FC2ブログ
011234567891011121314151617181920212223242526272803

date :2014年02月10日

「脳はバカ、腸はかしこい」を実感した日曜日でした

この本、大阪社保協・井上会長(医師)に紹介されてすぐに読んで、
なるほど・・・と思ったのが10月。

脳はバカ、腸はかしこい脳はバカ、腸はかしこい
(2012/10/20)
藤田 紘一郎

商品詳細を見る


でも、脳は学んでいたけど、体が学んでいなかったのね、
と実感した昨日の日曜日。

昨日終日、「ノロか?」と思うくらいの体調の悪さ。

でも、今日はすっかり元気です。


思うに、飲みつかれ、食べ疲れ、ではないかと。

とにかく、先週一週間は1日しか家でご飯が食べれなかったくらい、
連日の飲み会。

付き合いが良すぎるのが原因ではあるけれど、

腸が、「そろそろ自重しろ」とサインを出したのだと思います。

本田先生の言うとおりです!!

はい、自重します。
スポンサーサイト



文字を綴るということ

ある方が、fb上でご自分の文章に対して指摘をうけたことで

相当なショックをうけておられる様子をみて

私なりに考えてみました。

私は文章を読むことも書くことも生活の一部という人間で、

子どもの時から、

家にある旧仮名遣いの文庫本を読みあさり、

日記、交換日記、文通をしていました。

いま、文章を書くことで信条にしていることがあります。

私は本というか、文字がとにかく好きなので、

時間があれば文字をみています。

いろんな文章をよんでいると気付きますが、

すんなり頭に入る文章と、全く入ってこない文章があるのです。

私の分析では、それは

読み手のことを考えない自己満足な文章と

読み手のことを考えたわかりやすい文章、

ではないかと思っています。

こうしたブログも、

ある意味、自分の日記ではあるけれど、

自分しか読まないかつての「日記帳」ではなく、

読んでもらうための「日記」です。

私がとにかく、気をつけているのは、

ある分野の人しかわからない専門語をつかったり、

わかっているようで、わかっていない横文字を使わないこと、

そして、まわりくどく書かないで、

出来るだけシンプルにわかるように書くこと。

舌足らずだと誤解を生むので、ここはとても工夫がいりますが。

文章は長ければ説明ができてわかりやすいかというと、

そんなことはないのです。

最小限の文字数でいかにわかりやすくするか、

それを、いつも考えて書いています。

そして、文章の深みはどこで生まれるのか、

私は、読み手の心に響き、揺さぶる文章ではないかとおもっています。

小説家ではないので、

そんな文章書く必要ないやろと言われるかもしれませんが、

でも、仕事上書く原稿でも、

エッセイ的に書く原稿でも、

やはり小さな感動、心揺さぶる何かが必要だと思います。

そうでないと、読み手に最後まで読んでもらえない。

ここは、表現力が問われますね。

そんなことにこだわりながら、

実はこのブログも書いています。

そして、このブログで鍛えられたことで、

私は本を何冊も書くことができているのだと思っています。

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク