061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2010年07月

ちょっとおかしいんとちがう?羽曳野市。

昨日の午後の羽曳野市キャラバンでびっくりしたことがあった。

今回の自治体キャラバン行動では生活保護の項目があって、
全自治体に「生活保護のしおり」を当日、参加者全員に配ってほしいと要請している。

それでこんなふうにいろんな自治体から
「生活保護のしおり」をいただいている。

moblog_72453538.jpg


これは、普段見ることのないわが町の「生活保護のしおり」を
市民目線で見たときにどうなのか、
ということを考えるためにもらっているのだ。

特徴は、
みんなこんな風に手作りだということ。
いまどき、役所のしおりやパンフレットでこんな庁内印刷しているのって、
多分「生活保護のしおり」くらいのもんだろう。

内容も様々でいろんな意見を現物をみながら話をする。

ところが、
昨日の羽曳野市はこれを
「このしおりは生活保護申請をしたときにしか渡さない」
といって、私たちに配布するのを拒否したのだ!!

正直びっくりした。
何いってんのかと、わが耳を疑った。

市民に見せられないものを作ってんのか
申請した人だけっておかしいやろっ、
と非難ごうごう。

「こんなものをいただくために、情報公開請求をしないといけないんですか?」

「・・・・・・・・・・」

最終的にはもちろん参加者に配布されましたけど、
おかしいでしょう、羽曳野市の生活保護課のその感覚。


でもね、思いますに、
自治体にこういうことをさせるのは、
はっきり言って住民運動が出来ていないからです。

羽曳野社保協のみなさんもこういう現実が結構ショックだったみたいですが、

自治体の対応は住民運動の鏡ですから、
羽曳野社保協の今後に期待しています。




スポンサーサイト

今日は静かに・・・

怒涛の一週間が終わり、
今日は静かな土曜日。

事務所に一人入り、ちょっと実務。

今日の着物は今朝届いた近江縮の着物。
いつもお世話になっているgallery晏さんにお願いしたら
なんと1週間で届けてくれました!!

そして超私好みで仕上がっていて感激。

そして早速着てみました。

moblog_3939f57e.jpg

・・・・

麻の着物なんですが、
驚きの肌ざわりです。

全くぱりばりしないっ!!なめらか。

小千谷縮とは全くちがうんですね。

はまりそうです。

毎日毎日着物を着ているとね、
そろそろ違う着物も着ないと「飽き」が来るんです。

だって、6月から9月まで、4か月。
着物が7枚あっても、4か月×4週で
同じ着物を16回も着るんですよね。
そりゃあ飽きもでてくるでしょう。

さあて、いい気分でちよっと仕事をします。

そして夕方からは
「女性のひろば」着付けシリーズ第二弾です。


日傘、水筒、梅干し、飴玉

毎日毎日暑いですね。

熱中症で倒れる方も沢山おられるようで心配です。

私も毎日外回りをしているので物凄く汗をかきます。

着物の下の麻襦袢は汗をよく吸うのと、汗によって柔らかくなるのと、肌にまとわりつかないので快適です。

毎日のキャラバンの必需品はまずは日傘と水筒。

汗を沢山かくので水分補給は欠かせませんが、スポーツ飲料が嫌いなので冷たい水を少しずつ補給します。

汗をかくときには塩分も同時に失うので夏は梅干し。

我が家は土鍋で毎朝三合炊飯します。
その時に実家の母が漬けてくれた梅干しを3ついれて炊きます。
防腐と塩分補給のためです。
ご飯が炊けた後は梅干しは取り除きご飯と一緒にまぜ今日はおにぎりにしてきました。

そして飴玉は常に持ち歩く籠の中に入っており疲れた時の糖分補給。

こんなふうにしていまのところ、炎天下の移動にも負けず、体調はいいですね。
それと着物は冷房に強いので、汗をかいた後の冷房にも負けず、夏風邪もひいていません。

そして嬉しいのが、キャラバン中は偏頭痛がでないこと。

多分汗をよくかき代謝がよくなるのと、パソコン作業をほとんどしない(出来ない)からかなと。


後二週間府内キャラバンは続きますが、こんな工夫で乗り切っていきたいと思います。

折り返し点!!

今日のわたしの一日は

午前は東大阪市役所、午後は羽曳野市役所。
この移動は結構いっぱいいっぱいで、ランチタイムが確保できそうもない・・・・。
ので、いまおにぎりを作っています。

そして夜は大阪市内にとんぼがえりして
東住吉区社保協結成総会に参加。

今日のは羽曳野市で25箇所め。
府内は大阪市をのぞき42市町村なので
今日は折り返し点といったところ。

今週は超ハードでした。

でも自治体キャラバン行動はとても楽しいし貴重。
この活動がなければ大阪社保協はないといってもいいくらい。

だから、しんどくても心は折れないし、

だから、ますます頑張ります!!

こんなお世話をあなたはどう思う か?

今日の午前中の貝塚市キャラバンで
昨年にも問題になった生活保護受給世帯への民生委員の関わり。

貝塚市では毎月の生活保護費支給決定通知を民生委員が受給世帯に届ける。

なぜ郵送しないのか?

民生委員が一軒一軒受給世帯を訪ねて相談などに応じるため…

大きなお世話だ。

困ったことがあればこの民生委員に相談してくださいねと役所が言うことがあっても

何で毎月民生委員に監視されないといけないのか。

そして民生委員が毎月訪ねている家庭は生活保護受給世帯だと示しているようなものだ。

同じようなことを寝屋川市もやっている。

貝塚市、寝屋川市とも
いまどき感覚がおかしいんじゃないか?

人権侵害も甚だしい。

7月30日の寝屋川市ホームページにご注目を!!

自治体にあるさまざまなローカルルール。

東大阪市のように「文書」が存在せず、
「口頭」で自治体が指導してきたところもあるが、
堺市や寝屋川市のように「Q&A」を作って示してきたところもある。

寝屋川市はつい最近までホームページに以下のような「Q&A」をアップしていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
Q:めがねを調整する為、ホームヘルパーの介助にて、めがね屋に行くことは可能ですか?
 
A:不可能です。眼鏡を使用している者は、眼鏡が日常生活に必要ですが、眼鏡を調整する為、めがね屋に行くことは、日常生活には含まれませんので介護保険では報酬算定できません

→見えへん眼鏡のまま日常生活を送れと??


Q:夏物と冬物衣類の入替え、いわゆる「衣替え」を利用者が希望していますが可能ですか?

A:不可能です。国通知文では「訪問介護におけるサービス行為ごとの区分等について」(老計第10号)の家事援助2-4「衣類の整理・被服の補修」・衣類の整理(夏・冬物等の入替え等)がありますが、訪問介護は日常生活上に対するサービスであり、いわゆる「衣替え」は大掛かりでありますので、非日常行為に該当し、算定できません。

→この暑い真夏でも冬服のままで暮せとおっしゃる???


Q:季節が替わったので、扇風機の掃除後、ストーブを出すことを利用者が希望。独居ですが可能ですか?

A:不可能です。季節物の出し入れは1年間に1~2回行い、利用者の日常生活上の世話には該当せず、介護保険では行うことはできませんので、他のサービス(有償ボランティアなど)を利用してください。

→この暑さのなか、扇風機を納戸や押し入れからも出さずに過ごせと???

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

はあ?な笑い話みたいなつっこみどころ満載の「Q&A」を本当に作っていた。
全部、大阪府QAではOKなことばかりだ。

っで、毎日新聞がこれを報道した。

それで、寝屋川市が毎日新聞に対して猛抗議をしたらしい。
こっちからしたら、
こんなもの作っていい加減にほっといたから私たちも指摘したし、
マスコミ報道されたんでしょうが、といいたい。

寝屋川市の言い分は、
「確かにこうしたものを作ったが、口頭ではちゃんと指導しているから」と。

しかし、お門違いも甚だしい。

いくら口頭でいっても、
このQAは「生きている」と市の担当者自身が言っているのは事実。
だって、「改善通知」とか「廃止通知」をだしていないんだから。

「口頭はあかんよ」と私たちはずっと言ってきている。

ケアマネやヘルパーはたとえ3年前、5年前にいわれたことであっても、
一度言われたら、ずっとかたくなに守っている。
「それはちがうんだよ」という文書をみるまで。

それで、先週の寝屋川市キャラバンでもこの問題について話をした。

そしたら
「7月30日に新QAを寝屋川市ホームページにアップします」
とのことだった。

どういうものを作り、ホームページにアップするのか、注視したい。

みなさんも、今週金曜日の寝屋川市ホームページにご注目を!!
(もちろん、アップされたものについては、このブログでもご紹介いたします)




今週はキャラバンウィークなんです。

今週は毎日キャラバンで、
おまけに毎晩地域社保協での事前学習会です。

ですので、事務所に行く時間がとれないので、
木曜日まで私は事務所に行くことがでません。

私への連絡は
メールosakasha@poppy.ocn.ne.jpへお願いします。

結構過酷な毎日ですが、
元気ですごせるのも、着物のおかげ。

昨日の着物は名もなき「しじら」ですが、
薄くて涼しいので重宝しています。

moblog_c1266d2e.jpg

今日も頑張りましょう。

浴衣に半幅帯で午後は京都へ

今日は日曜日。

でも、実務をしに事務所に出てきています。

明日からの一週間、殆ど自治体キャラバン行動で、
夜は夜で自治体キャラバン行動事前学習会で、
大阪府内、あちらこちらを渡り歩き、
事務所には殆どいれない状況となります。

明日はどうしても
よりよい介護をめざすケアマネジャーの会ニュースを送りたいので
その原稿をばばばっと作っています。

9月には「マスターケアマネ・ヘルパー研修」もやりますからね!!

今日の着物は浴衣に半幅帯です。
はっきりいって、涼しいし楽。
半幅帯だと帯揚げもいらないから胸回りの温度が違いますね。
いやあ~この浴衣はほんとに楽チンです。

moblog_92e09a51.jpg

おとといから事務所界隈は天神祭の賑わいです。

っで、
涙がでそうなひどい着付けの浴衣女子が多くて・・・
う~・・・
なんとかしてやってくれ・・・と心の中で叫んでます。

天神橋筋商店街に提案します!!

京都のように、浴衣お助けステーションみたいなの作って、
ぼろぼろ浴衣女子を救ってほしい!!

★前がはだけそうになっている女子
★前のあわせが反対になっている女子・・・それは死んだときの着せ方です。
★そんなに裾上げなくても・・・まるでお稚児さん女子
★帯が低すぎ・・・・腰巻じゃないんだから・・・

今朝は、お母さんが横についていて前が殆どはだけそうになっている女子がいて、
あれはお母さんもわからへんから仕方ないんだろうけど・・・
でも娘のために、もうちょっとわかっててほしいな。

まだ、きれいな浴衣姿を一度も見ていません・・・。

ふう・・・

私は「国保の鬼」になる

一昨日、橋下大阪府知事と府内首長たちとの国保広域化に関る協議。

その議事録要旨はこちらのFax通信に掲載しているので是非読んでほしい。

私は、この議事録を読んでから、心の中で怒りが渦巻いている。

「国保の広域化」・・・・

後期高齢者医療制度の見直ししとともに、
いま全国の市町村が、都道府県が、厚生労働省が、民主党が
こぞって進めようとしている。

しかし、一昨日の協議ではっきりした。

「広域化」とは、
市町村が国保を放り出すことであり、
具体的には一般会計からの独自繰入、減免などをやめるための、
それだけの理由で
抽象的な「スケールメリット」とかいう理由をこじつけただけ。

さらに大阪の場合は、
何人かの首長が言っているように
「橋下さん、あんたがいったら誰も文句いわないですし」
という悪乗りも許せない。

はっきりしていることは、

市町村国保だから市町村が市町村民に対して責任を果たさなければならないが、

都道府県(広域連合)国保になれば、誰も都道府県民に対して責任を果たさなくなるということだ。

住民に責任を果たさない自治体など存在意味がない。

絶対に、「広域化」は反対だ。



・・・・・・・・・・・・・

だから、私は「国保の鬼」になる。

国保は難しい制度だ。
だも難しいなんて言っていられない。
徹底的に分析して、わかりやすい言葉で「広域化」に抗する主張を発信する。

今日はこれから着物で姫路へ

今日もかんかん照りの夏日です。

でも、気にしない、気にしない。

今日の着物はきなりの小千谷縮に麻帯です。

moblog_cd82e555.jpg

白いですから、見た目にも涼しいですよね。
本当は、黒の夏大島にしようかと思ったんですけど、
気分的に「黒」は暑いかな・・・と。

明日は京都に本の打ち合わせに行くので
その夏大島を着ることにしました。

夏は汗をかきますから、
やっぱり洗濯できる麻や木綿がいいですよね。

このごろは麻襦袢も着物も毎日洗っています。

アクロンで手洗いして脱水して夜家干しすれ朝には乾いています。
そして軽くアイロンします。

着物、毎日着てますけど、真夏でも大丈夫ですねえ。
ゆるく着ていることと、
それから肌に全くまとわりつかないので快適です。

汗は・・・洋服着てても書きますしね、一緒です。

今日はこれから姫路に行きます。
姫路中心に西播磨地域といいますが、
そこにある「西播(せいばん)社保協」のみなさんに国保の話をします。

私は結構、加古川とか姫路のみなさんからよく呼ばれていて、
これまでも言ってますが、
9月にも姫路母親大会からも呼ばれています。

昨日は福岡市内での地域社保協の結成総会にきてほしいと頼まれたのですが、
10月の日曜日なので、うーんどうしようかな、お断りしようかなと思っています。

10月はこれから色んな行事をいれていかないといけないし、

だいたい、大阪社保協の事務局長なのに
よその地域の学習会にばかり行くのもおかしな話で。

だから、10月の土日は大阪の取り組みのために開けておこうかなと思っています。

10月にぜひやりたいと思っていることがたくさんあるんです。

◇介護保険見直しにむけての提言発表の場の学習会
◇フランス視察直前「公開学習会」
◇構造改革を問うシンポジウム

などなど・・・・

しっかり学ぼうやろうと思えば、
やっぱり土日ですものね。


課長、なんのからくりもないし、ありのままの事実ですから。

昨日午後は忠岡町キャラバン。

保険年金課長に

「今年、ついに忠岡町が府内で一番高い国保料になりました」
と告げると、

課長はちょっとぎょっとして
「ええっ、寝屋川市は? 守口は??」
とおっしゃるので

「所得200円の40歳代夫婦と未成年の子ども2人の4人家族だと、
忠岡町は461,900円で
守口市は454,160円で
寝屋川市は447,000円なんです。」
とお伝えすると

「おかしい、絶対におかしい、間違ってないですか、その金額、
うちが一番高いなんてありえない・・・」
とかとかおっしゃるのですが、

各自治体の担当者が計算された金額なんで、
まず間違いはありませんでしょう。

それで、その金額を大阪社保協でエクセルの一覧表に入力しますと、
勝手にパソコンが計算してくれて、
順位がでるようになっております。

ですから、
裏も表もございません。

それで、そんな高い国保料ですから、
忠岡町民が払えるわけがなくて、

・・・だって忠岡町民の平均所得は2006年度データで
府内の下から2番目なんです。

だから払えないのは当たり前で、
2009年度の収納率はなんと82%しか有りません。
大阪府内の自治体で、町で82%しかないというところはとても珍しい。
たいていは90%はあります。

そのあたりのデータは
大阪社保協ホームページ「各種データのページ」にすでにアップ済です。

収納率というのは、
自治体が1年間に加入世帯から集めようとしている保険料の総額のうち、
どれだけ払ってもらったのかという率。

つまりね、忠岡町民は8割くらいしか払えないんです。
2割増し、能力を超えてますよ、ということです。

保険年金課長は、この金額について、
「決して安いとは思ってはおりませんが・・・」と。

あのね、
正真正銘めちゃくちゃ高いでしょうが。

★大阪府内

順位 全国順位 市町村名 1人当たり額・所得(万円)

1 18 箕面市 464
2 36 吹田市 421
3 37 豊中市 420
4 41 豊能町 418
5 63 池田市 403
6 76 大阪狭山市 398
7 91 交野市 389
8 95 河内長野市 387
9 104 太子町 384
10 112 富田林市 380
11 114 茨木市 380
12 132 島本町 373
13 133 枚方市 373
14 138 藤井寺市 372
15 151 河南町 369
16 173 高石市 364
17 174 熊取町 364
18 211 堺市 359
19 212 和泉市 359
20 217 高槻市 358
21 227 千早赤阪村 356
22 270 羽曳野市 351
23 275 八尾市 350
24 281 阪南市 349
25 282 四條畷市 349
26 303 柏原市 347
27 366 泉大津市 340
28 371 大阪市 339
29 409 泉南市 335
30 410 寝屋川市 335
31 422 岸和田市 333
32 435 田尻町 332
33 436 東大阪市 332
34 443 貝塚市 332
35 444 能勢町 332
36 446 松原市 332
37 524 守口市 325
38 550 摂津市 323
39 560 大東市 323
40 592 岬町 321
41 599 泉佐野市 320
42 643 忠岡町 318
43 748 門真市 311



見えてきた和泉市の課題

昨日の午前中に訪ねた和泉市。

ここは泉州地域でも山手に住宅地が開発され人口増が著しい自治体。
人口は18万6千人。

この間、理不尽な訪問介護ローカルルールを押し付けていることで
集中的に取り組みをしてきた。

昨日のキャラバンでは和泉市の違う側面が見えてきた。

和泉市は高齢者率が府内でもっとも低い18%。

新興住宅地やマンション建設で新しい世代の流入が多く、子どもが多い自治体。

今年のキャラバン要望書に初めて「就学援助」をいれた。
担当の教育委員会などがでてくる。

和泉市には「こども未来部」なども立ち上がっていて
こどもの問題を包括的に扱うことにしている、とのことだった。

「こども未来」…

まさにこどもの未来でもあるし
自治体の未来でもある。

はっきりいって、こどものいない国、自治体に未来はない。

和泉市は他の自治体が悩んでいる少子化対策は不要だが
そのかわり特段の子育て支援が必要な自治体なのだ。

子育て世代の実態はあらゆるところから見えてきた。

就学援助率は20%を超え、学級の5人に1人は生活保護基準の1.1倍以下の所得で暮らす。

その多くが国民健康保険加入世帯ではないか。

和泉市の国保は高い。

世帯所得200万円の40歳代夫婦と未成年のこども2人の4人家族だと年間42万6千円。
使える減免がないのでこれ以上安くならない。

乳幼児期医療も就学前までしかないし
妊婦検診に至っては全国最低の35000円。

まあ唯一中学校給食があるが、
これだって全国では当たり前で、ほとんど実施してない大阪の自治体がおかしい。

和泉市は子育て支援策にはほとんど無策といえる。


市長は子育て支援に力を入れるとかいっているようだが
やれてない現実をどう説明するのか。


和泉市の課題を解決するのは和泉市民しかない。

幸い和泉市には和泉社保協があり、昨日もたくさん参加された。

住民運動なくして施策の前進はなし。

今後の地域の皆さんの取り組みに期待したい。

今日は一日中事務所に誰もおりま せん

和泉市に向かっています。
今日は和泉市→忠岡町キャラバンです。

A座事務局員も今日はお休みです。

ご連絡はメールまたはFAXで。

ただし本日中の対応はできませんのでよろしくお願いいたします。

暑いでしょって、洋服着てても暑いでしょ

何でも日中の温度は35度とか36度とか。

「着物きてて暑いでしょう」
って言われますが・・

洋服着ててそんなに涼しいですか?

おんなじですよ。

っていうか、
袖なし来て日焼け止めの腕カバーするよりは、
着物の袖のほうが涼しいですよ。

三つ八口といって脇の下があいてますし、
それに袖は肌に密着しないので、
暑くないんですよ。

特にね
浴衣を着物風に着ると、
生地がものすごく薄いので、涼しいです。



東大阪市のあがき

先日14日に開催された東大阪市と居宅介護支援事業所との
意見交換会の内容について書いたFAX通信を今日一斉に配信。

意見交換会に参加してくれたたたかうケアマネさんが録音をしてくれました。

5月13日の私達との懇談会での確認事項を
通知文書にせよと強く強く要請してきたんだけれど
あくまでも口頭説明にこだわるのは何故?

その口頭説明は以下。

その内容はいままでと違って「大阪府Q&Aどおり」ということなのだけれど、
でも口で伝えるから、正確に伝わっていないのではないかという懸念がある。

事実、参加したたたかうケアマネさんたちは、
下記のように受け取っていなかった。

だからね、文書がいるわけですよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1 通院帰りの立ち寄り

 通院の帰りの立ち寄りについては、以前は立ち寄った場合はその間は介護給付費算定はできないと回答をしていたが、当日の心身の状況から必要となる立ち寄りは一連の行為とみなして介護給付費の算定はできる。また、目的及び目的地が複数ある場合については、一連のサービス行為と見なしえるか個別のケースによって異なるため、「保険者の判断を得て」とされているが、保険者の判断ではなく、介護支援専門員が適切なマネジメントを経てケアプランに位置付けられたい。ただし、通院等乗降介助は別である。

【質問】

 通院帰りの立ち寄りについて、要介護3で全盲の利用者で独居の利用者。家の近くの病院への通院帰りにスーパーに立ち寄って買物をしたいが、今までは、いったん家に帰って再度買い物に出直していた。合理的理由があるので、1回で行きたいが、ヘルパー事業所から、通院介助と買い物はつなぎで行ってはいけない、と言われている。

【回答】

 改正前の大阪府のQ&Aでは、病院帰りに買い物については、その間は算定できませんとされていたので、そのように事業所が言っているかもしれない。しかし、改正後のQ&Aでは、必要性、合理的理由があり妥当とケアマネジャーが判断すれば算定できる。

2 散歩同行

 散歩同行については、以前は、給付対象と認められないとされていたが、平成21年4月以降は、「適切なケアマネジメントに基づき、自立支援、日常生活活動の向上の観点から、安全を確保しつつ常時介助できる状態で行うものについては、介護報酬の算定は可能」とされた。また、厚生労働省の事務連絡では、適切ケアマネジメントに基づくもので、保険者の個別具体的な判断により保険給付の対象となるとされている。これについてもケアマネジャーが適切なケアマネジメントによりケアプランに位置付けていただいて結構である。
 なお、「散歩同行は認知症の利用者に限られるか」という質問があったが、認知症に限定されるものでない。

3 銭湯介助

 銭湯介助については、市に個別にケアプラン等を持って相談をしていただきたい。風呂がないなど居宅において入浴介助ができない場合は訪問入浴や通所介護を検討すべきだが、これによりがたい場合は、適切なアセスメントに基づき必要性、合理的理由等について明確にした上で、保険者の判断を得てケアプランに位置付けることにより介護給付費の算定が可能である。
 なお、「銭湯までの同行だけ認められないか」という相談があるが、入浴介助するために銭湯に行くのであって、銭湯に行くまでの同行だけというのは対象とならない。

4 昼間独居の利用者の共有部分の掃除

昼間独居の利用者の共有部分の掃除については、「直接本人の援助に該当せず、家族が行うことが適当」とされている「主として利用者が使用する居室等以外の掃除」(厚生労働省通知)に該当するため、基本的には介護給付費を算定することはできない。ただし、本人が汚してしまった場合のやむをえない掃除などは「直接本人の援助」であり、介護給付費の対象となる。
なお、要介護者夫婦の共有部分の掃除について質問があったが、算定基準で「生活援助については、要介護者間で適宜所要時間を振り分ける」とされている。

【質問】

 同居家族が居る方の掃除について、トイレと浴室はダメと思っていたが、先ほどの説明だと本人が汚した場合は、給付の対象となる場合があるとあった。トイレで、家族は昼夜仕事をしていて、夜にだけ家族が使う場合があるが、どうなのか。

【回答】

基本は家族が掃除すべきであるが、人によって本人がトイレを汚してしまう頻度が高い場合まで家族がやりなさいということにならないので必要に応じて掃除することは可能である。本人が入浴する際の浴室の掃除もそうである。通知には、「主として家族の利便に供する行為又は家族が行うことが適当であると判断される行為」とあり、どこまで必要かによるが、基本は家族がやるべきところは家族にやっていただくことになる。

5 院内介助

院内介助について、厚生労働省の事務連絡で、「院内であることをもって、一概に算定しない取扱いとすることのないよう」とされ、大阪府では、①適切なアセスメントに基づく院内介助が必要な理由 ②必要と考えられる具体的なサービス内容 ③介護支援専門員によって医療機関により院内介助が得られないことが確認された経緯の記載が必要とされている。また、診察時間と単なる待ち時間を除くとされている。これに基づき適切にお願いしたい。

【質問】

 院内介助について、要介護3の利用者(車いす使用で酸素使用の厳しい状況で移動すべてに介助の必要な人)が、昨年、総合病院の眼科にかかることになった。行きと帰りの通院介助は介護保険でとったが、私の去年の理解では、院内の介助はダメと思い、全て自費にした。今の時点で「院内の移動」介護保険の給付があるということだが、総合病院で長く待たされるため合計すると「身体8」くらいの時間の付き添いが必要だが、ケアプランを作成するときにどこで移動と待ち時間の区別をすべきなのか。

【回答】 

 院内での必要な介護の部分(トイレに行く、診察室に行くなど)がある場合は、その部分を足して算定可能である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただ唯一、文書を提示した。

これは評価したい。


「保険者の個別確認不要」との東大阪市の説明文書

大阪府の訪問介護サービス内容に関するQ&A(平成21年4月改定版)の説明にあたり、文中、「具体の個別事例によっては保険者の見解及び取扱いが異なる場合があるので、保険者に確認すること」となっていますが、17番の銭湯介助以外は各介護支援専門員が適切なケアマネジメントに基づき、当該利用者の心身の状況や当該サービスの必要性、合理的理由等を勘案し、サービス担当者会議等を経て、ケアプランに位置付けていただければ、保険者への確認はいりません。ただ、判断に迷う場合は、本市に相談してください。

現場の本音を聞くのが自治体キャラバン行動の真骨頂

昨日は泉佐野市と懇談。

泉佐野市は自ら「もうすぐ夕張市になる!!」と言い放つ自治体。

人口10万ほどの自治体なのに
関空に翻弄され、分不相応な
さまざまなあり得ない開発を行い巨額の借金を抱え込む一方で
住民の所得は著しく低い。

・・・・・という財政状況なので、
すべての施策は「できない」「困難」「国・府に要望」。

そういう中で、
今大阪府が全市町村に中核市並みの102項目にも及ぶ
これまで府がやってきた業務を3年にわたって
「権限移譲」という名のもとに
小規模市町村に押しつけようとしているとに対しては

明確に
「市民サービスが低下するようなことであれば受け入れられない」
と回答した。

当り前だと思う。

ただでさえ、人員削減をして厳しい中で、
なんで大阪府がすべき仕事を市町村がうけないといけないのか。

しかし、いまの橋下知事は、さまざまなプレッシャーを首長にかけて、
大阪府から一方的な権限移譲をしようしている。

それから「乳幼児医療」問題。

泉佐野市はいまだ「4才未満=3歳児」。

泉佐野市と同様に「そのうち夕張市になってしまう」と言っている守口市が、
今年の6月議会で10月から外来就学前、入院中学校卒業までと決定したことが
結構、泉佐野市としてはきつい。

さらに、泉州筋でも堺市が7月から外来・入院とも「中学校卒業まで」としたこともある。

「厳しくてもやりたいが、
こういう財政状況の中で突出した施策を打ち出せない。
できれば、阪南市、泉南市あたりがあげてくれればやりやすい。
また、後押しする圧力が外部からくるとありがたい」

まさに本音だったのだろう。

そして

「やっぱり、最終決断は市長。
財政が厳しくても、優先順位は市長が決める。」

との声は、自治体の行政運営における本音だと思った。

こういう話をじっくり聞ける自治体キャラバン行動。

あなたも我が町のこと、考えるこの機会に参加しませんか。

各自治体からの回答は
大阪社保協ホームページで公開しています。

今朝もいい気分

泉佐野市役所に到着しました!

南海泉佐野駅からタクシーを使って市役所に着たのですが、運転手さんに

「着物はよろしいなぁ」と誉められ(社交辞令?)ました。

珍しくものすごく愛想のいい運転手さんで、気分よく1日のスタートをきれそうです。

気分一新できました!!

この三連休は、
仕事はほとんどせず、
好きな着物を着て、
大好きな人たちと会って、
美味しいものを食べて、
楽しいおしゃべりをした
そんな三日間でした。

だから、気分一新できました。

今日からまた頑張ろう!!

私の毎日はこちらにアップしています

ほんまに、楽そうに着てはんねえ・・

昨日は三人の女性から着物について声がかかり、

今日も二人の方から声がかかりました。

いずれも

「そういうお仕事(どういうお仕事???)ですか」
と言われ、

「いえいえ、好きで毎日着てるだけなんです」
と答えると、

「自分できはんの?」と聞かれ、

「もちろんです。毎日10分くらいで着ますよ」
と言うと、

「いやあ、素敵にきてはるねえ」

「自分できてはるから楽そうやねえ」

と言われます。

日常着ですから、
しんどかったら着れませんもの。

初めて誂えた竺仙の浴衣

昨日と同じく今日も完全休養日。

珍しく9時ごろまでゆっくりと眠って、
知り合いからのメールで目覚めた。

今日も暑いけど、いいお天気!!

私はとにかく天気のいい日は洗濯、洗濯。

そして、昨日着たきなりの小千谷縮も洗って、
麻の襦袢も足袋も洗って・・・・

昼からは知人とランチ。

今日の着物は実は
私の大好きなちくせん(竺仙)の浴衣。
のりをぱりっと効かせています。
半襦袢で襟をだして、足元は麻足袋で着物風に。

moblog_9d0573f4.jpg

浴衣だから、とにかく薄くて涼しい!!


この浴衣は、
実はもう8年ほど前に誂えたもの。

まだ私が着物に目覚めていない頃で、
そのころ女子ばかりで「グルメの会」というのをやっていて
何カ月に一度集まっては美味しいご飯を食べに行くということをやっていた。
(まあ、いまでもそんなことばかりやってますけど・・・・)

それで今頃だったのだけれど、
鴨川の川床で浴衣で晩御飯を食べるという企画をしたときに、
浴衣を持っていなかったので(そう、なとんその頃の私は浴衣さえ持っていなかった)
京橋・京阪モールの呉服屋さんにふらりと入り、
いろんな浴衣をみせてもらって際に気に入った反物で
浴衣を誂えたのが、これ。
何にもをわからずにその反物を気に入ったのだけれど、
それが「竺仙」だったのだ。

うーん、何にも知らなかった頃の私だけど、
見る目あったんやなと、我ながらつくづくと思う。

同じぐらいの値段でブランド浴衣とかもいろいろあったのだけれど、
私はなぜかこれを選んだのだ。

そして8年。
いまも飽きることなく大切に着ている。

いいものは、何年たってもいい。

まだのりがぱりっとしてるから、
明日はこれを着て、泉佐野市キャラバンに行くことにしようかな。







完全休養日!

いいお天気ですねえ!

っといってももう夕方ですが…。

今日明日は一応完全休養日。

今日は珍しくさっきまで家にいて
家事をしたり
着物の手入れをしたり
のら猫親子にご飯やったり
土曜日に姫路である国保学習会レジュメを作ったりしてました。

いまから天満橋方面に向かいます。

私がずっと個人的に取り組んでいる「慰安婦」問題を現時点にあわせてグッと進めていくために仲間達と一緒に新聞取材をうけます。

今日の着物はきなりの小千谷縮(写真取り忘れました…!)

駅で電車待ちをしていたら見知らぬおばあさんに
「いい着物やね、生地はなに?」
「麻なの、涼しそうで素敵やね」
と誉めていただきました。

いい気分です。

やっぱり学習会は楽しい!!

毎日毎日自治体キャラバン行動があって、
面白いんですけど、
結構、プレッシャーがあります。

なにせ時間厳守だし、
病気になったらいけないし、
熱が出ても行かないといけないし・・・

ということで、
今日は自治体キャラバン行動がない一日なのでとても気が楽です。

午前中は年金者組合城東支部での学習会。

35人ほど集まっていただき、
「大阪市の国保」について1時間お話してさせていただきました。

やっぱり、学習会大好きですねえ。

楽しく1時間すごしました。


働く着物

朝目覚めたら今年初めての蝉の声!

梅雨明け間近ですね。

今日は降らないと踏んで琉球紬にしました。

毎日毎日着物で

毎日毎日忙しく働いてます。

まさに

働く着物

です。

開き直るのはやめてほしい。

今日の箕面市キャラバンは、
どうにもこうにも気分が悪かった。

箕面市。
大阪で一番住民所得が高い自治体。

2005年度資料だけれど平均所得ランキングはこうなっていて
箕面市は全国18位、もちろん大阪府内トップ。

所得の高い人が住んでいる自治体はもちろん財政も豊か。

その箕面市が二言目には「財政が厳しい」「財政が厳しい」と連呼し、
様々な施策を削減している。

特に子ども関係の施策はひどい。

★就学援助の所得基準を生保基準×1.3を1.2に切り下げ

★子どもの医療費助成制度はいまだ外来「就学前」

★妊婦検診は47000円。(全国最低ランク)

・・・・

妊婦検診に至っては、
「検診は平均2500円しかかからないからこれでいける」
って、
いまどき妊婦検診1回2500円でいけるとこ紹介してほしい。
私が子どもを産んだ、あの時代だって、そんな金額ではいかなかった。

本当に開き直りとしか思えないような課長発言の連発で、

市長公約が「子育て日本一の自治体をめざす」って、
ほんまかいな、
聞いてあきれますね!!




平均所得ランキング ★上位30市区町村

順位 市町村名 都道府県 1人当たり額・所得
(万円)
1 港区 東京 947
2 千代田区 東京 811
3 渋谷区 東京 704
4 上野村 沖縄 695
5 芦屋市 兵庫 595
6 中央区 東京 572
7 文京区 東京 566
8 目黒区 東京 550
9 追分町 北海道 523
10 世田谷区 東京 522
11 新宿区 東京 504
12 武蔵野市 東京 501
13 葉山町 神奈川 487
14 浦安市 千葉 482
15 杉並区 東京 471
16 鎌倉市 神奈川 467
17 猿払村 北海道 465
18 箕面市 大阪 464
19 国立市 東京 457
20 逗子市 神奈川 456
21 生駒市 奈良 448
22 日進市 愛知 447
23 国分寺市 東京 444
24 品川区 東京 444
25 三鷹市 東京 442
26 小金井市 東京 441
27 三好町 愛知 440
28 西宮市 兵庫 438
29 南河内町 栃木 437
30 宝塚市 兵庫 428


★大阪府内

順位 全国順位 市町村名 1人当たり額・所得(万円)

1 18 箕面市 464
2 36 吹田市 421
3 37 豊中市 420
4 41 豊能町 418
5 63 池田市 403
6 76 大阪狭山市 398
7 91 交野市 389
8 95 河内長野市 387
9 104 太子町 384
10 112 富田林市 380
11 114 茨木市 380
12 132 島本町 373
13 133 枚方市 373
14 138 藤井寺市 372
15 151 河南町 369
16 173 高石市 364
17 174 熊取町 364
18 211 堺市 359
19 212 和泉市 359
20 217 高槻市 358
21 227 千早赤阪村 356
22 270 羽曳野市 351
23 275 八尾市 350
24 281 阪南市 349
25 282 四條畷市 349
26 303 柏原市 347
27 366 泉大津市 340
28 371 大阪市 339
29 409 泉南市 335
30 410 寝屋川市 335
31 422 岸和田市 333
32 435 田尻町 332
33 436 東大阪市 332
34 443 貝塚市 332
35 444 能勢町 332
36 446 松原市 332
37 524 守口市 325
38 550 摂津市 323
39 560 大東市 323
40 592 岬町 321
41 599 泉佐野市 320
42 643 忠岡町 318
43 748 門真市 311



今日はハードな1日です!

今日は5時起き。

起きるなりパソコンの前で今夜の常任幹事会レジュメ作成。

8時には事務所にはいり実務続行。

8時半には飛び出し、いまから箕面市役所に向かいます。

午後は豊能町キャラバン、

そして夜は常任幹事会。

…めちゃくちゃハードな1日ですが、頑張ります!

枚方生活保護自動車保有訴訟の傍聴のお願い

枚方社保協からの裁判傍聴のご案内です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                             2010年7月14日
 各 位

                        佐藤さんを支援する会
                         世話人 小山栄三
                             (枚方社保協会長)

枚方生活保護自動車保有訴訟の傍聴のお願い

 いつもお世話になっています。標記の佐藤キヨ子さんの裁判も第2回口頭弁論を迎えます。厚生労働省も補助参加人としてこの裁判に加わってきました。なんとしても勝利したく、多くの皆様の傍聴をお願い申し上げます。
    


日 時 : 7月16日(金) 10:30~11:00
    
場 所 : 大阪地裁・202号法廷(100人の傍聴席)
          集合、地裁ロビ‐・1階に午前10時 森田・野田がいます。

※ 裁判終了後、弁護士会館に移動し報告集会を行います。(終了12時)

問い合せ 枚方交野生健会 電話072-846-8231
事務局 野田 携帯090-8141-6696
   以上

なんで自分の情報を役所に開示請求しなあかんのか!

自治体キャラバンで介護保険に関わって特にこだわって争点にしていること。

認定調査内容を本人に渡すこと。

初めから複写やコピーを渡す自治体が11ほど。

あとは個人情報開示をせよとの回答。


おかしくない?


なんで自分の情報をわざわざ役所に出向いて申請用紙に書いて請求しなあかんのか!

摂津市で
富田林市で
そして今日の阪南市で
利用者本人と家族から怒りの声がでた。

あたりまえやね。

介護保険は要介護認定で
障害者自立支援法も区分認定で
介護度がでて初めてサービス量が決まる。

それくらい重要な判定だ。
この判定は行政手続き上「処分」という。

行政手続法では処分理由を示さないといけない。

さらに介護度が下がるのは、明らかに「不利益処分」となる。

でもこの処分には理由が示されない。

変だ。

行政手続法違反だと私は思う。

だからなぜそんな判定になったのかという処分理由を示すために
調査内容を本人に示すのは当たり前のことだ。

利用者本人、家族を前にして反論できない担当者。

さてどうしますか?

横並びワルを許すな

自治体は横並び主義だとこのブログに何度も書いてるし、実際にもそう。

特に大阪の場合、何でもブロックごとに相談しているケースが多い。

大阪のブロックとは

北摂(高槻市、茨木市、吹田市、摂津市、島本町)

豊能(豊中市、池田市、箕面市、能勢町、豊能町)

北河内(門真市、守口市、寝屋川市、枚方市、交野市、大東市、四条畷市)

中河内(東大阪市、八尾市、柏原市)

南河内(松原市、藤井寺市、羽曳野市、富田林市、河内長野市、大阪狭山市、河南町、太子町、千早赤阪村)

泉北(高石市、岸和田市、貝塚市、和泉市、泉大津市、忠岡町)

泉南(泉佐野市、泉南市、阪南市、田尻町、熊取町、岬町)

そして政令市の
大阪市
堺市

となる。

自治体はまずブロックでの横並びを気にするし

大阪市、堺市は府内自治体よりも全国の政令市が気になる。

この横並び主義で
ある施策がとんでもない事態となっている。

去年から全国ではじまっている妊婦検診。

麻生政権の時に「無料化」という鳴り物入りで導入され
全国平均で14回85000円助成というものだが

大阪はひどい。

回数こそは14回だが助成金額が飛び抜けて低く4万円程度。
まさしく、はぁ?なレベルなのだ。

全国平均をクリアしているのは能勢町のみ。

データはすでにホームページにアップしているので見てほしい。

去年から言ってるけど、

恥ずかしくないのか!大阪の自治体。

全国の自治体がやれてなんで大阪でやれない!

私はこれを大阪の横並びワルと呼び、自治体キャラバンでももちろんそう言っている。

こどもの医療費助成も全国最低

妊婦検診も全国最低

大阪はこどもいらんのやね!

今日、東大阪市はどのような説明 をするのか

今日の午後、東大阪市と市内居宅介護支援事業所との意見交換会が開かれる。

この意見交換会に向けて私たちは5月13日の懇談会議事録を市内380事業所に送付した。

今日の懇談会でどのような説明をするのか、
市内のたたかうケアマネ、ヘルパー達が見守っている。

出てこない「スケールメリット」 の中身

自治体キャラバンでまだ9自治体しか回っていない。

でもいろんなことがわかるし見えてくる。

私がいま最も危機感を持ちこだわっている国民健康保険の広域化。

ちゃんと考えて仕事してはるんだろうなと感じる担当課長には広域化についての意見を聞いている。
ただ「広域化して国保がよくなるのか」という問いにちゃんと答えた課長はまだいない。

ある課長は「スケールメリットです」と言った。

さらに「スケールメリットって具体的に何ですか?広域化してどんな利点があるんですか?」と聞いていくと

「う~ん…人件費ですかねえ…」と。

人件費ってもともと国保会計にはほとんど計上されていない費用だし。


さらに別の自治体の課長は
「財政が安定します」

「財政が安定するとは具体的には?」
とさらに突っ込んでいくと

「まあすでに今でも高額医療は共同で出してるしねえ…」と。


まだ「広域化によるスケールメリット」について明確な説明をできる課長に出会っていない。

でもこの説明は多分厚生労働省だって出来ないと思う。

私だってずっとずーっと考えてるけどわからないもの。

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク