0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

date :2012年06月

今日は保多織浴衣を夏着物風に

休みですけど出勤中。

来週土曜日の2本の学習会レジュメを作成中です。

着物は高松の織物の保多織を染めた浴衣。
帯は麻でリバーシブルになっています。

moblog_f4b7d277.jpg

ちなみにこちらは昨日の近江ちぢみの着物です。

moblog_ee0af926.jpg


スポンサーサイト

明日新宿では「野田やめろデモ」もある。

明日新宿ではこんなデモも。

noda-yamero.jpg

このサイトはこちら。

これが格差の象徴

私の社会保障の師(と勝手に思っているだけですが)である
県立広島大学の都留民子教授は

「貧困」とは勤労者がつくりだす富が不平等に分配されていることです。
「格差」とは不平等に分配された富が一握りの人間に集中していることです


と明確に語っておられますが、

まさしく「格差」の象徴がこのニュース。

そして、これは日本だからこんな格差が出来るのであって、
ゴーン氏の母国フランスではこんな報酬を取ることはできない。

なぜなら、国民、労働者がそんなことを許さないし、
国民が許さないから政治もさせない。

あ~頭にくる。


日産のカルロス・ゴーン社長、役員報酬9億8700万円

j-castニュース 2012/6/27 17:27

日産自動車のカルロス・ゴーン社長が2012年3月期の役員報酬が9億8700万円だったことがわかった。
6月26日に開かれた株主総会で明らかにした。前期より500万円多かった。

株主からの事前質問に答えたもので、ゴーン社長を含む6人の役員の年間報酬が1億円を上回った。
ゴーン社長は、海外の大手企業の最高経営責任者(CEO)の報酬が自身より高いとの調査結果なども示して理解を求め、
「優秀な人材の採用、維持に努めなくてはならない」と報酬額への理解を求めた。

明日大飯ではこんな行動があるんですね

昨夜の官邸前行動は10万人。

いま、ネットでつながり自分で考え動く人たちが沢山います。

そして、明日大飯原発前ではこんな行動もあるんですね。

拡散希望です。

582097_378741252179843_333863898_n.jpg

平井先生

昨夜、とてもとても大切な方が亡くなりました。


大阪社保協の前会長の平井正也先生です。


今朝、その一報を受け

今日一日中

平井先生との思い出のあれこれが次々と心に浮かんでくるのです。

16日に入院先にお訪ねしてお話ししたのが最後でした。


私がいま大阪社保協で仕事をしているのも

1990年に大阪府保険医協会の採用試験を受けた折に

大阪社保協が再建するので是非事務局にと

平井先生強く推してくださったからです。


それから22年間

大阪社保協会長をされているときも、退かれてからも


公私ともに困った時には平井先生にご相談してきました。


22年間、欠かすことなくバレンタインデーにはチョコレートを贈るのも楽しいことでした。


でももう差し上げることが出来ないのは

とても寂しくてとても悲しいのです。


お酒がお好きで
よくご一緒してお喋りしましたね。


本当にたくさんの思い出があります。


平井先生はまさにたたかう人でした。


だから最後の最後まで
病魔とも真っ正面からたたかいに挑んだんですね。


平井先生のたたかう姿。


私はしっかりと引き継いでいきます。


ずっと忘れません。


先生も私たちのことをずっと見守っていてください。


ありがとうございました。

エクセルな時間

来週から実務をする時間がとれなくなるので、
今週は原稿書きや資料作りに集中しています。

お昼には、私の担当分の国保ハンドブックの第3校をいれて、
あとは小さな修正をしていけばいい段取りに。

午後からは厚生労働省がアップしている
2010年度国民健康保険事業年報をもとに全国国保会計収支を作成。

このデータを作っているのは、
もしかすると全国でわたしだけかもしれないな~。


「国保広域化本」には2008年度を、
「国保会計本」には2009年度を巻末に収録したのだけれど、

今年はとりあえず、大阪社保協ホームページ上にはアップします。

国の決算データ関係は今頃に2010年度分がアップされます。

政府統計資料はこのe-statというサイトにアップされるので、
興味のある人はみてください。

私が今日エクセルでデータ化した資料はこのサイトに出ています

ただ、このデータは見出しが記号化されているのでこれだけではよくわかりませんが、

私は毎年作っており、要領がわかつているので、結構さくさく。

それでも午後からの作業ではやり切れませんでした。

とにかく、今週末には作ってしまうので、
ぜひ見てくださいね。

次の選挙で民主党に投票する国民はいるのだろうか

いまみると・・・・

まさに「うそつきはどろぼうのはじまり」ポスター。

562957_324225960998348_1649869374_n.jpg

民主党にやらしてみたらえらいことになった。

だから、もう二度とやらせん。

仲良しとまではいかないけれど・・・・

今朝の風景。

私が着物箪笥をあけると
ちーちゃん、くーちゃんともお気に入りの様で。

不穏ではないけれど、
仲良しまではまだいきません。

120628ちーちゃんくーちゃん

早寝早起き

毎朝早いので
当然夜も早くなる。


この1ヶ月はお酒も飲んでいないので毎日すこぶる健康的。


この調子で来週から盆前までの怒涛の1ヶ月半を乗りきろう。

自治体キャラバン行動、準備着々

こちらも本日納品されました。

moblog_44bf35c5.jpg


来週から自治体キャラバン行動がスタートします。

最新日程や自治体からの回答は
大阪社保協「自治体キャラバン行動のページ」に随時アップされます。

あなたも、ぜひ参加しませんか。



国保ハンドブックも大詰め

今日の午後は、
まず2時から萱島・けいはん医療生協で「北河内ブロック会議」

終わったらすぎに難波に移動して
大阪府保険医協会で「国保ハンドブック第4回編集会議」

国保ハンドブックの編集会議は多分今日が最後。

全体の構成を議論して
そしてあとはそれぞれの責任部分を校正していきます。

7月10日頃に校了して、20日納品の予定です。

120頁くらいになりそうなので、
価格は700円かな。

こっちは全国の書店やアマゾンでも購入可能になりますので、
お楽しみにね。

毎日5時半起き。

ここのところ、
毎日4時過ぎには一度目覚め
再度寝て、5時半には起きだします。

なぜって、

くーちゃんがうるさいんですもの。

4時過ぎから、
「お腹すいた~ゲージから出して~」
とうるさいのです。

そしてついに観念して5時半に起きます。

私が起きると先にちーちゃんが、
「私にごはんを」と寝ころび、無言でアピール。

お姉さんを尊重して先にちーちゃんにご飯をあげて、
それからくーちゃんはゲージの中で食べます。

食べる勢いがすごいので、
くーちゃんはすぐにごちそうさまになてしまって、
ほうっておくとちーちゃんのご飯をたべちゃうので。

くーちゃんのお目目は綺麗に治りました。

moblog_9d9e82c3.jpg

いまどきのデモ~東京新聞から

東京新聞の記事はすごくまともだなあと、最近見直している。

そのうち消えてしまうので、
ここに転載。

今どきのデモ でき方は 個人つながり2000人
東京新聞2012年6月25日 07時02分


 野田佳彦首相の地元・千葉県船橋市で二十四日、関西電力大飯原発(福井県おおい町)の再稼働に抗議するデモがあった。中心になったのは、東京の中央線沿線の複数の脱原発グループ。総武線で船橋まで行こうと呼び掛け、参加者は地元の人も含め二千人超(主催者発表)に。ゆるやかな個人のつながりで、都県境を越えての大規模なデモが実現できるのは、なぜなのか。今どきのデモの成り立ちを追ってみた。 (早川由紀美)

 午後零時半すぎ、JR三鷹駅。スニーカーやアロハシャツなど何かの形で黄色を身に着けている一群がいた。黄色は総武線の車体に使われている色だ。

 黄色いジャンパースカートを着ていた会社員人見沙操さん(25)=東京都国分寺市=は、デモに参加するのは初めてという。

 「電車で行くのが面白いと思った。この後、歩くのは怖いけど」

 阿佐ケ谷や高円寺などで次々と、黄色を身に着けた人が乗り込んでくる。一目で参加者と分かるため、交流も自然と生まれる。一車両はほぼ満員となり、都県境を越えて千葉に入ると拍手が起きた。

 「脱原発杉並」などの市民グループが船橋でのデモを決めたのは、再稼働が正式決定した直後だった。元新聞記者で弁護士の日隅一雄さんが十二日に死去する直前、ツイッターで野田首相の地元で声を上げることを望んだことも、一つのきっかけとなったという。

 「黄色」などの細かい情報が広がるのも、このツイッターが果たす役割が大きい。ツイッターはインターネット上で、短文を投稿できるサービス。特定の投稿者を登録すると、その人が投稿するたびに見ることができる。

 その短文を広めたいときは、自分がもう一度投稿すれば、自分を登録している人の目に留まる。こうして連鎖的に情報が伝わる。東京電力福島第一原発事故後、放射能の影響を心配する人たちなどが情報収集に使う中でつながりも生まれ、情報共有の輪も格段に広がっている。

 西荻窪駅から乗り込んだ翻訳家の池田香代子さん(63)は「若い人たちの思い付きはすごい。脱帽する」と話した。旧来の動員型のデモとの違いが出る理由を「いわゆる左翼の人たちは論理で原発に反対してきたけど、今は一人一人が存在をかけて『もういやだ』と感情を吐露している」と分析していた。

(東京新聞)

ちーちゃんの近況

お姉さん猫のちーちゃんですが、

実はえらいことになってまして・・・・

2週間前に久―ちゃんがやってきたのですが、
その時くーちゃんはちょっと眼病で目やにが出ていたので、
すぐに動物病院に連れていき、目薬をもらい、
いまはすっかりと良くなったのですが、

1週間の金曜日、ちーちゃんの目が変・・・
と思ったらみるみる腫れて、
お岩さん状態となりました。

くーちゃんの眼病がうつったのですね。

それで、あわてて今度はちーちゃんを動物病院に。

さっそく目薬と、目の洗浄などをうけ、
少しずつ良くなってきました。

でも、まだ完ぺきではありません。

なので、最近はちーちゃんの写真をアップできないわけで・・・・

完治したら、写真をアップしますね。

でもおっとり娘のちーちゃんは、
終始くーちゃんの勢いに押されぎみです。

ごはんも別々の場所で食べてます。

ちーちゃんは、ずっと一人娘だったので、
おっとりとゆっくりと何回にも分けて食べるのですが、

沢山の猫の中で育ったくーちゃんは、
うんがうんがとうなりながらものすごい勢いで食べ、
食べ終わったらちーちゃんのお皿に顔を突っ込みにいくのです。

ほんと、面白いですねえ。

とっても無防備

昨夜のくーちゃん。

おなか一杯になったあとは、

お気に入りのふかふか坐椅子の上で
とっても無防備な感じでねています。

moblog_80047b75.jpg

moblog_6097d802.jpg

ぷくぷくのお腹をつんつんしたら、
ちょっと目が覚めました。

moblog_645cc513.jpg

しゃきっとしたらこんな感じなんですけど。

moblog_9f7012e8.jpg

大好きな竺仙着物で気分良くこれから金沢へ

今日の着物は大好きな竺仙の着物。
浴衣ですけど、小紋にしかみえないでしょ。

帯はネットで新古品をゲット。

moblog_5e786b34.jpg

昨日の「国保なんでも110番」は
テレビ、ラジオでの告知が無かったので少なかったのですが、
それでも14件。

120622国保なんでも110番


朝日新聞、毎日新聞、赤旗新聞、それからネットでみて、
というかたもあり。

地域的には北河内と大阪市内でした。

これは、国保料の算定通知がこの地域にはすでに行っていて、
その他の地域ではまだ送付されていないからでしょう。

やっぱり、高い国保料をなんとかしたいという相談が圧倒的。

北河内の地域の場合は、減免制度が充実しているので、
地域社保協につなげてなんとかなるのですが、

大阪市は所得激減減免と「3割軽減」しかないので、
なんともならないケースばかり。
大阪市の減免制度をもっとよくしないとどうしようもない。

それからやっぱり何の保険にもていない方からの相談が3件。
なかには25年間無保険という方も。
うーん。

この「無保険」の実態把握をどうしたらできるだろうか。

研究者と一緒にかんがえないと。

今日は昨日実務が殆ど出来なかったので、
8時に事務所に出てきていま小仕事をぱちぱち。

そして午後は金沢で「国保シンポ」です。



国保で困っている方、本日国保110番します!!

6月は負担増の年のスタートの月です。

そろそろ住民税、国民健康保険料、介護保険料、後期高齢者医療保険料などの
通知と納付書が住民の手元にとどきます。

封筒を開ければ・・・・

溜息しか出ない金額が・・・。

その中で最も高額なのは国保料です。

すさまじすぎて、声も出なくなるほど。

そしてこれまでにも滞納をしている人のもとには、
さらに「差押通知」なども。

でも、諦めないでください。

私たちの知恵と力と勇気で、解決にぜひ結び付けたいと思っています。

20120622国保なんでも110番

06-6354-8662にいつでもお電話ください

ああしんど・・・今日は忙しかったあ・・

今日は本当に息つく暇のない一日でした。

今日は肌寒いので、ちょっと厚手のもめん着物。

moblog_f5418582.jpg


事務所にはいるなり、メール処理。

いろいろやっている間に、毎日新聞H野さん来局。
早速、相談活動ハンドブック取材といろいろと情報提供。

昼から、夜の常任幹事会の会議レジュメ作成。

1時に郵便局でお金の手配、

そしてランチタイム。
サンドイッチとコーヒーが美味しいいつもの喫茶店(カフェではなく)。

120621珈琲館


かかっている音楽もイージーリスニングという感じで、
して、老婦人たちがみんな静かにトーストとお茶をしている感じが
とても癒されます。



っと、気分がゆっくりしたところで、
事務所からメール。

午前中に送ったはずのメールがとどいていない!?

仕方なく、切り上げて事務所に。

そして、5時の「自治体キャラバン行動資料集」入稿にむけて
最終整理。

そして5時、印刷屋さんに入稿。

常任幹事会レジュメを仕上げ、コピーして、

6時から常任幹事会。

さっき終わったとこです。

ああしんど。

明日は一日大阪府保険医協会で「国保なんでも110番」なので、
終日事務所にはおりません。


相談活動ハンドブック、たったい納品されました~!!

やった~!!

できました~!!


120620相談活動ハンドブック

200円とは思えない充実ぶり!!

自信作です~!!

お申し込みはこちらへ

日に日にかわいく面白くなっています。

昨日のくーちゃんです。

moblog_0e5f15ac.jpg

この子は本当によく喋る子で、

特に朝6時頃からの「おなかすいた~しにそう~」と(聞こえる)いう声

眠い時の「ねむいねん、ねむいたいねん、だっこして」(ときこえる)というお喋りは

とても面白いのです。

ちーちゃんが、殆ど喋らない子で、
彼女が声をだして意思表示をするときは

「いやっ」という拒否の時だけです。

猫にも無口な子、お喋りな子がいて面白いですね。



いったいどうなっているのか

来月から自治体キャラバン行動が始まります。


キャラバンにむけて各市町村に要望書やアンケート用紙を送るのですが


先週から届いていない、という自治体が続出。

要望書は郵便で
アンケートはクロネコヤマトのメール便です。


役所の事務処理がおかしいのか


郵便局やヤマト運輸がおかしいのか



3、4年前から自治体がものが届いていないというようになりました。


昔はそんなことはあり得なかったけど。



いろんなことがちゃんと出来ないような社会になりつつあります。

それでよく「政令指定都市 堺」なんていえますねえ、恥ずかしいですよ

昨日夕方は堺市役所の20階の立派な会議室にいた。

そこで何をしていたかというと、

堺市情報公開審査会で7人の審査委員の前で
「口頭意見陳述」を補佐人の日下部さんとともに行ったのだ。

詳しくは日下部さんブログを見てほしいのだけれど、

簡単に言うと、

堺市に介護保険の給付適正化事業とケアプランチェックでの
堺市が実施した内容がわかる文書の公開請求をした。

これは堺市に初めてやったわけではなく、
大阪府に対しても、大阪市に対しても、
それから市町村では
和泉市、東大阪市にも同様の請求を行い、

当然、事業者名も含め全公開となった。

それがなんと、
堺市は事業者名だけを公開して、
その他内容全てをまっ黒けにぬりつぶして公開したのだ!!

はあ~???でしょう。

だから、
当然不服申し立てをし、弁明書や反論書のやりとりをして、
昨日の意見陳述に至ったという次第。

私の口頭意見陳述要旨は以下。

はっきり申し上げて、
堺市は政令指定都市とは名ばかりの、
情報公開度最低レベル自治体だ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

堺市への「意見陳述」要旨

2012.6.15
大阪社会保障推進協議会 事務局長 寺内順子

大阪社保協はこれまで様々なものを大阪府始め府内各自治体に対して行ってきた。これは、行政の行っていることを事実として把握するためのものであり、行政が作成したメールやメモの一枚までも「公文書」とし、そして公開請求を行ってきた。
これまで行ってきた情報公開請求の一例をあげると以下のようになる。

◆特別養護老人ホーム収支報告書等
 ・大阪市、堺市、枚方市、河内長野市
◆介護事故報告書
 ・大阪府内全市町村
 ・河内長野市が全施設名を黒塗りせず公開。
◆大阪府介護保険ローカルルール関係
 ・大阪府
◆ケアプランチェック関係
 ・大阪市、和泉市、東大阪市
◆給付適正化事業の委託契約に基づく精算報告等
 ・和泉市
◆第5期介護保険料関係
 ・大阪府
◆国民健康保険差押調書
 ・堺市、大阪市、茨木市、松原市、門真市、四條畷市
◆国民健康保険に係る通達や会議録のすべて
 ・大阪市、四條畷市

*大阪市に対して公開・非公開の判断基準について尋ねたところ、「非公開にしなければならない合理的な理由が無い限りすべて公開する」という明確な回答があった。

*大阪市の回答にてらすと、今回の堺市の非公開決定には「合理的な理由」が見つからない。なぜならば、かつて大阪社保協が同様の公開請求をした時には黒塗りにしていなかったということからも明らかである。さらに、我々は、堺市がしている調査やチェック内容を知りたいのであって、事業所のしていることを知りたいのではない。よって事業所名の公開は要求していない。担当課とのやりとりの中でも、事業所名を黒塗りしたうえで内容を公開するよう何度も要請した。

*和泉市の場合を紹介したい。
和泉市はケアプランチェックを市内民間事業所に委託していたが、その事業所が行っていた法令無視の不当なサービス拒否を強いるケアプランチェックの内容を我々は情報公開請求によって知ることができた。まさしくこれは、「知る権利」が保障されることによって初めて明らかになったものである。
そしてその後、和泉市にその内容を示しながら度重なる話し合いを重ね、結果として和泉市は是正通知を出すなどの改善を行った。

*この10数年、大阪社保協はありとあらゆる公文書の開示を大阪府と府内市町村に対して請求してきた。現在、個人情報に係る部分以外は基本的に公開するというのが大阪の到達点である。

*そうした中、事業者名だけ残し、そのほかを黒塗りしたものを公開するという堺市の前代未聞の決定は驚きとともに失笑に値する。そんな資料になんの意味があるだろうか。

堺市の「情報公開度」は、政令指定都市とは思えないほど遅れていると指摘せざるを得ない。 

大好きな青い縞の着物

どんな着物が好きかと聞かれたら

縞!!

どんな色が好きかと聞かれたら

青!!

だから、今日は大好きな青い縞の着物。

川越唐桟ちぢみです。

もう、5年ほどの前にgallery晏の実店舗の「馬場呉服店」を訪ねて購入し、

毎年夏にきています。

帯はいつも白い麻帯で、すっきりと。

moblog_17b2e18a.jpg







とても元気です!

痩せこけていましたが、
今週一週間、すごい食欲です。

すこしふっくらしてきたくーちゃんです。

120615くーちゃん

moblog_fbdc8f39.jpg

いまから京都へ

今日は今から京都に向かいます。


母校の佛教大学社会福祉学部で特別授業。


でも声は相変わらずのハスキーボイス!


マイクの感度が良いことを祈るのみです。


終わったら河原町に寄ってきます!


いずれにしても私へのご用はメールでお願いします。

くーちゃんです。

くーちゃんです。まだ2カ月と少しの男の子。

moblog_8f7a35d6.jpg

めちゃくちゃよく動きますので
まだちゃんとした写真が撮れていませんが。

moblog_0e5f5023.jpg



寝てるときだけ静かです。

moblog_267fb0dd.jpg

ごんちゃんがいなくなって
私と次男はものすごくしょんぼりしました。

いろんな猫サイトをみているうちに、
門真市で捨て猫、野良猫を救いだし、
里親につなげていくボランティアをしている方に出会い、
実際に訪問し、くーちゃんと出会いました。

そして先日の日曜日に我が家にやってきました。

心配したちーちゃんとの相性ですが、

くーちゃんは平気で追いかけまわしていて、
ちーちゃんがはじめは逃げてましたが、
だんだんにふたりの距離は近くなっています。

今日以降、くーちゃんのことを紹介していきますね。

とてもひとなつこく、
とても元気に家じゅうを走りまわっています。

遂に校了!!

本日、遂に校了しました!!

2012soudan-handbook.png


もうじたばたしても・・・私の手を離れ
印刷屋さんに入っちゃいました。

6月20日は1000冊ほどが事務所に納品される予定です。
早くほしい方は、大阪社保協事務所をお訪ねいただくのが確実です。

最終的に53頁になりました。
この分量で、この内容で、

はっきりいって200円では安すぎる!!

とは思うんですけど、

でも「運動」の一環としてつくっておりますから、
ぜひ活用してください。

ただ、
10冊以上は郵送を先にして代金後払い、

9冊までは前払いとなります。
以下のチラシに必要部数をお書きの上、faxしてください。

9冊までの方の入金方法はこちらからご連絡いたしますので。

申込チラシはこちらです

国保の基礎を学ぶ連続講座を開催します。

国保改善運動は、社保協はじめ地域での住民運動の大きな柱となっていますが、
「国保の基礎」を学ぶための文献は皆無です。

大阪社保協では、「本が無いなら自分たちで作ろう」と、
国保運動の中で積み上げてきたものをもとに、
これまで2006年、2008年に「住民運動のための国保ハンドブック」を出版し
好評を博しました。

前回の2008年は後期高齢者医療制度スタートの年でした。

それから4年。

大阪社保協では
子どもの無保険問題、
国保広域化問題、
財産調査・差押問題、
国保会計分析などに取り組み、
前進を勝ち取ってきました。

これらのたたかいも反映した新しい「国保ハンドブック2012」は
7月20日に発行予定です。

2012国保handbook

このハンドブックを使い、
徹底的に国保の基礎を学ぶ連続講座を企画しました。

学びは全ての出発点です。

じっくりと学びながら、
明日からの地域でのたたかいの力にしてください。

チラシはこちらです

あなたの積極的な参加をお待ちしています。

★日時  ①7月27日(金)②8月31日(金)③9月28日(金)
      いずれも午後6時半~9時

★会場  大阪府保険医協会会議室 
      〒大阪市浪速区幸町1-2-33 (O-CAT北側、なんばHACH西側)

★内容   ①基礎編 ②応用編 ③運動編

★講師   2012国保ハンドブック編集委員

★参加費  2000円(ハンドブック代別・購入者は当日お持ちください。3回通し参 
      加を基本とします)

★定員  60人

★必ず下記申込用紙で事前登録をしてください。先着順です。

★主催  大阪社会保障推進協議会 Tel06-6354-8662 fax06-6357-0846
     *定員オーバーでお断りをする場合のみfaxで連絡します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国保の基礎を学ぶ連続講座申込用紙
     ふ り が な
*氏名
*所属団体・地域社保協名
*職種
*連絡先
*自宅・職場 〒
(必須)   Tel             fax

声が…………

今日午前中は神戸で
全日本年金者組合兵庫県本部介護保険学習会。


実は昨日の午後から声が出にくくなり………

今朝、起きた時には完全に声が出なくなっていた。


うーん、困った…

熱が出るなか話をした経験はあるけど

声が出なくなったのは初めて。

うがいしたり発声練習して

ハスキーだけど低音ならなんとか…


あとは会場のマイクの感度と性能次第かな。

さあて、どうなりますか。


午後は相談活動ハンドブックを校了させねば。

大阪市敬老パスは市営交通であるかぎり8億円あれば現状維持できる

大阪市政改革プラン素案には2万8千ほどのパブリックコメントが寄せられた。

これは大阪市始まって以来の数。

そして、大かたは「存続」「廃止・削減反対」の声。

それで橋下市長はなんといったか。

「この数でも市民からいうとごく一部分」・・。

あんたそういうと思ってましたわ。



さて、本題。

私はかねてより大阪市の敬老パスについては眉つばと思ってきた。

「89億円」を大阪市の一般会計から交通局会計に入れているのだけれど、
この「89億円」の根拠は何か。

大阪市役所に行って、決算書も全部みたけど、わからない。

なので、大阪市市政改革室にメールで「89億円の根拠を教えてほしい」とメールした。

そして、返ってきた回答が以下。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


●交付金

(福祉局から交通局に対して、敬老パス利用実績に基づき支出する大阪市営交通(地下鉄・バス・ニュートラム)の乗車料金。)

8,184百万円

●事務経費

(新規・更新・継続利用等の手続きを行うための帳票作成、印刷、発送、業務委託、システム管理にかかる経費及び敬老パス(ICカード)発行にかかる経費等。)

805百万円

計8,989百万円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

つまり、82億円というのは、1年間の利用者×回数という実績で逆算した運賃。


でも、考えてみてほしい。

地下鉄もバスも、高齢者のために運行しているのではない。

70歳以上高齢者が敬老パスを使って乗ろうが、乗るまいが
地下鉄は、バスは、走る。

実際に必要な経費は8億円にしかすぎない。


この敬老パス事業というのは、
もともと交通局の赤字部分を一般会計繰入で埋めようとして始まっている。


今、大阪市交通局は大黒字を出している、日本で唯一の公営交通だ。

もう、一般会計から繰り入れて消す赤字はない。

だから、結論からいえば
大阪市交通局が大阪市の物である限り、
もう82億円の繰入は不要で、
実質的な経費は8億円でいいのだ。

大阪市交通局の市営地下鉄はもうかっている。
だから、私鉄は欲しい。
でも、採算の取れないバスはいらない。


大阪市交通局である限り、地下鉄でもうけてバスの赤字をカバーする。

それでいいじゃないか。



大阪市には結構交通の便が悪い区域が沢山ある。

大正区なんて、典型的な交通過疎地域で
区の北側にJRと地下鉄の駅があるだけで、
主要な交通網はバスと、そして渡し舟だ。
この渡し舟は市営。

赤字もあれば、黒字もある。
でも全体として交通局は黒字なんだから、
これの何がわるい??

そして敬老パスも実質8億円だけで継続できる。


それからもっと言えば、
交通費負担は年金生活の高齢者にとって、もっともしんどい支出だ。

だから、交通費の心配なく外出できるというのは
「究極の介護予防」なのだ。

高齢者にとって一番よくないことは、「ひきこもり」。

足腰にとって、そして脳にとっても、精神にとっても。

だから、
橋下みたいに「歩けばいい」なんてことをいうやつ、
ほんとうに「愚の骨頂」だ。


プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク