FC2ブログ
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

date :2009年10月26日

ひとはひとのなかで元気になる

ひとはひとのなかで元気になる・・・

2日間の調査のなかで感じたんです。

「慰安婦」仲間のY口さん。
この4月に銀行に就職したばかりの
世間一般でいうところの社会人1年生なんですが、
職場で理不尽なパワハラにあっていて、
結構、ぼろぼろになりかけていることを彼女のブログでしって
今回の調査への参加をよびかけました。

彼女はもともと社会調査もやっているし、
社会的な活動にとても関心のあるひとです。

そして二日間、
長友ゼミの学生さんとおなじチームにはいり、調査活動に参加、
そして打ち上げにも。

みるみる元気になっていく彼女をみて心底嬉しかった!!

今日の彼女のブログにはちょっと元気になった彼女がいました。

「わたしのやりたいことはこういうことなんだ!!」
って実感したみたいです。

ひとはひとのなかで元気になるんやね。

11月またあいましょうね。
スポンサーサイト



調査はまだ第一段階、年内入力分析、今年度中に現地と大阪市内で報告集会を予定。

24・25日に実施された門真国保実態調査にはのべ504人の調査員が参加し、
目標の500を大きく超えた775通のアンケートを集約しました。

早速郵送分がかえってきているということですから
それらを含むと回収数はさらに増えることとなります。

両日を通して、センターのなんでも相談にも11名の市民が利用。

TBS、テレビ朝日、毎日放送、関西テレビ、毎日新聞、読売新聞、共同通信、しんぶん赤旗、大阪民主新報の取材があり、
毎日新聞は25日朝刊で、
毎日放送は25日夕方の「テレビ夕刊」で報道をしました。

会場カンパは11万692円にものほりました。

本当にみなさんのご協力でできた調査です。
ありがとうございました。 

25日の終結集会での長友実行委員長のまとめの報告は以下です。

長友実行委員長 まとめ報告

1.調査員数・回収調査票数

調査にご参加いただいたみなさん、ご苦労さまでした。
1日目の調査員は280人で458通のアンケート、
2日目の調査は224人で319通のアンケートが回収できました。
今後、郵送でのアンケート返送もありさらに増えます。

調査員のみなさんからの感想文をざっとみて以下概要を報告します。
 
2.声なき声を代弁する・・・調査の役割

(1)待たれていた調査

調査員のみなさんの感想のなかで、
「こんな調査をやってほしかった」「調査にくるのを待っていた」という方が多数いたということが報告されています。
声なき声をかたちにする、小さな声を大きくするということを誰かがやらなければなりません。
 
(2)足を運んで話を聞く、待ちより出向くことの重要性

こうした訪問調査は、ドアの向こうにどんな人がいるのかが不安だし、恐いのはあたりまえです。
しかし、恐くてなにもしないのであれば、何も生み出さないどころか、
より現状がわるくなる可能性が高くなります。
生活の場にこちらから足を運んで実態をしることが大切です。

(3)国保制度・仕組みについての理解がなされていない

住民の制度についての知識不足により、これは知らされていないという側面がありますが、
制度がうまく利用できていない実態を生みだしています。
これは国保だけでなく、生保でも同じです。
さらに団地地域では特に社会的なつながりが乏しく、
社会保障制度についての理解に乏しい実態が報告されています。
そして国保料が高いのは当たり前だと考えている、考えさせられている現実があります。

3.今後の予定

(1)調査結果は国保再生に向けた政策づくりに活用します。

調査結果という材料をつかって、
「国保料は高いものだ」とあきらめ仕方がないとおもっている市民とともに
国保再生にとりくむことが必要です。

(2)門真から、大阪から、全国に発信を

年明けには門真市内、できれば調査のセンターとなったここ南部市民センターで報告集会を、
そしてその後、府的には大阪市内で報告集会をおこない、
門真から大阪から、国保再生へ向けた発信を全国におこないたいと考えます。

(3)調査にご協力いただいた市民のみなさま、調査員の方々に、御礼もうしあげます。

調査終了はあくまでも第一段階が終ったにすぎません。
引き続き、調査結果をもとに国保再生にむけた次の段階へご協力ください。
よろしくおねがいします。
 
★短期保険証発行されたお母さんから「南部市民センターに行きたいけど足が痛くてうごけません」とSOSあり、25日会長とけいはん医療生協が往診にでむく。

24日、このブログでも報告した短期保険証が即日発行されたお母さんから電話が入りました。

「健康相談で南部市民センターに行くつもりにしていたのですが、足が痛くて行けそうもありません。残念です」と。

会長に相談したところ、「明日、行って診ましょう」とのこと。

そのことを25日のスタート集会で報告したところ、
けいはん医療生協から「看護師が同行します。車もだします」との嬉しい申し出があり、
午後一番に井上会長とけいはん医療生協がそのお母さんの様子をみに行きました。

会長によると、
「検査をしてみないとわからないが、栄養不良がみられることと、甲状腺疾患がうたがわれる。」
とのこと。

けいはん医療生協が26日に早速、送迎で検査・治療につなげていくとのことでした。

調査のおしらせビラをみて大阪社保協に電話がはいったことから保険証発行につながり、
さらに医療へとつながりました。大阪社保協ネットワークが力を発揮しました。

11月15日(日)の大阪社会保障学校ではどこよりもはやい長友国保調査報告があります!!ぜひご参加ください!!

調査の分析作業はこれからですが、
11月15日の大阪社会保障学校では
「国保が貧困を拡大するー門真国保実態調査でみえてきたもの」と題して
長友実行委員長が記念講演をします。

どこよりも早い報告を大阪社会保障学校でききませんか?ぜひご参加ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2009年度大阪社会保障学校
□日時 2009年11月15日(日)  9時半開場 10時開校 16時閉校

☐会場 大阪民医連

☐記念講演

①10:00-12:30
「国保が貧困を拡大する―門真国保実態調査でみえてきたもの」
長友薫輝・三重短期大学准教授

②13:30-16:00
「『福祉国家』の存在意義ーフランスの失業・貧困対策」
都留民子・県立広島大学教授

☐規模 130人

☐参加費 1000円

☐参加申込  資料印刷の関係上、必ず事前にもうしこみをFaxまたはメールでしてください。
チラシはこちら

ひとの力と暖かさを感じた二日間でした

24・25日二日間実施した門真国保実態調査は

のべ調査員504人、回収アンケート数775

という私たちが思っていた以上の成果をあげることができました。

アンケートは今後郵送されるものもあるでしょうから、
さらに増えるでしょう。

調査員のみなさん、本当にご苦労様でした。

訪問調査からかえってきて整理をしている調査員のみなさんです。

20091026091610.jpg

20091026091840.jpg

沢山のみなさんに力をお借りしました。

裏方の事務局を一手にひきうけてくれた
門真のみなさん、
そして北河内のみなさん、
本当に本当にご苦労様でした。

そして三重短期大学・長友ゼミの学生さんたち、
あなたたちの存在が調査団を明るく、未来への希望あるものにしてくれました。

大阪社保協からの呼びかけにこたえてくれた
団体・個人のみなさん、
遠くは東京・目黒区からかけつけてくださった共産党議員さんもいました。

研究者の方や弁護士の方もきてくださいました。

そして、私の着物仲間のAやちゃん、
「慰安婦」問題仲間のY口さん、
ありがとうございました。

大阪社保協・事務局アルバイトのA坐さんもご苦労様でした。

・・・・・・・・・・

調査のことについて書いていてくれているK部さんブログ

全体を通して、
参加したみなさんが元気になったのがとてもうれしい調査でした。

ご苦労さん会のカフェでのみんなの笑顔です。

20091026091914.jpg

20091026091933.jpg

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク