041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

date :2015年05月

シングルマザーホットラインからみえてきたもの

昨日、今日と、2日間かけてやっているシングルマザーホットライン。

メディア関係では
朝日新聞、毎日新聞、NHKテレビとラジオ、MBSラジオが
お知らせをしてくれたのです。

これまで大阪社保協では、
国保110番、介護保険なんでも相談、生活保護無料電話相談などを
何度も企画してきましたが、

これだけメディアが流してくれたにもかかわらず、
反応が薄いな~という結果に。

新聞、テレビ、ラジオという媒体ではシンママさんには伝わらないのかな?
どのような伝え方をするばいいのかを考えるきっかけになりそうです。

それでも2日間で30件を超える相談がありました。

全体のデータがわかりませんが、
ほとんどは離婚にかかわることで、
そして離婚後の生活相談でした。

お金では、養育費や児童扶養手当にかかわるものが多かったですね。

それで、改めて児童扶養手当のことをいろいろと調べてこたえましたが、
この手当はあまりに理不尽ですね。

児童扶養手当は母親の所得に応じて出るのですが、
満額支給で1人目は42000円で、所得に応じて減額されます。

理不尽なのは、2人目が5000円、3人目が3000円という安さ!!
ひどいですね。
2人目、3人目になったら生活費要らんとでも?

相談員のみなさんと話ていたんですけど、

2人目、3人目も同じように42000円でていたら、
そして1人3万円~4万円の養育費がでれば、
子ども2人だと84000円+60000円で144000円
それにパート10万円ぐらいがあれば25万円くらいになってちゃんと暮らせるよね。
生活保護申請しなくても済むよねって。

大阪社保協でシングルマザー施策の拡充運動というのをこれまでやったことがなく
知らないのですが、
これまで児童扶養手当拡充の大運動というのは歴史的にあるんでしょうか。

これ、やらないと絶対にいけないですよね。
こどもの貧困解決のための大きな運動の一つになりますよね。

2日間のホットラインを経験して、
いま強くそう思っています。

児童扶養手当、なんとかしないといけない!!
スポンサーサイト

シングルマザーとこどもの支援サイト シンママ大阪応援団アップしました

大阪社保協の活動の大きな柱は

国民健康保険
介護保険
生活保護
こどもの貧困問題

です。

昨年のちょうど今頃取り組んだ
大阪市生活保護全国調査団。

その取り組み中で知り合ったCPAO代表の徳丸ゆき子さんに
「シングルマザーサポートブックを作りたいんです」とご相談したのが発端。

シングルマザーさん数人に2回にわたってお集まりいただき
どんなことを知りたいか、どんなことを知っていたらよかったかなどを聞いたうえで、
質問(Q)を何本も作り、
そして回答(A)を専門家の方に作っていただきました。

大阪弁護士会にも支援を申し入れに行ったんですよね。

初めは、大阪社保協がよく作っている200円ハンドブックの様な形態を考えていたんですけど、
それではいったいどれだけ作ってどう配布すればいいのか見当もつかないし、
第一、必要とするお母さんたちの手に届くのか?
というのがあり、
ネット上にアップしようということになりました。

そして、かれこれ1年、
たくさんのサポーターの方に手伝っていただいて、

シンママ大阪応援団
というサイトをアップしました。

ぜひご覧ください。
そして、どうぞお役立てください。

1432783130823.jpg





5月29日30日 シングルマザーホットラインを開設します!!

大阪社会保障推進協議会は
シングルマザーと子どもへの具体的な支援に取り組んでおり、
その一環として
5月29日(金)、30日(土)の2日間、

午前10時から午後8時まで

シングルマザーホットライン
(無料電話相談)

を実施することといたしました。

今回は特設電話を設置し、
シングルマザーおよびプレシングルマザーの方たちからの
さまざまなご相談(DV、離婚調停・裁判、養育費、借金、生活保護等々)に
弁護士・支援者・サポーターがご相談に応じます。
 
当日の臨時電話番号は

   06-6357-1330 

誰にも相談できずに悩んでいるお母さん。

あなたは一人ぼっちではありません。

ぜひお電話ください。

1432782859445.jpg



子どもの貧困対策、今年は今まで以上に力入れて要請します

7月7日から大阪社保協自治体キャラバン行動スタート予定です。

まだ大阪府内43市町村に要望書も懇談日程要請もしていないのですけどね。

いまは、準備期間。

4月中旬から市町村に対して
国保、特定健診、がん検診、介護保険、障害者65歳問題、生活保護、子ども施策に関する
結構膨大なアンケートを送り、
返ってきた回答を、ひたすらエクセルに入力します。

そして、印刷屋さんに入校して2500冊の資料集を作成し、
地域社保協のみなさんに送るだけでなく、
市町村の担当者のみなさんにも送ります。

これは去年の資料集
1432714776073.jpg


そして、自治体キャラバン行動前には各地での事前学習会でこの内容を読み込み、
さらに懇談当日もこの資料集のデータをみながら、
他市との比較もしながら話し合いをします。

そう、大阪社保協の自治体キャラバン行動は抽象論を話すのではなく、
データに基づいて、建設的な立場で意見交換をする場なのですね。

毎年、新しいアンケートを足していくのですが、
今年は子どもの貧困対策の具体化というfax通信たらしいアンケートを加えました。
それは、大阪社保協のこの1年間の取り組みを踏まえてです。

質問は以下です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3. 子どもの貧困対策の具体化について

2013年6月「子どもの貧困対策推進法」が成立しました。2014年8月29日には「子どもの貧困対策に関する大綱」が閣議決定されました。この具体化についてお尋ねいたします。

①貴自治体での上記法及び大綱に対応する担当課は

②法と大綱の具体化のための推進委員会や検討委員会などは設置されましたか
□設置した   いつから   年  月から
 名称は
□設置していない

③2015年度の教育分野での具体的な施策(就学援助・中学校給食以外)があればお知らせください。
例)スクールソーシャルワーカーの増員  2014年度○人から○人へ
例)低所得家庭の児童のためのモーニングサービス  

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上の3点なんですけどね、

今日時点で43市町村中24市町から帰ってきたので入力したんですけど、
①の担当課さえ決まっていないところがほとんど。
②を立ち上げているのは富田林市だけ。
③については「特になし」「未記入」がほとんど。

つまり、
大阪の市町村は
なーんにも考えてないし、なーんにもまだやっていないわけですよ。

でも、まず実態をつかむところから始まります。

そのうえでどうするのか。

子どもの貧困は待ったなしですよ。
子どもはどんどん大きくなるのだしね。

三食のご飯さえ食べれていない子どもがいるんですよ。

毎月第4土曜日の午後は生野こども食堂に行って
ひたすらご飯を作っているんですけどね。

先週のこども食堂で
あるシングルマザーさんが、
「おにぎりは塩しか使わないです。具っていれたことないです」
って言ってて、びっくりしましたが、
そんな塩おにぎりを「食べたい食べたい」「おいしいおいしい」って
子どもたちが次々と手を出すんですよね。
夕食を食べた後ですよ。

来月はもっとご飯を炊いておかないとね。
そしておにぎりをもっと作りましょう。
家にあるふりかけとか昆布とかも持っていかないととおもっているんです。

っで、今年の自治体キャラバン行動での子ども施策での要望はこういうのを入れたんです。

中学校給食は自校式・完全給食・全員喫食とし、
ランチボックス(業者弁当)方式はやめ子どもにとって栄養のある豊かなものとすること。
また、小学校・中学校においては子どもの食事調査(3食たべているか、どんなものたべているか等)を行い、
その結果必要であればモーニングサービス(パン、バナナ、ヨーグルトなど簡単なもの)の導入を検討すること。

とくに、子どもたちの食事調査はしてもらいたいと思うのです。

今年の大阪社保協自治体キャラバン行動、
子ども施策は今まで以上に力をいれて要請しますよ。


5月31日の近畿社会保障学校にぜひご参加を!!

全国47都道府県に社会保障推進協議会があり、
ブロックを作っています。

その中でも近畿ブロック(近畿2府4県の社保協)は
近いこともあり、2か月に1回ほどの事務局会議をしながらずっと交流、
お互いに連携しながら近畿での社会保障運動をすすめています。

昨日の午後はその近畿ブロックの事務局会議。
2時間、しっかりと議論をして、
そのあとはいつものように晩御飯会。
これがめったやたらに楽しい。
8月末には一泊事務局会議を高知で開催することも決めて。
やっぱり、飲み食いしていろんな話をして
人間関係が良好だと、運動もすすむのですね~。

今月31日の日曜日の終日、近畿社会保障学校を大阪で開催します。

内容は以下です。
どなたでもご参加いただけます。

チラシはこちら
お弁当付ですので、必ず事前申し込みをお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第3回近畿社会保障学校
~子どもの貧困に向き合い地域でできることを考えよう~


こどもの貧困をめぐっては2013年6月「子どもの貧困対策推進法」が成立しました。
2014年8月には「子どもの貧困対策に関する大綱」が閣議決定されました。
大綱では、「子どもの将来が生まれ育った環境に左右されず、
貧困が世代を超えて連鎖することのないよう、
必要な環境整備と教育の機会均等を図る対策は極めて重要だ」として、
教育や生活の支援などに取り組むとしており、
この大綱を受け、各都道府県は貧困対策計画をまとめる努力義務が課せられますが、
京都府以外ではいまだこれといった動きは見られません。
各市町村では、横断的な担当課さえ設置されていないというのが現状です。

子どもの6人に1人が貧困という現状の中、
私たち社保協はいま地域で何ができるのでしょうか。
今年の近畿者社会保障学校では、
「子どもの貧困」について正しく学び、
そして地域で何ができるのかを考えあおうと企画しました。
ぜひご参加ください。

★日時 2015年5月31日(日)10時30分~16時

★会場 大阪民医連

★企画 テーマ「子どもの貧困に向き合い地域で出来ることを考えよう」
 
□記念講演①(10時35分~12時05分).
「医療と子どもの貧困」武内一さん(佛教大学教授・小児科医師) 
□記念講演②(13時~14時)
「シングルマザーと子どもたちの現状といま必要な支援について」     
    徳丸ゆき子さん(大阪子どもの貧困アクショングループCPAO代表)  
□指定報告(14時~)
①学習支援  しが健康友の会 会長 坂下久喜さん
②子ども食堂 羽曳野チルドレンサポート 仲野浩司郎さん
③京都府の子供の貧困大綱具体化の取り組み 京都社保協・南事務局長
□ワークショップ「地域でできることを考えよう」

★参加費・資料代(弁当代込)2000円
★規模 150人
★主催 社保協近畿ブロック懇談会
      事務局 大阪社保協 osakasha@poppy.ocn.ne.jp
★申込 資料印刷の関係上必ず事前に以下の内容明記の上メールで申し込んでください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第3回近畿社会保障学校 申込書
 ふりがな 
□氏名                (大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀)
□団体・職場名                        
□連絡先 Tel                 fax

基礎から学ぶ国保~6月初に発行です!!

新しい国保本~基礎から学ぶ国保が来月初めにも発行です。

1冊1500円(税抜き)で、
10冊以上にまとめていただくと
出版社のご厚意で2割引き、送料サービス!!

ほしい方は、
以下明記の上
お名前
冊数
送り先
連絡先 ℡ fax
osakasha@poppy.ocn.ne.jpにお送りください。

国保本表紙(150518)-01

平成27年度を「子どもの貧困対策元年」とする足立区、さて大阪の自治体は?

7月から大阪社保協は2015年度自治体キャラバン行動に取り組みます。

今は準備期間中。
すでに市町村アンケートは
職員体制、国民健康保険、特定健診、がん検診、子ども関係、生活保護、介護保険、障害者65歳問題について
発送済で、すべて5月末日が締め切り。
それから6月中旬は必死でエクセルに入力して43市町村が一目瞭然となるデータを作成し、
それを印刷屋さんに入力して
2500冊の「2015年度自治体キャラバン行動資料集」を作成します。

このオリジナル資料集には、
大阪43市町村の社会保障施策の最新データがはいるわけですから、
自治体キャラバン行動に参加していただく方だけでなく、
市町村の担当課のみなさんにも全部お返ししていきます。

6月頭にに各市町村に対して「統一要望書」を一斉に発送していくわけですが、
その要望案についていろいろと検討しています。

毎年同様の内容になるものと、
新しい項目ももちろん入れていくわけです。

子どもの施策についての要望項目では、新しい項目しとして
こういうのを考えています。

⑥中学校給食は自校式・完全給食・全員喫食とし、ランチボックス(業者弁当)方式はやめ子どもにとって栄養のある豊かなものとすること。また、小学校・中学校においては子どもの食事調査(例えば3食たべているか、どんなものたべているか等の一週間もしくは一カ月の調査)を行い、その結果必要であればモーニングサービス(パン、バナナ、ヨーグルトなど)の導入を自治体として検討すること。

⑦たとえば、東京都足立区では平成27年度を「子どもの貧困対策元年」と位置付け、「貧困を予防する・貧困から救う・貧困の連鎖を断つ」という観点で、出産前から就労までのライフステージごとに早期にきめ細かな対策を取り、「子どもの貧困対策」に本腰を入れるとしている。貴自治体の「子どもの貧困対策推進法」および「子どもの貧困対策に対する大綱」を受けて具体化した施策について明らかにすること。

⑥の中学校給食は昨年もいれましたが、
後段の食事調査とモーニングサービスは新しい項目。

⑦は全く新しい内容です。

足立区については、この足立区のページをみていただきたいのですが、

足立区は平成27年度を「子どもの貧困対策元年」と位置付け、「貧困を予防する・貧困から救う・貧困の連鎖を断つ」という観点で、出産前から就労までのライフステージごとに早期にきめ細かな対策を取り、「子どもの貧困対策」に本腰を入れる。

と書かれているんです。

ここまでしっかりと子どもの貧困にしっかりと向き合い、
政策化をしている自治体って、すごいとおもうんですよね。

大阪では・・・・そういうところをまた知りません。

なので、この足立区のことを要望項目にも明記し、
大阪でもそうした動きを作っていきたいと思っています。





9月15日の日本高齢者大会で「きもの分科会」をします!!

毎年9月15日あたり、
日本高齢者大会というのが開催されます。

全国から5000人以上の高齢者が参加するという
大変大きな大会なんですけど、

今年は和歌山での開催。
そして、初めて「きもの分科会」が持たれます。

もちろん講師はわたくし。

今日、大会実行委員会にお誘い文書を送りました。

参加される方、ぜひ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明日、きものを着てみませんか?
 ~簡単着付けできものライフを楽しみましょう
          

きものを自分ではじめて着たのが2005年、
毎日着るようになったのが2009年11月からで、
私のきもの歴もかれこれ10年ということになります。

毎日きものでいると、いろんな方から声をかけていただくのですが、
よくあるのが
「きもの、たくさんあるんだけどね~着てないわあ」という声。
「きもの、ぜひ着てください!!」というと、
「着たいんだけど、着れないのよ」「着付け教室にも通ったんだけど、忘れちゃって」
とのお答えがとても多いのです。

高齢者大会に参加される方の中で
きものを一枚も持ってないという方は少ないのではないでしょうか。

きもの、着てみませんか?いつか、ではなく、今日、明日から。

着つけはそれほど難しいものではありません。

私の母(79歳)も、わたしの簡単着付け教室に2回参加して、着れるようになりました。
私の妹も今年のお正月から着れるようになりました。

上手に着たいのであれば、着付け教室に通うのではなく、
着る回数、機会を増やすこと、これに尽きます。

どこに着ていけばいいのかわからない??
どんなところでもいいのです。
ちょっとしたお出かけやお買いものだけでなく、
会議や学習会へも。

そう、高齢者大会へもきものだとお出かけ気分ですよ。

私は毎日着ていますが、きもので困ることはほとんどありませんし、
それよりもいろんな方に声をかけていただいたり、
親切していただいたり、着ているだけでほめていただいたり、
いいことばかりです。

この分科会では、
前半は私のきもの噺、
そして後半は実践編で、実際に簡単着付けレッスンをしてみたいと思います。

ぜひ、きもので、自信がなければ夏きものか浴衣一式をお持ちください。

そして、今年の秋から、きものライフを楽しんでみませんか?
楽しいことがたくさん増えること、間違いありません。

みなさまのご参加をお待ちしております。





5月29日・30日 シングルマザーホットラインを実施します!!

大阪社会保障推進協議会は
シングルマザーと子どもへの具体的な支援に取り組んでおり、
その一環として
5月29日(金)、30日(土)の2日間、

午前10時から午後8時まで

シングルマザーホットライン
(無料電話相談)

を実施することといたしました。

今回は特設電話を設置し、
シングルマザーおよびプレシングルマザーの方たちからの
さまざまなご相談(DV、離婚調停・裁判、養育費、借金、生活保護等々)に
弁護士・支援者・サポーターがご相談に応じます。
 
当日の臨時電話番号は

   06-6357-1330 

誰にも相談できずに悩んでいるお母さん。

あなたは一人ぼっちではありません。

ぜひお電話ください。


今日のクーちゃん

けがをしてゲージ暮らしのクーちゃん。

今朝のクーちゃん。
横向いて寝てますね。
早く治ったらいいのにね。

1431580164479.jpg

クーちゃんの災難

我が家の元気印の男子猫のクーちゃんが・・・・

連休中の里帰りでアクシデント!!

高いところから落ちてなんと、右前足ぶらんぶらんに!!

1431400756503.jpg

骨折、手術か!?と心配しましたが、
連休中もやっていた動物病院で診ていただいた結果、
脱臼とひび、ということで、手術はしなくてもすみました。
ほっと一安心。

1431400723868.jpg

ココちゃんはクーちゃんが心配で、
ずっとこんなふうにくっついていました。

歩き回ったり、高い所に飛び上がったりしないようにと
こんなゲージも購入して、
クーチャンはずっとここで暮らしています。
なぜか、ココちゃんもお付き合いして入っています。

1431400695654.jpg

中に入っていない時も、
猫アパートのようにゲージの上に置いた箱の中に
ちーちゃんとココちゃん。
クーちゃんを心配していつもそばにいます。

1431400671029.jpg

けがをして一週間を経過し、
いまのところ、順調によくなっているようです。

早くまた、元気に走り回るクーちゃんに戻ってほしいものです。

やっぱり和食

食と健康については昔から関心があり、
まあ、母が料理研究家ということもあるんですけど、
本を読んでいろいろと勉強してきましたけど、

結論としては
健康状態はすべて自分が何を食べ、どう暮らしているのかという結果だし、
がんだって、究極の生活習慣病なのだと思うのですね。

だって、がん細胞って毎日できているけど、
それを毎日身体の中で免疫が殺しているわけです。

毎日朝晩と血圧を測っているのですが、
自宅で自分で野菜中心の和食をたべた次の日は血圧が正常になり、
外食が続くと高くなります。
薬は飲んでいません。
薬を飲むとなんか体調がいまいち良くない(胃腸の具合がよくない)ので、
やめて食事に気をつけることにしたら、
いまはわりと正常値です。

薬に頼ったらあかんなと思いますね。

っで、肝心の何を食べるかですが、
これはやはり日本人は伝統的な和食があっているのだと思いますね。

私たちの内臓は、
長年、日本人が食べてきたものの歴史の中でできているので、

米、魚、野菜、豆腐などの豆類
そして、
味噌、醤油、漬物、納豆という発酵食品、
これらを毎日毎日食べるのがよいと思います。

私も、これらを毎日しっかりととると体調がいいのです。

っで、できるだけ、毎日、自分が作ったご飯を食べる。

最近の私がたべているもの。
お弁当は母の教えで「一汁三菜」。
おかずは最低3種類。
ご飯は白米が好きなので、これは譲れませんね。
北海道のゆめぴりかを北海道のお百姓さんから定期購入しています。
梅干しは母の手作り。
きゅうりは私がつけたぬか漬け。
自分がつくったお弁当ですけど、とてもおいしいです。

1431400516725.jpg

1431400627424.jpg

1431400649007.jpg

1431400795739.jpg

和のおかずもお皿にもりつけるとカフェ風に。

1431400817778.jpg

ほとんど野菜の夕げ。
味噌汁は具がわからないくらいねぎタップりで。
ごはんはタケノコご飯。

1431400847491.jpg

これは先月の生野こども食堂のメニュー。
私の
得意なおいなりさんはおあげさんから甘辛く炊いて
すし飯には椎茸、人参、ごまなどがたっぷり。
切干大根煮つけにお澄まし、茶碗蒸し。
子どもたちもこんな和食が大好きです。

1431400871265.jpg

明日は東京出張ですが、
行きの新幹線の中で食べるのは自分がにぎったおにぎりです。

基礎から学ぶ国保連続基礎講座やりたいな・・・・みなさん、来ますか?

5月末には発行すべく、連休中も校正しているこの本。
表紙はまだ未確定ですけどね。

14664_757384347711073_7147740080043424830_n.jpg

とくに学んでほしいと思っているのが地方議員さん。

国保なんて、市政の、予算的にも、そして住民の関心でも
もっとも大きなものです。

でも、正しく知っている議員さんが少ない。

予算も見れない人が多いし、
法令も。

もともと、この本は議員さん向けの機関紙「議会と自治体」の連載をもとにして書いたものなので、
議員さん向けの本なわけです。

っで、
できればこれをテキストにして講座を、出来れば連続でやりたい。

6月からやろうかな。
出来れば、平日の昼とか、午前中とかがいいかも。

企画したらきますか?

これからの講師予定

私の当面、講師に行かせていただく予定です。

私がしゃべることのできる内容は、
社会保障、国保、介護保険、生活保護、子どもとシングルマザーの貧困、きもの、などなど。

「こじんまり着付けレッスン」という企画も入ってきて、うれしいな~。

オープンの企画もありますので、
参加したい方はぜひ。

□5月2日(土)こじんまり着付けレッスン(10:00-大阪市北区)
□5月17日(日)寝屋川社保協総会『税と社会保障ハンドブック学習会』(9:30- 寝屋川市民会館)
□5月23日(土)こじんまり着付けレッスン(大阪市北区)
□5月26日(火)京都高齢者大会「税と社会保障ハンドブック学習会」(13:00- 京都高齢者大学)
□6月7日(日)兵庫県商工団体連合会共済会第38回総会「社会保障学習会」(13:00- 神戸国際会議場)
□6月13日(土)岡山市社保協・岡山医療生協「国保学習会」(14:00- 岡山医療生協コムコム会館)
□6月14日(日)兵庫県商工団体連合会婦人部協議会総会「税と社会保障ハンドブック学習会」(13:00-)
□6月20日(日)羽曳野社保協総会「社会保障学習会」(16:00- わじま会館)
□6月26日(土)こじんまり着付けレッスン(神戸市内)
□7月11日(土)門真社保協総会「社会保障学習会」(13:00- けいはん医療生協本部)
□9月15日(火)日本高齢者大会「きもの分科会」(13:00- 和歌山大学)

プロフィール

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク