091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

date :2011年10月

机上の空論

今日の午後は大阪市高齢者施策推進委員会保健福祉部会傍聴。

先週の介護保険部会とほぼ同じ資料が出ていたけど、メンバーが違う。

介護保険部会委員は介護保険制度を知らない人が多かったけど

今日のメンバーは白澤先生始め、制度のことも改正の中身も一定わかった人たちだった。

でもいまの大阪市の介護保険現場でなにが起きているのかは知らない。


今日の部会でものすごく時間が取られたのが

大阪市版地域包括ケアの図表についての議論。

ああだこうだと言ってはったけど


とにかく現状と課題分析抜きでの議論。

まさに机上の空論とはこのことだ。


今日の部会で地域包括支援センターの名前が何度上がっただろうか。

でも大阪市の地域包括支援センターがいかに機能していないかあなた方は知っていますか。


大阪市はいまも日常生活圏域を行政区としていて

地域包括支援センターもこれまで区に一ヶ所しかなく

私達は地域崩壊センターと言っていた。

去年くらいから区に数ヶ所体制にしたけど

まだまだすくなく

市民は6年にもなるのに地域包括支援センターを未だに知らない。

地域包括支援センターは名前の通り地域を包括的に支援するセンター、中心になるべき組織だけど


さて地域包括支援センターに相談して解決する事例はいったいどれくらいあるんだろうか。

今日の部会の議論のなかでは

地域包括ケアの中心は地域包括支援センター、

地域のインフォーマルサービスの連携は地域包括支援センターが


災害時の安否確認も地域包括支援センターで

…………って、地域包括支援センターの名前が連呼されたけど


そんなことをできる体制にある?


大至急、地域包括支援センター調査もやらなあかんなあと思いましたね。
スポンサーサイト

もちろん自主的な活動です。

やらせは一切ございません。

moblog_9198477c.jpg

moblog_e04a5369.jpg




コロッケ沢山作りました!!

お取り寄せで北海道からジャガイモ「北アカリ」をひと箱購入したので、

早速コロッケを沢山作りました~!!

山盛り~。

moblog_f5fed4c1.jpg

コールスローサラダとともに。

moblog_6814d28e.jpg



12月には京都で介護保険全国活動交流集会 やります!!

京都のみなさん

京都にお近くにお住まいのみなさん

そして全国のみなさん。

冬の京都で
お会いしましょう。


冬の京都で介護を語りつながろう
ヘルパー・ケアマネ・市民運動全国活動交流集会を開催します!!



6月15日成立の「改正」介護保険法。

いつ上程され、いつ審議されたのかもよくわからないまま成立しました。

介護保険は12年目ですが、
介護保険がこのままでいいとだれもが思ってないのではないでしょうか。

全国のヘルパー、ケアマネ、そして介護保険を良くする市民運動に携わっているみなさん、

介護保険の12 年間を振り返り、
「改正」介護保険法を学び、運動を交流し合い、つながりましょう。

★日時2011年12月10日(土)13時半~11日(日)正午

★会場ラボール京都
〒604-8854京都市中京区壬生仙念町30-2 Tel 075-801-5311

★企画

12月10 日(土)

13 時30 分開会

13 時40 分-14 時30 分
基調報告「改正介護保険法で何が決まり、介護報酬改定はどうなる?」
日下部雅喜・大阪社保協介護保険対策委員

14 時40 分-16 時40 分

シンポジウム
「こんな介護保険でいいのか?~12 年間を総括し、わたしたちはこう提案する」

シンポジスト)
◇ 社会福祉法人七野会在宅ケアセンター新大宮ヘルパー・若林淳子さん
◇ 社会医療法人同仁会耳原ケアプランセンター大浜ケアマネジャー・内海聡子さん
◇ 認知症のひとと家族の会京都支部代表・荒牧敦子さん

12月11 日(日)9 時-12 時交流会

①定期巡回サービス・医療行為・在宅介護を考える分科会
②軽度者の介護保険外しを考える分科会
③介護改善・地域づくり市民運動分科会

★参加費通し参加・一日参加とも1000 円(当日会場受付でお支払いください)

★主催冬の京都で介護を語りつながろうヘルパー・ケアマネ・市民運動全国活動交流集会実行委員会

(京都ケアマネット・京都ヘルパー連絡会・奈良ヘルパー連絡会・大阪社保協よりよい介護をめざすケアマネ・ヘルパーの会)

事務局大阪社会保障推進協議会

Tel06-6354-8662 fax06-6357-0846 osakasha@poppy.ocn.ne.jp

詳しいチラシはこちらです

このわくわく感がいいんです。

小さな原稿を書いたら図書券をいただきました。

ので、本屋さんに直行。

moblog_566e9ba6.jpg

定期購読している着物本の「七緒」の別冊。

着物本は、
やっぱりカラーでないとね。

眺めているだけでわくわくして楽しい。

中に特集されている京都烏丸の「だいやす」。

丁度一年前に行って、
格安反物と格安裾回しを購入して、
一万円でお仕立てしました。

半日でも一日でもいられる楽しさはなんとも言えないです。

また行こう。


11月18日 医療・国保・介護なんでも110番 開設します!!

11月18日に「医療・国保・介護なんでも110番」を実施します。

大阪社保協は「国保なんでも110番」を今年1月21日と6月23日に実施し、
今回は相談内容を医療と介護にも拡大し第三弾の110番となります。

これまでの110番の内容については、
大阪社保協ホームページのfax通信928号Fax通信968号をご覧ください。


今、国民が最も悩んでいるのは「負担」の重さです。

保険料、医療費、介護利用料など、
どれもがいのちと健康を守るべき社会保障制度の負担ですが、
現状では生活を破壊するほどに重いものとなっています。

私たちは、こうした実態等を把握するとともに具体的な救済を行うために
「110番」を今回も実施いたします。

★日時 2011年11月18日(金)午前10時~午後5時まで

★特設電話を5台設置 

★電話番号 06-6567-3211(当日しか通じません)

★相談員

医療・国保・介護に関するすべての内容、さらに生活保護や年金問題にもこたえられるように医師、メディカルソーシャルワーカー、ケアマネジャー、弁護士など相談員を配置します。

なお、全国に社保協ネットワークがありますので、大阪以外の相談にも対応します。

これからのローカル介護保険学習会に参加しませんか?

介護保険は来年4月から第5期となります。

そのために、

国においては介護報酬改定議論がされ、
市町村では第5期介護保険事業計画策定作業がすすめられています。

大阪社保協では、
今後、ローカルでの学習会を開催していく予定です。

お近くの会場で開催される学習会にあなたも参加しませんか??

大阪社保協の学習会はフルオープンで、どなたでもご参加いただけます。

大阪市の介護保険料・総合事業学習会

□ 日時 2011 年11 月7 日(月)午後6 時半~9 時
□ 会場 大阪民医連会議室(地下鉄堺筋本町④または⑨番出口すぐ)
□ 講師 日下部雅喜・大阪社保協介護保険対策委員他
□ 資料代 ①ブックレット持参の方は無料②ブックレットのない方は本代900 円
□ 主催 社保協大阪市内ブロック


ご案内はこちら


北河内の介護保険はどうなるのか!?
介護保険料・総合事業・第5期事業計画学習交流会


□ 日時2011 年11 月18 日(金)午後6 時半~9 時
□ 会場 メセナ枚方大会議室(京阪枚方市駅下車徒歩5分)
□ 講師 日下部雅喜・大阪社保協介護保険対策委員他
□ 資料代 ①ブックレット持参の方は無料②ブックレットのない方は本代900 円
□ 主催 社保協北河内ブロック(守口社保協・門真社保協・寝屋川社保協・枚方
社保協・大東社保協・交野社保協・四條畷社保協)


ご案内はこちら

ブックレットはこちらです。

改正介護保険緊急解説 何が決まり、いま何ができるか―「総合事業」「定期巡回型サービス」と「第5期介護保険料問題」に地域から取り組むために (介護保険活用ブックレット)改正介護保険緊急解説 何が決まり、いま何ができるか―「総合事業」「定期巡回型サービス」と「第5期介護保険料問題」に地域から取り組むために (介護保険活用ブックレット)
(2011/09)
日下部 雅喜

商品詳細を見る

着物はあまりに日常なので・・・

朝夕が寒くなってきたので、

いよいよ袷(あわせ)着物の季節です。

でも毎日着ていると
着物が非日常にならないのでちよっとつまらないかも。

今日はお休みなので、写メとってみました。

この着物は5年前に誂えたものです。

でもいい着物は着易くて・・・やっぱりよいなあ。

moblog_84949f5b.jpg

日本の国保を作ってきた人たちの手記~岩手の保健より

現在の国保は1961年がスタートと言われていますが、
これは皆保険が1961年スタートしたことによります。

実はそれ以前にすでに市町村国保がスタートしています。

すこし長くなりますが、
「岩手の保健」という1947年8月15日発刊の冊子から
1954年の「吾が村の国保」という文章を紹介します。

この文章中で
岩手県は1954年当時ですでに県下202市町村中未実施が13市町村だったとかかれていますから
岩手の国保が如何に進んでいたかがわかります。

この文章を読むと、
無医村で国保と国保診療所が出来た喜びが切々と伝わってきます。

そして村民の幸せに奔走する村長と村役場の職員たちの姿が目に浮かぶようです。

私たちは、国保にはそういう歴史があることを忘れてはならないのです。

「国保は最初から構造的に無理だった」なんて無責任に言う政治家や研究者がいますが、

私は断固としてそうではないといいたいですね。

国保は運動で出来た制度です。

ぜひお読みください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
* 「岩手の保健」(1947年8月15日創刊)37号(1954年7月号より)

* 読みやすくするために旧かなづかいを現在のものに変え、句読点もいれています。


吾が村の国保 (二戸郡石切所村の巻) 目時定一 

岩手県202市町村の中で国保未実施の市町村は現在13市町村のみとなった。その中で二戸郡は未に1町4か町の国保のない村を擁している。その中の1つ一戸町で先般国保実施の準備会が持たれたとき編集部の一人である阿部作郎氏も出席、この席で目時石切所村長の発言~国保開始までの苦心、その後の悩み多かった運営の経緯、又それだけに軌道にのりかけて来た現在の満足感、村長としてこれだけ楽しい仕事はない・・・は全く感慨深いものだった・・・とその時の概況を話された。編集部ではその際の発言を再現していただくように特にお願いしてご執筆いただいた。                                            編集部


1. 村の姿

 県都盛岡市から東北本線を北に走ること二時間半、北福岡駅に下車すれば吾が住む村の石切所である。

石切所といえばどこの県の村かと不審そうに問い返される程世間に知られない村ではあるが、「末の松山浪越さじとは」の古歌に知られた浪打峠の所在地で而も名勝馬仙峡の景に富む景勝の地であり、県北の都である福岡町の玄関口を占め二戸九戸への陸上交通の起点の関係上北福岡駅を中心として市街地をなし、周囲が部落で一団地をなしたこじんまりとした村で、遠い部落でも徒歩30分で村役場に連絡が楽につく。

中心部には駅を中心として国鉄北福岡営業所日通、丸運などの事業所が多く、片倉製糸工場や柏屋製油工場はては二戸製酪工場等に煙突の数も相当に多く、方一里の小面積に五千の人口が半農半商とうろついてはいるが、福岡町に接近しているために開業医はなく今年まで無医村の名のもとに打ちひしがれてきた村である。

2. 生まれいずる悩み

1) 指導者の立場から

終戦を迎えて間もない昭和22年、押されるままに20年間の教員生活から村長と言う未知の世界に身を移したが、役場の窓から目に映る村人の姿は疲れ切って不健康そのものの感じで心は痛かった。思うことは民生の安定であり健康で明るい村の建設であってみればその根底をなすと思わるる住民の保健衛生対策こそは焦眉の急と青年団、婦人会と連絡し消防団の協力も得て、その手始めに全村の清掃運動を展開し健康診断と予防治療の徹底に努力した、かくてその筋からはモデル衛星指定村などとおだてられて見ればなくてはならぬものは国保であり持ちたいものは直診施設となってきた。



2) 四圍の状況

 当村の国保事業の始まりは昭和17年、当時の農業会が代行して事業開始以来5カ年、終戦日の経済界の混乱にあい、県下何れの農業会に見られたと同様、統制経済の転換と共にその事業が極度に不振となり代行事業の国保はおろか自らの経営も困難に陥った。

民心は長期生活設計への希望を失い、貯蓄心は低下し、相互扶助の精神により国保事業への関心は極度に薄れ、相当職員の熱心な再建努力にもかかわらず、保険料の滞納額が増加する一方で、運営は全く停頓し医療費の支払いが全く不能となった。

国保に理解を持つ一部村民も、正常な国保の利用が不可能になるにつれて、昭和21年には不幸にも多額の滞納未整理のまま自然停止となった。

かかる国保事業の崩壊の村民に与えた影響は「正直者は馬鹿を見た」と言う結果となり、国保へのよき協力者は、保険料も納めずに頑張り通した良識なき人々の嘲笑を買う結果となった。これが村民の心奥に焦げ付いて事業再開の大きな障害となった。

而るに光陰は流れて昭和24年、その筋からの勧奨当のあって機の熟した観もあったので、種々資料を調査して国保事業の再開を立案し、村議会に提案して度々検討を重ねたが、事業の再開実施を切実に感じながらも、農業会代行当時のような不始末を再び繰り返すまいとする警戒心のあまり、その決断がつかず気息奄々爾来吾村の国保事業は持久戦的様相を呈して日々を費やすこと丸三年その間、当事者としてのじれったさは知る人ぞ知る。

3. 案ずるより生むが安し

1) 声なき民の声

国保にとっては陰鬱な北の国には漸く春の萠(きざし)が見えてきた。

この間隣接する町村に国保が開始されるとその被保険者に与える恩恵の程がよく判り、村民のうちには国保必要論もぼつぼつ持ちあがってきた。「何故当村には国保はないのか」と質問を役場の窓にまで持ち込んでくるものも現れた。また入院患者等は特に国保設置町村の患者を羨望し、国保開始を切実感を持って叫ぶ声なき民の声が鬱勃として巷に満ちるの感があった。(而しこれとは対照的に再開後の経営難を心配し躊躇するものの数も多かったことと唯理由もなく反対を唱えるものの若干あったことはやむを得ないことであった)



2)生まれ出づるもの

昭和28年早々年度内開始を目標に計画は樹立された。事業円滑化のために直診設置を併進せしめる事とした。無医村である当村としては直診施設の設置は村民多年の願望でもあつた。急患への往診も意の如くならず、お願いしても2.3時間は早い方で甚しい時には朝に頼めば夕方までも待たされて夜に至っては引込んだ部落など往診は殆ど見込薄の不便を開闢以来忍んできた事であれば議会側もこの計画には全面的に賛意を評された。

かくて陣痛長きにわたった当村の国保事業は29年3月、満場一致を以て村議会を通過し、6月1日を以て5割給付の運命の子が呱々の声をあげたのである。

4. 苦楽同行

議会議決から開始までの準備期間は2カ月余り、啓蒙宣伝に、事務的な準備に、多忙な仕事が始まった。啓蒙宣伝のためには部落座談会を計画し、幻燈機持参で毎晩行脚がつづく、帰りは何時も12時を過ぎる。職員の苦労は並大抵ではなかった。

しかし、この苦労も五〇〇〇人住民の高福祉福氏のためであると思えば勇気は百倍した。座談会からひろった国保に対する希望及び疑念等は次のようなものであった。

1. 往診には即応してもらいたい。

2. 経済豊かな家庭は農業会当時のように国保を利用しないのではないか。又保険税も納めないのではないか。

3. 被保険者患者は一般患者と差別されるのではないか。

4. 国保加入を阻んで保険税をおさめないものは農業会当時と同様そのままになってしまうのではないか。

等々であり、経営者としてはこの声の発するところを十分吟味して堅く期するところがなければならないと感じたことである。

県下優秀の国保を経営したいと希望していても、いよいよ事業を開始してみると事務は不慣れ、村民の質問苦情の応対にも戸惑うこと幾度か、辛うじて先輩諸氏の指導を受けながら辿る棘の道はまだ遠い。

多忙の中に3月は過ぎて9月待望の診療所建設に着工した。規模は厚生省の模範設計によった、時たまたま物価の高騰甚だしく、計画された予算では到底竣工の見通しなく、工事中止の危機に追い込まれた時、県立二戸公共職業補導所の職員生徒全員の出勤協力を得て、危機を脱し村民の目をみはるようなモダン診療所が完工したことは誠にありがたい仕合せであった。

医療器械の設備もととのい新年早々診療は開始された。医師は岩手医大付属病院小児科より阿部良司先生を迎えた。看護婦2名の募集も終わり事務吏員3名と共に木の香も新しい近代的な診療所は村の中央に位置を占めて温かい息吹きを吹き上げた。

5. 結び

1月10日、8名の患者を診療したことから発足した国保診療所はその後ますます繁盛で現在までの1日の来患最高85名を数え、1日平均50名を記録し、患者の多い日などは昼食抜きの多忙さである。すぐ目の前の福岡町には県立福岡病院を始め、各科の開業医も多数降ることで、当村の直診利用者は極くカンタンな処置程度のもののみの利用を予想して計画したのであったが、開所と同時に予想をうら切られて、開所早々から全く嬉しい悲鳴を上げざるを得ない状況である。

かくて心配された保険税の徴収も日を追うて徴収率が向上し、診療所経営と相俟って予想以上の成績を収めていることは、住民の福祉のため喜びにたえないところである。この上はますます給付内容を充実し、診療施設の拡充を図り以て名実ともに健康の村、石切所に努力したいと願ってやまない次第である。



筆をおくに当たって一言付け加えさして頂きたいことは、開始の時期は諸種の事情があったとは言いおそきに失したと悔ゆさせられることがあり、それにしてもよく当村国保の現在をあらしむるまでご指導賜った県国保連並びに県保険課の皆さまの絶大なる御後援に対して心から感謝の意を表し度いと存じます。


朝から元気です!

平日なら誰もいない時間ですが、

今日は土曜日で私と息子がいるので、

とても元気に動き回ってます。

洗濯ものに突撃。

111029ちーちゃん

そしてタオルの棚で・・・ちよっとにゃん相悪くない???

111029にゃん相悪い

っで、眠くなってきました。

111029ねむねむちーちゃん

今年の京都きものパスポート ゲット!

すっかり忘れていたけど、

ふと、
あっ、今年の京都きものパスポート出てるんじゃ・・・

とおもって、
京阪京橋駅で尋ねると

ありました、ありました。

moblog_0db5eb64.jpg

着物を着て、
このパスポートを持って京都に行くと、

いろいろとお得なこと、楽しいことがあるんです。

着物友達たちと京都にお出かけしたいなあ。

マスコミ友達

このところまたマスコミ取材が増えてきた。

初めての記者さんが多く

そろって前任記者や先輩記者から私を紹介されたと言う。


それはそれでとても嬉しい。

またそうした記者さんたちが

皆、若い女性達というのも嬉しい。


みんな真面目で真摯な姿勢なのでさらに嬉しい。


世論作りにはマスコミのみなさんとの連携は不可欠。


新しくまた動き出していきそう。

寝屋川で猫ちゃんの引き取り手を探してます!!

寝屋川民商の会員さんのところに住み着いているネコちゃんに、数日前に子どもが生まれました。

111019寝屋川ののらちゃん親子

メスが1匹、オスが2匹です。

この子たちの新しい飼い主を探しています。

「飼いたい!」
「とりあえず見て考えてみたい!」

という方は寝屋川民商 電話072-827-2111 中野さんまでご連絡ください

・・・・ということです。

この内容は寝屋川社保協ブログから転載させていただきました。

この写真をみて、我が家の息子たちに

「子猫、もう一匹買ったらあかんやろか」と尋ねたら、

「新しい猫が来たら、絶対にちーちゃんの調子が悪くなるから、あかん!!」
と即却下でした・・・・。

どなたか、にゃん子いりませんか??
とにかく、かわいいです。癒されます。




大阪のみなさん、いい加減、「名前」だけで選ぶのはやめようよ

全国の人には信じられないと思うけど、

大阪では「維新の会」という名前がついているだけで選挙で通った
たくさんの首長(市長などのトップ)とか議員とかがいる。

あの橋下さんが「大阪維新の会」という地域政党を立ち上げて、
大阪府議会の中に立上げ、

そして今年の春の統一地方選挙では
「維新の会」公認候補というのが一杯でてきて、
殆どは前の選挙では「自民党」だった人達だけど、

でもひどいのは公認でもなんでもなくて
勝手に「●●市維新の会」とかいうのをでっちあげて出馬して、
そして信じられないことにトップ当選した人とかが沢山いる。

でも、公認でも何でもないんよ。
これって、偽ブランドみたいなものやね。

さらに問題は、その人がどうのこうのに関係なく
単に「維新の会」というだけで投票しちゃう人たちがたくさんいるということ。

先日、ある大阪の北の方の自治体の方からきいたんだけど、
その「維新の会」ブランドだけで通っちゃった首長さんがいて、
この9月議会がその首長さんにとって初めての議会だったんだけど、

とにかく答弁ができなくてひどかったということ。

質問しても、勉強していないからとにかく答えられないし、
当局の担当者が答弁書ができるまでずっと待っているし、
自分の口から発した発言をすぐに翻すし・・・で、

あまりにレベルが低くてこんな人が首長なんかなったらどうしょうもない、と
傍聴した全員が思ったそうだ。

仮にも首長ですよ、その自治体のトップですよ。
議会にも馬鹿にされ、職員にも馬鹿にされる人を市民が選んでしまう、
こんなことはもうやめないといけない。

本当に、いい加減、「名前」だけで人を選ぶのはやめよう。

その人の考え、主張、マニュフェストをきちんと理解して、

そうでなければ、4年間が無駄になるし、
何よりもその自治体の住民が不幸だ。

ちーちゃん見てたらほっとするよ

ちょっとしんぼりしてても

気ままなちーちゃんを見てると

なーんか、ほっとするなあ。

111027ちーちゃん


今日はションボリだなあ

私自身のことじゃないけど

今日はなんかがっかりすることがあって


なんかションボリだなー

今朝もやってきましたね~

朝、着物に着替えるために箪笥を開けたら・・・・

早速彼女はやってきて、余裕の毛づくろい。

111026箪笥ちーちゃん


moblog_ac86f30c.jpg

橋下知事のやってきたこと

橋下知事のことを最近「ハシゲー」というらしい。

彼が3年半でやってきたことを列記する。

それで・・・なんかいいことやったん???

???????????????????????????????????


◇地震関連11事業を6割カット

・07年(太田知事)97億7千万円→11年(橋下知事)40億1千万円(当初予算ベース)。
・公立高校耐震化率=66.7%(全国77.7%、11年4月1日現在)。
・橋りょうの耐震化率は「地震防災アクションプログラム」対象393橋りょうで69・0%(10年度末)


◇密集住宅市外地整備補助金を大幅削減

・居住環境の改善や防災性の向上のため市町村補助。07年度3億1271万円→1億5千万円
・府立高校教務事務補助員等を雇い止め 年収約120万円の非正規労働者348人を、08年度末までで雇い止め(4億4千万円)

◇教育関連費を大幅削減
・1年期限の「定数内」講師を急増
  07年4206人(9・2%)→10年5780人(12・3%)

・私学経常費助成を大幅削減
 11年度は小学校50%、中学校35%と削減幅を拡大。高校は昨年同様10%を削減。小学校への1人当たりの助成額は、府は11万5千円で全国最低レベル(国標準30万円)に

・学校警備員補助を廃止
 09年度は交付金化(5億円)→11年度からゼロに。橋下知事「子どもの安全は府の仕事ではない。学校設置者の)市町村の仕事」(10年9月議会答弁)。府の補助廃止に伴い2011年度は9市町村が廃止
・さらなる府立高校統廃合を計画
 「3年続けて定員割れの学校は廃校」(教育基本条例案)

◇文化関連費を大幅削減・廃止
・青少年会館を廃止、跡地を長谷工に売却
  相続税路線価40万円/㎡の土地を32万円/㎡で売却

・センチュリー交響楽団補助金を廃止
 07年度4億1864万円→09年度1億1千万円→11年度廃止

・国際児童文学館(吹田市)を閉館

・府立中央図書館(東大阪市)に移転、非常勤専門員はゼロに

・ピースおおさか補助金を削減
 07年度9703万円→09年度3740万円。府職員は必要最小限、特別展、企画事業への補助廃止。
・ドーンセンター機能を縮小
 DV等に悩む女性のための法律相談、女性医師によるからだの相談の廃止(5869件)など
・青少年野外活動センターと府民牧場を廃止
 府民牧場利用者は年約16万2千人(来年4月から廃止)


◇福祉・医療関連費も大幅カット

・街かどデイハウス補助金を削減
 09年度から基本補助の上限を600万→300万円
 補助金交付額は07年度4億6172万円→10年度1億4058万円
 街かどデイハウス数は07年度127→10年度110
 対象市町数は07年度28→10年度24

・高齢者住宅改造助成と見守り訪問を廃止
 住宅改造助成は09年から、見守り訪問は11年度から廃止。04年度1173件(4億3900万円)。


・障害者・福祉団体への補助金を廃止
 団体運営費補助=07年度8団体1235万円→09年度以降0、施設運営補助=07年度3団体3283万円→11年度1団体794万円

・救命救急センターの補助金削減 千里救命救急センターは3億5千万円を0に

・公害患者死亡見舞金を廃止 09年度から廃止。認定患者数は約1万4千人(08年に288人、1440万円)

・障害者ガイドヘルパー派遣事業補助金を廃止 11年度からゼロに(07年度は5029万円)
・障害者福祉作業所、小規模通所授産施設への補助金を削減 「障がい者福祉作業所運営助成費」=新規分への補助は10年度限りで廃止、約2億3千万円(既補助決定分は継続)。

・「障がい福祉施設機能強化推進事業費(授産施設)」=府単独事業だったが10年で廃止。1億2247万2千円

・「小規模通所授産施設機能強化支援事業」=府1/2、市町村1/2だったが府は10年で廃止。4212万円81施設。

・府の補助金対象となっている障害者福祉作業所・小規模通所授産施は07年4月1日282施設→11年4月1日72施設

・軽費老人ホーム(ケアハウス含む)運営助成費を改悪

・老人福祉施設運営助成費を算定する際の「民間施設等職員給与改善費」(職員の勤続年数に応じて設定)を段階的に廃止。11年度は11年度所要額の1/3減、12年度は11年所要額の2/3減、13年度で全廃。

・福祉医療(通院・入院とも1回500円)の改悪を計画
 重度障害者・児(1・2級、64歳までの精神障害者は対象外)、ひとり親家庭(18歳まで)、子ども(通所0~2才、入院0~6才)

◇全国に先駆けて国保「広域化」を画策

 高すぎる国民健康保険料低減のために市町村が行っている法定外繰り入れは、1世帯当たり約2万円。府の繰り入れは07年度19億2200万円から昨年度は約11億5400万円に減。1世帯当たり約800円。「広域化」で1世帯2万円の値上げの危険。国保への府単独補助は「府がやることではない」(橋下知事)。

◇住宅施策を改悪

・家賃減免制度を改悪 減免世帯 減免額 収納額
           2010年度 28,356 39.0億円 365.4億円
     2009年度 29,229 44.8億円 359.1億円
     2008年度 29,950 48.5億円 356.0億円
     2007年度 28,023 48.5億円 356.7億円
 
09年度4月から改悪。08年度と10年度を比べると、減免世帯1594減、減免金額9億5千万円減、一方で収納額は9億3千万円増。(当初の予想では減免が減るのは1万7200世帯、金額15億~20億円減)



・府営住宅削減 今後10年間で1万戸削減を計画(2010年度末13万8104戸)

◇環境農林水産総合研究所・産業技術総合研究所を独立行政法人化
  
太田知事の府立5病院、府立大学独法化に続くもの

◇中央企業対策費を削減

・中小企業振興費を40%に 07年度5億円→10年度2億円(決算ベース)
・商業振興費を22%に 07年度17億1千万円→10年度3億7千万円(決算ベース)
・中小企業セーフティネット融資の預託金削減
 10年度5899億円→11年度予算4985億円、変動金利へ
 預託額(1年限り)をあと1364億円上積みすれば1.4%固定金利が継続できる


◇農業費を削減 07年度191億円→10年度93億円(1/2)

◇水産業費を削減 07年度9億8千万円→10年度4億4千万円

どこ行ったのかなあ・・・と思っていたら

あら、ちーちゃんどこ行ったのかなあ・・

とおもっていたら

moblog_4ee256a0.jpg

moblog_f1ea397c.jpg

お風呂でお水を飲んでました。

専門家とは歴史と世界を知り知恵を授ける人

児玉龍彦氏の著書「内部被爆の真実」を読んだ。

内部被曝の真実 (幻冬舎新書)内部被曝の真実 (幻冬舎新書)
(2011/09/08)
児玉龍彦

商品詳細を見る


児玉氏は医師で、東京大学先端科学技術センター教授で
東京大学アイソトープ総合センター長。

そして、
あの7月27日の厚生労働委員会で参考人として怒りの発言をされた方だ。

この本は、その発言の全内容と、
その内容他、放射能についての詳しい解説
そしてなぜ児玉先生が国会で発言したのかについて書かれている。

私は、国会での発言まで児玉先生を存知なかったが、
この本を読んで、
児玉先生の研究者も専門家としてのあり方について書かれている部分に
深く感銘した。

3.11以降、山のように出てきては
「現時点では安心」「心配ない」と繰り返した「専門家」たちに対する
名指しではないけれど、
批判もきちんとされている。

いくつか心に響く言葉をここに書き留めておく。

◇(スピーディに関して)
政府は必要なデータが全部そろっていなかったから、予測結果を発表しなかったと言っています。だがこれは違うのであって、データがいろいろ足りないから、予測が大事なのです。データが足りない中で、危険性など、「一番可能性が高いのはこういうことだ」という結果を出すのが大事なのであって、データが全部そろっていたら、それは実測です。

◇私たち専門家が言わなくてはならないのは、現実はこうだと考えて結果に手心を加える、ということではありません。どんなに大変な事態でも本質を正確にいわなければならない。
 
◇健康被害について、こういう可能性があるということをまずきちんと言うのが、われわれ医学の専門家の責任です。「最初からこれを言ったらこっちがダメだろうから」と折り合いをつけてしまったら専門家ではなく政治家です。

◇危険があったら、これは危険だから、苦労があっても何でもやってみようと国民に伝えるのが専門家です。みんなが専門家に聞きたいのは、何でも政治家みたいに折り合いをつけることじゃない。危険を危険だとはっきりいうのが専門家なのです。

◇(群馬大学の防災学の片田敏孝教授が釜石市とともに「手引き」をつくり小学生に3つのことを伝え続けてきたことについて)
「揺れたら家に向かわず、とにかく逃げろ」「ハザードマップを信じず、状況をみて判断すること」「そして人を助けること」。
こうして小学生は中学生と合流し、1キロメートルを走り、避難場所の高台の介護施設に行き、迫る波を見て、さらに上まで逃げた。この結果、構内にいた中学生212人と小学生350人は1人も死ななかった。
 一見「現実的な」ハザードマップを信じず、とにかく状況を見て、出来る限り早く、高いところに逃げるという「手引き」は、世界の歴史の知恵を子どもに授けることであつたといえよう。
専門家の貴重な助言であった。これが子どもの命を助けた。
専門家とは、歴史と世界を知り、本当の危機が潜在化する前にそれを防ぐ知恵を教える人でなければならない。


一つ一つの言葉が深く深く心に染みた。

東大名誉教授・醍醐聰先生の政策学習会です!!

みなさまへ

大阪府保険医協会より「社会保障と税の一体改革」学習会のご案内をいただきました。

なんと!!講師はあの醍醐先生(東京大学名誉教授)です!!

全国商工新聞でもよく掲載されていますし、
今年の中央社保学校でもお話がありました。

私自身はNHKの会長問題でのお話を今年お聞きしました。

会計学の権威で、数字から様々なことを示唆してくださいます。

ぜひ聞いていただきたいと思います。

私も、当日7時~会議があるのですが、ぎりぎり6時半までですが、
行ってお話をお聞きしたいと思っています。

大阪府保険医協会主催 政策学習会

「社会保障・税一体改革」に盛り込まれた「消費税の増税」は本当に必要か、
社会保障財源の本来のあり方はどこにあるのかをテーマに、東京大学名誉
教授の醍醐聰氏による政策学習会を開催します。

               記

日 時  2011年11月10日(木) 午後5時~7時
テーマ  「社会保障と税の一体改革」~消費税増税の問題点ともう一つの選択肢~
講 師  醍醐 聰 氏(東京大学名誉教授)
会 場  大阪府保険医協会「M&Dホール」    
      (大阪市浪速区幸町1-2-33)
会 費  無料
お問い合わせ  TEL  06-6568-7721
         FAX 06-6568-2389
        E-mail  wtnbs@doc-net.or.jp

マイケルムーアは大した人だ

昨日22日土曜日の午後は
神戸元町で「キャピタリズム」観賞。

これは、神戸映画サークル協議会の例会。

「慰安婦」問題仲間の石川康宏先生が映画の合間に講演をされるということで、
「ご招待券」をいただき、

映画鑑賞ののち先生の講演をきいて
そして神戸で宴会をしょう・・・という一連の企画(!?)

元町駅でaやちゃんと待ち合わせし、
ちょっと元町大丸8階のリサイクル着物やさんの「ながもちや」をのぞき、

そして会場へ。

二時からマイケルムーア「キャピタリズム」を観る。

キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD]キャピタリズム~マネーは踊る プレミアム・エディション [DVD]
(2010/05/26)
マイケル・ムーア

商品詳細を見る


なかなかな映画だ。

サブプライムローンで自宅を奪われる人々が次々と写される。
差押えをするのは地域の保安官。

アメリカでは1%の富裕層が95%の利益を独占し、
99%の貧困層が残り5%を分け合うという現実を

マイケルははっきりと描き出す。

そしてキャピタリズム=資本主義は民主主義ではないと断言する。

そして、
99%の労働者よ
連帯して立ち上がろうと呼び掛ける。

そしていまのウォール街でのデモ・たたかいを示唆する。

うーん、大した映画だと感心。

その後の石川先生講演はキャピタリズムに照らしながら
資本主義について解説。

そして、日本はアメリカと同じく
財界が政治を牛耳っている現実について講演。

映画を観た後の講演というのもわかりやすくていい。

そのあと、三宮の沖縄料理店で晩御飯。

面白い土曜日でした。

喜怒哀楽

笑ってるみたいに寝てます。

moblog_9dfc5ab1.jpg

ちよっと機嫌悪い?

moblog_29b4ab49.jpg

かじかじ

moblog_7557ca7f.jpg

ちゃんとした記者さんと話をしていると気持ちがいい!!

今日の午前中はある新聞社の東京本社の記者さんが来局。

国民健康保険の取材で大阪入りしているということだった。

2時間ほどほぼフリートーキングのような意見交換。

この記者さんは厚生労働省担当と言うことで、

国民健康保険も介護保険も精度を熟知していて、

また厚生労働省の審議会や部会などの傍聴もされていて、

さらによく勉強もされている記者さんだったので、

本当に話をしていても気持ちが良かった。

マスコミ関係者と言っても、本当にピンからキリで 、

特にテレビ関係の制作会社のディレクターはあまり程度のよろしくない方が多いし、

週刊誌の記者なんて、電話一本で取材をしてきたり、もっとひどいのは、勝手にうちのfax通信などを断りもなく使っていたりする。

まあ、さすがに

A新聞、М新聞、Y新聞の記者さんたちはちゃんとしていて、

取材に来る前にしっかり情報を集めて勉強した上で

それで必ずちゃんと取材に来られる。

ちゃんとした記者さんにはこちらもちゃんと情報提供する。

まあ、当たり前のことですわね。


もちろん自主的な行動で・・・・・

着物を洗っていると・・・・・

こんなことでした。

moblog_dd15abdc.jpg

moblog_d5a7f71a.jpg

もちろん自主的な行動でやらせは一切ございません。

ほんとに水が好きやねえ。




日本の介護保険は詐欺やね

今日は木曜日。

先週の今頃は、もう仁川(インチョン)空港について、
バスで昼食場所に移動している頃だった。

帰ってきて四日、
日本では毎日のように介護保険に関する会議などが開かれている。

いま、社会保障審議会の介護給付費分科会や介護保険部会が開催され、
次回介護報酬改定の議論が連日されている。

しかし、
予想はしていたけど、ひどい内容が議論されている。

9月30日の給付費分科会で
まず、介護事業経営実態調査が出されて、
「黒字のサービスが多いので次回プラス改定は必要なし」
という結論が導き出され、

10月13日の介護保険部会では
今年度末で期限が切れる介護職員処遇改善交付金について
「交付金ではなく介護報酬内で実現する」
ことを前提とする財源確保案が提示され、

10月17日の介護給付費分科会では
「交付金はやめるが職員の処遇が改善するように加算制度とする」ことが提案された。

報酬アップなしで、
でも加算をして処遇改善の財源を確保するということは、
どこかを切らんとできないということ。

それに、
交付金と報酬の違いは大きい。

とにかく交付金は全額国庫負担だけど、
報酬となると、国の負担は四分の一となり、
結局半分は国民負担となる。
その上、利用料にも跳ね返る。

さらに処遇改善加算なんてしたら、

「ヘルパーさんの給料あげるために、わたしら高い利用料はらうことになるんやね」
ってことになる。

17日の介護給付費分科会では、
45分未満と45分以上の訪問介護報酬、というのが出てきた。
さらに訪問介護事業所のサービス提供責任者に二級ヘルパーを置いていると減算というのまで。

厚生労働省は24時間巡回型訪問介護を進めようとしているので、
短時間で沢山行った方が報酬が高くなる、という体系にしていくのではないか。

うーん、
ひどい。

しかし、日本の介護保険制度はまさしく「詐欺」やね。

2000年4月に始まった時には、
ものすごーく緩やかな制度で、
どうぞどうぞ、みなさんお使いくださいっていう3年間があって、

それは制度導入のサービス期間。

次の3年間の途中で、
「使い過ぎ」という攻撃がでてきて、

「介護保険は予防が大事」ということで
2006年からは要支援と要介護という線をひいて
実質的にものすごく範囲の少ない介護保険の中に軽度者を落とし込んで、

2012年からは国の制度していは出来なかったけど、
自治体の方で判断たせて、要支援「軽度者」を介護保険から排除する。

そしてサービスそのものも、
24時間巡回型訪問介護という15分から20分程度の小刻みケアで、
生きているか死んでいるかの確認だけして、
あとは家族でがんばってね、
というのにしていく。

あの1997年から2002年頃までの
「介護の社会化」という言葉はすでに死語やね。

2000年ごろに夢だけみさせて、制度を定着させて、
そしてどんどん切っていくというやり方、
姑息だと思う。

その点、韓国の介護保険は日本の介護保険を見本にしただけあって、
始めから「夢」は見させず、
現実路線で行っている。

でも、たたかう介護現場労働者の力で、
法改正をさせ、制度改善を勝ち取っていこうとしている。

いい加減、日本の介護現場の人達、立ちあがったらどうか。

たたかいがないから、こんなことになっている。

私はこのところ、介護給付費分科会の議論の状況をみて頭にきている。

韓国に行ってきたから余計やね。

さて、今夜は大阪社保協常任幹事会。

さらなるたたかいについて議論しなければ。








フランス本増刷、そして表紙変更

都留先生のフランス本

「失業しても幸せでいられる国~フランスが教えてくれること」が
増刷になりました。

そこで表紙を変更したんです。

表表紙

フランス本表紙


裏表紙
c8425c7560997ced07bdc4f8661a9f72.png

前の表紙はこれです。

失業しても幸せでいられる国―フランスが教えてくれること失業しても幸せでいられる国―フランスが教えてくれること
(2010/10)
都留 民子

商品詳細を見る


違いわかりますか?

今回の表紙イラストには白人以外の人が入っています。

これは、
都留先生がフランスのお友達にこの本を見せた時に

「白人ばっかりだ、フランスにはアフリカの人もアジアの人もアラブの人もいろんな人がいるのに」

と言われたんだということを
先日私が聞いたからです。

だから、たくさんの人種がいるっていう表紙にしたんですよ。

それがフランスですものね。

とっても、かわいく仕上がりましたね。


寅さん映画、そして着物

寅さんのDVDシリーズをずっと購入しています。

若い時の寅さんはとにかく、やんちゃで乱暴で元気。

そして、さくらが綺麗。

1960年代の寅さんシリーズでは、
とらやのおばちゃん以外にもたくさんの人が着物をきています。

このシリーズは寅さんが瞼の母を捜すという話で、
生みの親はミヤコ蝶々です。

でも、撮影当時、
渥美清とミヤコ蝶々はそれほど年が離れていなかったのだそうですが。

ミヤコ蝶々は京都のラブホテルの女社長の役で、
着物は役柄から結構けばけばしい取り合わせなのですが、

着物の着方、というのか、襟の抜き方が抜群に素敵なのです。

着慣れているからでしょうか・・・・。

寅さんの恩師役の東野栄治郎も
私の知る「黄門様」とは全く違って、
寅さんをとても暖かく包む、優しい先生役で素敵でした。

男はつらいよ 寅さんDVDマガジン VOL.11 2011年 6/7号 [雑誌]男はつらいよ 寅さんDVDマガジン VOL.11 2011年 6/7号 [雑誌]
(2011/05/24)
不明

商品詳細を見る

お約束

洗濯ものたたんでいると

やっぱりやってきましたね~。

moblog_5c587b72.jpg

moblog_4516e586.jpg

moblog_a97cd5b3.jpg

moblog_5148cf3d.jpg

moblog_760923c7.jpg

明日、枚方生活保護自動車保有訴訟口頭弁論にご参加を!!

各 位

私たちが支援している佐藤キヨ子さんの「枚方生活保護自動車保有訴訟」の第8回口頭弁論が次の通りおこなわれます。
多くの皆様の傍聴をお願いしたくご案内します。

2011年10月18日 枚方社保協 


枚方生活保護自動車保有訴訟第8回口頭弁論の傍聴のお願い!

日 時 : 10月19日(水) 11:00~11:30

場 所 : 大阪地裁、202号大法廷 (100人の傍聴をめざしています)
集合 大阪地裁ロビ- 10:30分

内 容 : 枚方市がいかに違法なことをしてきたか、法廷で明らかにします。

報告集会 : 裁判終了後、弁護士会館で30分程度の報告集会を開きます。

連絡先 : 佐藤キヨ子さんを支援する会
枚方交野生健会気付 電話・FAX 072-846-8231

プロフィール

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク