FC2ブログ
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

date :2011年01月17日

情熱の人~吉岡秀人さん

昨夜、「情熱大陸」をみた。

ミャンマーで医療活動をし、
昨年末にはHIVで孤児になった子どもたちのための孤児院を設立した
吉岡秀人医師。

彼の活動はちょうど一年前の「情熱大陸」でもみた。

私はその時のことをこのブログに書いている

吉岡医師は、医療を超えて、
子どもたちを具体的に幸せにしていくために「孤児院」をつくり、活動を始めた。

そしてその思いを自身のブログにも書いている

その一部を紹介すると、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私がなぜ、海外で医療を行ったり、あるいはガンの子どもやその家族に関わったり、
エイズ孤児や貧困の子どもたちの施設「Dream Train」を始めたのか?
という根本的な答えを最近見いだした。

それは、結局私の生理的欲求だという結論になった。

たとえば、幼い子どもたちが3万円足らずで売り飛ばされ、
国境を越え、
わずか10歳、12歳で売春させられる。
その初めての日、彼らに前にいるのは見知らぬ大人であり、外国人たちかもしれない。
その夜の一部始終のその光景を、私は生理的に許容できない。
あってはならないとこころが嗚咽する。
それを許容すると、自分の自我も、自分の存在も全てが揺らぎ始めるのだ。

また、病気で悲しみ続けている幼子たちを、そのまま見過ごすことも、同様に私の存在そのものを揺るがすのだ。

だから、、、
そのような出来事は、私は自分の存在のためにこの世から消し去ろうとする。
それは、迷いもなく私の生理的欲求なのだ。生命的欲求なのだ。

子どものために、その親たちのために、そして私自身のためにやっている。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「生理的欲求」「生命的欲求」ということに、強く共感する。

そう、
「・・・しなければならない」
「・・・すべきだ」
ということで動いているのではないのだ。

私も、
ここ日本で、
ここ大阪で、
子どもたちを守る運動の一翼を
今年さらに強く担おうと思う。

そして一緒にみていた次男に一言。

「どんな仕事をしてもいいからね、
 人の役に立つ仕事をしなさいね。」


今年、3月の大阪社保協総会での運動方針のなかの柱は

「子どもたちを貧困から守り、子どもたちを幸せにする活動を最重要課題に据える。」

です。
スポンサーサイト



プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク