FC2ブログ
121234567891011121314151617181920212223242526272829303102

date :2018年01月

平成29年度就学援助予算が7億円って!少なすぎるやろ!!

昨日の生活保護基準引き下げに反対する大阪集会で
2013年度からの基準引き下げの影響を最もうけているのは「就学援助「だろうということで私が話をすることとなった。
まずは「就学援助とはなんぞや」ということで検索すると
文部科学省就学援助ポータルサイトに行きついた。

以下一部抜粋。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1.就学援助制度の概要
(1)就学援助の実施主体
学校教育法第19条において,「経済的理由によって,就学困難と認められる学齢児童生徒の保護者に対しては,市町村は,必要な援助を与えなければならない。」とされています。

(2)就学援助の対象者
a.要保護者
   生活保護法第6条第2項に規定する要保護者(平成27年度 約14万人)
b.準要保護者
市町村教育委員会が生活保護法第6条第2項に規定する要保護者に準ずる程度に困窮していると認める者 (平成27年度 約133万人)  【認定基準は各市町村が規定】

(3)要保護者等に係る支援
a.補助の概要
市町村の行う援助のうち,要保護者への援助に対して,国は,義務教育の円滑な実施に資することを目的として,「就学困難な児童及び生徒に係る就学奨励についての国の援助に関する法律」「学校給食法」「学校保健安全法」等に基づいて必要な援助を行っています。【要保護児童生徒援助費補助金】
※生活扶助基準の見直しに伴い,できるだけその影響が及ばないよう,平成25年度当初に要保護者として就学支援を受けていた者等については,生活扶助基準の見直し以降も引き続き国による補助の対象となっています。
b.補助対象品目
学用品費/体育実技用具費/新入学児童生徒学用品費等/通学用品費/通学費/修学旅行費/校外活動費/医療費/学校給食費/クラブ活動費/生徒会費/PTA会費

c.国庫補助率
1/2(予算の範囲内で補助)

d.平成29年度予算額
約7億円 (28年度予算額 : 約8億円 )


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が何よりも驚いたのが、今年度の国予算が7億円!
半分は市町村負担としても総事業費14億円って!!
少なすぎるやろ!!

それも、28年度より1億円少ない。

はあ~!?
平成27年度要保護者(生活保護利用者)14万人と準要保護者(生活保護基準とほぼ同等の暮らしをしている、つまり貧困な者)は133万人で、合計147万人が使う制度の国の予算が7億円って!!

いかにこの国は子どもたちを大切にしていないかが、
ここでも鮮明になって、
本当に情けなく、運動強めねばと思った次第です。
スポンサーサイト

NHKラジオ「深夜便」でシンママ大阪応援団のこと話ました

今朝は三時半に目が覚めました。
昨日は日付変更線直前に布団に入ったので3時間半ほどの睡眠ですが、
それでもぱっちり。

4時からのNHKラジオ深夜便で「シングルマザーに寄り添う」というテーマでの
私のインタビューが流れるからです。

昨年末の12月26日の午後にNHK大阪放送局で録音しました。
一発録音です。少し編集はされたようですが。

自分としては、シンママ大阪応援団でやってきたこと、
ふだん私がしゃべっていること、みんなで語り合っていることをしゃべっただけです。

いま、シンママ大阪応援団では100人ほどのママさん、女性たちと子どもたちをサポートしていますが、
ひとりひとりの顔を思い浮かべながら話ました。

後半では、これからやること、やりたいこと、を話しました。
一般社団法人となること。これは決定事項ですし、実現します。
その他の「拠点作り」「Cafe Zikka(カフェ実家)立ち上げ」「ママの仕事づくり、事業展開」などまだどうなるかは未知数ですが、
この一年で形にしていきたいと思っています。
実現のために仲間たちと動き出します。

「深夜便」を聴けなかった方は、
深夜便サイトの「聴き逃しサービス」から2018年1月21日から一週間聴くことができますので、そちらからどうぞ。

聴いた方から、FBメッセージやシンママ大阪応援団サイトからのメールが何本も入ってきていますが、
シングルマザーさんがそんな状態にあるなんて知りませんでした、驚きました、という声が多いですね。
シンママさんの実態はほとんど知られていませんから。
シンママ大阪応援団はもっと発信しないといけません。

支援をしたい、お手伝いをしたいというお申し出も全国からきていますが、
基本的に大阪を中心として活動していますので、そのあたりよろしくお願いします。

シンママ大阪応援団がほしいサポートをいくつか挙げますと、

①大阪市内で拠点にできる場所を探していますので空き家などの情報をご提供いただけますと助かります。

②夫のDVから逃れるために、家具家電などがそのまま残っていてすぐに住める大阪での家のお申し出があると助かります。
一時避難ですので、そのままずっと住む家ではありません。

③毎月のスペシャルボックス用の食材等の提供をお願いします。
何といってもありがたいのはお米です。いくらあってもかまいません。
それから日持ちのする野菜(玉ねぎ、人参、イモ類など)、乾麺、ラーメン、カップめん、調味料、缶詰、レトルト食品、蜂蜜、ジャム、お菓子。新品の若い女性向き下着、靴下、子ども服・靴(新品でなくてもかまいません)、生理用品、石鹸、洗剤、入浴剤、商品券、クオカード、ビール券、図書券など。
こうしたものは毎月15日当たりに到着するように送ってくださると助かります。

送り先は
〒530-0034 大阪市北区錦町2-2国労会館内 大阪社保協気付 シンママ大阪応援団

④ママさんと子どもたちがお金の心配なく参加できるような企画をしています。
また、新入学お祝金やお見舞い金などの現金支給もしています。
スペシャルボックスの送料もシンママ大阪応援団が負担しています。
これらの原資はみなさんからのカンパです。
毎月カンパをしてくださっているサポーターさんもたくさんいらっしゃいます。

振り込み口座は
ゆうちょ銀行 店名四〇八 店番408 普通預金6238969 シンママ大阪応援団 

昨日も、今日もSOSメールが入ってきました。
繋がることで、ママさんたちの困難が少しずつでも取り除ければと思っています。
ママたち同士で繋がって、さらにママとサポーターが繋がって、大きな家族になれればと思っています。
やれることを一つずつやっていきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。

ママたちにスペシャルボックスの現場をみてもらいたい。

シンママ大阪応援団スペシャルボックス発送を手伝ってくれるママたちが増えてきました。

一時間だけだけどといって来てくれるママ、
仕事や研修帰りに来てくれるママ。

ママたちにあの荷物の山を見てほしいなと思うんです。
昨日も、クロネコさんやら佐川さんやら郵便屋さんが次々と届けてくれました。

こんなに沢山の人たちがサポート品を送って下さって、
そしてこんな送る作業をしている。
その現場を見てほしいと思うのです。

ある人が言ってました。
スペシャルボックスが届くと、わたしのことを気にかけてくださるひとがいる、
私は見捨てられてないと思うんです、って。

毎月発送リストを作りますが、
備考欄にその家庭に必要なものを書き入れておきます。
それをみて、事務局ママたちが一軒一軒内容の違う箱を作ってくれます。

みんないろんなところに住んでいて、仕事もしていて、そうそう会うことはできません。
でも毎月一回は必ずその家庭のために作った荷物が届く。
だからママたちみんながスペシャルボックスって言うんですね。

今月のママたちへのお手紙の最後は、
シンママ大阪応援団は絶対にあなたをひとりぼっちにはさせませんから。
という一文で締めくくりました。

だまーって、手作りのおかずをもっていくおすそわけサポートが広がるといいなあ。

料理が出来ないママたちがいます。
料理は経験ですので、料理をする親などをみて、親が作った料理を食べるという経験が必要です。
しかし、そうした経験をしたことのない人たちがいます。

そんなママたちに『母親だから、子どもたちの為にちゃんとした料理をしなさい!』と説教したところで始まりません。

そこで、シンママ大阪応援団では出来る範囲でおすそわけサポートを始めています。
普段のおかずを多い目に作り、取りに来てもらったり、お届けしたりしています。

昨年12月28日のお節作り交流会の次の日、
前から気になっていて会えていないシンママさんのところにおせち料理をお届けしました。
このシンママさんは夫のDVから逃れ、
知り合いの全くいない大阪に移り住んでこられた方です。
当日、家の前の道路にママと子どもたち2人が出てきてくれましたが、
子どもたちのやせ方がとても気になりました。

その日のママさんからのメールは以下でした。
「遠いのに沢山本当にありがとうございます(^_^)
家庭的なお節料理なんて本当何十年ぶりに見たっけ?って冷蔵庫に入れている時に思いました(^_^;)))苦笑
私の実母は私が小学一年生の時に亡くなっているので、
本当手料理って食べた記憶もないんです。
娘が、いただいたお節料理を冷蔵庫に入れる時に今食べたいとうるさいので、
今日の夜ご飯は少しずつお皿にだしてちょっと贅沢します。
本当嬉しいです!ありがとうございます。
あんこのパイも早速子供が食べてしまいました。
私も朝御飯食べたきりなので一緒に食べました(笑)
手作りってやっぱり大事やな~って思います。
温かいですよね。
私もどんなに忙しくてもしんどくても、お金がなくて予算が少なくても
娘と息子には手作りご飯は大事だなって改めて思いました。
本当たくさんのお料理とラーメンありがとうございます\(^^)/」

そのシンママさんが住んでいるのは大阪市内ではなく南河内地域ですので、
私がサポートするわけにもいきません。

そこでFBで「南河内地域の方でシンママさんへのおすそ分けサポートしてくださいませんか?」と発信したところ、
その近くにお住まいのサポーターさんがすぐに名乗りを上げてくださいました。
このシンママさんは1月2日から仕事だったのですが、
既にサポーターさんは2回おすそ分けをサポートしてくださっています。

「朝から電車に乗って手作りのいなり寿司や、ミートソース、アイスなど、本当たくさんもってきてくれました。
早速贅沢ですが、朝御飯においなりさん二つ食べて涙してしまいました。
息子もおいなりさん美味しい!と沢山食べています。
手作りのお母さんみたいな料理で本当に嬉しいです。
こんな事をしてくれた人は生まれてから今までありませんでした。
本当にありがとうございます。嬉しいです。」
息子さんがいなり寿司にかぶりつく写真とともにメールが送られてきました。

大阪に知り合いも全くおらず、ものすごい孤独感の中で暮らしているシンママさんですが、
うれしいとこんな風にメールを送ってくれるようになっています。
サポーターさんには「何にも言わず、美味しい手料理をお届けください」とお願いしています。
こうしたサポートがシンママさんの心を少しずつ温めていくと思います。

こんなおすそわけサポート、広がるといいなあ。

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク