業を廃止し、又は休止したこと。

四  世帯主がその事業につき著しい損失を受けたこと

五  前各号に類する事由があつたこと。

貝塚市の方から相談がありました。

「事業がうまくいかず借金を抱えている。
事情があり廃業もできない。
国保料が滞り、資格証明書発行されている。
しかし、病気で病院にいき、リハビリもしなければならないが、
10割負担ができない。どうしたらいいのか」
という内容です。

この方は、
まさに上記「国民健康保険法施行令第一条の二」にあたります。

早速、貝塚市国民健康保険課に以下のように問い合わせをし、確認しました。

「大阪社保協です。いつもおせわになっています。
国保料滞納で資格証明書発行されている貝塚市民の方から相談があったんですけど、
この方病気で貝塚市民病院にかかっておられたようですけど、
治療中断に陥っています。
現在病気ですから国保証発行していただけますよね」

「はい、特別の事情にあたります。その方、役所に来れますか」

「大丈夫だとおもいますよ」

「では国保課にきていただいて、
「特別の事情にあたる申出書」を書いていただければ
短期保険証発行します。」

「短期保険証は3ヶ月ですか」

「貝塚市の短期保険証は11月1日から1月31日の3ヶ月が期限です」

「では、その方にそのように連絡しますので、対応よろしくおねがいします」

早朝からの餃子づくり

夕食はキャベツと卵消費のために「お好み焼き」にしました。
京阪モールで「山の芋」が1つ100円で山盛りに売られていたので
2個購入し、すっていれました。

焼くのはいつも息子たちが各自、自分の好きなように焼きます。
焼き具合とかいろいろ好みがあるようで・・・・。

息子たちがわいわい言いながら焼いているのを子守唄に
9時過ぎからおこたでうとうとしてしまい、
夜中2時半にめが覚めました。

顔も洗っていなかったのでそれからお風呂に入り、
お風呂に入ると俄然元気になってしまうので
いま、4時、
眠ることはあきらめて、
洗い物や片付けをしています。

4時って、もう朝ですかね。
夜中に起きていたらなんだかさびしい気がするけど、
朝だと「早起きっ」て感じです。

いまから、ギョーザをつくろうと思います。
これも白菜消費のためです。
ギョーザの皮は昨日買って来ました。
肉は、昨日のお好み焼き用のバラ肉の残りをたたきます。
脂が多いと焼きあがりがジューシーになります。

っで、
こんな具合にできました。
巻いてくれたのは、
起きていた長男U介です。
さすが、ラーメン屋さんバイト暦3年半、
上手やわあ・・・・。

20081125050817.jpg



着物で高齢者集会

雨ですけど
やっぱり・・着物にしました。

今日の着物はこの秋何回目かの登場の
花織風の紬に紫の帯、
そして紫色の色半襟。

今日は寒かったので、
この上に別珍のコートを羽織りました。

20081124195944.jpg


足元は雨用草履です。
これなら雨に濡れても大丈夫です。(電車の中で撮影)

20081124195827.jpg

大阪高齢者集会会場は大変な人数の参加者で
熱気むんむんです。

記念講演は元大阪城館長の渡辺武さんです。

渡辺さんは71歳。

「世の中の高齢者の
1/3はとても元気で、
1/3やっとこさ暮らしてして、
1/3は病気を抱えたり暮らしが貧困で困難
ではないかと思う」
とおっしゃっていました。

1/3というキーワード。

一橋大学・渡辺治教授も
「全国民の1/3は貧困の中にいる」
とおっしゃっていました。

20081124195452.jpg

私は分科会「止めさせよう後期高齢者医療制度」の助言者。

70分一気にお話させていただきました。
みなさんとっても真剣なまなざしです。

大阪の運動って、
率直でストレートで、すごく感度いいんです。
だから、大阪の運動が全国の運動をリードしているんだと思います。

とにかく、大阪の人は
頭で考えるより体うごかせっていう・・・・
そういところがいいんです。


20081124195443.jpg


この「怒りのなかにもユーモアがある」という大阪的根性が好きです。

20081021172422.jpg




今日は着物どうしようか・・・・

今日の午後は
なんばの大阪府保険医協会MDホールで
大阪高齢者集会。

うーん・・・・
着物きるかどうしょうか。

雨降りみたいなんだけど・・・・着たいし・・・・

どうしよっかあ。

チーズフォンデューな「歌声酒場」の夜

23日の日曜日の夜は
着物仲間のKさん宅で
チーズフォンデューパーティ。

お料理はいつも必殺料理人のKさん。
本業は新聞記者ですけど、
あまりにはまりすぎてます・・・・・・

20081124001352.jpg

チーズフォンデューに舌鼓の
Kさんの奥様Ⅰさんとなぜか
引きずり込まれた「慰安婦」問題仲間のMちゃん。

20081124001743.jpg

なぜМちゃんがいるかというと、
彼はギターマンだし、
Kさんはブルースハープ(ハーモニカ)ふきだし、
ということで、
年末の京橋「わさび」でのクリスマスパーティーへの
出演交渉もかねての打ち合わせもしたかったためです。

なかなかいいかんじでしょ。
楽器できるのって素敵っ。

なんだか「歌声(うたごえ)酒場」的な夕べとなりました。

20081124001457.jpg

そして、
「クリスマスパーティー」は12月19日(金)の午後6時半からに決定。

わさびのさおりちゃんの美味しいお料理と
日本酒、焼酎、ワイン、ビールなんでもありで
そして歌える楽しい夕べにしますっ。

あなたも来ますか?




ブログ名変更!

「事務局長ブログ」だったんですけど、

「着物大好き」を頭にいれました。

だって、大好きなんだもの。

以上、報告でした。

プロフィール

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク