FC2ブログ
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

date :2010年03月

記者から見た現代の貧困と社会保障運動

今日の日曜日。

朝から奈良で「2010年度近畿ブロック懇談会」。
これは、毎年1回、近畿6府県社保協幹部が集まって
学習し、交流をする場。

今年の懇談会には
無保険のこども問題で、一躍国保を社会問題化させた
毎日新聞の平野光芳記者にお願いし、

「記者から見た現代の貧困と社会保障運動
 ~「無保険の子」を通じて」

と題する講演をしていただきました。

あとで聞いたところによると、
彼はあまり「講演」が好きではないとのこと。

私は彼の話をよく聞いてはいたのですが、
でもいろんな人にも聞いてほしいという思いがずっとあり、
今回、無理をお願いをしました。

この写真では真っ暗で平野さんがどういう人かわからないのですが、

moblog_50ecabec.jpg

これは毎日新聞が彼をモデルにして昨秋に作ったポスターです。

20091024065133.jpg

毎日新聞はもともと「国保料が高い」という実態と払えない人を探し記事にしていくことを
2008年5月に決めたそうで、
その当時、国保料が最も高い北河内担当記者だった彼が取材先を探しているときに
大阪社保協事務所にやってきた・・・というのがはじまりでした。

私はその前の日のことを2008年5月14日のふたつめのブログに書いていました。

そして私はそのころ、無保険のこども数をだせと
自治体に対して必死でやりあっていた・・・ということも5月20日のブログにかいています。

私はその前の年2007年10月の「こどもシンポ」以来、
どうしてもこの調査はやりきらないといけないとひそかに心に誓っていて、
そして自治体から返ってくる子どもの数字の多さと深刻さに
毎日うちのめされていたのです。

だから、たぶん平野さんが来た時も、
子どもたちの話を一生懸命にしたと思うのです。

資格証明書発行世帯に子どもがいるという発想。
「コロンブスの卵」だと彼はおもったそうです。

そして毎日新聞はそれから怒涛のような「無保険のこどもキャンペーン」を開始します。

キャンペーンの内容はこちら

私は6月末から大阪府内全市町村を回る自治体キャラバン行動に入り、
あの暑い夏の毎日に、
それよりももっと熱く強い声で、
「こども守るのは自治体の役目でしょう。
児童福祉法第二条、よんだことありますか??
生まれた家、そだった町で、こどもたちが差別されていいんですかっ」
と、地域のみなさんとともに全市町村の国保課長や係長にぶつけていたのです。

「正義のペン」という言葉を平野さんはよく使っていますが、
たしかに毎日新聞の「無保険のこどもキャンペーン」は
国と自治体を動かすという明確な目的と目標をもって展開されていました。

そのあらわれが、独自のアンケート調査、そして自治体比較を紙面上でやったこと。
「無保険のこども調査」も「国保料全国ランキング」も。

大阪社保協ではすでにやっていた調査ですが、
なにせわたしたちは大阪の団体。
大阪社保協が全国調査をやることはできないので、
私たちの代わりにやってくれたのが毎日新聞でした。

大阪社保協の調査を参考に実施したということですから、
まさに私たちの思いを形にしてくれたのだと思います。

彼がすごいのは、
「無保険」ということばを迷いなくつくったこと。
「資格証明書の子」では読者がわからないので、
「無保険の子」としたのです。

いまやみんなが使っていますよね。
でも、それまではそんなふうに誰も考えつかなかったのです。 

いろんな裏話もありましたが、
でも、記者としての言葉のなかに
私たちの運動へのヒントになるものがいくつもありました。

★読者は見出しで記事を読む。
 
★理論はあとからついてくる。

★現場がないと世論はうごかない。

★バッシングと世論~どこまでだったらみんなが共感してくれるかをいつも意識している。

★こどもだとバッシングが少ない。

★記者会見は記者の思い入れがないので記事が小さい。逆に思い入れの大きいものは記事が大きくなる。

★東京だと情報が多すぎて取材もできない。地方記者だから取材する時間がとれる。

★地方発の問題提起を!!

★日本は社会保障貧乏(第二次配分の逆転)


たくさんの言葉が光っていました。

今日は近畿ブロック幹部だけの学習会でしたので、
もっとたくさんの仲間に彼の話を聞いてほしい・・・と切におもいます。

どこかでまたお話を聞けるような取組も計画していきたいと思いますので
ぜひご期待を。

平野さん、今日は本当にありがとうございました。

野菜、野菜、野菜・・・・

今日は久しぶりの休日。

朝は美容院に行って

午後は友達にあってランチ。

そして、晩御飯は石焼ビビンバとマカロニサラダ。

ビビンバには
大根とにんじんのなます
ほうれんそうともやしのナムルをたっぷり。

野菜たくさん食べなきゃね。

息子たちはまだバイトから帰ってきませんが・・・。

こんなブックレットもうすぐできます!!

もうすぐできます「訪問介護ブックレット」

訪問介護ブックレット

4月はじめには店頭に並ぶようにしたい・・・!!

すでに沢山の方々からお申込みいただいております。
今しばらくお待ちくださいね。

今日はこれを読む

フランスが少子化を克服し、いまペピーブームってこと、
知ってますよね。

いま、いろんな子育て本でてます。

いろんな本をよんでると
フランスのこと、よくわかってきました。

今日はこの本よみます。

フランスだったら産めると思ったフランスだったら産めると思った
(2002/03)
祐天寺 りえ

商品詳細を見る

フランスでは開業医もストをする

フランスは「たたかい」によって現在の国家政策をかちとっている。

もちろんお医者さんもたたかっている。

私がよくみている「フランス生活情報」の記事。

フランスの開業医が本日スト実施 - 3月11日

11日付「ルモンド」紙(電子版)によると、本日フランス国内の一般開業医がストライキを実施する。
今回のストは、開業医労組国内最大のMGフランスを初めとする4つの労組の呼びかけによるもの。MGフランスは、診察料金を23ユーロに引き上げることを要求すると共に、医療保険について「(開業医にとって)過酷な手段」とし、「もし何も改善されることがなければ、2025年を目処に現在5万6000人いる開業医が2万3000人に減る」と断言する。
現在、一般開業医の所得は民間医療の中で最も低い。

朝日新聞院内介助問題で記事。

3月9日付朝日新聞生活欄に「院内介助問題」で記事掲載。
書いてくれたのは、大阪本社の森本記者。

moblog_4eb35ed8.jpg

この「院内介助」問題というのは、いま現場で深刻になっている問題で、
簡単にいうと、病院内の介助は病院スタッフがすべきなので、
(診療報酬と介護報酬は同時に出せないという理屈で)
病院内のヘルパー介助は介護保険でできないというもの。

実態としては、先日の東大阪でもヘルパーさんからだされたのだけれど、
視覚障害の方でも「認知症」がなければ意思表示ができるやろ、
ということで東大阪ではヘルパーの院内介助が認められない。

じゃあ、そうなったらどうなるか。

たとえば、この視覚障害の方がトイレに行きたくなって、
でもよこにヘルパーがいなければどうするか。
「すみませーん!!すみませーん!!」と大声を出して病院スタッフを呼んで
トイレにつれていってもらわないといけない。
忙しくて近くに病院スタッフがいなければ??
多分何時間もトイレを我慢することになるだろう。

待ち時間に報酬が算定できないということを「中抜き」とよんでいて、
ヘルパーさんが一緒につきそうことができなくなっている。
それで、いま、現場では、
通院介助をしてくれない訪問介護事業所というのがでてきていて
介護保険利用者の通院ができない状況がうまれているのだ。
介護保険利用者はほとんど医療が必要なのでこれは大変な問題。


私たちは、次はこの「院内介助」問題を介護保険で算定できるように
国、都道府県、自治体を動かしたいとかんがえている。

森本記者にもすぐ℡をして、その旨を伝えた。

今月から大阪府内医療機関アンケートを実施し、
5月30日には大阪市すまい情報センターで
「院内介助を考えるシンポジウム」を開催する。

この記事については、介護保険対策委員のk部さんブログにも。

いいお天気だとやる気がでます!

いいお天気ですね!
着物日和です。

今日はこれから学習会。

午後はFax通信を作って、総会お礼などの発送作業をします。

今日も1日頑張ります!

世界の、そして日本の富豪は増えている。

富豪は増えている。
まさに富は一握りの人々に集中しているのだ。


世界長者番付:世界の富豪、27%増 33歳「グリー」社長も

【毎日新聞 2010年3年11日 ワシントン斉藤信宏】

米経済誌フォーブスが10日発表した10年版世界長者番付によると、世界一の「富豪」はメキシコの実業家カルロス・スリム氏で、総資産は前年から約185億ドル増の約535億ドル(約4・8兆円)だった。

通信・メディア王として知られるスリム氏は、前年の3位から初の首位に立った。
米国人以外の首位は94年の西武鉄道会長(当時)の堤義明氏以来16年ぶり。日本人からは新たに会員制交流サイトを運営する「グリー」の田中良和社長が富豪の仲間入りをした。田中社長は33歳。今回の長者番付の中では2番目に若く、総資産は14億ドルだった。

2位は昨年首位だった米マイクロソフト(MS)創業者のビル・ゲイツ氏。3位は昨年2位の米投資家ウォーレン・バフェット氏。日本のトップは衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングの柳井正会長兼社長の89位(昨年76位)で、76億ドル。

同誌は保有資産10億ドル超の資産家を「富豪」としている。08年秋以降の金融危機で、昨年793人まで減っていた富豪数は、景気回復の兆候を受けて、前年比約27%増の1011人に達した。国別では中国が昨年の28人から64人に急増。インドも24人から49人に増えたほか、日本も17人から22人に増加した。

土鍋ごはんの炊き方

土鍋ごはんの炊き方をブログに書いて!!

というリクエストがありましたので。


①お米を普通に洗います。お米はたくさん炊いたほうが絶対においしいですよね。うちの土鍋では、三合炊いた時には御飯が盛り上がったようにふっくら炊けます。


②吹きこぼれするので、水かげんは炊飯器より少し多い目で。でも好みがあるので、いろいろ試してください。

③洗ってからすぐにでも炊けます。わたしはすぐに炊いてます。火加減は中火で、沸騰したら弱火にして5分から10分。私は5分で火を止めます。

④火を止めたら15分はむらすため、絶対に蓋をあけないでくださいね。

⑤むらしおわったら、しゃもじでごはんをふんわりとほぐしておきましょう。

・・・・・・・・・はい、おしまいです。簡単でしょ。

土鍋はいったん熱くなるとなかなか冷めないので、沸騰してすぐ火をとめても炊けますよ。
いろんなやり方でやってみてください。

土鍋でごはんを炊くと、そんなに上等なお米でなくても、コシヒカリみたいになりますよ。

今晩のおかずは煮込みハンバーグにしました~。

結局、75歳を65歳にするだけやん

昨日の近畿ブロック「国保問題緊急学習会」で
8日の「第4回高齢者医療制度改革会議」で議論された内容について
T本さんから学んだ。

T本さんのレジュメと資料は大阪社保協ホームページにすでにアップしているのでご参照ください。

っで、どんな案が中心的に議論されたかというと、
例の1月12日の日経新聞朝刊で報道されたあの内容。

本当にこの案での検討がされたのだ。

この案は簡単に言うと、
65歳のお誕生日がくると、
保険証には国民健康保険証とはかかれているものの、
まったく違う保険に移り、
運営は都道府県広域連合で
保険料も都道府県ごとにちがう・・・

って、これいまの後期高齢者医療やん、
年齢が75歳から65歳に下がるだけやん、
っていう、早い話が、
「後期」じゃなくて65歳以上前期もふくめた「高齢者医療制度」ってこと。

詐欺やね、完全に。

厚生労働省としては、
「負担と給付」をはっきりとさせたいので、
全員から保険料を負担割合にそってとる、という
介護保険や後期高齢者医療の枠組みを絶対に堅持したいので、
老人保健に絶対にもどしたくない。

でも、民主党としては、
後期高齢者医療を廃止するといったからには
なんか違う制度にしなあかんということで。

っで、75歳から65歳にしたというさらに最悪な制度にしようとしているのだ。

こんなことで国民が、高齢者が納得すると思う??

T本さんによると、
実は厚生労働省もこの案ではなあ・・・と思っているらしい。

早速、ビラつくりますか。
こんな見直し案、絶対につぶさないとだめだ。


高齢者医療、65歳以上は国保に加入 厚労省が新制度素案
 厚生労働省は、65~74歳と75歳以上を区分した現行制度に代わる新しい高齢者医療制度の素案をまとめた。65歳以上は原則として、自営業者や無職の人が加入する国民健康保険(国保)に加入する。ただ、現役世代とは別勘定とし、医療の実態にあわせ、応分の負担を求める。保険料率は都道府県単位で決める。2013年度の創設を目指すが、負担の調整で曲折も予想される。

 現行制度では高齢者を65~74歳の「前期」と75歳以上の「後期」に分けている。74歳までは市町村単位で運営する国保や企業の健康保険組合など現役世代と同じ保険に加入。75歳以上は別枠の後期高齢者医療制度に加入、医療給付費の1割を負担する。(日経新聞 1月12日)


私たちしかやっていないからマスコミが来るんやね

ここにきて、介護保険でのマスコミ取材がものすごくきている。

それは
「介護保険10年」だから。
各社とも、介護保険10年を検証する・・・という企画を考えているようで、

それで大阪社保協とよりよい介護をめざすケアマネジャーの会がいまやっている
「ローカルルールをただす」という取り組みが注目されているようだ。

それと、
その取り組みをネット上でオープンにしていることも大きい。

今朝℡のあった大手新聞社の編集委員の方も
大阪社保協ホームページをみた上で℡してこられた。

それでその方からは
「ケアマネジャー自身の運動でローカルルールをやめさせるというのは全国的にもめずらしい」
「他の自治体にも運動するケアマネの会はあるんですか」
と言われた。

つまり、どこもやっていないからうちに集中するわけ。
この運動ではケアマネとヘルパーを組織しているので取材協力しやすい。
なぜって、利用者・当事者の紹介ができるから。


自分たちのやり方を押し付けないでくれますか

またもや怒っています。
今回はめちゃくちゃ怒っています。

ある団体の取り組みに若い研究者を紹介しました。
もちろん、大阪社保協に相談あったのですから、
うちの講師基準どおりで

それで断ってこられました。

理由は
「助言者なので」と。

あの~記念講演の講師でも助言者でも、
受ける側は同じなんですよ。
ちゃんと準備して、レジュメ作って、時間拘束されて。

それとね。

「ずっとうちはこのやり方でやってきました」ってね。

でもね。
そんなことやっていたら、
もう誰も行かないですよ。
うちも講師派遣しないし。

はじめからいってくれますか?

「うちは助言者の費用を予算化していないので、
 それでも来てくれる助言者だれかいませんか?」
ってね。

でもね
そんな条件で紹介なんてできませんよ。

あなた行きますか??

講師はね、
みんな大人だから
自分からは文句いわないですよ。
でも心の中ではおもっていますよ、二度と行くかって。

ある著名な関西の大学におられるベストセラー作家でもある
大学教授がブログに書いておられましたね。

ある高校に講演に行く約束をしていて、
その主催者から「謝礼は交通費程度でいいですか」と言われたので
すぐにお断りをいれたと。
交通費とはノーギャラということだ。
私の話はノーギャラで呼ぶほど価値がないのかと。
そんな判断をされて、貴重な自分の時間を割いてまでいきたいくはないと。

その先生のブログを読んで、
絶対に交通費だけで講師をお願いしてはいけないと
一層心に刻みましたね。

講師は当然心があります。
みんなどんな扱いをされたかって、一生忘れないんですよ。

自分たちのやり方押し付ける前に
相手がどう思うか、考えてみてください。

私もいろいろ思いますけどね、

でもね、少なくとも、
人を安づかいするな、

ということです。

若い研究者なら、なおのこと大事にしてください。



毎日お弁当

私は毎日お弁当をつくります。

晩御飯をなかなか家で食べれないので
昼は野菜たっぷりのお弁当をつくります。

ご飯は土鍋で毎日炊きます。
土鍋でたくと冷えてももっちりと美味しくいただけます。

必ず入れるのは卵焼き。今日はネギ入り出汁巻きにしました。

主菜は魚か肉。肉は大抵豚肉か鶏肉。
今日は魚フライ。

そして副菜は野菜たっぷりです。
今日はおくらおかかあえとにらもやし炒めです。

ただお弁当にすると事務所を一歩も出なくなるのと
休み時間も仕事をしてしまう難点がありますが…。

今日もしっかり仕事頑張りまぁす!

新たな高齢者医療見直し~国保議論~消費税議論の流れか

昨日開かれた「第4回高齢者医療制度改革会議」。
まだ資料はみていないが、以下キャリアブレインニュースから。

前から指摘しているように
高齢者医療制度改革会議は結論として国保をどうするのかという議論になる。

それと注意しないといけないのは、
医療制度を社会保障でなく、医療サービスをお金で買うという考え方をもつ
長妻厚生労働大臣の発言。(赤字部分)
この考えかたは、まさに応益負担というで、おカネ次第ということになり、
低所得者は排除される。
まさに構造改革的な考え方で、彼の本性をあらわしたものだ。


費用負担、公費めぐる意見多数-高齢者医療制度改革会議

厚生労働省は3月8日、後期高齢者医療制度に代わる新たな医療制度の在り方を議論する「高齢者医療制度改革会議」(座長=岩村正彦・東大大学院法学政治学研究科教授)の第4回会合を開き、費用負担の在り方についての議論が行われた。

委員からは負担の公平性や公費の増大を求める意見が多く出る一方、所得捕捉や消費税についての議論の必要性を指摘する声も上がった

この日は高齢者の医療を支える、▽公費▽若人の保険料▽高齢者の保険料▽患者負担-の4つの在り方について委員が意見交換した。

また、厚労省が委員の依頼に応え、65歳以上の人が全員市町村国保に加入し、高齢者の医療給付費を公費、高齢者の保険料、若人の保険料で支える仕組みとした場合の財源構成を提示

それによると、(1)75歳以上の高齢者の医療給付に約5割の公費を投入(2)高齢者の保険料の総額は現行と同額(3)若人の保険料による負担分については、市町村国保と被用者保険の間は加入者数に応じて按分し、被用者保険者間は総報酬額に応じて按分-を前提に試算した場合、65歳以上の医療給付費17兆円(来年度予算案ベース)の財源構成は公費32%、若人の保険料などによる負担分51%、高齢者の保険料17%となる。また、現行制度からの財政影響は、協会けんぽと公費がそれぞれ1000億円、9000億円減少する一方、健保組合、共済、市町村国保の負担は増加する。

一方、(1)の年齢を65歳以上にした場合の財源構成は、公費47%、若人の保険料などによる負担分36%、高齢者の保険料17%。財政影響では、公費が1兆2000億円増加するほか、市町村国保も5000億円の負担増となる。

これについて対馬忠明委員(健康保険組合連合会専務理事)は、65歳以上の医療給付に約5割の公費を投入した場合、市町村国保が5000億円の負担増になることについて、「これではなかなか納得が得られないだろう。公費をせっかく投入しても、一番厳しい市町村国保は全くメリットがない」などと指摘。

また、岡崎誠也委員(全国市長会国民健康保険対策特別委員長、高知市長)は、公費約5割の内訳は国と地方で2対1であり、市町村国保の負担がさらに増加するとして、「バランスよく対応していただかないと、有力な国保の財政がもたないということは、すべてが崩れてしまうということ」と危機感を示した。横尾俊彦委員(全国後期高齢者医療広域連合協議会会長)も、市町村国保の負担増に懸念を示した上で、「公費負担ということになるが、所得捕捉を徹底することや、消費税の議論をしていただかないと前に進まない」などと述べた。

岩村座長は委員の発言が多かった公費投入について、「どういう形で投入するのか、やり方や割り当て方についてはそれぞれお考えがある。これから議論を深めていくことになる」と述べた。

会議に出席した長妻昭厚労相は、「利用者の立場、国民の皆さんの立場に立つ制度をつくっていくことが何よりも重要であると思う」と述べた上で、将来的に消費税などの議論をする時に、「払ったお金が医療や社会保障のサービスに結び付いているという実感と、いいサービスには対価を払ってもいいと思ってもらえるような品質の高いサービスを提供するにはどうしたらいいかということも議論のポイント」と述べた。また、公費を扱う立場として保険者と十分議論した上で、負担の在り方について検討していく考えを示した。

次回会合は4月14日に開かれ、保険料、給付、医療サービスの在り方について議論する予定だ
(キャリアブレインニュース 2010年3月8日)

後期高齢者医療、介護保険、そして日本の未来について

今日の午後は新婦人東住吉支部で後期高齢者学習会。

事務所二階に15人ほどの女性があつまって来られていました。

私がこの事務所に来るのは三回め。
こうしたつながりで東住吉区にも社保協をという気運が生まれました。

運動の基本は学習。学習なくして運動はあり得ません。

一時間、民主党がなぜ後期高齢者医療をやめようとしないのか、を学習。

そして一時間、ワイワイガヤガヤのおしゃべり議論。

介護保険、地域包括支援センター、認知症、消費税、フランスの若者のたたかい、デンマークの教育…そして日本の未来
議論は発展していきました。

とにかく賢くなろう、そして社保協結成をとまとめられ学習会は終了しました。
人に喋ると頭のなかの思いがまとまっていきますね。

今週も盛りだくさん

土日も仕事でしたがひとつの山を越えましたので
今週はゆっくり仕事をしょうかと手帳をみたら

今週2つの学習会講師をうけていて
今日の午後も学習会です。

今夜は待ちに待った都留先生の講演会。
お願いしていたフランス本の校正を持ってきてくださるそうです。
私は都留先生が大好きで、そのあとの晩御飯会のおしゃべりを楽しみにしてます。

水曜日は国保問題緊急学習会。
徹底的な学習と議論をします。

日曜日は奈良で近畿ブロック懇談会。
ここでは毎日新聞平野記者の講演があります。
彼の取材はいつも受けてますが、どんな話をしてくれるのかとても楽しみです


今週も盛りだくさんです。

東大阪のローカルルール問題、絶対にうごくと確信

今日の午後はユトリート東大阪で
「訪問介護サービスと『適切なケアマネジメント』を考えるケアマネ・ヘルパー研修in東大阪」

主催は大阪社保協・よりよい介護をめざすケアマネジャーの会、そして東大阪社保協。
地元の東大阪社保協と一緒に取り組めるようになつて本当によかった。

それと、
これまで東大阪のたたかうケアマネ・ヘルパーのみなさんと会議を重ねてきた甲斐あって
会場設営、受付など、大変な力を貸していただいた。

これは、和泉でも堺でもなかったことで
裏方を地域のたたかうケアマネさんたちに担っていただけて本当にうれしい。

会場には東大阪のケアマネ・ヘルパーが100人集まった。
東大阪の問題だから、東大阪で取り組むことに意義がある。

moblog_3020be33.jpg

moblog_0017bfba.jpg

前半は大阪社保協・介護保険対策委員のK部さんによる「大阪府Q&A改正とその活用」。

moblog_552ea29d.jpg


QA改正のたたかいと、そしてそれをいかに日々の実践にいかすか。

それができるのがたたかうケアマネ・ヘルパー。

制度に振り回されず
制度を知り尽くし
制度を利用者の真の要求実現のために活用する
そして制度そのものの改善に結びつける

それがたたかうケアマネ・ヘルパーなのだ。
K部さんも今日のことブログにかいてはります

そして、後半はまさにたたかうケアマネ、U海さん。
わがよりよい介護をめざすケアマネジャーの会・事務局長。

moblog_def48fca.jpg

彼女の話をわたしも毎回聞いていて、
これぞ利用者本位のケアプランなんだなといつも思う。

彼女の話を聞いていると、
利用者さんの声が聞こえてきて、そして姿が見えてくる。

特に圧巻だったのが、飼い犬の糞の後始末や植木の水やりを
ケアプランに位置づけ、実際に訪問介護でやれているということ。
彼女の話をきいていると、
その人の暮らしや生き方にどうしても必要だということが
きちんと位置付けられていれば
どんなサービスだって、介護保険でできるんだなとうれしくなる。

豊かな感性とゆるぎない視点、そして常に学び、高い知識を力にして
仲間をつくり、行政とたたかうことが
東大阪でできれば、絶対に東大阪は変わる。

東大阪のたたかうケアマネ・ヘルパーが
東大阪社保協の運動とつながっていけば、
東大阪は絶対に変わる。

そう確信できる研修会だった。



そして日弁連も声明をだした。

民主党の人権感覚が問われている。

高校無償化法案の対象学校に関する会長声明

今国会に提出された、いわゆる高校無償化法案(「公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律案」)について、朝鮮民主主義人民共和国に対する制裁措置の実施等を理由に、朝鮮学校を対象校から外すか否かが、政府内で検討されている。

しかし、本法案の趣旨は、「高等学校等における教育に係る経済的負担の軽減を図り、もって教育の機会均等に寄与する」(法律案の理由)ことにある。教育を受ける機会は、政治・外交問題に左右されてはならず、朝鮮学校に通う子どもたちについても変わることなく保障されるべきものである。

また、朝鮮学校については、教育課程等の確認ができないとの考え方も報道されているが、朝鮮学校の教育課程に関する情報は、各種学校の認可を受ける際に必要に応じて提出され、朝鮮学校自らがホームページ等でも公開しているのであるから容易に調査可能であり、現に、ほとんどの大学は朝鮮学校卒業生に入学資格を認めている。

朝鮮学校に通う子どもたちが本法案の対象外とされ、高等学校、専修学校、インターナショナル・スクール、中華学校等の生徒と異なる不利益な取扱いを受けることは、中等教育や民族教育を受ける権利にかかわる法の下の平等(憲法第14条)に反するおそれが高く、さらには、国際人権(自由権・社会権)規約、人種差別撤廃条約、子どもの権利条約が禁止する差別にあたるものであって、この差別を正当化する根拠はない。

当連合会は、高校無償化法案の適用において朝鮮学校が不当に排除されることのないように強く求めるものである。


2010年(平成22年)3月5日

日本弁護士連合会
会長 宮 誠

自分の仕事に誇りを持てる幸せ

昨日は大阪社会保障推進協議会「第20回総会」でした。

moblog_44d1ca40.jpg

moblog_a56542b9.jpg


いろんな取り組みをやってますが、やはり総会が一番緊張しますね。

でも終わって充実感もひとしおです。

この仕事はじめて20年目です。
ますます頑張ろうと思います。

総会の着物はタッサーシルクの小紋に袋帯。
両方ともリサイクルですが、気に入りました。
写真では着物は紺色ですが、
現物は玉虫色のようにきらきらと色がかわります。
紺色の着物を着ると気分が落ち着くで好きです。
ちょっと改まった席での着物にちょうどいいみたいです。

moblog_d7d7b7ca.jpg





民主党、恥ずかしくないのか

高校の実質学費無償化というのが民主党の
まあなんというか、数少ない新政権の成果なわけだけど、

でも、
朝鮮学校は排除する、などいうばかげたことを言い出して、
馬鹿じゃないかと、ずっとこのブログにも書こうとおもっていたら、

「慰安婦」問題仲間で、
わが宴会部T石課長から昨日メールがあった。

そう、島国根性で、「連帯」のれの字も理解していない彼らは、
日本がかつてやってきた侵略の歴史を顧みることなく、
「朝鮮学校を排除」するような、
そんなことを他国がもし日本に対して同じようにするならば
全世界の日本人学校のこどもはすべての国から排除されていてもおかしくない。
でも、そんなことをしている国があるか??

民主党の政治家たち、そんなしょうもないことをするな。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みなさま

久しぶりにメール登場させていただきます。
今回の件でちょっと感じていること書き込みさせてください。

朝鮮学校無償化排除の件には
かなり驚いています。ぶれそうになっている民主党にも驚きですが。

実際、
「拉致をした国の教育になぜそのような補助をしないといけないのか」
「金日成を教室等にかかげている民族にそのような資格がない」
などかなり極右的発言もしばしば耳にはいります。

私は在日韓国人ですが、日本の学校に通っていましたので、
朝鮮学校の教育内容などは友人に聞いた程度しかわかりません。

しかし、そこで学んでいる子どもたちは
「日本人に悪事をはたらいてやろう」など考えているとは到底思えないし
「民族発言」の視点になれば、
学校単位でなく
在日の子どもたちだけが無償化排除になる可能性もあるのではと感じるのは私だけでしょうか?

Ⅰ川先生の導きで「慰安婦」問題にふれる事になりました。

過去の事実を学ぶことができましたし、
これからしなければいけないこともわかってきたつもりです。

今回の問題は決して朝鮮人だけの問題としてとらえてはいけないと思います。

そしてこれからの未来ある子どもたちのためにも大人がしっかりしないといけない。

「朝鮮のことやし」と在日韓国人や在日中国人また在日台湾人、
そして日本人が壁をつくるのではなく、
こんな時代だからこそ手を取り合って連帯した運動が必要なのではないかと感じます。

韓国併合100年の節目に、いろんなことを学び吸収し運動に関わっていきたいと思います。


私の好きな縞の着物

最近のマイブームの縞の着物です。

moblog_095dce81.jpg

一昨年、ネットのリサイクル着物やさんで購入したのですが、
今年、仕立て直して週に何度もきています。

縞が異常に好きです。

今日は、襟の出具合も気に入っています。
大好きな着物をきていると
毎日が楽しい。


準備できましたあ!!

明日6日の「大阪社保協第20回総会」と

明後日7日の「訪問介護サービスと「適切なマネジメント」を考えるケアマネ・ヘルパー研修in東大阪

両方の準備が完了いたしましたあ!!

今日は早く帰って晩ご飯をちゃんとつくりましょう。

明日の天気は???

また雨みたいですけど
着物を着ることしか考えていないので
もちろん着物決行です!!

みなさま

明日会場の大阪府保険医協会M&Dホールでお会いいたしましょう。

そんなお仕事してはるんですね

今朝、いつも行くカフェでこんな会話をしました。

「あのお・・・この前夕方のテレビにでてはりませんでした?」

「毎日放送のVOISですかね」

「ええ、そうです。」

「着物じゃなかったでしょ」

「ええ、なんとか保険とか・・・」

「そうそう、国保の話をしてました」

「そういうお仕事してはるんですか」

「いつも着物を着ているので、
 着物関係の仕事をしていると思われるんですけどね、
 そんなお仕事しております。どうぞよろしく」


・・・・っで、アイスティー大盛りサービスしていただきました。

伊勢木綿の織元は何と長友先生の大学のすぐ近くでした!!

今日届いた「七緒」。
(定期購読しているので事務所にとどきます)

仕事中は忙しくて見る暇がないので、
帰りの電車の中で読みました。

私ももっている伊勢木綿の

20090419214710.jpg



織元の「臼井織布」の住所が
なんと長友先生の三重短期大学の町内会。

っで、「大学の近くですかあ?」とメールしたら、
「そうですよ」って。

じゃあ、行くしかないですね。
車で案内してくれるって言うし。

きゃー!!
総会おわったら、ゆっくりかんがえよっと。

三重短期大学のある津市一身田かいわいはみどころが一杯みたいです。

今日もまたバタバタでした

今日は…

朝から日曜日の東大阪のケアマネ・ヘルパー研修のレジュメ原稿を作って
昼からの事務局会議レジュメ作って
明後日の総会の会計資料作って

と計画してましたが
朝から隣の部屋の工事が入りガンガン…
騒音というのは思考力を壊すんですねえ…
なかなか騒音のなかでレジュメを作るのは困難でした。

おまけにいろんな人が出たり入ったりして物を動かすのであるべきものがなくなるし…

集中力で仕事をするタイプなので困難な状況でしたが何とか事務局会議にこぎつけ…

会議後に会計資料を作り上げ…

ふぅ…昼ご飯を食べる時間が作れませんでした。

でもあと2日頑張って今週乗り切ります!

もうなくなりました!!

「門真国保実態調査報告書」なんですがね、
1000部作ったんですけど、もうなくなっちゃって、
第二版を来週には発注します。

今後、多分・・・国保学習会とかがたくさん入ってきそうですしね、
また1000部つくります。

ほしい方は、
大阪社保協ホームページのtopから注文できますので、
よろしくおねがいします。

ちちんぷいぷい見ました!!

今日はなんだか電話が多い日で、

マスコミ関係の取材も立て続けで・・・・。
国保に加えて介護保険の取材も増えてきています。

6日の総会の議案書の入校も終えて・・・

そうだった!!
毎日放送「ちちんぷいぷい」見なきゃってことで

みました。

上手につくっておりましたね、
国保が構造的におかしいという点と
国保料が高すぎるということが
出演者の驚きとともに鮮明になっていました。
大阪社会保障推進協議会の名前も門真調査のことも触れられてましたね。

うまいねえ、テレビって。
見習わなきゃ。



桃の節句に思う子どもたちの幸せについて

今日は桃の節句です。

誕生日とお雛様が近いのでいつも一緒にお誕生日会をしてもらっていました。

確か小学校6年生まで。

ものすごく鮮明に覚えているのは
やはり子ども時代の私に取ってビックイベントだったからでしょう。

母はとても料理が上手なひとだったので
…それが高じていまお料理の先生をしていますが…

手作りのケーキやいなり寿司、鶏肉のチューリップ唐揚げとかが並んでいて
たくさんの友達が昔住んでいた西宮の小さな社宅に集まってきてました。

そんな誕生日を思い出すとき
私は幸せな子ども時代を送ったのだとつくづく思うのです。

いま貧困の中にいてお誕生日を祝って貰えない子どもたちがどれほどたくさんいるだろうか。

朝ご飯さえ食べて来れない子どもたちが学校にたくさんいて
そんな子どもたちは誕生日を祝ってもらえているだろうか。

誕生日を祝うというのは
親が生まれてきてありがとうという気持ちを子どもに伝えることだと思うのです。

親に愛されているという実感を子どもたちが知らないですごす。

そんな子どもたちが明るい未来を信じることができるだろうか。


私は11月にフランスに行きます。

フランスではいまベビーブームです。
それも4人5人と産みたい女性たちがたくさんいるのです。
フランスはいま子どもがたくさんいることが幸せだとみんなが思える国になっています。

日本では出産、子育てがリスクだと思われていて
それを子どもたちは敏感に感じていて
生まれてきてごめんなさいと思っているのです。

子どもを幸せにする仕事、活動。
平均年齢まで生きるとしたらあと30年あまり。
私のライフワークにするつもりです。

怒りでいっぱいになる!!こんなことをしていてこの国に未来があるわけがない

子どもたちに「自己責任」をおしつけるな。

そんなことをしていることを恥じる国でないことが
恥ずかしい。

そんな国を変えられない大人で
子どもたちに申し訳ない。


学費滞納 卒業式出さず
期限内に納付なく 愛知高、女子1人

中日新聞夕刊 2010年3月2日

 名古屋市千種区の私立愛知高校が二日に行った卒業式で、女子生徒一人を学費滞納を理由に出席させなかったことが分かった。同校によると、保護者の経済的な理由で学費を滞納していた。

 学校の説明では、最終期限の二月二十五日までに納付が完了しなかったため、内規に従って卒業を保留とし、卒業証書を渡さなかったと言う。内規では、卒業の条件の一つとして学費納付を求めている。この日、女子生徒は自宅で待機した。
 同校の学は月額約三万六千円。女子生徒は三年生になってから滞納が目立つようになった。同校はこれまで何度か保護者に納付を督促するとともに、国の貸付金制度を紹介するなどの対応を取ってきた。
 女子生徒は必要な単位を取得し、進学する大学も決まっている。保護者には、卒業式に出席できないことを伝えてあった。三月末までに納付すれば卒業でき、校長室で卒業証書を手渡すという。
 同校は「結果的に、生徒が卒業式に出席できなくなり、かわいそうなことをした。保護者には説明しており、ご理解いただいていると思っている」と説明している。
 この日、愛知高校では約五百人が卒業した。

法令違反に当たる

 教育評論家の尾木直樹氏の話 時代遅れでとんでもない。政権交代で、公立高校の無償化や私立への支援をしていこうという流れに逆行している。学校教育法は施行規則「卒業証書は授与しなければならない」と定めており、法令違反に当たる。学費滞納は保護者の問題であり、子どもの問題ではない。卒業式に出席させないのは、生徒にとってはいじめに等しい。学校は生徒を傷つけたことについて誠意を持って対応した方がいい。

不況 生徒しわ寄せ

 卒業に必要な単位を取得しながらも学費未納を理由に生徒を卒業式に出席させないなどのケースは昨年、全国各地で判明した。
 山口県では私立七高校が卒業生計十三人に証書を渡さなかったり、渡してもその後に回収したりしていた。山梨、佐賀、福井各県でも同じ事例があった。愛知県では県立四校で未納の生徒に渡さなかった。
 不況の影響で学費の滞納は増加傾向。教育関係者によると、学校側が「学費を納めないと、成績にも影響する」と生徒に日常的に〝圧力〟をかける場合もあるという。
 収入の少ない家庭の生徒のため授業料減免制度があるが、家族関係が崩壊している家庭では、申請に必要な所得証明書を保護者が用意できず、手続きができないケースもある。また、ポッケトマネーで学費を肩代わりする教師も少なくないという。

いのこの里調理室が、最優秀嚥下食を受賞しました!

介護保険対策委員としての仲間で、そして着物仲間でもある
Y本さんが施設長をつとめる
吹田市の特別養護老人ホーム「いのこの里」調理室が、
2月14日三重県で開催された
「第2回呼吸ケアと誤嚥ケア学会 嚥下食アワード」で、
最優秀嚥下食を受賞しました!!

私は3年前の春に見学に行かせていただいたのですが、
調理員のみなさんの仕事に対する誇りとかプライドを感じて
ものすごく感激したことを思い出します。
やりましたね!!

これからも利用者の方にとって、おいしいミキサー食を提供していきたいとのこと。

受賞の動画をいのこの里HPで公開しています。是非ご覧下さい。



プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク