091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

date :2015年10月

子ども時代に何を食べたかが決定的に大事

もともと、料理は好きでした。

母がお料理好きな主婦で、
母はそれが高じて料理研究家になり、現在に至るわけですが、

そういう料理上手な母親に育てられたので、
家にはいつもおいしい料理ができていて、
そして私も自然と料理をするようになりました。

小学生のころには自宅で手作りピッツアを食べていましたし、
(大学生になるまでピッツアとピザが同じものだと知りませんでした・・・)
クリスマスやお誕生日にはもちろん手作りケーキがありましたし、
遠足や修学旅行のおやつも手作りクッキーを持って行っていました。
基本、毎日のおやつは母の手作りでした。

中学生の時に、クラスの半分の女子たちが我が家に来て
「手作りシュークリーム教室」をしたときのことも昨日のように覚えています。

でも、それはとても恵まれた食の環境だったということを
このごろ、ことさらに思います。

実家では私は特段料理上手という評価ではありませんが、
世の中的には、相当料理ができる、上手だということのようです。

とりあえず、時間さえあればなんでも作りますしできます。

これは、いろんなものを子どものときに食べてきたということが大きいと思うのです。

舌と鼻と目と手が、覚えているのですね。

料理で五感で作るといいますが、
まさにこれは経験がなければできないものなのだと思うのです。

ですから、子ども時代に何を食べたかというのが
その人の一生の食を左右すると思うので、
子どもの食の支援で、
おいしい手作りの料理を食べるということは
単に「おいしい」という感情だけでなく、
その子の一生を左右するほどに大事なものではないかと思うのです。
スポンサーサイト

寄り添う、ということ。

昨年5月の「大阪市生活保護全国調査」をきっかけとして、

大阪貧困アクショングループCPAOと大阪社保協として活動をしたり、
個人的にも調理ボランティアをするようになりました。

そして、シンママと子どもの支援については、
昨年11月から今年4月まで、
毎月1回の「シングルマザーと子どものサポート養成講座」を開催、
5月に「シングルマザーホットライン」、
同じく5月に「シンママ大阪応援団」サイトを立ち上げました。

そして、7月からの大阪社保協自治体キャラバン行動では、
子どもの食の支援と子どもの貧困対策を自治体に迫ってきました。

7月には「2015-2016 相談活動ハンドブック」を発行、
しんぶん赤旗、朝日新聞、毎日新聞にも掲載していただき、
毎日のように1冊、2冊と購入していただいています。

そして、いま数人のシンママさん、プレシンママさんの支援をしています。

まずは、いまある制度とネットワークを駆使しながら、
DVや借金などをしている夫と離婚し、自立できるよう、サポートします。

そして、そのあとも、ずっとおつきあいは続きます。

シンママさん、プレシンママさんたちからのメールには即レスをします。
だって、メールをしてくるにはそれなりの理由がありますから、
やっぱりちゃんとお返事しなくちゃ。

そして、
とにかく「お茶しましょ」「おしゃべりしましょ」と声をかけます。

それと、「頑張ってね」とは絶対に言いません。

シンママさん、プレシンママさんたちは夫のことでものすごく苦労して、
そして子どもたちのためにもう十分に頑張ってきているのですから。

それよりも、
とても、しんどい思いをして生きているので、
ほっとした時間が必要だと思うのです。

それには、子育てが終わった
彼女たちのお姉さんというか、お母さんという年代の私がちょうどいいんだろうなあと
最近思うのです。

寄り添う。

あなたはひとりぼっちじゃないからね。

そう、いつも声をかけています。

プレシンママさん、シンママさん、ぜひごらんください

今年5月に立ち上げた
「シンママ大阪応援団」サイト

5か月たったこのところよくメールが入ってくるようになってきました。

みなさん、プレシンママさん。
つまり、いま離婚調停中や協議中の方。

夫の借金やDV、モラハラなどが原因。

そしてすべての方が、
離婚後の生活の不安についての相談。

でも、大丈夫です。

こんなときこそ、生活保護を申請し、利用しましょう。
困ったときに助けてくれるのが生活保護です。

プレシンママさんの場合は、
いろんな情報提供ができるし、
生活保護申請同行もできますので、責任をもって支援できます。

どうぞ、お気軽にご相談ください。

あなたはひとりぼっちではありません。


こんな可愛いにゃんず帯留つくってもらっちゃいました!!

いつもこんな帯留作ってください~とメールすると
すごーく素敵な帯留を作ってくださる
うみがめ雑貨店さん

今回は、秋のにゃんず帯留をおねがいしたところ、
こんな可愛い帯留、
それもうちのちーちゃん、Qooーちゃん、ここちゃんをモデルに作ってくださったんです~。

1445068755998.jpg

実物はこっちです。

イケメンQooーちゃん。
1417761663237.jpg

女子たち、ちーちゃんとここちゃん。
1428398365100.jpg

女の子はやっぱりスゥィーツ食べてる時って幸せそうです。

私は辛党で、
1000円あったら、ケーキとかパフェとかではなく、
絶対にビールとかワインとか日本酒と肴を選択します。
きっぱりと!

でも、
女の子たちはスゥイーツが好きですよねぇ。

夏に浴衣で天神祭企画をしたときに、
中高生女子たちはスゥイーツ食べ放題とかにいきたいと言っていたので、
この連休に企画いたしました。

女子3人とシンママさんと徳丸さんとインターン生と私の7人で
天神橋筋商店街のケーキ屋さんで
パンケーキとクレープの食べ放題に行ってきました。

私は甘いものが得意ではないので、
結構苦しいものがありましたが、
でも、女子たちとシンママさんはとても楽しそうでうれしそうで、

私はその様子がとてもうれしかったのですね~。

そして、そのあとは、天満橋に移動して
ジュンク堂でゆっくり本を探して立ち読みも。

私が学習会でいただいた講師謝礼や図書券を
子どもたちのために使わせていただきました。

ありがとうございます。

次は冬にまた女子会をしようね~って言ってます。

あ、それから、実は私編み物もすごーく得意なので、
女子たちと編み物部、やろうかと思っています。

毛糸の寄付、お待ちしております~。

当日のCPAOインターン生からの報告はこちらです

1444723913364.jpg

1444723889692.jpg

1444723806286.jpg


今日から我が家もおでん解禁!

昼間は結構汗ばむんですけど、
夕方から夜にかけては肌寒くなってきましたね。

そう、おでんの季節がやってきました。

お店では食べてましたけど、
いよいよ我が家もおでん解禁。

我が家はマンションでおでんを炊くだけで暖房が要らなくなるくらい温まるので、
暑いときには絶対に炊かないんですれど、

そろそろいいかな~、と
この秋はじめて、昨夜からおでんを炊いてます。

おでんを炊くと、
もう大人の息子たちも、必ずお鍋の蓋をあけて、

「あっ、今夜はおでんやな」
「すじ肉はいってる?」
「もちきんちゃく、いれてや~」

なんて、ほとんど小学生の時と同じレベルですね。

でも、
今夜は晩御飯なにしよ~とか心配しなくていいですしね、
帰ったらおでんたべよっ、となんか嬉しくなってしまうのは、私だけかしらん。

1444377263871.jpg

国保会計の真実をもっと知ろう

このところ、大阪以外の地域から国保学習会の講師で呼んでいただいているので

この一ヶ月の間に

徳島県、
岐阜県、
滋賀県、
和歌山県
の4県内市町村の2007年度から2015年度の国保会計を分析しています。

まあ、大阪は2008年度以降よくなったとは言え、
まだ累積赤字を抱えているところもあるんですが、

上記四県はいまなんの問題もなく黒字で、
さらに基金を積み上げていっています。



国保会計は赤字だと思い込んでいる(思わされている)人が多いのですが、

市町村国保会計は概ね黒字。

特に、地方の小規模自治体ほど一般会計法定外繰入をしなくてもずっと大黒字です。

つまり、国保料を高く賦課して取りすぎているからですね。


2007年までは大都市、
政令市、中核市、県庁所在地、
つまり、その都道府県で一番大きな自治体の国保会計は厳しく、
大きな赤字を抱えていました。

それは、
そうした都道府県の中心自治体に医療機関、
それも国立病院、大学医学部附属病院、自治体立病院など
高度医療機関が集中していることと、
大都市の宿命である、所得の低い人たちが集まっている、
という理由からですね。

しかし、2008年度からは一転します。

それは、後期高齢者医療制度が始まり、お金の動きが全く変わったからです。

療養給付交付金と老人保健拠出金がなくなり、
前期高齢者交付金と後期高齢者拠出金があらたにできました。

そしてなにがちがうかというと、
2007年までは交付より拠出が多く、
2008年からは拠出より交付が多くなり、
市町村国保会計はめちゃくちゃ楽になったわけです。

というわけで、
大都市国保会計もめでたく黒字化となり、
都道府県全体でみても大きく黒字となっているのです。

オールジャパンでみると2013年度の黒字は2900億円、別に基金が2800億円あります。

これを大黒字と言わずになんというのか。


もっと、国保会計を評価、分析しないと。

自ら、暦年の決算書を手に入れ、エクセルに入力してデータ作らないとダメ。

特に、議員さんたちはそうだし、
国保引き下げの運動をしている人たちもね。


国保会計の真実を知れば、
そしてその真実を自治体に迫る運動をすれば
国保料値下げはできます。 



プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク