011234567891011121314151617181920212223242526272803

date :2010年02月

170人もの方々にご参加いただきました

本日午後2時からの「門真国保実態調査・現地報告会」には
170人もの方々にご参加いただきました。

本当にありがとうございました。

まず、先日の毎日放送voisの特集を流し
(この特集を作ってくれたwディレクターも会場にきてくれていたのですが、
あとで「dvdが流れてとても感動しました~」っていってくれました」)

そして長友実行委員長からの報告。

moblog_a47b73c0.jpg

本当に真剣にみなさんに聞いていただきました。

moblog_b76e32ba.jpg

moblog_f8b56c5a.jpg

moblog_cd3ac374.jpg

moblog_67f29be9.jpg

報告集は130ページにも及び一言では言えないですけど、
国保加入者のみなさんの思いが数値にあらわされた、といえるでしよう。

特に、実際に資格証明書を発行されている世帯もたくさんあり、
いかに低収入かということがよくわかります。

次回の報告会は3月6日の大阪社保協総会後、となります。
ぜひご参加ください。

また報告集は送料込1000円でおわけしますので、
欲しい方は大阪社保協までメールで。

*大阪社保協へのメールはホームページからはいれます。



スポンサーサイト

さあ、午後は門真国保実態調査・現地報告会です!

いいお天気です。

2時から門真国保実態調査・現地報告会。

どれくらいの方が来てくださるのか全くわかりませんが

1時に会場入りして準備します。

是非皆さんいらして下さいね。

仕立て直しの羽織でちろり

一か月前にもらいもののちょっと派手な着物を
羽織にしようと仕立て直しに出しました。

今日、仕立てあがってきました。

moblog_59753f2a.jpg

着物では絶対に着ないと思うんですけど
羽織にしたらなかなか可愛くていい感じです。

夕方から寒くなってきたので羽織がちょうどいい。

そして、ちょっとお出かけ。

和歌山出身の若いご夫婦がしている素敵な割烹へ。
でもお値段はとてもリーズナブル。

moblog_7178518d.jpg

そして、熱燗を頼んだら、ちろりで出てきました。
熱燗はこれでないとね。
電子レンジでチーンなんて許せません。
お魚は黒鯛、煮つけにしてもらいました。

moblog_1a0a68f3.jpg

このよせ鍋には牡蠣、白子、鯛、はまちがはいっていました。

moblog_b8201817.jpg


とてもいいお店で、リピーターになりそうです。





明日は門真国保実態調査現地報告会

本日夕方、「門真国保実態調査報告書」ができあがり、
明日の現地報告会で初めての報告をすることとなります。

調査員のみなさんのご苦労で、たくさんのサンプルデータがあつまりました。
本当にありがとうございました。

そして多くの方々からカンパもいただき、ありがとうございました。

市民のみなさんからもたくさんの問い合わせをいただいています。

そして、さらに25日の夕方の毎日放送VOISでの国保特集放映後、
沢山のメールや電話がMBSにとどいているとのことで、
私たちが思っている以上に多くの方が国保について声をあげたいと
おもっているのではないでしょうか。

25日放映のVOISの内容は番組のホームページにアップされています。

ここです

ぜひご覧くださいね。

門真国保実態調査は単なる学術調査ではなく、
「アクション・リサーチ」との目的をもっています。

調査によって国保を社会問題化し、動きを作る、という意味です。

まさにそうなってきたということをひしひしと感じています。

ぜひ、明日の現地報告会にご参加ください。

なお、マスコミの方々に対しては、
4時終了後に記者会見ではありませんが、
レクチャーをする時間も予定しておりますので、ぜひ取材をよろしくお願いいたします。


門真国保実態調査・現地報告会

☆と き  2010年2月28日(日)午後2時から4時
☆ところ  門真市ルミエールホール(京阪古川橋下車南へすぐ)
☆参加費  無料
☆おはなし 長友薫輝・門真国保実態調査実行委員長

あんまり暖かいんで・・・

事務所にきて仕事をしています。

だって、明日は門真国保実態調査・現地報告会だし、
来週土曜日は「大阪社保協第20回総会」ですからね。

暖かいですよねえ・・・・

なので、今日はもめん着物です。


moblog_19d61eb3.jpg

ほんと、これで十分で羽織もショールもいりません。

今日は事務所に入る前にいつもの天神橋筋商店街の「たんすや」さんによって、
汚れた着物の丸洗いと
昨日の大島の仕立て直しをお願いしてきました。
今年の秋にまたきれいな着物を着たいですものね。




雨だって大好きな着物です

2月が終わろうとしています。
11月から4か月、ほとんど着物を着て暮らしています。

今日は雨ですが、もちろん着物です。
大好きな大島紬に木綿の名古屋帯。

moblog_b6c65af3.jpg

雨にぬれても平気です。
季節が変わるときにはこの大島を洗い張りに出して
裏をつけかえて仕立て直すので
だから、この冬は着倒すつもりできています。

だって、着物は私を元気にしてくれるから。

わたしの周りに集まってきているマスコミ関係のひとたち

NHKのYディレクターから番組案内をいただきました。

このYディレクターも若い女性ですが、
彼女もまたものすごくまじめで、問題意識も高いひとで
前にクローズアップ現代やNHKスペシャルで
無保険のこどもたちを取材し、番組をつくった人です。

私のところに取材に来てくれるマスコミ関係のみなさんは
ものすごくまじめで、勉強家で、
そして高い問題意識をもった30歳代の若い人たちなんですよね。

だから、私もとても信頼して様々な情報提供をします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日、2月12日ににっぽん紀行で放送された番組の長いバージョンが放送されるそうです。

3月6日(土) 午前8:00~8:43(BSハイビジョン)
 ハイビジョンふるさと発
「先生!“掛け算”もできたよ ~大阪・門真っ子の6ヶ月~(仮)」



また、明後日、日曜日のNHKスペシャルは、
共にセーフティーネット・クライシス・シリーズを制作してきた
ディレクターが制作。
反貧困ネットワークの湯浅さんを追いかけています。

2010年2月28日(日)午後9:00~9:49(総合)
NHKスペシャル「権力の懐に飛び込んだ男 100日の記録」

国保のこと誰も教えてくれないから電話しました

昨日の毎日放送のvoisの国保特集、とてもよくできていました。
wディレクターさすが、よく勉強しているだけありますね。

昨日の番組をみてさっき大阪市内の65歳の男性から電話がかかってきました。

大阪市内に住んでます。
国保の昨日の番組みてね、
それでパソコンで探してたらそちらがでてきたんです。
私ね、65歳で年金生活でね、
年金収入は137万で、国保料12万で、
払えないから8万円にしてもらっているんだけど、
でもあと4万円滞納やって言われる。
でも生活できないですよ。
もっと安くしてほしい。
糖尿なんだけど、病院から入院しなさいっていわれて
でも医療費大変だから、もう治療やめようかと・・・。
なんか納得できないんです。
国保って市によって違うんですか。
私ら生活できないのに、なんでこんなに保険料高いんですか。


この男性は年収137万円で1人暮らし。
実は政令7軽減という国の制度で応益割(1人当保険料と1世帯当り保険料)が7割安くなっているのです。
ただ、それ以上に安くするには市独自の条例減免制度というのがないといけないのですが
大阪市の場合は災害、盗難、失業の場合と
前年度所得より3割以上所得が減った方しか減免されないので、
年金生活の方は所得が減ることがないので政令軽減以上には安くならないのです。

「すでに保険料は安くなっているんですよ」
とお伝えすると

「え~!!初めて聞いた。誰も説明してくれないし。でも安くなってこれですか」
と。

そうですよねえ。
年収137万だとそこから公的年金等控除120万円をひいた17万円が所得です。
所得が1人暮らしで所得48万円以下だと7割軽減になります。

・・・なんてことは、丁寧に教えてあげないとわからないですよねえ。
政令軽減は手続きしなくてもいいので、それはいいんですけどね。

それで、国保のいろいろな仕組みについてもお話しました。

国保のこと、もっと知りたい、声をあげたいとおっしゃるので、

「2月28日の門真市ルミエールホールでの門真国保実態調査報告会にいらっしゃいませんか」
とお知らせしました。

国保の学習会って、もっと地域でこまめにやっていく必要がありますよねえ・・・。

後期高齢者医療制度の問題とからめて、
国保・後期高齢者医療制度のハンドブック、
いるんじゃないかなあって
いま思いました。

まるで他人事?おかしいやろ日本の国会

昨日今日とアメリカ議会でのトヨタ社長への厳しい公聴会が報道されている。

しかし、プリウス始め様々な不具合、リコール問題はアメリカだけで起きているのではなく
日本国内でも同様に起きている。

なぜ日本の国会は、国会議員はなにも言わない?動かない?

首相も国交相もまるで他人事のような発言だ。

日本のこの大企業への甘さがトヨタのアメリカでの甘さを作り出したのだ。

日本で許されるリコール問題はアメリカでは許されない。

少なくとも今回の動きはアメリカ議会のまともさを示している。

しかし、いい加減、日本の国会は政策論議したらどうか!

東大阪市、全事業所にちゃんと知らせてください!!

今朝このプログに東大阪市の介護保険行政がちょっと変わってきたみたい
・・・・って書いたのですが、
でもどうかなということもありますのでここにメモしときます。

いま大阪社保協では、
厚生労働省「訪問介護チラシ」活用実態緊急調査
というのを大阪府内自治体に対して実施していて、
豊能町をのぞく全自治体から回答がきました。

「同居家族」がいることを理由に訪問介護の生活援助サービスをさせないという
不当な給付抑制をしている自治体が全国に数多くあることから
厚生労働省が三回にわたって通知を出しました。

同じような通知を3回も出すって、ものすごい異例なことですよ。

とくに昨年12月25日の通知は、利用者向けのチラシまで添付され、
その経費についても「地域支援事業を活用することも可能」としたものです。
Fax通信に掲載しているので読んでください。

そこで大阪社保協では、
厚生労働省の課長通知をちゃんと周知しているか、
厚生労働省作成のチラシを事業所や利用者に印刷して配布したか、
というアンケートをとったのです。

昨日の東大阪ローカルルール検討会で
東大阪市からの回答をみなさんに報告しました。

回答では
「すでに居宅介護支援介護事業所には配布し、
これから訪問介護事業所にも配布する」
というものでした。

しかし、会議に参加していたケアマネさんからは
「知らない」「みたことがない」との声が。

それで、今日、東大阪市の介護保険室に℡。

回答はこうでした。

1月21日の介護事業所連絡会の部会で配布しました。
当日は居宅介護事業所から62人、訪問介護事業所から19人参加されていました。
次に2月19日の部会でも配布しました。
当日は訪問介護事業所から41人、通所介護事業所から22人参加されていました。


あのですね、
訪問介護事業所は208カ所、居宅介護支援事業所は170カ所
あるんですよ。

1月21日と2月19日の事業者連絡会にこれなかったところにはどうしたんですか?
まさか「こうへんとこが悪い」っていうわけじゃないですよね。

人員がいなくていけないところもいるでしょう。
特に訪問介護事業所なんて
管理者やサービス提供責任者がヘルパーとして走り回っているところが一杯あるわけで
日中、会議にいけないところは一杯ありますよね。

この内容を東大阪のたたかうケアマネさんに伝えたら、
「行かへんかったところには連絡なしっていうわけですか」
と怒ってはりました。

それと、例年7月と3月くらいに開催する
「居宅介護支援事業所との意見交換会」。
3月予定だったようですが、なぜか中止になったようです。

なんで??




マスコミ関係のみなさまへ

報道関係 各位

報道関係各社におかれましては、
平素より私ども大阪社会保障推進協議会の活動にご理解・ご協力いただきありがとうございます。
 
さて、昨年10月24-25日に実施いたしました「門真国保実態調査」の調査結果が出揃ってまいりました。

来る2月28日に現地報告会を以下のように開催いたしますのでご案内いたします。

なお、別途、記者会見は予定しておりませんが、
4時以降5時まで報道関係向けレクチャーをする予定ですので、ぜひご参加ください。


門真国保実態調査・現地報告会

☆と き  2010年2月28日(日)午後2時から4時
☆ところ  門真市ルミエールホール
☆参加費  無料
☆おはなし 長友薫輝・門真国保実態調査実行委員長

明日の毎日放送夕方のvoisごらんください。

明日の毎日放送夕方のvoisで国保特集です。

特集の時間は6時~10分程度。
門真国保も取り上げられます。ぜひご覧ください。


この特集のディレクターさんは若い女性ですが、
ものすごくまじめで、謙虚で素敵な方なんです。
医療制度の勉強をしたくて、いま大学院にも通っているそうです。

後期高齢者医療制度とか国保とかの勉強がしたいそうです。

一緒に学びましょう!

層厚いですね~

今日の午後はあるマスコミ関係の記者さんが
介護保険10年を問うという連載記事の相談で来局。

こういう趣旨での取材を考えている、という話をもとに取材先を紹介してほしい・・・・
ということだったので、

これならここね、
それならこのひとね、
そういう話はここが知っているわね、

と次々と紹介していると、

記者さんが一言、

大阪社保協の層は厚いですね~
すごいいろんな人がそろっていて、
すごいですね~


と。

そうですね。
特に介護保険は人材豊富ですね。
れもそれも、10年以上にわたる介護保険のたたかいが
こうしたいろんな人とのつながりを作ってきたのですね。

あらためてそう言われて、
とてもうれしく思いました。

大阪社保協の宝は人材です。

春みたいですねえ・・・・

今朝は外で会議。

移動中も暖かで、
もちろん着物は羽織なし、ショールなしで。

「暖かだなあ・・・春みたいだなあ・・・」
それだけで幸せ気分です。

ランチはお気に入りの喫茶店で。
ランチのお伴は今日購入した「パリ本」。

大阪社保協フランス視察は11月7日~16日に本決まりです。

パリの宝物70パリの宝物70
(2010/01/30)
山本 ゆりこ

商品詳細を見る


この本は料理研究家の山本さんが
パリにある自分の好きなもの70を紹介していますが、
この中のエッセーで

「フランス人はすべてを心からたのしんでいる。
日々のの着こなしや暮らし方、人の招き方、バカンスの過ごし方、旅のスタイル・・
いくつになっても衣食住を楽しむことに、
子どもみたいに夢中になる」

と書かれています。

余裕というのか、人生を楽しむというのでしょうか、
そうした背景には国民のたたかいによる
高い社会保障水準と労働水準があるのです。

フランスに行って「豊かな生活」「幸せな人生」について考えたいとおもうのです。

大阪社保協「フランス視察」は3月6日以降募集開始です。

私の籠は本だらけ

着物を着るときはやまぶどうの籠を持ちます。

ネットショップのかごやで購入しました。

一泊旅行もこれ一個です。

やまぶどう籠は名前のとおりやまぶどうのツルで編んでありますが
これがとても丈夫なので
ぽんぽんものが入ります。

お財布、手帳、化粧ポーチは必需品で
あとはいろいろ…

今日は会議レジュメ、資料、新聞、本二冊。

私は文字中毒なので片時も文字なしではいられません。

移動の空き時間にカフェでカプチーノをのみながら文字を読むのが至福のひとときです。

東大阪市での変化

昨夜は東大阪ローカルルール検討会。
ずっと会議を重ねてますがここにきて東大阪の状況も変わってきているようです。

去年夏からの私たちの動きが東大阪行政に反映しているみたいで
まず、ケアプランチェックは「指導」ではなくあくまで「助言」という姿勢に変わっているようですし
さらに
「そのサービスが利用者にとって本当に必要かどうか」「ケアプランにきっちりとかいてもらっていれば」
などの問いかけでチェックがされているとのこと。

そして基本は「大阪府Q&A」通りと。
ほぉ~私たちのたたかいは着実に実ってきていますね。

でも現場のケアマネ、ヘルパーのところに東大阪行政の変化が伝わっていないようです。

これはひとえに「変わった」ことを東大阪市が現場に知らせていないからですね。

次の課題は堺市のように変更通知を出させること。

来月7日には東大阪市でケアマネとヘルパーの学習会があります。

正しいことを学び、動きをつくっていくことをみんなで確認して、
東大阪市の理不尽なローカルルールをただしていきましょう!

動けば必ず変わります。

門真国保実態調査報告会のご案内

みなさまへ、そして特に調査員になってくださった皆様へ

「門真国保実態調査結果」がでそろいました。
最終的に調査表は855。うち、中国語調査票が4。有効回答843です。
当初の目標は500でしたので、皆様のおかげで予想以上の調査票が集まりました。


そして本日、私は調査員の方々が書き取ってくださった市民の声をすべてよみました。
ほとんどが「調査に来てくれてうれしかった」「話を聞いてくれてありがとう」という声で
さらに、「この調査結果を生かしてほしい」「国保料をさげてほしい」という声も多数です。

すでに市民むけのご案内チラシは先週土曜日に、門真社保協のみなさんと学生さんたちが
1万枚全戸配布をしてくれています。

大阪社保協にも、28日の報告会にぜひ行きたいという門真市民からの℡もかかってきています。

大阪社保協では今月末2月28日に現地で、
そして3月6日の大阪社保協総会後に報告会を予定しています。

多くの方々の協力のもとに出来上がってきた調査報告ですので、
ぜひ報告会にお越しいただきたくご案内いたします。

また、調査員になってくださった方々にも
この案内が届くよう手配をおねがいするとともに
メール配信や団体のホームページや
個人のプログなどにもはりつけていただきますよう
お願いいたします。

大阪社保協ホームページのtopにもアップしていますが、
先日の高松の方から参加したいとの℡がありました。

今年、国保は後期高齢者医療制度見直しと絡んで
「広域化」にむけてぐっと動く様相です。

国保が社会保障制度であることを確認しながら、
『広域化』に抗する闘いを大阪から発信したいと考えています。

ぜひ、ご一緒に。
皆様方のご参加をお待ちしております。


門真国保実態調査・現地報告会

☆と き  2010年2月28日(日)午後2時から4時
☆ところ  門真市ルミエールホール
☆参加費  無料
☆おはなし 長友薫輝・門真国保実態調査実行委員長

門真国保実態調査報告会

☆と き 2010年3月6日(土)午後4時半~6時
☆ところ 大阪府保険医協会M&Dホール
☆参加費 無料
☆おはなし 長友薫輝・門真国保実態調査実行委員長

いやぁ~楽そうに着てはんねえ

今日、腕時計の電池交換によった時計貴金属屋さんの店員さんに声をかけられました。

もちろん私は今日も着物。

暖かいので羽織なしです。

その方は前に着物関係のお仕事をされてたとのことで
しばし着物談義に花が咲きました。

毎日着物を着ているとお話すると

「いやぁ~楽そうに着てはると思いましたわぁ」と。

着物着てると本当にいろんな方から声をかけていただき話が弾みます。

今日もいい気分です。

あたたかでしたねえ

今日はあたたかくて
羽織なしですごしました。

moblog_32abded0.jpg

まだ2月だけど、
春が近いのかなっておもうとなんだかこころもほっこりしますね。

今日は早くかえって、
晩御飯の支度をします。

カネがないという理由だけで問題解決を後回しにするのは責任の放棄である。

カネがないという理由だけで問題解決を後回しにするのは責任の放棄である。

まさしくそうだ。
いまの日本は、国も自治体も「カネがない」の大合唱だ。
無いなら、作れ!!
もっと知恵をしぼれ!!

カネはある。
あるところからちゃんと取っていないだけだ。


[子どもの貧困]総合対策を講じる時だ  
沖縄タイムス2010年2月21日 09時41分


 学校現場のうめきが聞こえてくるような重い調査結果である。

 本紙は1月から2月にかけて、県内の小中学校教員を対象に、「子どもの貧困」に関する独自のアンケートを実施した。調査結果は、この問題が深刻さを増しつつあることを示している。

 家庭・経済状況が厳しい子が増えたと思いますか、との問いに、回答を寄せた241人のうち83%が「はい」と答えた。

 義務教育は無償だが、修学旅行費や制服代、補助教育費などは親が負担しなければならない。社会全体が貧困化することによって、そのような負担に耐えられない家庭が急速に増えているのである。

 「給食費を払えない子どもがいる」(63・1%)、「病気やけがでも病院に行けない子どもがいる」(31・1%)、「夜、子どもだけで過ごしている子がいる」(56%)

 アンケートに応じた教員からは「布団がなくて体調を崩した」「制服が準備できず、登校できなかった」「カッパや傘がなく、雨天時は無断欠席する」「お金がかかるから部活をあきらめる生徒がいた」などの痛切な声もあったという。

 「子どもの貧困」問題が深刻なのは、貧困と生活習慣、学力が連動し、結果として世代を超えて貧困が固定化する可能性があるからだ。

 民主主義社会にとって最も大切な「機会の平等」を保障するためにも、子どもたちの健やかな成長のためにも、この問題に本腰を入れて取り組むべき時期を迎えている。

 離婚率や失業率がかなり高いにもかかわらず沖縄の社会が比較的安定しているのは、「共同体」「門中」「ユイマール」などの言葉に象徴される社会の包摂力がうまく機能しているからだといわれる。

 遺族年金など国からの財政移転が祖父母の経済力を支え、子どもや孫の面倒を見る余力を与えている、とも指摘されてきた。

 そのような側面が今も一部に残っているのは確かだが、家族や地域社会の包摂力は急速に低下しつつあるのではないだろうか。

 非正規雇用の拡大で世帯主は親を支える余力を失い、年金を削って家族の生活を支えてきた高齢者も、以前のようなゆとりを失った。核家族世帯の割合が全国4位(2008年)と極めて高いのも沖縄の特徴だ。社会的な関係性の豊かさが急速に失われ、貧困が、もろに子どもを直撃しているのである。

 厚生労働省は昨年、政府として初めて貧困率を公表した。新政権が貧困の問題に正面から向き合う姿勢を示したことは素直に評価したい。

 実態を正確につかむことが施策の前提だ。

 4月から始まる子ども手当や高校授業料の無償化は、「子どもの貧困」問題に対する取り組みの第一歩といえる。

 沖縄県もこの問題を最重要課題と位置づけ、市町村や関係団体を網羅して総合的な対策を打ち出してほしい。

 カネがないという理由だけで問題解決を後回しにするのは責任の放棄である。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「貧困に苦しむ子」増加 県内教員8割が実感 本紙アンケート
親の経済状況「成長に影響」87%

沖縄タイムス  2010年2月19日 09時40分


 「保険証がなく治療せず、虫歯から万年片頭痛を訴える」「徴収金を払わず、遠足に行けない」「食事は給食だけ」。貧困に苦しむ子どもの姿が、教師の目を通して浮かび上がった。沖縄タイムスは小中学校の教員を対象に、1月から2月にかけて独自にアンケートを実施。県内各地の241人から回答を得た結果、家庭や経済状況が厳しい子が増えていると答えた教員が8割に上った。(安里真己、嘉数よしの)

 アンケートは、県内各地の教員に回答を依頼し、ファクスなどで回収、分析した。回答人数は中頭地区93人、島尻地区52人、宮古地区41人、八重山地区25人、那覇地区20人、国頭地区10人となった。

 「親の経済状況が子どもの成長に影響している」と答えたのは210人(回答者の87・1%)、「家庭、経済状況が厳しい子が増えた」とした教員は、200人(83・0%)になっている。この子どもたちのために、自分の金を使った教員は104人(43・2%)おり「年に数万円使った」と回答した教員もいた。

 「給食費を払えない子どもはいるか」との問いには、152人(63・1%)が「いる」と回答。「病気やけがでも病院に行けない子どもがいる」とした教員も75人(31・1%)に上った。

 育児放棄に関する項目も設け「夜子どもだけで過ごしている子がいるか」と質問したところ、135人(56%)が「いる」とした。

 子どもの貧困の解決策として「給食費や学校で使うすべての費用を無料にしてほしい」との声が数多く上がった。



国保広域化がなぜだめなのか

昨日の松山市国保よくする会の学習会の最後に

「国保は広域化しても問題は解決しない」
ことについて話しをさせていただきました。

私はずっと
国保・介護保険・後期高齢者医療制度の運動をしてきたのでわかるのです。

「広域化」はバラ色なんかでは全くありません。

□国保の広域化は都道府県ではなく『広域連合」がやることになる。
 たとえば大阪府後期高齢者医療制度広域連合は
 大阪市内に1か所の事務所で職員42人。
 住民から限りなく遠く、きめ細かなサービスは全くされない。
 電話さえつながらない事務所となる。

□一方で細かい仕事はすべて市町村。
 さらに市町村には権限が全くなく徴収業務などしんどい仕事のみさせられる。

□現在は市町村が実施しているため「一般会計」繰入ができる。
 その額は現在全国で3800億円ほど。
 広域連合になれば市町村からの一般会計繰り入れは一切できなくなるため
 現在より保険料は絶対に上がる。

□市町村独自減免なども皆無となり、保険料がさがる保障は全くない。

□議会が形骸化され国保の問題が市町村議会での争点にならず、
 住民運動が全く反映しない。


門真の方からお電話あり

先週の土曜日に
門真社保協のみなさんと学生さんがこのビラを7000枚、
調査対象になっていた地域に全戸配布をしてくださいました。
門真社保協・N橋事務局長プログにその様子がかかれています。

126645670726.jpg

そして、このチラシをみて70歳代(もうすぐ後期高齢者やといってはりました)の女性から

「この報告会ではどんな話をするんですか」
「調査の報告だけですか」
「そのあとどうするんですか」
「わたしらも意見言ってもいいんですか」

と℡がたったいまありました。

すごいですね、
門真のみなさんの関心はものすごく高いんですね。

この調査は「アクションリサーチ」と位置づけました。
アクションリサーチとは、調査によって運動をおこしていく、の意味です。
まさに、調査によって大きな波ができてきたようですよ。

「お電話ありがとうございます。
私たちは調査結果を全部市にも報告し、最終的には国会にももっていきます。
ぜひみなさんのご意見をお聞かせください」

お待ちしております。

介護保険なんか無い方がましや!!・・・・の叫びに対応できない介護保険

介護保険なんか無い方がましや!!

これは、土曜日の近畿ブロック母親運動学習会に参加されていた
滋賀の女性からの言葉です。
仮にaさんとしましょう。

aさんのお母さんは無年金。
aさんの弟さんと同居はしていますが、金銭的に余裕がなく
介護保険料も介護保険利用料も全部娘さんであるaさんにかかっています。
aさん自身も少ない年金で暮らしています。

役所に行って自分が死んだら母はどうなるのか、
と相談しにいったら
息子さんにみてもらうしかないですねと。
そんな回答しかないのかと怒ります。

そして、年金も収入もない人間から介護保険料も利用料もとって
結局家族が負担するしかないのか。
施設には入れたら生活保護がとれるのかもしれないけれど
介護度が低いから施設にも入れない。

だから、

介護保険なんか無い方がましや!!

と。

介護保険は低所得の方を、家族を救うことができません。

私は、
「低所得者の介護保険料と利用料は限りなく無料に、という大運動をおこすしかありません」
と答えました。

介護保険はやはり運動が無いので、このような状況になっていると私は思います。

たたかいなくして前進はなし、ですものね。


今日は一日松山を満喫

今日は朝から愛媛県松山市。

まずは松山城。

moblog_e2e765c3.jpg

ものすごく奇麗な青空です。

moblog_62d6b2e3.jpg

とても温かで、梅の花も少しほころんでました。

moblog_bdcba02a.jpg

それから愛媛の織物「伊予かすり会館」へ

moblog_251b8317.jpg

moblog_006292fa.jpg

moblog_8299d086.jpg

いまも生産しています。
この反物は8万円から20万円でした・・・・。

木綿の反物に20万円出す勇気はありませんけどね・・・。

moblog_5468faf5.jpg

moblog_4c652ebc.jpg

お遍路さん人形。壮観です。

moblog_6743db65.jpg

目の保養をしたあとは、松山行きの本来の目的の学習会会場へ。

松山の国保をよくする会主催の学習会です。

moblog_e1514cee.jpg

松山の国保をよくする会事務局長のk田さんは大学の先輩です。

moblog_28c10771.jpg


国保の社会保障たるゆえん
松山市の国保
後記高齢者医療制度がなぜ「廃止」されないのか
広域化に大きく動き出した国保
門真国保実態調査でみえてきたもの
国保再生にむけて

怒涛のように100分ほど話をさせていただいて、
そしてその後一時間の質疑応答。

みっちり、しっかりの学習会でした。

そして、カンパ13980円もいただきました。

学習会後K田さんに言われた一言

「あんた、よーしゃべるようになったんやなあ、
むかしからそんなにしゃべってたかあ?」

うふふ・・・・・
毎日の仕事が今の私をつくったわけですね。
私の中からいろんなものが湧き出てくるのです。


学習会後は道後温泉に送っていただき、

moblog_76ef738c.jpg

そして地ビールもいただいて・・・

moblog_9720bace.jpg

松山満喫の日曜日でした。

それから・・・
大学時代の大好きだった先輩tntnが会場に来てくださって
本当にうれしかった。
たくさんのお土産ありがとうございました。
お話する時間がなかったので、
お手紙書きますね。


学習会は楽しい!

今日の午後は近畿ブロック母親運動学習会。

近畿各地の母親運動連絡会の皆さんが大阪に集結され
今日は分科会、明日は全体会でみっちり学習をされる。

私は今日の社会保障分科会の助言者。

70分、前半はフランスはじめヨーロッパ各国の状況を、後半は日本の貧困の象徴としての無保険のこども問題と門真国保実態調査について。

会場いっぱいのみなさんは近畿各地からこられていたので
地域社保協のことや介護保険や生活保護のたたかいまで
幅広い質問もでて大変熱心で白熱した分科会になった…と思う。

地域が主戦場。

近畿全域に社保協ができたらすごい変化が生まれるでしょうね。

楽しい学習会でした!

今日は着物日和なんかな

今日はなんだか着物姿の方にたくさん出会います。

なんとお二人の着物姿の男性にも出会いました!

皆さん私よりは先輩の方々でしたが

でもすでに7人に出会えたんですから

今日はラッキーデーかも。

今日は金曜日!

今日は金曜日なんですねえ!

街中の人ごみの中を歩いていて初めて気づきました。

しばらく土日も仕事があって休めないんですが
でもうまく力を抜きながら春を迎えたいと思ってます。

明日は近畿で、明後日は松山で・・・

2月28日に門真国保実態調査・現地報告会
そして3月6日に大阪社保協「第20回総会」で、
結構いっぱいいっぱいなんですけど、

学習会もそれまでにいろいろ入ってきていて、
それでこのところ多いのが大阪以外のところからの要請です。

私の予定はこのスケジュール表にほぼアップされています。

明日は会場は大阪なんですが、近畿レベルの社会保障学習会。
明後日は、四国に飛びまして愛媛県松山市で国保学習会です。

私はもちろん大阪で仕事をしているので、松山の国保のことはわかりません。

ですので、12月にお話しをいただいたときにすぐ
松山市に国保アンケートをとっていただくようお願いしました。
ほぼ大阪社保協の市町村アンケートの内容で、
会計関係だけは単年度ではわからないので5年分のデータをだしてもらいました。

多分、松山市はびっくりしたことでしょうね。
うちのアンケートは相当に詳細にデータを書いてもらうので。

でも2カ月かかって、ちゃんと出してきてくれましたよ。

松山市って、人口51万5千人もいる大きな自治体なんですね。
国保加入世帯は77,299世帯

ちなみに大阪でいくと同じ加入世帯規模といえば、
豊中市64700世帯、高槻市55400世帯、枚方市59000世帯、東大阪市88000世帯です。

滞納世帯数は未集計っていってきてますが、
でも資格証明書は3,278世帯に発行してますから、
わからんわけないと思うんですけどね。
これはものすごく多いですね。
ちなみに豊中市431、高槻市331、枚方市1781、東大阪市2481ですから。

そして、国保料はすごく高いんです。びっくりしました。

①40歳代夫婦と未成年子ども2人の4人家族
②65歳以上夫婦のみ世帯
③65歳以上年金生活単身世帯
というモデルケースで年間保険料は(すべて円)

所得100万円      
①161,800 ②147,020 ③134,070

所得200万円
①403,810 ②281,190 ③251,070

所得300万円
①537,030 ②398,190 ③368,070

です。

門真市並ですね。

でも驚きは・・・・収納率はめっちゃたかくて
2008年までの収納率は90%を超えています。
ですのでペナルティーはゼロ!!

うーんと考え込んでしまいました。
なんでなんやろね・・・・
日曜日に松山市のみなさんに教えてもらわないといけません。

また学習会の報告をさせていただきますね。

高知からお電話あり

さっき、高知の方から電話がありました。

「2月28日と3月6日に門真国保実態調査の報告会がありますよね、
参加してもいいでしょうか」

もちろんでございます。

きっと大阪社保協ホームページをみてくださったんでしょうね。

うれしいお電話です。

発行が遅れます

3月6日発行…
としていました「訪問介護ブックレット」ですが
1ヶ月くらい発行が遅れます。

執筆者の「しっかりと校正してちゃんとした本を作りたい」という積極的な思いを大切にしたいと思います。

締め切りを決めて追い込んでいくやり方が私自身は好きですが
集団的な作業はそうもいきません。

急いては事を仕損じると言いますが
それだけではなく、気持ちよくみんなで作り上げていきたいと思います。

すでにたくさんの方にご予約いただいていますが
もう少々お待ちください。

心を込めた一冊をお届けいたしますので。

プロフィール

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク