FC2ブログ
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

date :2011年03月17日

内田先生からの発信(朝日新聞記事から)

朝日新聞「西日本へ「疎開」を〈伝えたい―阪神から〉」からの転載。
まさに私たちが思っていることを内田先生が発信されていると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内田樹さん(60) 神戸女学院大教授

 阪神大震災が起きたとき、小学6年の娘と芦屋のマンションに住んでいた。タンスの引き出しが顔に飛んできて目が覚めた。歯が折れていた。周辺の木造家屋はほぼ全壊し、神戸の街から煙が上がっていた。マンションは半壊、近くの小学校の体育館で3週間の避難生活を送った。

 今回の東日本の地震で対応が難しいのは、まだ災害が終わっていないことだ。福島の原発が危機的な状態にある。気になるのは政府・東電の情報が遅く、被害を過小評価する解説が続いていることだ。首都圏から避難が必要ないと言い切る専門家もいる。だが、この後、大量の放射性物質が飛んできた場合、この人はどう責任をとるのだろう。

 危機的状況では、リスクを過小評価するよりは過大評価する方が生き延びる確率は高い。避難が無駄になっても責める人はいない。「何事もなくてよかったね」と喜べばいい。「安全だ」と信じ込まされて、いきなり「さあ逃げろ」と言われたらパニックになる。メディアの報道では「避難できる人は避難した方がいい」という専門家の発言が抑圧されているように感じる。

 しょうがないから、僕はネットで安全な西日本などへの「疎開」を呼びかけている。とりあえず、妊婦や幼児や病人、児童生徒たちは、用がなければ被災地と救援の活動拠点となる都市部を避けた方がいい。

 政府は可能な人には「疎開」を呼びかけるべきだろう。東北・関東から100万でも200万でも人口が少なくなれば、資源への負荷も軽くなり、救援の資材や人員の搬送も円滑になる。

■西日本は被災者を受け入れて

 いま、西日本のわれわれに必要なのは疎開を受け入れる準備だ。安全な西日本だからできる支援策を講ずるべきだろう。大阪市長が市営住宅500戸を提供すると言ったが、こういう「歓待」政策が必要だと思う。


私も16日、大学の宿泊施設の点検をした。授業再開のめどがたたない被災地の大学から被災学生を受け入れる計画を検討している。どの大学もそれぞれの規模で被災学生の受け入れを考えてほしいと思う。

 西日本の役割は支援する人を「東」へ送り込み、支援を要する人たちを呼び込むこと。一極集中の首都機能の一部を大阪に移す必要もある。オールジャパンで、それぞれの役割にふさわしい支援を工夫することが必要だ。

 被災経験から言えることは、被災者は「失ったもの」を数えないこと。命あってのものだねだと、「手元に残ったもの」を数え上げてみる。希望を持つ。希望を持っている人間はしのげる。そして最後は人情にすがる。16年前、人の情が身にしみた。(聞き手・中村正憲)

    
スポンサーサイト



戦後最悪の非常事態の中で、それでも選挙をするつもりか!?民主党に意見を送ろう。

日々、深刻さが増しています。
地震、津波、原発・・・の三重の困難です。

なのに、被災地以外の選挙をするって!?
はあ、何考えてんの!!

なので私は民主党に意見メールをいま送りました。

みなさんも
民主党へのご意見」から意見をいれましょう。

第961回日本軍「慰安婦」問題解決のための水曜デモ「声明書」が届きました

私が個人的にライフワークとして取り組んでいる「慰安婦」問題。

毎週水曜日には、
ソウルの日本大使館前で「水曜集会」が取り組まれており、
私も2回参加しました。

昨日の今回の東日本大震災を受けて「サイレントデモ」を行ったとのことです。
連帯の「声明書」が届きましたのでここにアップします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日(3/16)行いました
第961回水曜デモの声明書を送ります。

先に報道資料でお知らせしたとおり
地震の被害を受けた方々を追悼・慰労するためサイレントデモ形式で行いました。
また
ハルモニが具体的な募金の意志も示されましたので
挺対協も募金をはじめることに決定しました。
戦争と女性の人権博物館、1000回水曜デモ平和祈念碑建設のための募金も厳しい中ということで
とりあえずは来週の水曜から6週間行う予定です。

大きな力にはなれませんが
これまで一緒に活動してきた方々の力になれるよう
日本軍「慰安婦」ハルモニや挺対協からも支援の気持ちを送りたいと思います。

**********

第961回日本軍「慰安婦」問題解決のための定期水曜デモ声明書
ー日本東北地方大地震の被害者を追悼しー

私たちは日本軍「慰安婦」問題を解決するため、
1992年1月8日から約19年間毎週水曜日に水曜デモを続けてきました。

19年の間、1995年に起こった日本の阪神大震災のときを除いては、
どんなに寒くてもどんなに暑くても水曜デモを中止することはありませんでした。

しかし今日の第961回水曜デモは、
3月11日に発生した日本の東北地方大地震によって命を失った数千数万の被害者と残された被害者を追悼し
これまでとは少し違う形式でこの場に立つことにしました。

巨大な自然の力の前で
生活の場と家族を一瞬にして失った数多くの犠牲者と被害者に
慰労と哀悼の気持ちを送り、今回の水曜デモはサイレントデモとして行うことに決めました。

日本の侵略戦争によって人権が守られず、
言葉に言い尽くせない苦痛を経たこの場にいる日本軍「慰安婦」被害者たちは、
誰よりも現在日本で多くの人々が被っているあの惨状の苦痛と痛みがどのようなものであるかを
体で感じています。

ハルモニのその気持ちを受けとり、
今日の水曜デモは日本の東北地方大地震の被害者を追悼する集会とし、
国境と民族を超え東アジアの大惨事をともに回復し、
被害現場にいる日本市民と数多くの在日同胞そして外国人の安全と無事救出を祈ります。

あわせて、
最も被害が深刻な宮城県に暮らしていた日本軍「慰安婦」被害者宋神道(ソン・シンド)ハルモニが、
今だ連絡がとれない状況をお知らせします。

日本政府を相手に10年間裁判活動を行い、
「戦争はダメだ」「謝罪しろ」と堂々と叫び、
最高裁判所棄却判決が下されても
「裁判には負けたが、オレの心は負けてない」と私たちに希望を与えてくれたハルモニです。

ここに私たちは、過去の歴史によって辛い人生を送ってきたハルモニが、
今回の惨事で再び過去の悪夢を思い出さないよう、
韓国政府と日本政府が積極的に救助活動を行うことを要請します。

日本軍「慰安婦」被害者の人権と名誉回復のため水曜デモは今後も継続します。

明日にも絶望がやってくるとしても、
今日は希望の木を植える気持ちで、平和と生命が尊重されるそんな世界、
人権が大切に扱われ実現するそんな社会を作るため、私たちが先頭に立とうと思います。

2011年3月16日
韓国挺身隊問題対策協議会
第961回日本軍「慰安婦」問題解決のための水曜デモ 参加者

枚方市近辺のみなさまへ~枚方市役所からトイレットペーパー提供の要請です

枚方市役所ホームページから


本市では、全国特例市市長会の会長市である茨城県水戸市から、特例市災害時相互応援に関する協定に基づき、トイレットペーパー提供についての要請を受けました。市民の皆さんのご協力をお願いします。

  救援物資:トイレットペーパー(袋単位でお願いします)
  受付期間:3月15日(火曜日)から17日(木曜日)午前9時30分から午後5時
  受付場所:枚方市市民会館大ホール前テント(枚方市役所別館北側)

最終更新日:平成23年3月16日

問い合わせ先
市民安全部 危機管理室

所在地:枚方市大垣内町2丁目1番20号 枚方市役所別館3階
電話:072-841-1221(内線3309)
FAX:072-841-3092 (注)電話・FAX番号をお確かめの上、お間違いのないようお願いします。
電子メール:kikikanri@city.hirakata.osaka.jp
メールでの問い合わせは専用フォームをご利用ください


八戸大学・篠崎先生からのメールです。

先日の「ホームヘルパーの集いIN大阪」で記念講演をしていただいた
八戸大学の篠崎先生からいまメールがとどきました。

ブログにアップしてもよいということですので
そのまま掲載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

生き続ける大切さ

寺内さん、おはようございます。篠崎です。

今、八戸市・三沢市・おいらせ町は東北関東大震災の影響により、
生活支援が必要な状況となっています。

岩手県・宮城県・福島県・茨城県の沿岸で避難生活をしている方に比べれば、
たいしたことないだろうと思って大阪から帰りましたが、
生き続ける大変さを感じています。

私も今朝は朝3時からガソリンスタンドに並んでいます。

首都圏と違い、車が無ければ何もできない生活圏がここにはあります。

数量制限でようやく10㍑のガソリン入れても、スーパーにはお米がなく、
24時間365日営業のコンビニも無期限休業です。

つまり、一人一人が生きるために必死で、
ボランティアに入りたくても入れない状況が実はあります。

また介護では、小さなデイサービは送迎のガソリン不足で閉鎖されています。

ヘルパーさんも通勤ができず、訪問介護もかなり制限されています。

街全体としては、死ぬような追い詰められ感はありませんが、
地域の子供たちが「おにぎり・カレーライスが食べたい」としても、
スーパーには菓子類しかありません。

大人は、仕事しながら生活物資を調達するのは不可能に近いです。
私もそんな中の一人です。

つまり、生活水準が一気に低下した中で、
みんなが一分一秒が息を詰めながら暮らしている感じです。

この地域で今、本当に必要なのは、
物では、やはりガソリン・灯油・お米・トイレットペーパーあたりでしょう。

でも、物資と同じくらい応援が欲しいです。

生きる勇気、誰かに見守られている安心が欲しいです。

いつでも「助けて」と言えば、「どうしたの」と声をかけて、共感してくれる人が必要です。

ガソリンスタンドで並んでると、
ガソリンスタンドの人が「長い間お待たせてしまい申し訳ありません」と言えば、
並んでいる人も「なんも、こっちこそ有り難い」と話している様子(私も同じ)は、
みんなで頑張っていこうというエール交換に感じます。

なので、寺内さん、まずは東北の混乱の中、頑張っている人を見守っていてください。

私たちはしっかり生きています。

そして応援をお願いします。

上手く言えませんが、八戸から私なりの状況報告でした。

私はこれからスーパーをみに行ってきます。

これをblogに掲載していただいても構いません。

ありがとうございました。

岩垣さんや兵頭さん、そして日下部さんや内海さんにも義援金のお礼をよろしくお伝えください。


プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク