121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

date :2014年01月

困った時にはいつでもご相談ください

困った事って、

大抵はお金に関したことだと思います。

とにかく相談してくだされば、

なんとかなります!!

どうぞご連絡くださいね。

t20140130.jpg
スポンサーサイト

今夜は西成で中塚久美子記者のお話をききます。

日頃からいろいろ連絡をとっている朝日新聞大阪本社の中塚久美子記者。

今夜は西成区で学習会があるので行ってきます。

pb-06.png

主催は「わがまち西成子育てネット」。

私は活動内容を知らないのですが、

でも地域の人達が自分の地域での活動を考え、行動されているのですね。

学びたいと思います。

うれしいお誘い

一昨日の夜、会議中に一通のメール。

「◎日か▲日に、晩御飯いきませんか?」


忘れもしません。

数年前、まさにその方と晩御飯に行くという日の朝に電話があって、

「健康診断で悪い結果がでてしまって、これから治療生活にはいらないといけない」と。

それから数年。

晩御飯ご一緒に行けるようになりはったんや~。

「行きます、◎日、美味しいお魚のお店にご案内します!!」

とすぐに返信。



美味しいご飯食べながら、お喋り出来るようになりはったんやなあ。

声かけていただいて、本当にうれしいです。

今日、お魚の美味しいお店、予約しときますね。




絶対に・・・何よりも・・・いのちが一番大事だ

昨日の昼すぎに大阪社保協にTelあり。

大阪市中央区の保証会社の社員という男性。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

大阪南部の自治体に家賃滞納の人がいるので、何度も訪ねた。

呼んでも出てこないので先週のはじめに「不在票」をドアにはさんだが、

先週の土曜日、またいったら「不在票」はそのままだった。

つまり、ドアが開けられていないということ。

何度も呼んだら出てきたのだけれど、

家の中で話をしたら、とても家賃どころの話でなく、

やせ細って、衰弱しているようだった。

救急車を呼んで病院に連れて行ってもらっても、

帰りのお金がないとのことだったので私が立て替えた。

入院かと思ったら、帰された。

こんな人は生活保護じゃないだろうかと思って役所に相談したら、

「ご本人から申請してもらえないと」「電話一本でもかけてもらえれば・・」とけんもほろろ。

どうしたらいいでしょうか。

私の会社は大阪市内で、たびたび行くことができないんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

ただちに大阪生活と健康をまもる会連合会にTel。

その自治体には地域の生健会がないので、近隣の生健会につないでいただく。

それから、地域社保協にもつなぐ。


そして、今日、早速、生健会の方が訪問してくださって、

同行して役所に行き、生活保護申請が受理され、

今日の夕方、丁度今頃、役所の保護課長とケースワーカーが家庭訪問してくれるはず。


その方はまだとても若い女性。

いろんな事情があることを、保護申請のあと、ぽつぽつとお話してくれたとのこと。

生健会事務局長さんは「とても孤独な人です」と。


一人ぼっちで生きてきはったんやね。

でも、私たちがキャッチしたら、絶対になんとかしますから。

「いつでもそばにいるから」「いつでも助けるから」というメッセージ、とどくといいな。


役所の人、いのち守ってください。絶対に見捨てんといてください。

申請がないから、なんて言わんといてください。

福祉事務所には「急迫保護」っていうの、できるんですから。



それから、保証会社の社員さん、ほんとうにいい人だ~。

先ほど、お礼のTelをしました。

大阪社保協の電話番号06-6354-8662は

ネットで「生活保護相談」で検索したら出てきたそうです。


絶対にいのちが一番大事です。

お金がどうのことのは、問題外です。

つながれば、なんとかなります。なんとかします。


困った時は、どうぞお電話くださいね。


銀座結びはかわいいです

昨日の午前中の「きものを楽しむ講座」

参加者は少なかったのですが、

新しい方がお二人。

谷町6丁目にお住まいのお母さんと娘さん。


初めて、「銀座結び」に挑戦していただきました。

でも、前結びだと簡単です。

短い帯だと結びにくいのですが、

長めの名古屋帯や洒落袋帯だと綺麗に出来上がります。

生徒さんもとても上手にできました。

この結び方だと、途中にてれん、とほどけることはありません。

1604962_510652332384277_1762077015_n.jpg


次回2月22日は半幅帯の結び方も練習してみましょう。

そして、そのあと私は仕事がないので、

みなさんとランチ会をしたいと思います。

bfc607ce57c18ece1aa9d2b484d21957.jpg

Nさん、いまも覚えていてくれてありがとう。

今日はばたばたの一日。

午前中は「子どもの医療費助成制度拡充をめざす大阪府民連絡会」事務局会議。

終了後はみんなで移動して京橋駅コンコースで宣伝行動。

その後、大阪市役所へ。

まずは保護課の2013年度の会議資料の公開。

その後、国保収納対策課のN課長のところへ。

この課長さんは課長代理時代に、大阪社保協とずっとやり取りしてきた方で、

私にはため口で話をしてこられるくらい、ある意味とても親しい課長さんです。

「ひさしぶりやねえ・・・」とにこにこと出てきてくださり、
「今日は、なんですか?」とのことで、

「大阪市はちゃーんとやってはるとは思いますけどね、
先日、鳥取の高裁判決出ましたでしょ、
あの関係で先日の土曜日に学習会しましてね、
今日は要請書と資料集をお持ちしましたの」

「大阪市だけではなく、43市町村と大阪府にも全部送りますのよ」

・・・・・

N課長は、
「判決はもちろん知っているけれど、あれは特別なケースでしょ」という反応。

でも、判決文はまだ手に入らず読んでいないと言うことでしたので、

資料集(大阪市には特別に4冊進呈)に入っていると伝えると、

「ほしかったんですわ、早速よみますわ」ということでした。

法令をよく勉強している大阪市でさえこれですから、

やっぱり判決文そのものをきちっと渡して、

そこに何が書いているかを理解してもらって、

そのうえで要請書もちゃんとうけてもらうということの重要性を今日痛感しましたね。

行って良かったです。

それから、事務所に帰ってくると、

ある新聞社の記者さんから「ちょっとご相談に寄せていただきたい」とTel。

そして、それから2時間、主に国保の事であれやこれやとレクチャー。

「なんで私のところに?」という話の中で、

ある新聞記者さんからのご紹介とのこと。

それはとても懐かしいお名前でした。

多分、後期高齢者医療の頃ですから、2008年ころに何度かやりとりをしたN記者。

「国保のことやったら」私にと言ってくださったとのこと。

その後、海外赴任もしていまは大阪におられるとの近況もうかがって、

とてもうれしい気持ちになりましたね。

Nさん、いまもおぼえていてくれて、ありがとう。

明後日木曜日のABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」で取り上げられます

先日、大阪市淀川区にお住まいの高齢男性が大阪社保協事務所に相談に来られました。

去年の10月に75歳になられて自分は後期高齢者医療に、奥さんが国保に、というケース。

ご自分の後期高齢者医療の保険料と奥さんの保険料を足すと

以前の国保料よりうんと高くて納得行かない、という相談。

旦那さんは年金が260万円あるので計算すると・・・やはり後期高齢者の保険料は合っているようですが、

奥さんが70万円しか年金がないのに高すぎます。

70万円なら、所得はゼロで、応益割が7割軽減となり、

高い大阪市の国保料でも年額2万円ちょっとのはずなのです。

おかしい・・・・なぜでしょう。

「奥さんは確定申告されてます?」とお聞ききすると、

奥さんはいままで確定申告をしたことがないとのこと。

これですね!!

国保料の軽減は申告していないと適用されないのです。

淀川区役所に電話をかけ、直ぐに簡易申告をしてもらえることに。

直ぐに役所にいっていただくことにしました。

税務署が、少ない年金の場合は申告しないでいいといってますが、あれはまちがいです。

今日の相談者の方のように、

国保料の軽減に係わります。

相談者のかたは、一年前のちょうど今ごろ、私が出演した

朝日放送ラジオの『おはようパーソナリティ道上洋三です』のリスナーの方でした。

このことを番組のサイトからメールをしたところ、

ディレクターの方からメールがあり、明後日の木曜日の午前8時ころから取り上げていただくこととなりました。

高齢者の確定申告を中心にお話いただくのは、

税理士法人京阪総合会計事務所の税理士・疋田英司さんです。

ぜひ聞いてくださいね。



幸せとは何かを問う~久しぶりに「学校」を観た

風邪のため、今日は仕事を休み、一日家に籠ることにした。

咳がでて、横になると呼吸がしにくいため、

座位で過ごすことにした。

映画を観よう、何にしようかな・・・・と、

選んだのは「学校」

学校 [DVD]学校 [DVD]
(2005/11/26)
西田敏行、竹下景子 他

商品詳細を見る


山田洋次監督の「学校」シリーズ第一作。1993年の作品。

もう、20年以上も前の映画なんだなあ。

私はこの映画を初めてどこで観たんだろう。

ロードショーで映画館だったのか、それともそのあと、ビデオかな。

1993年ころは、仕事と子育て真っ最中で、多分映画館に行く余裕がなかったから、

きっと、ロードショーでは観ていないと思う。

夜間中学で勉強する人たちの人生を映しだしながら、

人はなぜ勉強するのか、幸せとは何なのか・・・・

そう問う映画。

いのさんこと、田中邦衛がとてもいい。

一人で泣いてます。

幸せな一日

18日の土曜日は「滞納処分・差押問題国保西日本集会」。

気合いをいれていつもよりおしゃれして紫の紬で。

13901452692350.jpg


8時40分に玉造駅に着き、

会場の大商連会館に向かう途中、行き先表示をつけていく。

9時前に会館に着くと、すでに近畿ブロックのメンバーが集まっていた。

心強いな。

みんなで袋づめをし、打ち合わせをして受付体制に。

続々と会場は一杯になっていく。

開会あいさつをする京都社保協・南事務局長

13901442395821.jpg

会場は満杯、143人が参加。

13901442183070.jpg

まずは楠晋一弁護士の講演「滞納処分の基礎知識とたたかいの到達点」。

DSCF7109.jpg


大阪社保協では何度も何度も繰り返し学んできたことだけれど、

全国的にはこうした学習はされていない。

「滞納処分とはなにか」「差押えとはなにか」「財産調査とは」・・・・

こうしたことをなぜ学ぶ必要があるのか、

楠弁護士はこう指摘します。

①法律や通達なと関係法令を知る(丸めこまれないよう理論武装)

②追及する前提となる事実・証拠をつかむ

③違法行為を監視していることを役所に知らしめる

そのためには、

①専門家(弁護士、税理士、地方議会議員、現役の行政職員、職員OB)との連携、勉強会の開催等

②自治体の情報公開請求制度の活用、役所への質問状・情報提供の依頼など
  入手したデータの分析(「国保の危機は本当か?」)

③役所との定期的な懇談(時には対決)

などが必要だと。

差押えにはルールがあり、

さらには特別法によって「差押え禁止財産」が規定されており、

高額療養費、傷病手当などの健康保険給付、生活保護費、障害者自立支援給付、児童手当、児童扶養手当、養育医療費、後期高齢者医療給付、雇用保険給付などは

金額にかかわらず差押えをすることができない。

しかし、現実的には差押え禁止財産であっても、

通帳に振り込まれたとたん、差押え禁止財産ではなくなり、差し押さえることができる、

と、全国の自治体の職員はそう思っており、そして差し押さえている。

その根拠としてるのが平成10年の最高裁判決。

その内容について、楠弁護士が解説。

簡単に言うと、

差押え禁止財産であっても、預金にはいってしまうと、

いろんお金がごちゃごちゃしてしまって、

何のお金かわからなくなるので、その預金はもう差押え禁止財産ではなくなる、というもの。

たまたま、その通帳はいろんなお金がはいっている預金だったのだ。


そして去年、その最高裁判決を打ち破る画期的な判決がでた。

それが去年の11月にでた「鳥取児童手当差押事件」に対する高裁判決。

この判決については、

鳥取県民主商工会連合会 川本善孝事務局長が「『鳥取県児童手当事件』闘いの歩み」として

どんな経過があったのか、裁判はどう進められたのか、国会で、地域でというお話をいただいた。

DSCF7120.jpg


特に素晴らしいのは、

川本さんが、原告が「児童手当が鳥取県に差し押さえられた!!」と飛び込んできたその日に早速

同行して鳥取県に要請・抗議にいかれたこと。

この議事録がちゃんと鳥取県が作っていて、

のちに裁判でも大きな威力を発揮することになる。

やっぱり、相談をうけたら「同行」しなくちゃね。



そしてさらに、裁判の弁護団の勝俣彰仁弁護士から

「違法な差押えの是正に向けて~鳥取県児童手当差押え事件判決を活かす」と題し

一審(地裁)判決と二審(高裁)判決の内容と意味を詳しくお話いただいた。

13901441951321.jpg

この事件の概要は以下。

鳥取市在住の自営業者の男性が、自動車税・個人事業税等の県税を滞納していたところ、

鳥取県税事務所が平成20年6月11日、

「差押え禁止財産」である児童手当金の振り込みが行われた直後に 

男性の預金を差し押さえたことは「受給権の侵害」にあたり違法であるとして

差押処分等の取り消しと差し押さえられた児童手当金の返還、

国家賠償法の慰謝料を請求した裁判。

「高裁判決文」では、

①処分行政庁は、本件差し押さえ処分の時点で、平成20年6月11日に本件口座に本件児童手当が振り込まれることを認識していたと認めることが合理的である

②処分行政庁において本件児童手当が本件口座に振り込まれる日であることを認識したうえで、本件児童手当が本件口座に振り込まれた9分後に、本件児童手当によって大部分が形成されている本件預金債権を差押えた本件差押処分は、本件児童手当の部分に関しては、実質的に本件児童手当を受ける権利自体を差押えたのと変わりがないと認められるから、児童手当法15条の趣旨に反するものとして違法と認めざるを得ない。

裁判所の判決文って、ぐるぐる回りくどいけれど、でも当たり前のことが書いてある。

このシンプルさが素晴らしい。

勝俣弁護士は、

「しかし,高裁判決は,重要なくさびをうった。

今回“高等裁判所が”差押禁止債権の属性を承継すると明示し,

実際に児童手当の返還を命じて,最高裁判決の限界,預金差押許容説の限界を厳に示した。

最高裁判決があり預金差押許容説もあったから不法行為とはならないという論理は“本件まで”しか使えない。

本件でも地裁判決のとおり紙一重。

ましてや今後はこれまでとは異なり,高裁判決がある以上,

預金となったからといって漫然と差し押さえることは許されない。」と。

そして、勝俣弁護士の講演て初めて知ったのだけれど、

行政訴訟の場合、処分に対する不服審査請求を先にしておかなければ、

裁判で争うことができない。

この事件の場合、

「差押処分」と「配当処分」の2つの処分に対して不服審査請求をしておかなければならないのだけれど、

だいたい、後者に対して審査請求するなんて思いつかない・・・・。

裁判のことを考えて審査請求なんて普通はしない。

でも、一審では画期的な判決がでていて、

「後者については行政庁に対する審査請求手続きを経ないでその取り消しの訴えを提起することができるとするのが相当」とした。

ただ、二審ではこの件については却下したのだけれど、

でもその代わり、

「取立てに係る金員を保持する権限を課税主体に与えるものではないのであって,仮に本件差押処分が違法であることによって,滞納者が財産的損害を被ったり法律上の原因なく損失を受けたりしたというのであれば,本件差押処分の取消し等を経ることなく,不法行為に基づく損害賠償請求あるいは不当利得返還請求の方法によって,滞納者の損害ないし損失の回復を図ることが可能であると解されるから,本件差押処分の取消請求に係る訴えの利益を否定したとしても,滞納者の権利利益を回復することは可能であるといえる。」

とした。

つまり、行政訴訟で「差押処分の取り消し」をしなくても、
民法にもとづく「損壊賠償請求」とか「不当利益の返還請求」とかすればいいやんか、と言ってくれているのだ。

これってめちゃくちゃ画期的なこと。

ここが、この判決のすばらいしとこだ。

勝俣弁護士はそして最後に、私たちにこう言われた。

「常識的な感覚を大事にしてほしい。

全国で行われている年金や児童手当が口座に入った途端に全額差押えているような事例、

常識的に考えておかしい差押えは違法だとしてとり戻すべきだ。

そして、今後なされたおかしな差押えについては直ちに利息をつけて返還請求をすべきだし、

あわして損害賠償請求もすべきだ。

この鳥取の判決を活かすのはこれからだ」と。

本当にそうだ。

私たちの今後のたたかいが見えてきた。

とりあえず、大阪府内市町村の国保収納課担当課長あてに

「滞納処分・差押問題資料集」と「鳥取高裁判決を踏まえて滞納処分を行え」という要望書を送ることにする。

13902001696010.jpg

判決文もきっちりと自治体の担当者に読んどいてもらわないとね。


午後はいくつか地域でのたたかいの報告もあり、

本当に充実した一日となった。

私は、どうしてもこの学習会、全国レベルで必要だとずっとおもっていた。

だから、成功させることができて本当にうれしかった。

終了後、打ち上げをして、いろんな人と語り合った。


13901441594200.jpg


なかでも、福岡建設労働組合の方たちが5人も参加してくださったことはとてもうれしかった。

昨年の1月には、国保学習会の講師としてお招きいただいた。

大阪と福岡でつながっている。

そして、大阪に、近畿に信頼できる仲間がいる。

私は幸せだな、つくづくと思った一日だった。









めちゃくちゃたのしみな明日の滞納処分差押問題西日本国保集会

いよいよ、明日に迫った「滞納処分差押問題国保西日本集会」

式次第も出来ましたし、資料集も届きました。

参加申込も150人となり締め切りをさせていただきます。

資料集が欲しい方は、送料込1000円でお送りしますので、

□名前 □希望冊数  □送り先住所  □連絡先 Telとfax

明記の上 osakasha@poppy.ocn.ne.jp まで送ってください。

式次第は以下です。

とても楽しみです。

お申し込みいただいた方、お待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.18 滞納処分・差押問題西日本国保交流集会 式次第

10時~   開会あいさつ(京都社保協 南博之 事務局長)

10時10分~ 講演①「滞納処分の基礎知識とたたかいの到達点」(90分)
       楠晋一 弁護士

11時40分~ 10分休憩

11時50分~ 特別報告「『鳥取県児童手当差押事件』闘いの歩み」(20分)
       鳥取県民主商工会連合会  川本善孝 事務局長
   
12時10分~ 講演②「違法な差し押さえの是正に向けて
       ~鳥取県児童手当差押事件判決を活かす」 (50分)
       勝俣彰仁 弁護士

13時~   昼食休憩(60分)

14時~   午前中の講義を受けて質疑応答(30分)

14時30分~ 指定報告①
         「保険証はいのちのパスポート
          ~短期証の窓口留め置き・1ケ月短期証交付は許されない」 (20分)
             石川県社会保障推進協議会 寺越博之さん

      指定報告②
         「神戸市の国保改善運動
          ~国保料の基礎控除後所得方式への移行と神戸市独自の控除方式」(20分)
                        兵庫社会保障推進協議会 高山忠徳 事務局次長  

15時10分~  10分休憩

15時20分~  全体討論

16時50分~  まとめ・閉会挨拶(中央社保協運営委員・大阪社保協 寺内順子 事務局長)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつものおじいさん

自宅から最寄りの駅まで10分足らず。

その間に「サービス付高齢者住宅」がある。いわゆる「サ高住」。

「サービス」と名前がついているものの、これは施設ではなく、単に住宅。

じゃあ、この「サービス」って何かと言えば、「みまもりサービス」のこと。

まあ、安否確認。

これ以上のサービスを使いたければ、

介護保険の申請をして認定をうけてサービスを使うということとなる。

なので、特別養護老人ホームとも、グループホームとも違う。

ここのサ高は道路に面していて「ワンルームマンション」みたいな感じで、

一階に訪問介護事業所がある。


っで、いつも朝の通勤時間に通る訳だけど、

毎日同じ車いすのおじいさんが玄関前の自動販売機の前のベンチでたばこを吸ってはります。

おじいさん、といっても、結構若い感じで、60歳代かもしれない。

今日もいましたね。

寒いでしょうにね。



あくまで、ここは単なるマンションなので、

特養などと違い、行事ごとはない。

自分で訪問介護サービスを使うなりしないと、介助の手もない。

食事は大抵「配食サービス」を使う形になるけれど、もちろん別料金。


だいたいどれくらいの費用がいるかということでいうと、

千差万別なのだけれど、

入居金も数十万から数百万円まてせいろいろで、

部屋代は大阪市内だと42,000円に設定されているのが多くて、

これは生活保護の住宅扶助の金額。

これに管理費や食費などがプラスされ、

安いところで10万円くらいから、

それ以上はいろいろ。

これに介護保険サービスを使えば、利用料が必要となる。

だから、決して安くない。


マンションの中をまだ見学させてもらっていないので、

どういう部屋なのかはわからないけれど、

多分、ワンルームだと思う。



いつもたばこを吸っているこのおじいさんは、

眺めがまったくよくないこの玄関で、一体どれくらい座っているんだろう。

そう思いながら毎日その前を行きすぎる。

心の友

昨日、今日は東京。

昨夜は東京にいる友人夫妻と東京駅界隈で晩御飯。

もともとは仕事で知り合ったのは旦那さんの方。

2008年からのお付き合いです。

そして、奥様とは去年の5月から、彼女とはきものを通じて。

そして、ご夫妻とも心の通じ合う大切な「友人」。


私の大好きな「赤毛のアン」では、そういう友人を「心の友」と表現しています。

私は、そういう「心の友」が各地に沢山いて、

「心の友」たちと食事をしながら語り合うのが旅行の楽しみでもあります。

昨夜も、そんな「心の友」と語り合う楽しい晩御飯でした。


私はとても幸せだな。

そう思う夜でした。

長崎ぶらぶら節の吉永小百合とそのきものが素敵

なんだか眠れないので、

お風呂にはいったり、洗濯したり、ネットしたり・・・・。

ケーブルテレビで去年観た「長崎ぶらぶら節」。

映画としてもよかったけど、

でも、なんといっても、吉永小百合のきもの姿が、多分、どの映画よりも素敵。

っで、アマゾンで注文しました。

芸者姿も素敵ですが、

不断にきているきものがとても素敵なのです。

「きものを楽しむ講座」でも、どこかの回でみんなど観たいと思います。

長崎ぶらぶら節 [DVD]長崎ぶらぶら節 [DVD]
(2001/08/10)
吉永小百合、高島礼子 他

商品詳細を見る

シングルマザーに対する取り組みを考えています

3月1日の大阪社保協「第24回総会」での議案にいれるつもりですが、

今年、シングルマザー問題に本格的に取り組みます。

それで、大阪社保協がこれまでつくってきた「相談活動ハンドブック」の

シングルマザー版を今年作りたいと思うのです。

あるマスコミ関係者の方にアドバイスいただいたのですが、

「生活保護」と銘打ったらシングルマザーは来ないと。

「ジングルマザーのための」とか、「こどもの貧困」とか、

そういう打ちだしじゃないとだめだと。

だから、無料電話相談も「シングルマザーのための電話相談」にも取り組みたいですね。

いままでにやってきていない分野ですが、

大阪社保協のネットワークやノウハウ、知識を駆使した取り組みを考えたいとおもっています。

このブログを観ている方からのアイデアやご意見もぜひお寄せくださいね。



最近のきもの

私にとって、きものは日常なので、あまり意識していませんが、

先日、ある方から

「いつも同じきものをfbにアップしている」と言われてしまいました。

汚れが気にならないのと自分がおちつくので、黒っぽいものや紺色が多いのですが、

それだと自分としては違うきものなのですが、

ほかの方から見ると同じきものをずっと着ているようにみえるんかなと・・・・

もっと違う色のきものも来た方がいいのかなと・・・


それで、今月は意識して紺系、黒系じゃないのを着ています。

明日、明後日の東京行きにはなにを着ようかなあ。

13896179995340.jpg


13896180266281.jpg


1424564_487526578030186_682080840_n.jpg


1453400_487992964650214_476068738_n.jpg



今年は本格的にシングルマザーの貧困問題に取り組む

昨日の午後は大阪社保協事務局会議。

今年3月1日に開催する「大阪社保協第24回総会」にむけて

議案の集中論議をする予定になっていたので、

朝早く、京橋のカフェにノートパソコンを持ち込み、

モーニングをしながら二時間半ほど議案整理。

っていうか、

冬休み中、すっと頭の中で考えていたことを

一昨日から書き出していて、

それをさらに膨らませる作業をしていた。

今度の総会議案は、

2014年度の方針を出すだけでなく、

3年、5年、10年スパンの方針を提案したいと考えていて、

だから、ちょっと大胆な問題提起も書いてみました。

今後、素案をたたき台にして、もっと議論をしていきます。


っで、具体的な運動方針なのだけれど、

今年、本格的にシングルマザーとこどもの貧困問題での取り組みをしていきたいと思っている。

そのためには、いろんな知恵がいるので、

子どもの貧困解決のめに活動しているさまざまな団体、ひととの連携、

そしてマスコミとの連携を模索していきたいと思う。

だから、これまで以上にいろんなところに顔をだしたいし、

マスコミのひとたちとももっとつながっていきたいとおもう。


1.18国保滞納処分西日本集会はまもなく締切となります!!

すでにお知らせしている1月18日開催の「滞納処分・差押問題 西日本国保交流集会」ですが、

現時点で135人を超えましたので、もうすぐ締め切りとなります。多分、今日中にも。

今回は「完全事前予約制」、当日飛び込み参加は不可です。


それと、どこにもない資料を作る予定です。

当日準備する「資料集」では、
鳥取児童手当差押裁判控訴審の判決文全文と評価分析、
さらに全国の市町村が「錦の御旗」のように思っている「平成10年最高裁判決」についての詳しい解説、
そして、平成23年度全国市町村の差押状況最新資料を掲載します。

「参加したいけどいけないので資料だけでも」という方に朗報です。

1部送料込1000円でお分けしますので、
欲しい方は大至急
・氏名 ・送り先住所 ・連絡先fax番号 ・冊数
を明記の上、

大阪社保協メールosakasha@poppy.ocn.ne.jpへご連絡ください。


滞納処分・差押問題西日本国保交流集会 

★日時 2014年1月18日(土)午前10時~17時
★会場 大商連会館大会議室
(玉造駅は大阪駅から環状線外回りで15分程度です)

午前の部(10時~13時)
  講演「滞納処分の基礎知識(法的根拠と判例)とたたかいの到達点」
   楠晋一弁護士(京橋共同法律事務所)
  特別報告「鳥取児童手当差押返還請求裁判(高裁判決)について」

午後の部(14時~17時)
  中央社保協からの報告「国保広域化・都道府県化問題最新情報」
  西日本での活動報告・意見交換

★主催  社保協近畿ブロック (現地事務局大阪社保協 Tel06-6354-8662)

★共催  中央社保協

★規模  150人(先着順 150人を超えればキャンセル待ちとなり、当日飛び込み参加は認めません)

★参加費資料代2000円
(弁当代込 会場周辺には食べるところがありません 当日精算)

※大阪社保協作成「住民運動のための国保ハンドブック2012」を使いますので必ずお持ちください。
ない方は当日500円で販売いたしますのでご購入ください。

★資料作成の関係上、下記申込書記入の上、
 事前に必ず大阪社保協あてosakasha@poppy.ocn.ne.jpにお送りください。
 申込先着順ですのでお断りをする場合もあります。キャンセルの方は必ずご連絡ください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014.1.18西日本国保運動交流集会に参加します

  ふりがな
□氏名                  □地域・団体名
□連絡先  Tel                fax


今年の「きもの講座」日程のはいったチラシです

新しい年になりました。

今年もきもので楽しいこと、やりますよ!!

っでことで、新しい日程がはいったチラシができましたので掲載します。

いつでも、どなたでもご参加いただけます。

1月の講座では、

簡単な帯結びということで、半幅帯

おしゃれな帯結びとうことで、銀座結び

を伝授いたします。

bfc607ce57c18ece1aa9d2b484d21957.jpg


きもの好きのみなさん、お正月にきものをきていますか?

28日から冬休みに入り、

暦通りでも9日間もやゆっくりできる今年の冬休み。

みなさんどうお過ごしでしょうか。



そして、きもの好きのみなさん、

きものを着るビックチャンスがこのお正月ですが、きてますか?


「きものを楽しむ講座」にご参加の方には、

「お正月にきものを着て写メールをとってくださいね」という宿題をだしたのですが、どうでしょうか。



きものを上手に着たいと思うのなら、

きものを着る機会を作る、

それだけでなく、できるだけ家で練習をする、

これしか近道はありません。


着付け教室にいくら通っても、自分で着る回数を増やさなければ永遠に上手にはなりません。

あたりまえです。

なんだってそうです。

はじめから上手にできるものなどありません。

なんども練習するから上手になるのです。



月に一回着るだけでは上手にはならないでしょう。

上手になりたければ、週に一度は着るようにしましょう。

そして、自宅で自主練習をしましょう。










あと30年、どう生きるか。

平均寿命まで生きるとしてあと30年ほど。

どう生きていくかを、このごろ考える。

今回のお正月。

いろんな方のfbをみていて感じたこと・・・。

お正月って、
どんなに普段忙しくしているひとでも、
みんな家族が集い、語らい、お節などご馳走を食べるとても貴重な機会なんだなあ…と。

私自身も、元気な両親の顔をみるために里帰りをし、
母が作るおせち料理に舌鼓をうった。

でも、このお正月にも、
家族もなくたった一人でお節もなく過ごしている人が、いったいどれくらいいるのかと…思う。

この前の生活保護電話相談に天王寺公園からかけてきたホームレスの青年は、
あれから生活保護にうまく繋がったかしら。
地域の生健会の事務局長さんと次の日に区役所にいったはずだから…大丈夫だと思うのだけれど。

2009年正月の派遣村の衝撃は忘れられないけれど、
でも同じような状況はあっても、表に出ず、みえなくなっている。

弱い人=低所得の人たちは声をださない。
じっと我慢している。

今年は私と同じように
役所も9日間も閉庁。
9日間、食うや食わずの人もいるはず…

私は両親も元気で、こどもにも恵まれ、暖かな家があり、
そして、仕事にも友人にも恵まれ、本当に幸せだ。


私は小さいころから、「自分は幸せだ」といつも思っていて
「だから、私は人のための仕事をしよう」と思っていた。

ほんとうに、
6日から気合いれて仕事しようと思う。

あと30年どう生きるか。

私は「人を幸せにするための仕事」をしようと思う。

具体的にどんなことをするのか、

それは動きながら考えよう。

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク