FC2ブログ
061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

date :2010年07月10日

私が数字が好きなわけ

私は大阪社保協活動の中で、

独自調査→データをエクセル入力→一覧作成・分析→データ集作成及びインターネット公開

という一連の流れの作業をものすごく重視している。

自らを「エクセルマニア」と呼ぶほど、
私は数字とエクセルが好きだ。

それは、数字は客観的であり、
ウソをつかないから。
そして事実をありのままに伝えてくれるから。

ただ、数字だけでは意味がない。
数字をエクセルに入力してはじめて
数字は生き生きと語りだす。

エクセルには計算式というものを入れられる。
私がよく使う計算式は、
合計はもちろんだが、平均、割合、順位。

大阪社保協活動は相手が国や自治体である場合が多いので
これらのうち、「順位」というのが最も役に立つ。

大阪には43市町村あるので、
自治体の好む数字は21あたりで、1と43は嫌がる。

自治体の特徴というものに「横並び主義」というのがあって、
飛びぬけて悪いのはもちろんいやがるが、
飛びぬけて良いのも勇気のいることらしい。
だから平均値の21あたりが安心ということのようだ。

だから、こちらも常に順位をつけていく。
とくにいまやっている自治体キャラバン行動などでは効果てきめん。

「ここの自治体、大阪で一番ダメダメですねえ」なんて言う。
それと、
「財政状況のもっとも悪い○○市もがんばってるのに、なんでこちらでできないんですか」
なんてことも言う。

自治体キャラバン行動では、こっちはもちろん大阪社保協が作ったデータ集を持つのだけれど、
自治体担当者にも事前に送っているのであたらも大阪社保協のデータをみて、
ああだこうだと話をする。

そしてみなさんに一度やっていただきたいのが、
エクセル入力という作業。

結構手間だけれど、
この入力作業をしているときには脳はとても活発に動いているようで、
作業が終わった時には、頭の中で評価・分析作業も終わるのだ。

私は文系な人間だとずっと思ってきたけれど、
結構理系な人間なのかもしれない。

客観的なデータを使って、科学的に考えていく、
これが大阪社保協の運動のやり方です。





スポンサーサイト



こんなに高い国保料が払えないってこと、ちょっと想像力があれば誰でもわかる。

国民健康保険の保険料は恐ろしく高い。

高い保険料の中でも、大阪の自治体の保険料は特段に高い。

どれくらい高いか。

大阪社保協は毎年、大阪府内自治体に対して国保調査をしている。
今年の保険料がほぼ決定した。

世帯所得200万で、40歳代夫婦と未成年の2人の子どもがいる4人家族というモデルケース。

所得200万円って、低すぎないか、という声があるけれど、
実は国保加入世帯の8割は世帯所得200万円以下なのだ。
これは、世帯所得調査もしているので、データに裏付けされた本当の話。

っで、今年度の大阪の高額ワースト自治体5は

①忠岡町  461,900円

②守口市  454,160円

③泉佐野市 453,500円

④寝屋川市 447,000円

⑤高石市  445,250円

高いでしょう??

これでも、2年前の毎日新聞の全国調査(大阪社保協のこのモデルケースそのまま)結果では
寝屋川市が全国で一番高額で504,030円だったのだから、
1世帯当たり4-5万円は下がったということになるけど、
それにしても高い。

そして、国民健康保険加入者はセットで国民年金の加入者となる。
国民年金の1人分の保険料は年額166,320円だから、
夫婦で2倍の332,640円。

国民健康保険と国民年金保険料で80万円近く必要になる。

そこで想像力を働かしてほしい。

親子4人が大阪で暮らしていくためにはどれだけのお金が必要だろうか。

所得200万円というのは収入でいくと300万円程度。
そこからまず税金がひかれる。

そして優先順位から考えるとまず家賃。
所得200万円だと、たいていは借家暮らしと考えられるので、
大阪だと公営住宅でなければ、どんなに狭い2DKでも、
共益金をいれたら最低でも6万円から7万円はするので、年間72-84万円!!

光熱水費、水道代、電気代、ガス代をいれて月2万としても、年間24万円。
都会の夏は暑いから、今の時期にエアコンがないと死んでしまうから、
夏は光熱費がかかる。

そして食費。
こどもたちが食べ盛りの頃で最も削ることができないお金。
家族5人で6万円は最低いるだろうから年間72万円。
それでも親子4人で1日の食費が2000円足らずという金額。

家賃+光熱水費+食費だけで相当安く見積もっても年間180万円~200万円は絶対に必要。
さらに教育費。就学援助があっても、教材費やクラブ活動費用なども必要。

それから国保料、国民年金保険料の80万円が保険料が払えるだろうか。

こういう風に計算したら、
所得200万円で年間45万円なんていう国保料はどだい無理な金額って
だれども簡単にわかる。

さらにね
国保に加入している世帯でもし、もう一人子どもが増えるとね、
それだけで、3万円ほど保険料が高くなる。
これは均等割というやつで、まあいいかえれば人頭割っていうやつ。
赤ちゃんでもだれでも
1人頭かかってくる保険料のこと。

私はこういうことになる国保のことを
「貧乏子だくさんじゃなくて、子だくさん貧乏になる国保料」
っていつも学習会で話す。

だから、私は、

「ごはん食べんと保険料はらうような制度はおかしい」
「無い袖は振れん」
といつも言う。
食べるのが先に決まっている。


そして、さらに言いたいのは、
この高すぎる国保料は将来の無年金者、生活保護受給者予備軍を
自治体はいま山盛り作っているということなのだ。

先ほど書いたけれど、
国民健康保険と国民年金はセットなのだ。
でも、国保料でさえ払えていない人は
国民年金保険料は絶対に払えていない。

つまり、国保料滞納者=国民年金滞納者ということだ。

ということは、
無年金の人たちが将来大量にできるということだ。

いいのか??
自治体のみなさん、
そして厚生労働省。


あかんやろ。あかんに決まっているやろ。


こうした大阪府内の国保データは
大阪社保協ホームページのデータのページにすでにアップしているので、ぜひご覧を。







着慣れてはりますね・・・

毎日毎日・・着物を着ていますから、
当然といっちゃあ当然のなんですけど、
着物をきて呉服屋さんなんかにくいと必ず言われる言葉です。

「着慣れてはりますね」

「楽に着てはりますね」

着物は本来自分で着るものですが、
「着付け」という職業があるくらい、
自分できれない人が多い。

人に着せてもらうのと自分で着るのと、
何が一番違うかっていうと、
その楽さ加減。

着物は着ているとしんどい(大阪弁で苦しいとか疲れるとかいう意味)と
よく言われますが、
それは人に着せてもらうからです。

自分で着るようになると自然、いかに楽に着ておくか・・・
ということを考えだします。

そのためにしていることは、
補正をしない(いろいろまきつけるとそれだけでしんどい)
ということと、
ひもをなるべく使わない、
ということ。

紐は文字通り縛るものですから、
紐は多ければ多いほど締めつけられてしんどい。
だから、なるべく紐は使わない。

私の場合は、
襦袢の紐+襦袢の上の伊達締め+腰ひも+コールンベルト
です。
襦袢の上の伊達締めは襟を固定するためにも必要です。

それでも4本使いますから、
これ以上多いとしんどいしんどい。

でもちゃんと要所要所締めておかないと、
これから街中を闊歩する
若い人の「浴衣を自分で着てみました」状態のだれだれ着付けになるわけです。

今日の着物は琉球絣の透ける着物です。

moblog_e51892a9.jpg







プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク