01123456789101112131415161718192021222324252627282903

date :2012年02月

枚方生活保護自動車保有訴訟のご案内です。ぜひ傍聴を!!

枚方社保協・N田事務局長よりご案内いただきました。

100人以上の傍聴を目指しておられます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

枚方生活保護自動車保有訴訟第10回口頭弁論

日時 : 3月2日(金) 午前11時~
場所 : 大阪地裁202号法廷(大法廷)、100人以上の傍聴を!
集合 : 10時30分 地裁ロビー
内容 尾藤弁護団長が被告側の不誠実な態度を追及する。 予定

連絡先 : 佐藤キヨ子さんを支援する会
       枚方市大垣内町2-12-2-12 枚方交野生健会気付
       電話・fax 072-846-8231

スポンサーサイト

高松~至福のひと時2

昨日の高松滞在

学習会まで何をしていたかというと、

もちろん着物関係でうろうろ。

ネット着物ショップのgallery晏の実店舗の「馬場呉服店」に行ってきました。

沢山の反物を次々とみせていただいて、
それだけで幸せなひと時。

一緒に行ったaやちゃんもきっと至福のひと時だったはず。
いい笑顔です。

moblog_1993c2fd.jpg

そして反物の前でご満悦のわたしたち。
(冨田さん、写真拝借いたしました)

20120228馬場呉服店にて

そのあと、馬場呉服店の近くの
セルフの讃岐うどん屋さん「ちくせい」で昼ごはん。

moblog_ac582fa7.jpg

てんぷらあれこれつけて410円、安い!!

店一杯のお客さんで
着物姿で立ち食いうどんでした。

高松は商店街がずーっと続いているので
徒歩で街を楽しむことができます。

草履・下駄の「黒田商店」へ。

圧巻の鼻緒。

黒田商店

そして台。

黒田商店2

満足満足の着物旅でした。
















お願いとアドバイス

某革新政党(まあ、どこを指しているかはすぐわかると思うけど)の議員のみなさん。

こちらにいろいろと質問してきはるのはいいのですが、

電話やfaxではなく、メールでしてください。

大阪社保協のメールアドレスは
osakasha@poppy.ocn.ne.jpです。

私はいつも事務所にいる訳ではありません。

そして、こちらの都合もいろいろとあります。

メールでいただければ、こちらの都合にあわせて回答することができます。

というか・・・・

「質問してきていないからこっちに電話して来い」というのはどうですかね。

私なら、こちらから電話していて不在の場合は、
「いつ頃電話したらいいでしょうか」とお尋ねしたうえで再度かけます。

それが常識ってもんじゃないでしょうか。

メールできないというのは論外です。

議員やっているなら、
メールぐらいできるようにしておいてください。
そして、そのアドレスはオープンにしておいてください。

つまり、名刺にきちんとメールアドレスを入れておいてくださいということです。

市民はメールでいろんなことを相談したり告発してきはります。

はっきり言って、
メールがつかえないということは
そんな市民からの声を聞くことができないということになります。

また、メールが使えない議員に対して、
役所の職員はどう思っているかって考えた事ありますか??

特に若い職員がね。


以上、私からのお願いというかアドバイスです。



何故かここにも道頓堀が

宿泊しているホテルの横の飲み屋街。

大阪の人間ならきっと写真を撮るはず。


なぜか道頓堀


お寿司屋さんで夕食。

至福のひと時1

至福のひと時2

高松はとにかく魚がおいしい。

ぷりぷりこりこり。

学習会で二時間喋りまくった後のビールは最高に美味しい。

至福のひと時。


学び無くしてたたかいなし、たたかい無くして前進なし

高松での学習会。

レジュメ

事前には「税と社会保障一体改革」の話を、ということだったが、

看板

行ってみると

「国保料値上げ問題学習会」となっていたので、

急遽、方針変更。

全面的に「高松市国保問題」の話をすることとした。

学習会は参加者の聞きたいことをお話するのが基本ですから。

高松市は42万人口の中核市。大きな自治体だ。

私のレジュメでは、
大阪の同規模自治体の吹田市や豊中市と比較しながら、
まず高松市の国保行政を浮き彫りにした。

一言で言うと、

高松市は滞納世帯に対する制裁の度合いが強い。
資格証明書や短期保険証を大量発行。

一方で保険料は豊中市と同レベルなので、
高い。

その高い保険料を20%もアップしようという動きがあると聞いて
正直びっくりした。
あり得ませんね。

国保加入世帯所得は200万円以下が8割を超える。

一方、保険料の条例減免、高松市の裁量で行う減免制度の利用率は0.2%で
ほぼないに等しい。

条例減免制度については、大阪の市町村の制度を紹介。
もちらん、いまある制度は長年の国保のたたかいのたまものであるということも。

そして、
自治体と言うのは横並びをしたいという特性があるので、

近隣自治体でのたたかいが非常に重要だということと、

香川県全体のデータを掴んで並べて順位をつけることも重要だということも。


事前に主催者にお願いして国保アンケートをとってもらったので、
こうした状況が分かったが、

国保会計決算については合併したからと2008年度からの3年分しか出されていなかった。

でも合併は2006年度のはずだし、

合併したと言っても
旧高松市に周辺自治体が吸収合併されたはず。

旧高松市の決算は絶対にあるはずなので、
過去10年分はきちんと入手し、分析すべきだ。

数字をきちんとつかまなければ政策提言などできない。

ぜひ、学習会参加者でそうした作業をしていただきたい。

一時間ほど高松の国保の話をし、
あとの一時間は質疑応答。

たっぷりと国保についての学習をするこができたと思う。

高松では、国保料20%アップに対して大署名行動を展開し
1万筆を超える署名を提出したそうだ。

大したものだと思う。

国保加入者10万人の1割を超える署名。

今度、市長交渉が初めて行われるそうだが、
市長にとって、この署名の数は重い。

高松学習会

沢山来ていたたいた参加者のみなさんひとりひとりがたたかえば、

絶対に動く。


学び無くしてたたかい無し

たたかい無くして前進無し


高松のみなさん、頑張ってください。


不採算部門を自治体がやるのは当たり前のことだ

橋下大阪市長が市バスの職員給与4割カットをするということが大きく報じられている。

「赤字なのに給料が高すぎる。民間と同じにする」という理屈らしいが、

民間企業は、赤字=不採算部門にはバスを走らせない。

橋下市長は、多分大阪市内隅々まで行ったことも見たこともないのだろう。

一言で「大阪市」と言っても広い。

大都市で、交通の便がものすごくいいと思っている人が多いと思うが、
実はものすごく辺鄙なところも数多い。

例えば、大正区。

大正区という区域は、一番北にJRと地下鉄の大正駅があり、
区内には全く電車が走っていない。

あるのはバスだけ。

大阪市民が絶対に行くであろう区役所で
最寄りの駅からかなり遠いところにある区役所が多々ある。

東淀川区役所、此花区役所、旭区区役所、天王寺区役所、住之江区役所なども
電車の駅からはかなり遠く
パスかタクシーでということになる。

そうした区では
若い人たちは自転車や車を使えるが、
そうしたものを使えない高齢者にとってバスは命綱だ。

現在大阪市では70歳以上であれば「敬老パス」で市営交通は無料となるので、
高齢者は負担の心配なくパスを利用できる。

公共交通は、住民の交通権を保障するいう役割がある。

不採算=儲からないから走らせないということでは
その交通権は保障されない。

だから、走らせる役割がある。

大阪の豊能町には電車の駅はない。
阪急池田駅からバスに乗るのだが、
このバスは豊能町が阪急バスに補助金を出して運行してもらっていると
自治体キャラバンの時に町の部長さんからお聞きした。

なぜなら、阪急バスはこの路線では儲からないので
本来なら運行しないからだ。

でも、高齢者や学生など、自家用車を動かせない町民のためにお金を出している。

「赤字を出しているのに」というのがそもそもおかしい。

では市の交通局がもうかる路線だけ走らせていていいのか??

というか、
民間バス会社は儲かる路線しか走らせないし、
儲からない路線には走らせない。

橋下氏はすぐに公務と民間をごちゃまぜにするが、

公務には公務にしかできないことというのがある。

そして世の中には、
儲からなくてもやらないといけないことがある。

それがわかっていないというか、
理解しようとしない人間が市長になっている。




今日は1日高松です

今日は高松にいます。

学習会まで町を楽しむことにします。

着物でデモにいこう

「デモいこ!」という本があるのをご存じですか。

昨年12月に河出書房から発行されていて、副題がとてもいいんです。
~「声を上げれば世界が変わる。街を歩けば社会が見える」

デモいこ!---声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見えるデモいこ!---声をあげれば世界が変わる 街を歩けば社会が見える
(2011/12/23)
TwitNoNukes

商品詳細を見る



3.11以降、デモが各地で広がっていますが、
この本は、

「世の中を変えたければ、デモへいこう 声をあげたければ、デモへいこう 仲間をみつけたければデモへいこう」
と呼びかける本なのです。

そして、冒頭に、「デモはたのしい」と書かれています。

みなさんは「デモ」に行ったことがありますか??

この本の面白いところは、
「こんなたのしいデモに行かないなんて損だよ!!」と呼びかけているところなんです。

この本の中でこう書かれている部分になるほどと感心しました。

デモにいくのに決まった服装はありませんが、
歩く距離が長い時はスニーカーのほうが楽かも知れません。
しかし、それよりも大事なのは、ちゃんとおしゃれをしていくということです。
デモは、人前に出るというのを忘れないようにしましょう。


そこで着物好きな方への提案です。

デモに着物で参加しませんか。

着物はもちろんきちんとした格好ですし、
さらに「目立つ」という利点があります。

以前、着物仲間数人で
天神橋筋商店街を1丁目から6丁目までただ歩いただけで、
「今日、なんですか」「撮影ですか」「何かあったのですか」と
本当にわあわあと沢山の方から声がかかりました。

本当に数人でただ歩いただけですのに。

早速ですが、今週3月3日(土)午後3時から
御堂会館で
「ストップ!税と社会保障の一体改革 近畿総決起集会」という集会があるんです。

集会は4時過ぎまでで、そのあと御堂筋デモをします。

着物好きで「社会保障と税一体改革」に関心のある方、
着物で参加しませんか?

着物姿の方が、5人10人いるだけでもアピール度満点です。

着物部隊はぜひ固まって歩きたいですね。

私は当日受付をしていると思います。

もちろん着物です。

内のa座事務局員も着物で参加します。
着物の方、ぜひ私にお声をおかけください。

着物のみなさまの集会・デモへのご参加を
心よりお待ちしております。

今夜のちーちゃん

私のひざの上で。

moblog_d7a871de.jpg

今日は亀岡へ

いま山陰線で亀岡に向かっています。

1時半から亀岡社保協主催の税と社会保障一体改革学習会です。


もうすぐ亀岡駅に着きます。

昨夜のちーちゃん

毎日いろいろやらかしてくれますけど、

でもかわいいからねえ。

moblog_9c3766bd.jpg

私たちのたたかいの真ん中には「利用者」がいる

昨夜の「介護報酬緊急学習会」

20120224介護報酬緊急学習会 010

20120224介護報酬緊急学習会 007

会場一杯の200人が集まった。

私たちの学習会は単に介護報酬を知るためにやっているのではない。

介護報酬の問題点をしっかりつかみながら、
問題点をしっかりと指摘し、声を上げながら厚生労働省に見直しをさせていく。

そしていつも、真ん中に利用者をおいて考えるたたかう。

これは講師のk部さんが参加者の質問に対して答えた内容。

私たち大阪社保協のスタンスをずばり表現してくれて拍手拍手。

厚生労働省への介護報酬改定に対するパブリックコメント締切は24日、
まさに昨夜。

学習会の最後に「パブリックコメントをいまここで書きこもう」と呼びかけ
40人がこのよびかけに答え書きこんでくれた。


絶対に私たちはあきらめずたたかいつづける。











準備万端

6時半からの「介護報酬緊急学習会」の資料250部、
たったいま出来あがりました。

講師のK部さんが風邪で体調を崩しているので心配ですが、
でも、気合いで頑張っていただくしかありません。

講師というのは、交代ができないので、
這ってでもいかなあかんのです。

私も、熱が出てるなあ~と思いながら、
ダブルヘッダーの学習会の講師をしたことがあります。

でも不思議なことに、
夕方、2本目の学習会を終えた頃には、
なんかすっかりと風邪が治っていたのです。

ファイト!です。

世帯分離の話

口コミでものすごく広がっている「相談活動ハンドブック」

相談活動ハンドブック

毎日問い合わせがあります。

そして、「相談活動ハンドブックをみて」という質問で
最も多いのがこの「世帯分離」についてです。

moblog_414d1d40.jpg

日本の、そして自治体の様々な社会保障制度は
基本的に「低所得世帯対策」です。

その際に重要なことは
「低所得世帯」とはどういう世帯か、
ということです。

この「低所得世帯」とは、「非課税世帯」を意味します。

「非課税」とは文字通り「税金がかからない」ということになりますが、
この場合の「税金」は「住民税」を差します。

「非課税世帯」かどうかで、
制度が使えるかどうか、さらに負担が軽減されるかどうかが判断されるという仕組みとなっています。

そして、この場合の「世帯」とは、
住民基本台帳上の「世帯」をいいます。

つまり、同一の住民票に名前がはいっていたら、同じ世帯ということになります。

同一世帯の要件は
「同一住所」「同一生計」です。

つまり裏返すと、

住所が同じでも生計(お財布)が同一世帯にならないし、
同一生計であっても住所が別なら、これも同一世帯にはならないのです。

そして、各種制度利用においては、「戸籍」は全く関係ありません。

いまにわかに、というか、
障害者自立支援法や後期高齢者医療制度が始まって

この「世帯」を分ける=世帯分離をする人が増えているのです。

国勢調査によると、日本の世帯数の推移は以下の通りです。

1985年(昭和60年) - 3798万(うち単独世帯同789万5000)
1990年(平成2年) - 4067万(同939万)
1995年(平成7年) - 4390万(同1123万9000)
2000年(平成12年) - 4678万2000(同1291万1000)
2005年(平成17年) - 4906万3000(同1445万7000)
2010年(平成22年) - 5195万0504(同1678万5000)

一方、人口は減ってきていることはご存知の通りですね。

では、なぜ世帯分離をする人が増えているのか、
ということですが、

それはズバリ、世帯分離をした方が絶対に有利なケースがあるからです。

それはこういうケース。

ご本人が非課税所得なのに、家族に課税所得の方がいる場合。
これは世帯で見ると「課税世帯」となるので、
様々な負担軽減制度が使えない、という事態となります。

さらに、非課税所得でも「収入80万円以下」となると、
「最も低所得」となりますので、
負担軽減が最もされるということになるのです。

この「収入80万」というのは、ほぼ国民年金満額支給金額です。

国が「国民年金満額支給」金額を
「最も低所得」と認定してるというのが皮肉な話ですが、

とにかく、収入80万円以下だと様々な負担が安くなります。

そこで、同一生計でないという条件さえあれば、
「世帯分離」をする、ということになるわけですね。

ここで誤解されている方が多いのですが、

「世帯分離」というのは、自治体に「世帯分離」を申請するのではありません。

住民票「異動届」というのを提出するだけです。

「出来るでしょうか」とお伺いを立てるものではありません。

「届」ですからね、

「婚姻届」を出すときに、「結婚してもいいでしょうか?」と役所に聞かないでしょう。
「出生届」を出すときに、「産んじゃって良かったですか?」と役所に聞きませんよね。

「結婚したからね」「子ども出来ました~」と役所に報告するだけです。
それが「届」です。

法的根拠は「行政手続法」第5章第37条です。

 届出が届出書の記載事項に不備がないこと、届出書に必要な書類が添付されていることその他の法令に定められた届出の形式上の要件に適合している場合は、当該届出が法令により当該届出の提出先とされている機関の事務所に到達したときに、当該届出をすべき手続上の義務が履行されたものとする。

つまり、必要事項を記入した届出を担当課のカウンターに置けば終了です、と書いてあるのです。

よく聞くのは、
「夫婦や家族は民法上に扶養の義務があって・・・どうのこうの・・・」と
役所が言って届出をうけつけない、ということ。

「届」はうけつけないといけません。

ごちゃごちゃ言われたら、

「行政手続法第37条に基づき『届』をだします。以上!!」

でいいのです。

役所は法律を守らなければなりません。
それが「コンプライアンス=法の順守」と言うやつです。

ただし、
「同一生計でない」という事実がある場合のみです。
でも事実があれば、証明など要りませんからね。

それから、この「世帯分離」は出来るだけ、3月31日までにしてください。

というのは、
役所の「世帯判定」は4月1日の事が多いからです。
介護保険料の「世帯判定」は4月1日です。

ただし、国保料や利用料、医療費などの世帯判定は
分離をした時になります。

非課税世帯になって使える様々な制度については
「相談活動ハンドブック」に詳しく書いていますのでご覧くださいね。

やられましたっ!!

今朝も機嫌良く音楽を聴こうと思ったのに・・・・

ああ、やられましたっ!!

moblog_7d4e9044.jpg

愛用の籠の中にいれていたのですが、
いつのまにか、何カ所もかじられてましたっ!!

もちろん犯人は彼女です。

買ったばかりのイヤホンなのに・・・・

いつの間に・・・・

そういやあ、夜中、なんかがさがさやっていたような。

はあ~・・・


今夜は介護報酬緊急学習会

いろんなことがわさわさしてます。

いいですね、こんな感じ。


やる気がみなぎってきます。


夜は介護報酬緊急学習会です。


事前申込は220人。
ですので随分前に〆切ました。


申込なしで来られてもおはいりいただけません。


早くから申込んでいただいた方やお断りした方に申し訳ないし、きっちり数を読んで資料をつくっておりますので。


よろしくお願いします。

ステルス戦闘機1機で福島の子どもたちの医療費を1年間無料にできる。

昨日のブログの続き。

「平成23年度全国高齢者医療・国民健康保険主管課(部)長及び後期高齢者医療広域連合事務局長会議」
というのが2月6日に開かれ、

その資料が厚生労働省ホームページにアップされている

っで、その膨大な資料の中に
平成24年度の国民健康保険の補助金の内容が書かれていて、

その最後のページをみると

「東日本大震災に係る国保保険者・国保連に対する財政支援の延長」

一部負担金免除 34億円
保険料減免 20億円

○延長対象
東京電力福島第一原発の事故により設定された警戒区域等に住所を有する被保険者及び保険者。
警戒区域等とは、①警戒区域 ②計画的避難区域 ③旧緊急時避難準備区域 ④特定避難勧奨地点
(ホット スポット)と指定された4つの区域等です。

○対象期間
一部負担金免除・・・平成24年3月~25年2月診療分
保険料減免・・・・・・・平成24年4月~25年3月納期到来分(平成24年度分)

と書かれている。

ぜひ見てほしい。

34億円+20億円=54億円。

ステルス戦闘機1機121億円。

1機分で2年間の免除しておつりがくる。

三県の被災者全体でも、ステルス戦闘機3機くらいじゃないの??

そして、
政府は、国として福島の子ども達の医療費無料化をしない。

これから一生、
どんな病気になるのかわからない子どもたちのために
国がなぜ医療費の無償化をしない??

年間100億程度。
まさにステルス戦闘機1機やめたらおつりがくる。

子どもたちのいのちとそして幸せのために、
不必要なものを、ばかみたいな高額の、それも言い値で何十機も買い取る国が日本だ。

そして野田首相だ。

許せん。

福島の子の医療費無料化を断念 首相、財源困難と判断
(朝日新聞 1月22日)

 野田佳彦首相は、福島県内の18歳以下の医療費無料化を断念する方針を固めた。福島県からの要請を受けて検討する考えを表明していたが、財源確保が難しいと判断した。近く県側に伝える。

 東京電力福島第一原発事故の影響で子どもの放射線被曝(ひばく)への懸念が強まっており、福島県の佐藤雄平知事が無料化を求めていた。県外への人口流出を防ぐねらいもある。首相は今月8日に福島県を訪れた際、「政府内でしっかり検討したい」と表明していた。

 野田政権は必要な経費を年間100億円弱と試算したが、医療費が膨らむ可能性も指摘されていた。政権内で検討した結果、無料化で増える受診に対応する医師の確保が新たな問題点として浮上。福島県外の住民との公平性からも難しいと判断した。復興対策本部の幹部は「額はそれほど大きくないが、風邪などの医療費も含めて福島だけ無料にする説明がつきにくい」と話す。




今日のちーちゃん

moblog_89d12d9d.jpg

なんで、自分で考えないのか?

例年、この時期、議員からの問いあわせが増える。

3月予算議会という、
一年で最も重要な議会を前にしているから。

多いのが、「教えてくれ」という内容。

今日も、来期からの介護保険見直しの内容などについて
議員からの質問が数件あった。

「市の担当者がこう言っているが、どうなのか」みたいな質問、

どうかと思う。

私に聞かなくても、自分で考えたらどうか、と思う。

制度改正は昨年6月の国会で決まったし、

新しい報酬も、もう一か月前に出ているし、

厚生労働省の資料はいくらでもネットで見れるし、

大阪社保協だって、8月末には本をだして、
学習会だってガンガンやっている。

改正介護保険緊急解説 何が決まり、いま何ができるか―「総合事業」「定期巡回型サービス」と「第5期介護保険料問題」に地域から取り組むために (介護保険活用ブックレット)改正介護保険緊急解説 何が決まり、いま何ができるか―「総合事業」「定期巡回型サービス」と「第5期介護保険料問題」に地域から取り組むために (介護保険活用ブックレット)
(2011/09)
日下部 雅喜

商品詳細を見る


まあ、一応、ちゃんと答えますけどね。

でも、自分で考えないと、一生力はつきませんよ。



おばあちゃんの着物、そして柄半襟

今日の着物は年に数回は袖を通すベージュの紬。

多分、相当に古い。

なにせ、今年94歳になるおばあちゃん、
正確には祖父の妹で母の叔母が
若かりし頃の着物。

なので、多分50年以上前の着物。

私の手元に回ってきたときには
裏地がしみで黄色くなっていた。
さらに、サイズも小さいので、
数年前に洗い張りをして仕立て直してもらった。

とても張りのあるいい紬で、

呉服屋さんから
「もうこんな紬はなかなか作れないから大事にしてくださいね」
と言われたもの。

ベージュの無地で地味なので、
この着物の時には色半襟や柄半襟をすることにしている。

京都の「ゑり正」のネットショップで購入して昨日届いた柄半襟を早速つけてみた。

半襟は面白い。

色の濃い着物の時は断然、白半襟がきれいだけれど、
薄い色の着物の時は色半襟や柄半襟があると
ぐんと雰囲気が明るくなる。

moblog_821715ee.jpg

着物は本当に奥が深くて面白い。


あほかっ!こんな戦闘機、なんで買わなあかんねやっ!!

コメントする必要も無し!!

こんなもん、
いまなんで一機120億円もする戦闘機を
何十機も買わなあかんねやっ!!


F35、高騰続けば導入中止 政府、米に価格維持求める
産経新聞 2月22日(水)7時55分配信

 【ワシントン=佐々木類】レーダーに捕捉されにくい最新鋭ステルス戦闘機F35をめぐり、日本政府が今月、価格の高騰を理由に導入中止もあり得るとの考えを米側に伝えていたことが分かった。複数の米政府関係者が明らかにした。

 関係者によると、日本側は2013会計年度(12年10月~13年9月)の米国防予算案が発表された今月中旬、F35の価格の維持と日本企業参加を米国防総省に確約するよう、文書で求めた。開発の遅れと同盟国の買い控えで量産化のメドが立たず、1機当たりの価格高騰が不可避なためだ。

 この際、日本側は「価格の高騰が続けば、導入計画の中止も否定できない。価格維持の確証が欲しい」と米側に伝えた。

 日本側の要求について米側は公式には「(F35をめぐる)政府間のやりとりはコメントしない」(国防総省)としている。だが、価格や納期を変更しても違反を問われない有償援助(FMS)契約であることを理由に、米政府としては納入時の価格据え置きや価格上昇分の補填(ほてん)など日本側の要請には応じない方針だ。

 13日発表の13会計年度国防予算案は、F35の機体単価の見積額について13年度は1億5300万ドル(約121億円)と試算。調達数を当初の42機から13機削減して29機にとどめた。

 日本の防衛省は調達価格について12年度予算ベースで1機約89億円としているが、すでに価格は約32億円上昇。当初試算の6500万ドル(約51億円)に比べると約70億円、2・4倍に跳ね上がった計算になる。

 日本政府は昨年12月、航空自衛隊のF4戦闘機の後継としてF35を42機調達することを決定。17年3月までに4機、同年12月までに国内で最終組み立てした4機の引き渡しを求めているが、価格高騰と納期の遅れが懸念されている。

 防衛省は21日、F35の導入中止の可能性を米側に伝えたかどうかについて「言及したかどうかは分からない」と確認を拒んだ。ただ、同省関係筋は「機種選定に当たっての提案要求書では納期・価格の順守や日本企業の参加を明記しており、米側にも折に触れて伝えている。要求が認められない場合、取得取りやめもあり得る」としている。

困っている方を手助けするのが、大阪社保協の使命です。

なんかものすごく・・・口コミで広がっているみたいです。

「相談活動ハンドブック」

相談活動ハンドブック

さっきもTelありました。

「あの、ケアマネさんとかヘルパーさんが持ってて、
 税金とか医療費とか安くなる方法とか書いてあるハンドブックありますか?」

先週は認知症のお父さんのことで泣きながらTelしてこられた方もいました。

さっきは、ある地域の地域包括支援センターからで、
なんと100冊送ってほしいと。

在庫が無くなってきましたが、でもまだあります。

出来れば、
医療機関とか介護保険施設とかデイサービスとか、

医療や介護が必要な方が出入りするところにおいてほしいなと思っています。

そして、
ぜひ今ある制度を駆使して
ちょっとでも負担が軽くなってほしい。

そのために作ったハンドブックです。

困った人を手助けするのが
大阪社保協の使命です。


今年も韓国にいきます!!

「税と社会保障」学習会の最後のたたかいの部分で
私は一昨年に行ったフランスと昨年に行った韓国の話をする。

いずめも、私が実際に行ったところなので、
リアルな話ができる。

そして、あんまりみんなが知らない話。

特に韓国のヘルパーさんたちのたたかいの話には、
みんな目を丸くする。

このあたりの報告は私のこのブログの「韓国視察」のカテゴリーを読んでください。

昨年の10月からちょうど一年たった、今年の10月あたりに
再び韓国に行こうと思う。

もちろん、前回ご一緒したメンバーには声をかけたいし、
新たに介護保険のたたかいを一緒にやっているメンバーにも声をかけたい。

そして、
1年間の韓国と日本の介護現場のたたかいを交流し合いたいと思う。

企画は夏ごろに立てますので
このブログでも紹介します。

あなたも一緒に行きませんか。

なかなかくよくできた本だなあ~

大津と池田の「税と社会保障学習会」で
一番売れた本はこれです。

「失業しても幸せでいられる国~フランスが教えてくれること」

失業しても幸せでいられる国―フランスが教えてくれること失業しても幸せでいられる国―フランスが教えてくれること
(2010/10)
都留 民子

商品詳細を見る


この本は、
県立広島大学・都留民子教授のインタビューで構成した本ですが、

私も改めてよんでみましたが、

「貧困」と「格差」とは何か

「所得の再配分とはなにか」

「社会保障財源はどうしてつくるのか」

「フランスではなぜ少子化を克服したのか」

・・・・・・・

ぜーんぷ、この中に書いてあります。

大した本やなあ、良くできた本やなあと
企画したのは私で、自画自賛みたいですが、

読みやすいし、なかなかの本だなあ、と思ってます。

18日、ケアマネさんもヘルパーさんも高齢者のみなさんもみんな頑張った!!

18日土曜日の京橋駅コンコースでの
介護保険宣伝行動。

K部さんブログで、
16人参加のみなさんの頑張りの様子がアップされています。

写真を拝借してここでも紹介します。

高齢者

マイク宣伝

署名行動2

こういう宣伝行動、毎月やりましょう!!

かじかじ

最近あんまりちーちゃんをアップしてませんが、

毎日元気です。

かじかじしてます。

moblog_393efd84.jpg

moblog_dc294b88.jpg

太らないないように、厳しい食事制限をされています~。

大津で税と社会保障とたたかいについて語る

昨日は滋賀県大津に午前中から向かう。

母親大会近畿学習交流会での分科会助言者を仰せつかった。

助言者と言っても三時間の分科会の前半一時間と少しを
「税と社会保障の本当の意味と私たちのたたかい」と題しての問題提起をさせていただいた。

この内容での学習会講師は二回目。

1月の熊取での学習会が初めてだったが
今回は自分で言うのもなんだけど会心の出来。

講師をしているとわかるのだけれど
参加者のみなさんの顔、目の輝き、身の乗り出しかた、などにより私の話の理解度などがわかる。

昨日は40人程のみなさんがとても集中されているのがよくわかった。

その後の全員発言もよかった。

私の話を聞いて、何かしたい、何をしたらいいだろう、と皆さんが考えていることがわかり、講師冥利に尽きる。

やっぱり学習会は楽しい。


私からの最後のまとめ発言


たたかいは人任せではなく、まず自分が動かなければできない。

三人よればたたかえる。

たたかいは地域から。一足飛びに国を変えることはできない。

小さな動きがうねりとなる。

動けば必ずかわるが、動かなければ何も変わらない。

たたかいにモデルはない。
様々な動きで思わぬ変化が生まれるもの。
とにかくいろんなことをやろう。


今日の午後は池田で学習会。

国保をしっかりと学ぶ

今週の初め、三重県からお客様があった。

私が出したこの本「国保の危機は本当か」の内容を
三月から毎月1回ペースで連続学習会を開催し、
三重県内26市町村の国保会計分析をする、という企画。

国保の危機は本当か?―作られた赤字の理由(わけ)を知るために国保の危機は本当か?―作られた赤字の理由(わけ)を知るために
(2011/12)
寺内 順子、国保会計研究会 他

商品詳細を見る


私は3月の第一回講座と6月の第四回講座の講師をさせていただくこととなった。

実は、この本、ちょつと難しいので
どうかなあ~とはちょっとおもってた。

まあ、会計の本なんで、
わかりやすく作ったつもりでも、
どうしても言葉は難しくなる。

でも、結構好調にでていて、
そして、今回のように、じっくりと学びたいという声を沢山いただいていてうれしい。

この本の中で横浜市国保会計分析もしているのだが、
来月には横浜市で学習会をすることにもなっている。

そして、大阪でも
今年、「国保の基礎を徹底的に学ぶ連続学習会」を企画する。

さらに、その教科書にもなる
「住民運動ののための国保ハンドブック2012」も発行することを決定した。

どこにもない「国保」の実践本。

今年も国保の鬼でいくこととする。

やっぱり、撤回しかないね

昨日、今回の介護報酬改定についての
厚生労働省レクチャーが行われた。

大阪社保協介護保険対策委員のk部さんとY本さんと
そして京都ケアマネットのS庭さんとY田さんに参加していただいた。

レクチャーだから、あくまで「聞きたいことを聞く」のだけれど、
いろんなことがよくわかる。

っで、
厚生労働省の考えてる内容がとてもひどかったらしい。

昨日、帰りの新幹線中からK部さんがブログに書いている

ホームヘルプの実際も、
要介護者のことも
掃除も洗濯も食事作りも

何にも知らない人間たちが介護保険のことを考えている。

やっぱり現場の人間が声を出すしかない。

そしてホームヘルプ45分問題は撤回しかない!!


よりよい介護をめざすケアマネ・ヘルパーの会メンバーが18日京橋で宣伝行動します。

介護保険ってね、「ぼったくり保険金詐欺や」って思うんですよ。

介護保険は加入届けも、申請も、なーんにもしなくても
65歳のお誕生日がきたら
全員年金から保険料を取られることになります。
殆どの方は大切な年金から通帳に振り込まれる前に天引きです。

これが許しがたいことですよね。

さらに許せないのは、
この保険料がものすごく高いのです。

例えば現在の保険料でも
大阪で最も高い保険料設定なのが八尾市。

八尾市の場合基準月額が4979円・・・・(あと21円で5000円ですが)

この4979円を払う人たちがどんな人たちかっていうと
「本人非課税世帯課税」

つまり、本人は税金をはらわなくていい低所得者というくくりなんだけど、
家族に課税の人がいる、という人。
だからもしかすると無年金の場合だってあるわけです。

これはひどいです。

さらにいうと、八尾市の場合、最も介護保険料の低い人だって、
この半額の2500円は取られます。

高い高いと言われている国保料だって、最低額はもっと安くて2000円しない。

それでさらに許しがたいことは、
今だけ高い保険料を取られているのに、
介護保険証をもっていていも何の役にもたたない。

介護保険を使おうとおもったら、
いくつもいくつもハードルをこえないといけない。

まず、役所に介護保険の申請をしないといけない。

それから役所から派遣される認定調査員による調査をうけて

そして「要介護認定」という判定結果をもらわないといけない。

その時に「非該当」となったら、介護保険は使えない。

「要支援」とか「要介護」となったら、
やっと一つ目のハードルをクリア。

それから使えるかといったらそうじゃなくて、

「要支援」だったら地域包括支援センターで
「要介護」だったらどこかの居宅介護支援事業所というところのケアマネジャーに
「ケアプラン」というのを作ってもらわないといけない。

それも、「お金をひと月どれくらい払えるか」という相談をしながら。

だから、介護保険のサービスを使うための1割負担を払うお金がなければ
どんなに必要でも介護保険は使えない。
これが次のハードル。

そしてケアプランができたらやっとサービスが使える。

申請から使えるところまで1ケ月で行ったらいいんだけど、
大阪市内なんて申請→要介護認定結果までが2カ月くらいかかる区もある。

ああもう、書いているだけで腹立ってくる。

なんで、保険料ちゃんと払ってんのに、
こんなに時間かかって、いろんなハードル越えなあかんわけ??

保険料はらっている人に給付するのが保険主義。

さらに腹が立つことに、
4月から、このサービスそのものももっと使わせない様にするのが
今度の介護保険「改悪」なわけ。


前置きが長くなりました。


っで、こんな「ぼったくり保険詐欺」の介護保険に対して
怒りの宣伝行動をよりよい介護をめざすケアマネ・ヘルパーの会のメンバーがします。

日時は2月18日、今度の土曜日の午後3時。
場所は京橋のコンコースです。


介護保険に腹立つ人、参加しませんか。

どなたでも参加歓迎です。

声出さないとあかんのです。

あなたの参加を待ってます。

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク