0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

date :2013年04月

ココちゃんはお転婆さん。

エリザベスカラーがとれたココちゃん。

13673083935272.jpg

こんな寝方だってできます・・・・。

13673084503524.jpg

くーちゃんとつるんで、ゴミ箱をあさったりいろいろやってくれはります。

くーちゃんは、小さなココちゃんがいるので、

どーんとかまえてはりますが。

これは昨日の朝、私の枕元で「朝ごはんまだですか」のがん見中。

13673084156553.jpg
スポンサーサイト

国保での差押について若い方の相談がメールで入ってくるようになりました

最近、このブログをみて相談してこられる方、概ね30歳代、40歳代の方が増えてきました。

それもみんな国民健康保険料滞納での差押の相談です。

「国民健康保険」「国保」「差押」などで検索すると

私のこのブログに行きつくようですね・

発信は大事ですね。

この間、

大阪市住吉区、岸和田市、枚方市、四條畷市の方のご相談に同行したり、

地域の相談窓口につなぐことができました。

ぜひ、どんどんご相談ください。

その場合は、

osakasha@poppy.ocn.ne.jpにお名前と連絡先Tel番号をおいれください。

携帯からのメールでももちろんだいじょうぶです。

国保は役所に相談をすると

保険料が安くなったり、

支払いを猶予してもらったり、

差押対象から外してもらうこともできます。

ぜひ諦めずに、osakasha@poppy.ocn.ne.jpにメールをくださいね。

TPPなんてアメリカに国政干渉されるためのようなものだ

昨夜は「社会保障講師養成学習会」。

大阪社保協・井上会長にお話いただき、TPPについてしっかりと学習した。

本当にちゃんと知れば知るほど、

日本はアメリカに完全に舐められているとしか思えない。

特に、TPP協定に盛り込まれるだろうという「毒素条項」がひどい。

この条項のこと、あまり知られていないから、ぜひ、知ってほしい。

いかにアメリカに都合のいい条項か、
いかにアメリカに舐められているかがよくわかる。


TPP協定は締結すれば後戻りはできないし、例外などない。


「毒素条項」

①投資家保護条項(ISD条項:Investor-State Dispute Settlement)

日本に投資したアメリカ企業が日本の政策変更により損害を被った場合に、世界銀行傘下の
国際投資紛争仲裁センターに提訴できるという条項。
国際投資紛争仲裁センターはアメリカがコントロールしているので提訴の結果はアメリカ側に有利になるのは
自明の理。
この条項は日本にだけ適用されるようになっている不平等条項。


②ラチェット条項(Ratchet条項)

貿易などの条件を一旦合意したら、後でどのようなことが発生してもその条件は変更できないというルール。
つまり、一度決めた開放水準は後で不都合・問題があったとしても逆戻り出来ないという条項。
例えば、牛肉などの農産物で、狂牛病や遺伝子操作作物で、健康被害が発生したとしても、それをもって輸入の禁止や交易条件、国内でのアメリカ産のものの規制はできない。
健康や安全のためがあっても、規制を緩和したらそれを元に戻して再規制するということはできないというあり得ない条項。


③NVC条項(Non-Violation Complaint条項)

非違反提訴のこと。
米国企業が日本で期待した利益を得られなかった場合に、日本がTPPに違反していなくても、
アメリカ政府が米国企業の代わって国際機関に対して日本を提訴できるというもの。
違反が無くて、日本で期待した利益を得られなかった場合にも提訴できる。
例えば、公的な健康保険分野などで参入などがうまくいかないと、提訴されて、国民健康保険などの
公的保険制度が不適切として改変を求められるということにもなりうる。


④スナップバック(Snap-back)条項

アメリカ側が相手国の違反やアメリカが深刻な影響ありと判断するときは
関税撤廃を反故にできるというもの。
例えば、自動車分野で日本が協定違反した場合、
または、アメリカ製自動車の販売・流通に深刻な影響を及ぼすと
アメリカが判断した場合、
アメリカでの自動車輸入関税撤廃をアメリカが無効にできる。
関税の撤廃も、アメリカ企業に深刻な影響を与えるとアメリカ側が判断した場合はいつでも反故に出来る。
まさに不平等条約の条項。


⑤未来の最恵国待遇(Future most-favored-nation treatment)

将来、日本が他の国にアメリカよりも条件の良い最恵国待遇を与えたときは、
自動的にその最恵国待遇はアメリカにも付与・適用される。
何の交渉も不要でアメリカは最も条件の良い最恵国待遇を手に入れられることとなっていて
アメリカの都合のみ良くなっている。
しかも、これは日本側にだけ義務が生ずるという不平等条項。


⑥ネガティブリスト方式

明示された「非開放分野」以外は全てが開放されるとするもので
例外として明記されない全ての分野は全面的に開放される。


⑦規制必要性の立証責任と開放の追加措置

日本が規制の必要性を立証できない場合は、
市場開放のための追加措置を取る必要が生じるというもの(政府の立証責任)。

いつのまにかこんなに仲良し

ここちゃんはどうもくーちゃんがすきなようで、

いつのまにか、こういう感じになりました。

このふたり(二匹というより二人の方かぴったりきます)、
実は4ヶ月か5ヶ月くらいしか違わないのです。

くーちゃんは去年の4月生まれで、ここちゃんはたぶん8月生まれ。

ここちゃんはいつまでたっても子猫みたいに小さいです。

13667689063070.jpg

13667689235911.jpg

枚方市生活保護障害者自動車保有裁判完全勝訴判決~権利はたたかうものの手にある

生まれつき股関節に障害を持ち歩行が困難な佐藤キヨ子さんが、

日常的に不可欠でかつ資産価値もない自動車の保有を理由に生活保護を廃止され、

再度の保護開始申請も却下した事案に対し、

枚方市を相手取り,2010 年2 月23 日大阪地方裁判所に生活保護棄却決定取消等請求事件として提訴した裁判は、

先週金曜日の19日の午後判決が言い渡されました。

判決では廃止処分及び却下処分の違法性を認め却下処分を取り消すとともに、

国家賠償法上も違法であるとして、

被告枚方市に約172万円の損害賠償の支払いを命ずるという画期的な判決で、

弁護団は「完全勝訴」として評価しました。

13666980328613.jpg


報告集会の中で弁護団からは

「なぜ完全勝訴かというと、棄却決定取り消しだけでなく、国家賠償法にもとずく損害賠償172万円が認められたという画期的な判決で、この2つが認められたことがとても大きい」

「そして、この判決は今後各方面に影響がでると思う」

とのコメントがありました。


さらに注目すべきは弁護団声明にもそのまま抜粋されていますが、

判決文で「生活保護を利用する身体障害者がその保有する自動車を通院以外日常生活上の目的のために利用することは、被保護者の自立助長及びその保有する資産の活用という観点から、むしろ当然に認められる」

としたことです。

実際に、障害者の自動車保有が認められていたとしても、利用は通院のみしか認めないというケースが多々ありますが、

判決ではそうではなく、

「保有が認められているなら自由に利用する方が自立助長になるし、資産の活用にもなる」

と言い切ったわけで、これは現在の生活保護の運用にも大きな影響が考えられます。

現に、自治体が作成している「生活保護の手引き」等には、自動車保有については、障害者の通院のみしか書かれていない場合が多く、今後は判例を活用しながら自治体に書き換えを要求していくことも必要です。

集会では佐藤さんが

「これから人として当たり前の生活が当たり前にできます。後ろ楯がされているのを感じる。これからすいすいとどこまでも行ける。生きていてよかったです」
と挨拶されました。

誰にも遠慮することなく当たり前に外出できることが如何に人間らしいことなのかという思いがこもった言葉で感動的でした。

13666979936602.jpg

報告集会で涙ぐみながら報告された枚方交野生健会の森田事務局長。

13666980554094.jpg

三年間、ずっと佐藤さんを支えつづけてこられました。

たたかいは厳しいけど、でもあたたかい、そんな思いで私も一杯になりました。


次のステップは、
枚方市に控訴させず判決を確定させることです。

弁護団声明と支援する会作成の要請文はこちらです。

ダウンロードし署名していただき支援する会に大至急faxでお送りください。

期限は5月7日まです。

また、拡散していただき、一人でも多くの方たちからのご支援をよろしくおねがいします。

元気です!

月曜日に避妊手術をして一泊入院

火曜日に帰ってきたときは、ふらふらで元気がなかっのですが、

昨日あたりから元気で

今日、金曜日は闊歩しています。

来週抜糸です。

13662662046790.jpg

ブログをみて相談してこられる方へ

最近、このブログをみて相談をしてこられる方が結構おられます。

特に多いのが、

国民健康保険料の滞納で「全額一いつまでに支払わないと差し押さえる」という通知が
役所からきたが、どうしたらいいか、というご相談。

拍手から入るコメントではこちらから返すことができないので、

必ず、メールでおくってください。

アドレスは osakasha@poppy.ocn.ne.jp です。

そして、すぐに対応できるように、電話番号を入れてください。

そうすればすぐに連絡ができます。

大阪であれば、各地に地域社保協がありますので、

役所への同行も含め、生活全般の相談にもお答えできます。

大阪でなくても全都道府県に社保協がありますのでつなぎます。

諦めないでどうぞご相談ください。

よろしくお願いします。

今朝も私の着物の上で・・・

今朝も、着物箪笥の引き出しをあければ、早速彼女が。

とてもお気に入りで退いてくれません。

仕方ない。

このまま引き出しをあけてきました。

爪でひっかくわけでもないし、ちょっと毛がつくくらいだし。

13657370308840.jpg

19日、枚方障害者自動車保有裁判、判決がでます!!

提訴以来3年2ヶ月、枚方生活保護自動車保有訴訟の判決が4月19日言い渡されます。

15回の傍聴参加、14,000人分を超える公正裁判を求める署名のご協力ありがとうございました。

生活保護バッシングのなかで迎える判決です。勝利すれば大きな励ましになります。

200人の傍聴・報告集会にご参加、ご協力をよろしくお願い致します。



生活保護自動車保有訴訟の勝利で、人としてあたり前のくらしを!

日時 : 4月19日14:00分 判決
    大阪地裁202号法廷(大法廷・傍聴席91人)

集合 : 13:00 地裁の正門の向かい側
13:30 入廷行動 14:00判決
    14:00 過ぎ、判決の内容を正門前に垂れ幕もって報告
    14:30前後 弁護士会館2階会議室に移動し報告集会

連絡先 : 佐藤キヨ子さんを支援する会 枚方市大垣内町2丁目12-2-12
       枚方交野生健会内 電話・FAX 072-846-8231

日ごとに顔が変わってきました

3月19日に我が家にやってきたココちゃん。

20日が過ぎました。

のらちゃんの時は、ずっと猫風邪をひき、
鼻はずるずる、目やにだらけで、
黒い顔をしていましたが、

家猫になって、すぐに薬を飲んで、
風邪はすっかりよくなり、

そして一度シャンプーもしたので、とてもいいにおいの子になりました。

ふっくらして顔つきも、美少女タイプになってきました。

今朝のココちゃん。
抱っことなでなでが大好きです。

13656679628260.jpg

着物好きなにゃんず

今朝のにゃんず。

私のきもの箪笥が好きです。

13655790454390.jpg

着物が下にあるんだけど、まあいっかあ。

4月、5月の学習会等のご案内

この4月5月、ガンガン学習会を企画しています。

現在、決定していないものもありますので、随時お知らせしますね。

とりあえず・・・決定しているものを。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学ぶことからたたかいは始まる
社会保障講師養成学習会


昨年8月に消費税率アップとともに突然可決された「社会保障制度改革推進法」は、社会保障制度を自助・共助、つまり自己責任と助け合い制度に貶める法律です。
しかしながら、国民はもとより、私たちの組織内の構成員も、この法律の意味はもちろん名前さえ知らないというのが現実です。
大阪では「社会保障制度改革推進法廃止を求める大阪実行委員会」を立上げ、大阪的な大運動を進めていきたいと考えています。
たたかいを地域で進めるには、地域で学習会を網の目のように企画し、広げていくことが必要です。そのためには、「社会保障」を語れる人を沢山養成する必要があり、大阪社保協事務局だけでは間に合いません。
そこで、急遽、講師養成学習会を企画しました。ぜひ多数ご参加ください。

★日時 2013年4月23日(火)午後7時~9時
★会場 大阪府保険医協会MDホール 難波駅26-A出口リバープレイス方向へ一つ目信号右、つきあたりを左すぐ。
★講師 井上賢二・大阪社保協会長
★資料代 無料  
★資料印刷の関係上必ず事前申し込みをメールしてください。
★主催 大阪社会保障推進協議会 osakasha@poppy.ocn.ne.jp


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国保滞納処分問題大学習会 

2011年度自治体キャラバン行動以降の私たちのたたかいで、大阪府の生活保護世帯への滞納処分の停止通知、さらに大阪市の無財産・生活困窮世帯への滞納処分の停止通知など、全国的にも画期的な成果が生まれています。
しかしながら、自治体による一方的な差押は後を絶ちません。
今一度、この1年間の地域でのたたかいを整理し、みんなで考えあう学習会を企画しました。
楠弁護士には差押に関する判例などについても解説していただきます。
さらに2012年度の府内市町村の滞納処分と滞納処分の停止の最新データも報告します。
ぜひご参加ください。

★日時 2013年4月27日(土)午後1時半~4時半
★会場 大商連会館大会議室
★企画 講演「大阪でのたたかいについての総括と現時点での到達点について(仮称)」
    楠晋一弁護士(京橋共 同法律事務所)
    活動報告・意見交換
★主催 大阪社会保障推進協議会(大阪社保協)
    osakasha@poppy.ocn.ne.jp
★共催   大阪商工団体連合会(大商連)
★参加費  無料、大阪社保協「住民運動のための国保ハンドブック2012」を使いますのでお持ちください。ない方は当日販売いたしますのでご購入ください(1冊800円)

★資料作成の関係上、下記申込書記入の上、事前に必ず大阪社保協あてメールで申込をお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第1回近畿社会保障学校
~近畿はひとつ ともにまなび、つながり、そして動こう~


★日時 2013年5月12日(日)午前10時~午後4時
★会場 神戸市勤労会館(三宮)4階★企画 

10時~12時 記念講演「マルクス経済学者からみたアベノミクスと安倍政権の行きつく先」 
石川康宏・神戸女学院大学教授

13時~16時 分科会 

①介護保険 
問題提起・助言者 日下部雅喜 大阪社保協介護保険対策委員
テーマ「動き出した介護保険改悪~社会保障制度改革推進法が狙うものはなにか、改善を実現するための共同行動を地域で」

②生活保護 
問題提起・助言者 現場の福祉事務所ケースワーカー
テーマ 「生活保護基準引き下げと権利としての生活保護制度を作ろう」

③医療・国保 
問題提起・助言者 長友薫輝・三重短期大学教授
テーマ「TPPで日本の医療保険制度が崩壊?!」

★資料代 500円 規模 120人
★主催  社保協近畿ブロック懇談会
★申込  資料印刷の関係上、必ず事前にメールosakasha@poppy.ocn.ne.jpに氏名・団体名・連絡先・希望分科会名を書いて申し込んでください。
★問合せ・申込先  大阪社会保障推進協議会  osakasha@poppy.ocn.ne.jp

今日はきもの本撮影会

今日の午後は、
昨年連載していた大阪民主新報のきものエッセイをもとにした「きもの本」の写真撮り。

私が持ち込んだきものの柄や小物を撮ってもらったり、

若いきもの仲間の帯結びを撮影してもらったり・・・

32604_360316324073395_1937746694_n.jpg

とっても楽しい時間でした。

そしてそのあとは美味しいご飯会。

若いきもの仲間がまたまたふえて、

楽しいこと、このうえなし。


539246_360316344073393_157210919_n.jpg


いい休日でした。

私の原点

私は東京出張の折には
いつも新幹線の三人座席側の窓際に座ります。

下りだと京都駅に入る手前で公園がみえます。

学生時代、毎週土曜日の午後、4年間通った公園です。

30数年前、
いまは駐車場になっている公園のすぐしたのところに
信じられないとはおもいますが、

戦後直後のようにバラック小屋がつらなっていて、
そこにたくさんの家族が住んでいました。

そこは、被差別部落と呼ばれていた崇仁地域で、
在日のかたもたくさんいました。

私は佛教大学のかもがわセツルメントに所属し、

毎週土曜日に何をしていたかといえば、

小学生のこどもたちと遊び、
そして、話好きな地域のおばあちゃん、おっちゃん、おばちゃんに
「学生さんたち、ご飯食べていき」といつもさそってもらって
晩ごはんを御馳走になっていました。

ご飯食べながらそこで語られる
地域の皆さんの人生は壮絶なもので、
私が貧困というものを知ったのもここでした。

その地域では、
ある日突然人がいなくなりました。

夜逃げもあるし、行方不明も、そして死亡も。

この前まで元気だった人がある日突然に死ぬ・・・・

いま思えば、日雇労働のようなことをしている人が多く、
今で言う「無保険」状態で、
多分、医療にかかることもなく、突然死んでしまったのだと思います。

そして、暴力団関係の人達も多く、

身近なところで麻薬や覚せい剤が売買されている、ということも
子どもたちの口から日常的に聞かされました。

そして、親や子、兄弟の誰かが犯罪にかかわっていることも多く、
「○○ちゃんのお父さんは、いまムショやねん」ということもよく聞きました。

でも、子どもたちは素直でとても可愛く、
私たち学生は、「何も出来ない」という無力感にさいなまれながらも、
子どもたちが今日一日楽しい思いが経験できるようにと、
私は「小運動会」というのをよくその公園で企画していました。

とにかくチームにわけて、リレーや鬼ごっこをするのです。

私の原点はここにあります。

あの4年間があったから、いまの私がいると確信できます。

私のこのブログは2006年から書いていますが、

書き始めのころに、このことについて書いていましたので同時に紹介します。

ココちゃん、ふっくらしてきました。

我が家に3月19日にやってきたココちゃん。

体重がふえないために、毎日しっかり食べてます。

ちょっとふっくらしてきました。

そして初めてシャンプーもして

ふわふわの毛になってとってもかわいくなってきました。

もうじき、ほかのにゃんずとも一緒に遊べるようになります。

13649431480600.jpg

今日、新幹線の中で考えたこと。

今夜は東京にきています。

今日、来る時の新幹線の中で考えたことです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新幹線の中は子どもづれの家族客でいっぱいです。春休みですものね。

こどもたちの楽しそうで幸せそうな顔をみているだけでも、幸せな気分になりますが、
私は同時にこんな風にお休みになっても家族旅行に行ったことのない子どもたちのことを考えます。

2008年12月に東京の立教大学で開かれたこどもの貧困シンポのパネラーに招かれたのですが、
その時に発言された北海道の研究者の方が、
「貧困層の子どもたちは、誕生日を祝ってもらったり、クリスマスにプレゼントをもらった経験のない子が多い、また自分の勉強机をもっていない」
といったデータを発表されていたことがとても印象的でした。

誕生日会をしてもらって、
誕生日やクリスマスのプレゼントなんて当たり前だという家庭に生まれ育った人間にとっては
信じられないことですが、
貧困世帯の子どもたちは、そうした楽しいこと、幸せだと感じることの経験がとても少ないのです。

誕生日を祝ってもらう、というのは、
「生まれてきてありがとう、お父さん、お母さんはあなたが生まれてうれしかったよ」
と親がおもっているということを子どもが感じる機会です。

そうした経験の積み重ねが自己肯定感につながり、自分への自信となります。

小学校の間くらいはサンタさんを信じているので、
「うちにはサンタさんが来ない」と思っている子どももいるわけです。

思春期に、「誰からも必要とされていない、大切に思われていない」という気持ちになることが
育ちにどんな影響を与えるでしょうか。

大人にとっても贈り物がうれしいのは、
その人が私のためにこの品物を選んで送ってくれたということを感じるからです。

私は、大切な人にプレゼントをするのが好きですが、
それは私が送ったことでその人がとても喜んでくれるということが、
私にとっても喜びでもあるからです。

今日の午後の会議は
5月25日(土)午後に予定している
「大阪の貧困と生活保護バッシングを考えるシンポジウム」の打ち合わせ会議でした。

このシンポの前半の記念講演は朝日新聞大阪本社の中塚久美子記者です。

彼女は私がとても信頼しているマスコミ関係者の一人です。

一月に滋賀県で開催した「社保協近畿ブロック懇談会」でも、
こどもの貧困問題で話をしてもらいました。

その時の彼女の話で最も心に残っている言葉は、
「努力は成功体験がないとできない」という言葉でした。

生活保護バッシングによくあるのは、
「働けるのに働かない」「頑張りがたりない」というそしりですが、
頑張るためには「頑張ったら、努力したら成功する」という展望がなければできないし、
貧困家庭のこどものまわりにはそういう成功例がないのだ、という話でした。

なるほど、と思いました。

シンポでは、中塚さんが丹念に取材してきた事例をお話いただきながら、
貧困とは単にお金がないということではなく、
そこにはどんなことがあるのか、
貧困の中では子どもたちがどう育っていくのか、
ということを丁寧に話していただきます。

来週にもチラシを作成し、みなさんにもお知らせいたしますので、
ぜひご参加くださいね。

私は、あと30年ほどの人生のテーマに
「こどもの貧困と向き合い、直接支援する活動をする」ことをおきたいと考えています。

私自身は、両親に人間として尊重され、大切に育ててもらいました。

そしていまの私がいます。

そして、両親がしてくれたようにわが子を育てました。

自分の子育てが終わった今、

私は
「すべての子どもたちが幸せな子ども時代をすごせるように」
そのための活動をしたいと考えています。

なんで猫をそだてているかというと・・・・

ブログをみた方やfb友達から、

「また、猫増えたんですね」

「3匹も大変じゃないですか」

「こんどの子は気がつよそうですね」

とかとか、お声をいただきます。



去年から、完全に子育ておわったんだなあと、実感しておりまして・・・

だから、猫の面倒くらい、大したことではございません。



今日から4月、新しい年度のはじまり。

なんだか、新しいことをしたくなって、

津軽三味線、習おうかとおもいたち、

前からいきたいと思っていた、津軽三味線のお稽古、

今度、見学に行くことにしました。


大きな病気をしなければ、あと、30年は生きるわけです。

いまから、新しいことも一杯やって、

そして好きなことも継続して、面白い人生にしたいと思っています。



大きな病気をしないためには、

毎年ちゃんと人間ドックも受けて、

自分自身、しっかりと健康管理もしなければなりませんが。



いままで、今日と明日のことしか考えずに突っ走ってきたのですが、

これからはちょっと長いスタンスでの人生設計してみようかとおもったりしています。



プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク