FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

date :2011年09月23日

数字を入力してると色々なことが見えてくる

午前中家事をして事務所へ。

7月に横浜市役所でコピーしてきた
横浜市国民健康保険特別会計入力作業。

紙に書かれている数字をエクセルに入れていくと

自動計算されていく。

10年単位で眺めていくと
色んなことが見えてくる。


同じ政令市の大阪市ともかなり様相が違うこともわかってくる。


だから数字は面白い。

この横浜市国保会計分析は国保会計本のなかで展開します。
スポンサーサイト



我が家は昆布とかつおで出汁をとります

我が家の基本のお出汁は昆布とかつお。

化学調味料も即席出しの素も使ったことがありせん。

今日は、なかなか美味しい記事がありました。

かつおだしに満腹感効果=習慣化で肥満防止可能性―京大
時事通信 9月23日(金)2時34分配信

 かつおだしの成分が胃の運動を促進して満腹感を高めることを、京都大学の近藤高史准教授と松永哲郎助教の研究グループが発見した。習慣的な摂取で、高カロリーの食事をしても健康的な食生活を維持できる可能性があることも判明。23日から兵庫県で開かれる日本肥満学会で発表する。

 昆布や煮干しと並び日本料理に欠かせないかつお節は、乳酸や苦味成分のヒスチジン、うま味成分のイノシン酸を多く含み、これまでも疲労回復や血流改善などの効果が報告されている。

 研究グループは18~29歳の日本人男性数十人に、同じ量・栄養分に調整されたかつおだしと水を空腹時に摂取させ、胃電図を解析。この結果、ほぼ全員について、水よりもだしの摂取後に胃の活動量が増加し、満腹感も上回った。

 また、高脂肪・高砂糖食を与えたラットは、かつおだしを忌避する行動がみられたが、事前にだしの摂取が習慣化したラットは、高カロリー食を与えても食習慣に大きな影響が出なかった。

 総務省によると、国内のかつお節の消費量は、日本人の食習慣の変化から最近20年で約3割減少。一方、肥満者率が高い欧米の先進国などでは、脂肪や糖分の少ない日本食が注目されている。その健康効果の鍵が、生の肉や魚を煮込むのとは異なる乾物を用いた日本特有のだしと、長年の習慣化にある可能性が見えてきた。 

今朝のちーちゃん

私が新聞を読みだすと新聞の上にでーん。

110923ちーちゃん2

私が着物を畳みだすと着物の上にでーん。

110923ちーちゃん

なーんにもなくなると座イスの上で。

110923ちーちゃん3

面白すぎる・・・・・

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク