021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

date :2012年03月

たいしたもんです、三重県社保協のみなさま。

昨日午後は三重県・津市で、

「国保財政分析をしっかり学ぶ連続講座(4回連続)」の第一回目。

津医療生協の・デイサービス「えがお」2階のホールには
40人ほどの参加者で一杯。

事前に参加者名簿も見せていただいていたけれど、
半分は日本共産党の三重県内の市町の議員さん。

こうした学習会に来る議員さんは、
私がこの間、ずっと怒っている議員さんたちとは全く違いますね。

私の話は1時半~4時過ぎまで、

「国保の危機は本当か」を教科書にして話をした。

国保の危機は本当か?―作られた赤字の理由(わけ)を知るために国保の危機は本当か?―作られた赤字の理由(わけ)を知るために
(2011/12)
寺内 順子、国保会計研究会 他

商品詳細を見る


この本を使っての学習会は初めてだったので、
時間配分は手探りだったが、

でも3時間という時間があったので
思う存分、話をさせていただいた。

私のレジュメの柱は以下

1.なぜ我が町の国保財政を分析する必要があるのか~私の問題意識

(1)「国保財政は大変だ!!」というが・・・・本当にそうなのか?
(2)全国約1800市町村国保会計は千差万別~一言では言えない。(国保会計本165頁~133頁)
(3)よくある安易な「国保料(税)1万円の引き下げを」という要求。根拠は??
(4)我が町の国保会計を見たことがありますか?見たことがなくて我が町の国保を語れますか?語れなくて運動ができますか?
(5)「相手を説得するためにはインパクトのあるデータが必要」~2010年11月、フランスの社会保障視察で学んだ言葉。私の座右の銘。

2.国保の歴史とその反映の国保会計

(1)国保の歴史を大づかみに把握する
(2)全国市町村ぞれぞれに国保の歴史はある~国保は下から運動で作りあげられてきたもの
(3)国保の歴史を市町村国保会計に当てはめてみる。(1983年と1984年の国庫支出金を比較すれば明らか)
(3)国保会計の費目を学ぶ
(4)1983年までは国保会計は単純だった
(5)国保会計が複雑になったのは、国庫負担を減らしながら、保険者間の助け合いでお金を出したり入れたりする仕組みにしたため

3.国保財政の現状と住民運動の課題~「財政第一主義」

(1)「いのちより金」「くらしよりカネ」~資格証明書・短期保険証発行と財産調査・差押えの横行

4.我が町の国保会計を手のひらに載せる

(1)市町村国保会計を実際に分析してみる
(2)データを運動に生かし、政策化する。

そして、私の話の後、

2回目、3回目の講座にむけて、
実際に29市町の国保会計入力について三重県社保協・事務局の方から説明。

私もびっくりするほどのちゃんとした資料。

三重県から2000年~2010年までの「国民健康保険事業状況報告書」がコピーされ
全ての参加者に渡された。

今回のこの意欲的な学習会は事務局のみなさんの
とても丁寧な準備が秀逸。

私は講義の中で、
1984年が国保会計が大きく変わる年なので、
出来れば30年分、1980年からの会計決算を入力してほしいと話をした。

そして、出来るだけ自分でやってみること。

エクセルがいま出来なくても、
入力していくなかで出来るようになるし、

入力している中で、
分析が出来ていくという経験もしてほしい。

そして、
何でも自分でやらなければ成長できない。

・・・・

ということも何度も何度も強調した。

私は6月の第4回講義で29市町の入力データをみてコメントをすることになっている。

どれだけのデータが出来あがっていくのか、とても楽しみ。

三重県社保協のみなさんの頑張りを学び、
大阪社保協でも
国保本作りと、国保基礎連続講座企画をやっていきたいと思う。


スポンサーサイト

5月13日、「慰安婦」問題学習のつどいをします!!

私のライフワークである「慰安婦」問題の解決。

仲間たちと5月13日(日)エルおおさか南館で
講演とディスカッションを企画しています。


大阪府や大阪市の教育条例、
名古屋市長「南京大虐殺」発言、
そしてこの「慰安婦」問題。

そうしたものに貫かれる
日本と言う国が過去にやってきた事実を

「そんなもんは無い」としらっと言いきってしまうのを許すのは

日本人として世界中に対して
「愚かな国民」であることを見せているようなものだと思っています。

私は全体の司会をします。

ぜひご参加ください。


20120513学習会

雨の日は木綿着物

昨日とはうって変り、
今日は雨、それも寒い一日です。

こんな日に実力を発揮するのは
「伊勢木綿」

木綿なのでもちろん雨でもへっちゃらだし、
そして厚手なので暖か。

羽織もショールも要りません。

そして水はねして汚れても
帰って洗って干せばいいので、
本当に楽ちん着物です。

大きな縞が私好みの一枚です。

moblog_162f12a0.jpg

今日は事務所にいません。

今、大阪市役所に向かっています。

10時から保険年金課と差し押さえについて意見交換をします。


正午までなのですが


私は途中に抜けて難波に向かい近鉄特急に乗り三重県の津に行きます。


午後は三重県社保協主催の「国保会計分析をしっかり学ぶ連続講座」第一回目です。


今日の私はどっぷり国保の鬼ですね。

新幹線で泣いてしまった・・・・

昨日、新横浜から新大阪に帰る新幹線の中で読んだ本です。

このところの、辻 仁成はとてもよい。


28光年の希望 (集英社文庫)28光年の希望 (集英社文庫)
(2006/10/18)
辻 仁成

商品詳細を見る


これも読んだけど、

右岸 上 (集英社文庫)右岸 上 (集英社文庫)
(2012/02/17)
辻 仁成

商品詳細を見る


主人公の男性側からを書いていて

主人公の女性側から江國 香織が書いているんだけど

左岸左岸
(2008/10/11)
江國 香織

商品詳細を見る


そのやり方はあの「冷静と情熱のあいだ」もそうだったんだけど

愛蔵版 冷静と情熱のあいだ (文芸シリーズ)愛蔵版 冷静と情熱のあいだ (文芸シリーズ)
(2001/06)
江國 香織、辻 仁成 他

商品詳細を見る


でも、10年ほど前に読んだ「冷静と情熱のあいだ」では感じなかった
二人の作家の精神性の違いが今回は際立った。

私には
江國 香織はずーっと江國 香織のままだけど、
辻 仁成はかなりこの10年で人間的に成長した、
という気がする。

ので興味があって、「28光年の希望」を読んだ。


全部ネットにでてますよ

さっきのブログの続きです。

東北のある地方自治体の某政党の議員さん。

そちらの自治体のホームページを確認したら、
今年1月に「介護保険第5期事業計画案」に対してのパブリックコメント募集がされています。

いまはすでにホームページから削除されているので
どんな計画案だったのかは確認できませんが、

どもネット上にはちゃんと計画案がでていたのは確かで

あなたが、ネットを使えないがために見れていないだけであり、

そちらの自治体はちゃんとやるべきことはやっていたわけです。


私がそこの役所の担当職員なら、
「ホームページみてないのかよっ」と心の中で毒づきますね。

そして、あなたの名前で検索すれば、
あなたの顔も生年月日もわかりました。

あなたは高齢者という年齢ではないですね。
どうしてもネットができないという年齢ではありません。

どう考えても、私には「怠慢」だと思えますね。

その方の名誉のために
どこの議会のだれかは書きませんが、

もしお近くにこういう議員さんがいたら、

「いまどきネットくらい使えないと恥ずかしいですよ」
と言ってあげてください。

うーん・・・・いい加減にしてほしい。

3月がそろそろ終わるので、
私の怒りの季節も終わるかなと思っていた矢先、

またもや某革新政党の東北地方の議員さんからTel。

「うちの自治体の介護保険料、ものすごい高いんです。
 なんでこうなるのか、分析してほしいんですっ」

・・・・大阪社保協は、コンサルト会社じゃありませんて。

私「あのう、議員さんなら、議会で当局に質問すればいいじゃないですか。
  第5期介護保険事業計画にはどう書いてあるんですか?」

議員「くれないんです」

私「はあっ?検討委員会とか開いていないんですか?」

議員「非公開なんです」

私「議員にも渡さないんですか?」

議員「そうなんです。だから情報公開請求しないと・・・」

私「じゃあ、決算書はあるでしょう?2010年までの決算書をみれば会計がどうなっているかわかるでしょう。」

議員「いつからのですか?」

私「あのね~介護保険は2000年からしかないから、2010年度までの11年分は決算書としてあるでしょう?」

議員「そうなんですか」

私「(頼みますよ~)アドバイスしますから、メールをください」

議員「メールって、パソコンのメールですか・・・出来ないんです」

私「はあ?他に議員いないんですか、その人は出来ないんですか?」

議員「その議員も出来ないんです」

私「近くにいる人で出来る人はいないんですか?」

議員「いないんです・・・」


・・・・・・・・・・

ここまでの会話ですっかり私はいやになり、

「わかりました。とにかく資料をコピーして郵送してください。それをみてから考えます」
と。

・・・・・・・・・・


同じような話は2月にもあった。

ココでも書いている

地方議員なら、
なおさらのこと、ネットやメールを使いこなすべきだ。

お金がないなら、人がいないなら
なおのこと、パソコン、ネット、メールを使いこなすべきだ。

一般の高齢者ならまだ許そう。
・・・でも、うちの母は一般市民だけど76歳でネットやってます。

でも、議員でしょう!!
ネットぐらいやりなさいよっ!!

怠慢としか思えない。

そんなことだから、
役所の職員に馬鹿にされて
資料もちゃんと渡されないんじゃないかと
私は思う。

ネットも使えなくて、
何が革新やねん、と
本当にそう思っている。

春はうれしい。

今日の大阪はあたたかです。

羽織もショールもいりません。

まだ桜の蕾はほころんでいませんが、

この温かさが続けば、

来週あたりには開花のたよりも。

どんなに厳しい冬であっても

必ず春が来るという喜び・・・

これって、人生と同じですね。

やっばり、春はうれしい。

もう三月も終わりです。

年度末です。

今年は本当にいろいろありましたが、

息子たちも動き出しました。

若い人たちが、未来や希望を感じられる
そんな国にしないといけないと思っています。

私自身も

ますますやりたいことが山もりです。


行政能力の低下は深刻だ・・・・・

大阪社保協では、常時自治体アンケートをやっていて頻繁にやり取りをしている。

今は、4月目前なので、
第5期の介護保険事業計画関係のアンケートをしている。

内容は、第5期介護保険料とサービス内容が中心。

それほど難しい設問はない。

ただ、決まったことを書くだけのアンケート。


・・・・

なのに、
その設問の意味がわからない職員が何人もいて・・・

正直、びっくりなのだ。


私は20数年、自治体とのやりとりをしている。

多分、こんなにやりとりしている人間はいないんじゃないかと思うのだけれど、

でも、ここ数年、
考えられないことを聞いてきたり、書いてくる自治体職員が増えている。

はっきり言って、

「だいじょうぶか?」という感じなのだ。

いや、だいじょうぶではないだう。
こんな調子で住民とむきあっているとしたら、

多分、
正しくないことを住民に教えたり、
あるものをないと言ったり、
ないものをあるといったりしているはず。

住民は役所で窓口にいて答える人間が、
その自治体の代表だとおもうので、

非常に深刻な事態が広がっていると考えた方がいい。


でも、
この行政能力の低下は、
起こるべくして起こっている事態だ。

いま、役所にいる人間の三分の一から半分は非正規のアルバイト職員。

研修なんて殆どうけていない。

どうやって仕事をしているかと言えば、
マニュアルがあればいい方で、
隣の職員の見よう見まね。

そして自分で勉強するか。

・・・


自治体リストラというのは、
具体的にはこういうことだ。

法令順守どころか法令も知らず、見たこともなく

当然正しいことは教えられない。知らないから。

当然使える制度もサービスも教えられず

住民は申請もできない。

まわりまわって、
自治体リストラ、行政能力の低下は
住民の不利益という形で現れる。


このことに
住民は早く気付かないといけない。

すべてのこども達に幸せなこども時代を

新横浜の新幹線ホームは
いつもの黒スーツのビジネスマンに混じって
こども達がたくさんいます。

春休みですからね。

楽しそうなこども達を見るだけで幸せな気持ちになります。

おじいちゃんおばあちゃんのところに行くのかな。

それとも家族旅行かな。

昨日、丹波橋駅で五年生のお姉ちゃんと二年生の弟くんに出会いました。
手にはお母さんの手書きの時刻表。
聞くと京都に向かい、滋賀県甲賀のおばあちゃんのところに二人で行くとのこと。

「おばちゃんも京都駅に行くから一緒に行く?」
と声をかけました。

京都駅で別れましたがちゃんと行けたかしら。

お姉ちゃんがしっかりしていてとても健気でした。

春休みの冒険ですね。

こども時代の楽しい経験や楽しい思いは育ちにおいてものすごく大事なものです。

すべてのこども達が
幸せで楽しいこども時代を過ごせるように

そのために大人たちがしないといけないことがたくさんあります。

私の活動の原動力はこうした思いです。

法を犯すことに手を貸す弁護士への懲戒請求は当然

市民社会フォーラムブログからの転載です。

市民の側からは「監査請求」もいりますね。

徹底的にたたかわないといけない・・・・・

私は大阪市民です。


***********************************

昨 日(26日)に、大阪橋下市政の思想調査アンケート問題で、これを実行し
ている野村修也弁護士に対する懲戒請求を、62名の連名で東京第 二弁護士会
に行 い ました。懲戒請求に連名を呼びかけましたが、北海道から福岡まで全国
から62名のかたの賛同と申し出がありました。ご協力いただいた皆 様、あり
がとうご ざ いました。62名の名を連ね、請求代表者:高瀬晴久の名で懲戒請
求書を出しました。

東 京第二弁護士会の担当者の説明(今後の見通し)
審 議が開始されたら請求代表者(この場合、高瀬さん)あてに、開始の通知を
する。連名者すべてに通知することはしない。相手方から弁明書が だされ、必
要な審理をし、おおむね6ヶ月いないに結論出す予定。
審 理は原則非公開だが、請求者が弁明書類の謄写もとめ、委員会が認めれば可
能。傍聴についても委員会が認めれば、62名全員は不可能だが数 名はできる
場合がある。これらは請求代表者に審理開始時に通知する。
(み んなの党はじめ大阪市の健全化を求める会が、懲戒処分反対の嘆願署名を
全国的に集めていることについて、すでに提出されているのか、彼ら は傍聴で
きるのかと聞いたところ)
嘆 願書が出されているか否かはこたえられない。傍聴はできない。原則非公開
なので第三者はダメ。
説 明は以上。

審 議開始の連絡など何らかの動きがあれば、請求に連名された方に高瀬さんか
ら連絡します。弁明書のコピー、傍聴については求めていきたいと 思います。
今 なお、野村修也大阪市特別顧問のチームは思想調査・組合活動調査をつづ
け、集めたアンケートを所持していますから、全国的な監視とすみや かな懲戒
決定で、憲法違反の不法行為をやめさなければなりません。

お りしも自衛隊が情報公開請求者の団体・思想・個人情報を収集リスト化して
いた問題で、仙台地裁が違法と判決をしました。陰でこそこそリス ト化するこ
とが断罪されたのですから、おおっぴらに業務命令で思想調査することは重大な
基本的人権の侵害です。

<念 のために懲戒請求請求書を下に>


第 二東京弁護士会御中
                     懲戒請求者(代表)  高瀬 晴久  印

懲 戒請求者
1  高瀬 晴久
   東京都荒川区西尾久5 - 26 - 12
(連 名62名の氏名・住所は略)

対 象弁護士

野 村修也弁護士(第二東京弁護士会所属)  住所は略

申 し立ての趣旨

第 二東京弁護士会所属、野村修也弁護士の懲戒を求めます。

懲 戒事由の説明
  大阪市の橋下徹市長は、大阪市職員の労使関係や政治活動についての調査の
実施を大阪市の特別顧問である野村修也弁護士(森・濱田松本法律事務所)に 委
託 し ました。野村修也弁護士は、22問に亘るアンケートを作成し、全職員を対
象にこのアンケート調査が実施されました。(2012年2月9日~16日)。
  ところが、アンケートは、その殆んどが憲法や労働組合法に違反する設問と
なっています。自らアンケートを作成し、アンケートの集約主体と なっている
野村 修 也弁護士の行為は、自らが率先して違法行為(憲法違反、不当労働行為)
を 助長するものに他ならず、弁護士としての品位を失うべき非行に相当してお
り、弁 護 士職務基本規程第14条(違法行為の助長)に 違反しています。よっ
て、弁護士法第56条に基づいて懲戒請求するものです。
ア ンケートには、組合活動への参加の有無(Q6)や組合への加入の有無
(Q16)、 組合加入のメリット(Q17)、組合に加入しないことによる不利益
(Q19) に関する設問があります。これらは団結権を保障した憲法第28条及び
使用者の支配介入を禁じた労働組合法第7条 に反する違憲・違法な内容です。
  また、街頭宣伝に参加したり、誘われたことがあるかどうか(Q7)や他の職
員から投票依頼を受けたことがあるかどうか(Q8) などは、職員個人の思想・
良心の自由を保障する憲法第19条に反します。

  しかも、調査が橋下市長の業務命令の形式で出され、回答が正確でない場合
や回答しない場合には処分を行うということまで言明されていま す。アンケー
ト調 査 が執拗に問いただす、「誰が」「いつ」「どんな内容で誘ったか」は密
告を奨励するもの他ならず、影響が一般市民にまで及ぶことは必至で す。
  「このようなアンケートは、労働基本権を侵害するのみならず、表現の自由
や思想良心の自由といった憲法上の重大な権利を侵すものである」 故、「到底
容認できない。」(日弁連会長声明)ものです

横浜の夜

パソコンをホテルでレンタルしてブログを書いています。

メールを見ることはできませんが
こういうやり方もいいですね。

横浜駅界隈はほんとうにごちゃごちゃしてます。

ここのホテルは東口の裏手で
ちょっとさびしいところです。

ホテルの1階にカフェがあるので
一人で晩御飯をしていまからお風呂タイムです。

これから枚方、そして横浜

今日はこれから枚方市民会館に向かい、
午後は北河内ブロック会議です。

四條畷国保問題中心に議論をすることになると思います。

そしてそのまま京都に向かい、
新幹線で横浜へ。

7時半から神奈川県保険医協会・横浜支部で
横浜市の国保問題の学習会です。

9時過ぎまで学習会があるので
そのまま横浜に一泊し、

明日は午前中に大阪にもどり、
午後はまた社保協近畿ブロック事務局会議、
夜は介護保険京都決起集会実行委員会です。

今日はパソコンはもってあるきませんので、
大阪社保協に御用の方は5時までにお電話いただくか、

メールでししたら明日対応いたします。

では、枚方に行ってきます。

自分のところのホームページも見たことがないのだろうか

近畿各市町村国保アンケートデータがほぼ出来上がったので、
今週中にも発送できる段取りとなった。

入力に頑張ってくれたa座さん、ご苦労様でした。

しかし・・・・

なぜ予定より1ケ月も遅れたというと、

市町村が出してきた回答、
特に国保会計決算の数字がかなりいい加減だったから。

まあ、いろんないい加減さがありますが、

一番ひどいのは、

「決算資料は廃棄してありません」といってきた兵庫県のa市。

驚きましたね~!!

大阪でそんなあほなこという自治体はありませんよ。


決算書なんか絶対に廃棄されません。

仮に国保担当課が自分のところの書棚にある決算書を捨てたとしても

自治体の一般会計と特別会計の決算書は
財政課に問い合わせれば絶対にあるし、
議会図書館などには「決算書」または「議会報告書」として
書籍の形にしてちゃんと残っている。

・・・ということも知らんのやろうね。

それと、
ここ数年の決算書などは、
だいたいその市町村のホームページの財政のページにアップしてある。

今朝やり取りした兵庫県のとある自治体。
2004年に合併しているから、それ以前のデータがわからない、
というならまだ意味がわかるが、

2007年度の、
それも「歳入決算の合計の数字がわからない」って言ってきた・・・。

うーん、意味がわからない。

その自治体のホームページの財政のページをみたら
そんな数字はちゃんとアップされてましたけどね、

そういう決算書がホームページにアップされている、
ということも知らないんやろね。

その職員さんはアルバイトの人なのかなあ、非正規のひとなのかなあ、
それとも正規の職員なのかなあ・・・・と

聞いてみたい気がしましたけど。

自分の自治体のホームページなんか見たこともないんでしょうねえ。

そんな自治体の国保担当者との信じられないやりとりを
a座さんはいくつもいくつもいくつも粘り強くやって、
やっと完成にこぎつけました。

それらを全部CD-ROMにして発送します。

欲しい方は、送料込1000円でおわけしますので、

お名前
送付先住所 〒
連絡先Tel       fax

明記の上大阪社保協メールosakasha@poppy.ocn.ne.jpまで。

自分のところの自治体でも国保アンケートができるように
近畿国保アンケート(ワード)もいれてます。

ぜひご活用ください。









昨日は着物の人で、今日は国保の鬼!

昨日はまるで着物店の売り子さんのように
楽しく着物展会場にいたのですが、

今日は一転、「国保の鬼」です。

今週は、
明日の火曜日には神奈川県横浜市で、
金曜日には三重県津市で、
それぞれ「国保学習会」をします。

横浜市の学習会レジュメ資料は先週に送っていたのだけれど、
今日は三重県・津市での学習会レジュメ作成。

三重県社保協主催で

「国保財政分析をしっかり学ぶ連続学習会」と銘打ち、
なんと毎月1回ずつ、計4回、4ヶ月に渡っての連続学習会の
第1回目と第4回目を私が担当します。

それも、この「国保の危機は本当か」(通称国保会計本)の内容を学び、
さらに三重県内29自治体の国保会計を
エクセルフォーマットに実際に入力し、
そして分析・評価し、それぞれの自治体むけの施策提言づくりをするという

まさに「国保会計本」を実践的に学ぶという
全国で初めて取り組まれる大変意欲的な連続学習会です。

国保の危機は本当か?―作られた赤字の理由(わけ)を知るために国保の危機は本当か?―作られた赤字の理由(わけ)を知るために
(2011/12)
寺内 順子、国保会計研究会 他

商品詳細を見る



まさにこの本の著者の私としては、
「そういうことしたかったんです~」
という内容なのです。

参加申し込み名簿も見せていただいたのですが、
すでに40人ほどの方に申し込んでいただいています。

そして半分は議員さん。

大変すばらしいですね。

しっかりと学ぼうという意欲にお応えできるよう
こちらもしっかり準備しなくては。

そして、この三重県社保協の連続講座に学び、
大阪社保協でも、国保の連続基礎講座を今年度実施する予定です。



着物について書いててよかったと感じる瞬間

いま京都にいます。

今日の京都は寒くて寒くて…


大好きな寺町界隈のカフェで温かな甘いコーヒーを頂いております。


6時からは友人達と晩ご飯会です。


さっきまでギャラリーあん京都展にいました。

1時過ぎから三時間ほどお店にいたのですが、

その間にも私の着物エッセイ記事を見て来られた方がお二人、
このブログを見て来られた方がお一人。

お茶を飲みながら楽しい着物話に花を咲かせました。

店主の富田さんにお伺いすると
三日間通して
25、6人の方が私の着物エッセイ記事の切り抜きを持って来られたそうです。

左が店主の冨田久美子さん。
右が和裁士の中野彩子さん。
彼女はキモノジャックというイベントの主催者をしておられます。

20120325gallery晏 0017


みなさま

本当にありがとうございます。

そしていかがだったでしょうか。

とても敷居の低い着物屋さんだったでしょう?

木綿や麻の品揃えもピカ一でしたね。

120325gallery晏

120325gallery晏2

120325gallery晏3

反物を見るのは私にとって本当に楽しい時間なのですが

20120325gallery晏0014

でも着物を着たいと思っておられる方がたくさんいらっしゃるということが

何にも増して嬉しいことです。

着物は着るともっと楽しいですよ。

このブログや着物エッセイを書いていてよかったなぁと思う瞬間です。

弁護士さんたちとの国保問題勉強会

昨夜は京橋共同法律事務所
弁護士さんたちと「国保問題勉強会」。

2010年2月からほぼ2カ月に一度のペースで回を積み重ね、
昨夜の勉強会で12回目を迎えた。

毎回4~5人の弁護士さんと
私たちの仲間4~5人の10人程度で
ざっくばらんな雰囲気の勉強会を続けている。

現在は、殆ど「財産調査や差押え問題」について情報提供しあいながら、
自由な議論をしている。

この勉強会の発端は、2009年10月に実施した「門真国保実態調査」。

この京橋共同法律事務所は守口・門真・大東という地域法律事務所という役割を持っておられ、
そのつながりで弁護士さんたちに調査に参加していただいた。

さらに、2010年1月の「京橋共同法律事務所の30周年記念シンポジウム」があり、
私はそのパネラーにお招きいただきいた。

そうした中で、「国保のことを弁護士も勉強したい」という声をいただき、
「勉強会」を重ねてきた。

まさに、継続は力。

この「勉強会」のおかげで、
大阪社保協の国保運動では、
常に弁護士さんたちのバックアップをいただける体制となっている。

弁護士は「法律の専門家」。

けれども、全ての法律に精通しているわけではなく、
やはり得意分野、専門分野がある。

はっきり言って、
国保の関係する法律に詳しい弁護士さんは殆どないというのが実情。

でも、国保行政は法律に基づいて運営されている。

だから、本来私たち運動をするものは

国民健康保険法だけでなく、
地方自治法
国税徴収法
地方税法

そしてもちろん憲法

これらの法令、そして施行規則、通則などを
熟知しておかなければたたかえない。


でも、何せ法文は難しい。

そこで弁護士さんたちに「普通の言葉に」していただく。

そして、過去の判例などもご紹介いただく。

介護保険でのローカルルールのたたかいで経験したことだが、

いま行われていることが
「法令通知に照らして正しいのか」という検証がとても重要だ。

そして、正しくなければ正させるのが運動、たたかいなのである。
これはまさに「法を生かし味方にする」ということだと思う。

弁護士さんたちとの勉強会の2年間の積み重ねは本当に貴重。

こうした勉強会を踏まえ、
「国保差押えの法的根拠」等の文書は
大阪社保協ホームページの「国保差押」のページにアップしているので
興味のある方はぜひご一読を。

次の勉強会は5月。
その前に四條畷国保問題での様々な取り組みを予定している。

もちろん、弁護士さんたちにご協力をお願いしたのは言うまでもない。

京都は着物日和

昨日の雨の中でも盛況だったようです。

大阪民主新報の私の着物エッセイの切り抜きを持ってこられた方が
7、8人はおられたとか。

ありがとうございます。

今日はもう晴れてきましたので
お出かけ日和ですね。

この土日はぜひ京都へお出かけください。

大阪でない方、
大阪民主新報を読んでおられない方、

「このブログをみて」と声をかけてくだされば
きっといいことがあると思います。

私は明日、行く予定です。

今日、明日、京都は着物日和です。 


京都展 kimono gallery晏 2012春夏展in京都

☆とき 2012年3月23日(金)~25日(日)10:30~18:30(最終日のみ16:00まで)

☆ところ 京都市東山区祇園町北側253(ちりめん服祇園2F)ギャラリー祇園小舎
     京阪本線祇園四条駅出入り口2北側より東へ徒歩3分

Kimono gallery晏(馬場呉服店)


gallery晏京都展201203

雨の日はデニム着物で

今日は雨です。
明日も雨みたいですね。

三月も末になってきて、

いつもならもっと春めいて温かくて、
早ければ桜の開花の話がでてもよさそうなのに、

今年はやはり寒いですね。

っで、
雨の日の着物は木綿着物に限ります。

汚れたら洗えばいいのでね。

今日の着物は、デニム着物です。

デニムって、あのジーンズの、デニムです。

moblog_3708b27c.jpg

でもぱっと見は紬みたいでしょ。

着ると感じませんが、
結構重さがある木綿生地です。

でもしっかりとして温かなので、
春先の寒い日にはぴったりです。

帯はgallery晏さんの帯です。

地味な着物の時には帯を派手にします。

そして足元は最強の「カレンブロッソカフェ草履」です。

相談をうける場合のポイントは記録と整理

大阪社保協には日々沢山の相談電話やfax、メールがあります。

一般市民の方から直接相談がある場合もあれば、

相談をうけたところから
さらに大阪社保協に問い合わせがあるケースも多々あります。

実はご本人からいただいた相談の方がアドバイスはしやすく
ご本人でなく第三者を会すると
肝心なことがわからなくて結構困る場合があります。

今日も医療機関の方から生活保護の関係でうけた相談について
こちらにさらに相談があったのですが、

とにかく事実確認ができてなくて困りました。

そこで、相談をうける立場の方に対してのアドバイスです。


まず、当然ですが、
相談をうけるときにはきちんとメモをとりましょう。

それも紙ではなく、
ちゃんとしたノートで。

もちろん、ページの最初には相談日時を明記します。

紙きれは絶対になくします。
ポストイットやふせんなどは絶対にだめです。

そして、相談を聞く場合は、

「何年何月何日に何があったのか」を聞き取りましよう。

そうすると後で時系列に並べられるので整理ができます。

そして、

「誰が(どこが)、何を言ったのか」をはっきりさせ、
「どんな文書をうけとったのか」を確認しましょう。

特に行政との関係や「契約」関係では、
「文書」がなければだめで、
口で「言った、言わない」は殆ど意味はありません。

メールなどを使える方であれば、
メールで相談をしてもらいます。

これは、自分で書くことによって、
相談内容を整理することが出来るということと、
文書が残るという利点があるためです。

私は長年実務をやっていて、
「文書」を残すことがどんな時でも重要だと経験的に知っています。

とにかく、人間は
「言うた、言わん」ということは時間がたつとあやふやになります。

さらに、ずっと繰り返し考えていると、
実際には言っていないことも「言った」ように間違って記憶することがあります。

相談を受ける人は、
その内容を人に伝える場合も多いので、

「記録」と「整理」というポイントをぜひ踏まえていただきたいとおもいます。


ああ・・・ものすごく集中しました。

今日は11時ごろから
ずーっとずーっとずーっと・・・・パソコンの前で

ひたすらエクセル資料を作ったり、
ワードで文章をうったり、
ネットで資料集めたり・・・

いま7時半なので、

ほぼ8時間半集中が途切れずに仕事しました。

こういう仕事はあまりに集中するので、

何度も厚いお茶や紅茶をいれたのですが、
飲むのを忘れて・・・

いつも冷たくなっていました。

さあーって、
今日やるべき仕事は出来たので、

かえろっかな。

今日は生協の食材がいろいろとどいている日なので、
冷蔵庫を開けてから献立考えまーす。

これが最新の大阪の市町村の財政力ランキング

今日は朝からずっといろんな資料を作っている。

来週、横浜市と三重県・津市に学習会で行く。

財政力ランキングの最新版の資料を作った。

財政力指数というのは、
その自治体の財政力(体力)を示す指数。

簡単に言うと
税とかの収入で支出すべきものがどれだけまかなえるか、
という指数で、

無駄づかいしなければ、1あれば十分まかなっていける。

指数値が大きい方が体力があるということ。

1.0を上回れば地方交付税交付金の不交付団体となり、
下回れば地方交付税交付金が交付団体となる。

基準財政収入額を基準財政需要額で除して得た数値の過去3ヵ年の平均値で示す指数。

大阪府内市町村は以下。

その自治体に住んでいる住民の方、
自分の自治体財政が大変って、思い込まされてない??

為政者が意図的に思い込ませているときがある。

それは、

「お金がないない」と言っておけば
いろんなことしなくていいから。

いろんな事って、住民サービスですよ。

大阪府内市町村2010年度財政力ランキング

順位 市町村名 財政指標(2010)=財政力指数(2010)データ
1 田尻町 1.52
2 摂津市 1.15
3 吹田市 1.06
4 箕面市 1.03
5 茨木市 0.99
6 泉佐野市 0.98
7 豊中市 0.96
8 大阪市 0.94
9 高石市 0.91
10 池田市 0.89
11 枚方市 0.86
11 大東市 0.86
13 堺市 0.83
14 島本町 0.82
15 守口市 0.81
16 高槻市 0.8
17 八尾市 0.79
17 泉南市 0.79
19 東大阪市 0.77
20 交野市 0.76
20 大阪狭山市 0.76
22 門真市 0.74
23 泉大津市 0.73
24 貝塚市 0.72
24 和泉市 0.72
26 寝屋川市 0.71
26 熊取町 0.71
28 河内長野市 0.69
28 柏原市 0.69
30 富田林市 0.68
31 藤井寺市 0.65
32 四條畷市 0.64
33 豊能町 0.62
34 松原市 0.61
34 忠岡町 0.61
36 岸和田市 0.6
36 羽曳野市 0.6
36 太子町 0.6
39 阪南市 0.59
40 岬町 0.56
41 河南町 0.52
42 能勢町 0.49
43 千早赤阪村 0.39

今日は冴えてる!!

昨日ゆっくりしたせいだとおもいますが、

今日はとにかく仕事がはかどります。

よりよい介護をめざすケアマネ・ヘルパーの会ニュース作成。

fax通信をつくり、発信。

昼休みに「着物エッセイ」原稿を作り発信。

4月の「河南ブロック会議」案内を発送。

27日の横浜での国保レジュメを作成・・(こっちは明日中に仕上げます)

今夜の四條畷国保問題実行委員会レジュメを作成印刷。

そしてもうすこししたら事務所をでて四條畷に向かい、
夜は実行委員会です。

昨日の着物と

moblog_85ec52b1.jpg


今日の着物です。

moblog_8af0f09d.jpg



ここまでやるか厚生労働省~買物の弾力化 よりよい介護をめざすケアマネ・ヘルパーの会事務局長が怒りの談話

厚生労働省が出した「買物の弾力化」について
よりよい介護をめざすケアマネ・ヘルパーの会・内海事務局長が
「怒りの談話」を発表しましたので掲載します。

内海事務長は現役のケアマネジャーです。

実際に介護現場にいる人だからこその「怒りの談話」だと思います。

ぜひお読みくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「命綱」を切り離す生活援助の弾力化絶対反対!!
ここまでやるか厚生労働省
~買物の弾力化は厚生労働省小手先だけのごまかし~
訪問介護を切り捨てる報酬改定は許せない!!


★苦しまぎれの言い訳で現場は大混乱

3月16日に厚労省が通知した介護報酬改定に関するQ&Aはご覧になりましたか?

生活援助45分短縮反対の抗議が全国から殺到する中、
厚労省はここにきて、急に
「45分しか提供できないというのは誤解です。
必要なら今まで通り60分でも90分でも継続して提供することは可能である」
と言い出しました。

誤解!?
それならば、45分の時間区分見直しそのものを白紙撤回すべきではないでしょうか。

それを、まるで
現場のケアマネジャーやヘルパーが勘違いしているかのような言い訳をして
ごまかそうとしています。

説明責任を押し付け、
サービス調整に追われているケアマネジャーとヘルパーに責任転嫁して、
厚労省の面子を守ろうとしています。

★買い物の弾力化は小手先だけのごまかし 

おまけに、時間短縮化のための効率化のため、訪問前の買い物を解禁しました。

介護報酬改定に関するQ&Aによると
「前回訪問時あるいは事前の電話等により利用者から購入すべき商品を確認した上で、
事業所等から店舗に向い、商品を購入後、利用者の居宅に向かうことができる」
と書かれています。

読んだ瞬間は、
「ここまでやるか!?」と思いましたが、
すぐに「やっぱりこんなことまでやるのか」と、怒りがこみ上げてきました。

介護保険制度開始から、
「訪問介護においては、居宅において提供されるサービス」
として厚労省がこだわり続け徹底的に指導してきたことを、
いとも簡単に自ら覆したことになります。

「買い物」という行為だけ捉えて「単なるおつかい」
あるいは「御用聞き」のような扱いにしてしまいました。

しかし、
「訪問介護は居宅において提供されるサービス」に固執した指導によって、
私たちはどんなに苦しめられ、
利用者や家族はどんなに泣かされてきたことでしょうか。

「複数の医療機関の通院」「通院帰りの買い物」、
それから「散歩の同行」も、
「居宅において提供されるサービスではない」という理由だけで、
利用者の個別の事情を無視しケアマネジャーのアセスメントもケアマネジメントも否定して、
保険給付を認めなかったはずです。

それが、手のひらを返したように、
利用者宅に訪問する前に事業所から直接店舗に買い物に行くことを容認しました。

このまま厚労省の都合に振り回され好き勝手にされたままでいいのでしょうか。

★買い物の弾力化は、ホームヘルプの「家政婦化」を加速させる

しかし、生活援助は「単なる家事代行」とは違います。

当然、家政婦とホームヘルパーの仕事も専門性も違います。

それを、買い物の前後に連続する行為を全く無視していることが大きな問題です。

ヘルパーは、利用者宅に訪問してまず状態確認します。
そして、買い物に行く前に体調をみながら献立を利用者と一緒に考えたり、
冷蔵庫の中や日用品のストックを確認します。
家計のやりくりを考えて買い物代金を預かります。
買い物に出かける前に、洗濯機を回していきます。
買い物から帰宅したら、おつりの確認をしてレシートを提供記録に張り付けます。

このように、買い物ひとつ取っても、これだけの一連の行為があります。

いずれも、利用者もしくは家族と共にする行為であって、
個別の生活習慣やこだわりを理解している馴染みのヘルパーだからこそできる援助です。

これこそが、「自立支援」ではないでしょうか。

ヘルパーが効率的・合理的に一方的に提供するのではなく、
訪問介護は利用者との「共同の営み」です。
それがヘルパーの専門性ともいえるのではないでしょうか。

★権利はたたかう者の手にある~を合言葉にたたかい続ける

ですから、今回の買い物の弾力化は、
訪問介護を全面的に否定する行為であり、
ヘルパーとケアマネジャーの資格も専門性もないがしろにする行為としか思えません。

このように、
買い物を「単なるおつかい」や「御用聞き」のような扱いをすることは、
ホームヘルプの「家政婦化」を加速させるとともに
生活援助の切り捨てに発展する危険があります。

利用者の多くがヘルパーに支えられて生活が成り立っています。

「訪問介護」は利用者の在宅生活には欠かせない援助であり
ヘルパーはかけがえのない存在です。

利用者の暮らしの場に寄り添い共感しながら暮らしを支える
唯一無二の支援である訪問介護は「命綱」と言えます。

利用者の生活実態を無視して給付費抑制だけを目的に、
この「命綱」を切り捨てることは絶対許せません。

4月以降も、報酬改定の影響を監視しながら、
引き続き、生活援助の時間短縮の白紙撤回を要求し続けていきましょう。    

(よりよい介護をめざすケアマネ・ヘルパーの会 内海聡子事務局長)

天満橋 シティーモール ジュンク堂にて

こんな場面に出会えた嬉しさ、わかります??


moblog_9954f3c2.jpg

緊急介護報酬学習会やります!!すぐにうまりますので急ぎお申し込みを!!


第5期の介護報酬の政省令・通知・Q&Aが出揃いました。

現場では、生活支援サービスの60分から45分への短縮や
介護予防生活介護の一方的な短縮などが利用者に一方的に通告されるなど
大混乱がおきています。

また、通所介護の報酬大幅切り下げは、
事業所の存続をも危うくするほどの打撃です。

この学習会では通知やQAを読み込みながら、
利用者本位のサービスをいかに継続提供していくのか、
そしていま何をすべきかを考えます。ぜひご参加ください。

本日からオープンにしていますが、続々と申込が入ってきており、

定員200人はすぐにうまると思います。

参加したい方は急ぎ、下記の内容を
大阪社保協メールosakasha@poppy.ocn.ne.jpに送ってください。


緊急介護報酬学習会
訪問介護・通所介護の問題点と
利用者本位の対応を考える


日時 2012年4月13日(金)18時半~ 

場所 大阪府保険医協会М&Dホール        
   大阪市浪速区幸町1-2-33 (O-CAT北側、なんばHACH西側)

講師 日下部雅喜・大阪社保協介護保険対策委員

参加費・資料代  2000円

定員 200人(事前登録制)

主催 大阪社会保障推進協議会 
℡06-6354-8662/fax06-6357-0846/osakasha@poppy.ocn.ne.jp

申込 以下の内容をメールしてください。
定員になり次第〆切ります。お断りする方のみfaxで連絡しますので必ず番号を明記してください。
          

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「4.13介護報酬緊急学習会」参加申込書

 ふりがな
☆名前                       

☆職種  ケアマネ・サ責・ヘルパー・その他(            )

☆団体名・事業所名

☆連絡先fax番号

大阪市、つまり橋下市長、これがどういうことかわかっているのか

大阪市が「待機児解消」を理由に保育面積の緩和を決めようとしている。

これがどういうことなのか、わかっているのか。

これは、いまと同じ保育室に
沢山のこどもが詰め込まれるということ。

特に0歳児が5㎡から1.65㎡になるので大幅緩和となる。

狭いところに子どもたちが詰め込まれると、

そして
それが乳児などより小さい子どもたちだとすると、

お昼寝の際などにこどもたちが重なり合って、

最悪、死につながる。

乳幼児は呼吸ができなくなると
簡単に死んでしまう。

そういうことだと、

橋下市長はじめ、大阪市会議員、そして担当課の人達はわかっているのか。

このブログをみたある弁護士さんからコメントをいただいた。

「顔の上に乗ったハンカチ1枚、自分の手で払いのけることのできない乳児にとって、面積基準を緩和することがどれほど危険なのか起案者はまったく理解していない」

まさにそう。

あえて言おう。

大阪市は、
橋下大阪市長は
こどもたちを殺す気かっ!

大阪市へぜひ声を送ろう。
メール宛先はこちら
しかし、
「民意、民意」と叫ぶ橋下市長、
なんで市民が直接あなたに送ることのできるメールアドレスはないのか???


保育所の面積基準緩和提案へ 大阪市
朝日新聞 2012年03月17日

 待機児童解消のため、大阪市は4月から、児童福祉法の特例を使って認可保育所の保育室面積の最低基準を緩和する。関連条例案を開会中の市議会に提案することを、16日の議会運営委員会で説明した。

 これまで0歳は1人あたり5平方メートル以上、1歳は3・3平方メートル以上、2~5歳は1・98平方メートル以上だった最低基準を、一律1・65平方メートル以上に緩和する。

 市内の待機児童数は昨年4月現在で396人。市は基準緩和で認可保育所384カ所の受け入れ人数を増やす方針。

よく寝ました~!

昨日のお彼岸は

とにかく寝ました~!


疲れてたんでしょうか?


今日はすっきり頑張りまあす!

実は・・・・

結構・・・・はまってます。

EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH ~願いの塔~(2枚組) [Blu-ray]EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH ~願いの塔~(2枚組) [Blu-ray]
(2012/03/14)
EXILE

商品詳細を見る

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク