FC2ブログ
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

date :2018年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりにきものでお出かけ会やります!

四年ぶりになりますが、
久しぶりにきものおでかけ会をやりますー。

集合は4月15日(日)正午に天満改札です。
もちろん、きものでお集まりください!

天満から天神橋筋商店街あるきをします。

スポンサーサイト

さくらさんのフィンランド通信です。

フィンランドに留学中のさくらさんからの通信です。
昨年8月から留学していて、来月末にはいよいよ帰国です。

………


25.03.2018

皆さん、こんにちは。
フィンランドに留学中のさくらです。

さくらです。と名乗りましたが、
フィンランドはまだまだ氷点下で春が来るのはまだまだまだまだ先の様です。

雪に覆われたフィンランドですが今月末にはまたサマータイムが始まり、
日の入りは20時台になります。

さすがのフィンランドですね。
そのさすがのフィンラドは、国連が発表したThe World Happiness Reportで今年、最も幸せな国に選ばれました。

暗く、寒いフィンランドがどうして世界で最も幸福な国に選ばれることができたのか。
この調査は国民に直接電話などでアンケートを取り、彼らがどれくらい自国に満足しているかをベースに結果がでます。

フィンランドには充実した社会福祉、安定した生活、将来へ・そして政府への信頼があります。
フィンランドでは人間が人間らしく生きています。
時間はとてもゆっくりと、賑やかではないですが、穏やかな時間が流れています。

焦ることも、将来におびえることもなく、
毎日を生きています。

約9カ月、フィンランドで生活してみて
なぜフィンランドが幸福な国なのか身を持って感じてきました。

そしてフィンランドは“Ihan ookoo”の国でもあります。
この言葉の意味は、それなり。まあまあ。の様な意味なのですが、
この言葉はフィンランドの国民性を大変よく表しています。

全てにおいてそれなりで十分満足ができる国。
幸福の国ランキングに北欧の国々がランクインしているのも、彼らの国民性が
期待しすぎず、“それなり”で満足できる国民性が影響しているとも言われています。

この点においても、9カ月間フィンランドに住んでみて日々実感しています。(笑)
例えば、「食」。
フィンランド料理はまずくはありませんが、とってもとっても普通です。

フィンランド料理といってもパッと思い浮かぶものも少なく、しかもそれらの多くがスウェーデンから由来するものです。

日常生活でもフィンランド人はとっても栄養バランスが取れた“似たような食事”を、永遠に繰り返しています。そしてそれに疑問を持つこともありません。

期待しすぎない、望み過ぎない、
今あるもので満足する。

フィンランドはきっととっても幸せで、とっても退屈な国なのです。
そして私はそんなフィンランドとフィンランド人がダイスキです。

ムーミンと、オーロラの幸福で退屈な国。
海外に足を運びたくなったときはぜひフィンランドを候補にいれてみてくださいね。

少し広報の様になってしまいましたが、
今月のフィンランド通信はここでおしまいです。

そして次回はいよいよ最終号です。

さくら

シンママ大阪応援団がママたちとやってきたこと、これからやること

先週24日にシンママ大阪応援団は
一般社団法人設立報告会&パネルディスカッションを開催し、
70人ものサポーターの皆様にご参加いただきました。

現在、約170人のサポーターがいますので、
その半分ちかくの方に来ていただいたことになります。
関西だけでなく、神奈川、東京、香川等からも駆けつけていただきました。
本当にありがとうございました。

二時間半の企画の冒頭30分は
この3年にやって来たことを私がザクッとまとめて報告させていただきました。

でも、2015年5月にシンママ大阪応援団サイトを立ち上げたとき、
こんな展開になるなど、夢にも思っていませんでした。
2014年秋から半年ほどかけて、仲間たちとサイトの内容を考えました。
いろんな相談メールがくればメールで答えようとはおもっていましたし、
生活保護申請同行は必要だと思っていました。

でも、実際には、それでは終わらないのです。
ママたちと付き合うにつれ、
もっともっと様々なサポートが必要なのだということを
ママたちの言葉から、呟きから、様子から学びました。

いま、シンママ大阪応援団の活動は
月一回のスペシャルボックスを軸として展開しています。

パネルディスカッションでは、3人のシンママさんが一様に、
嬉しいサポートはスペシャルボックスだと言っていました。
月一回のスペシャルボックスで生活が安定するわけではもちろんありません。
でも、箱のなかに入っている様々なものをみて
今月もサポーターさんと繋がっている、
私たちのためにいろんなものを送ってくださっている、
ケーキや佃煮を作ってくださっていると感じるのだと。

それから嬉しいサポートは親子で安心して参加できる企画。
お花見やぶどう狩り、旅行など。

3人のシンママさんは、元夫にひどいDV を受けてきました。
そしてたすけを求めた行政にもたらいまわしにされるなどの経験をしています。
彼女たちだけではありません。
シンママ大阪応援団でサポートしているママたちすべてがそうです。

そういう経験をして来たママたちは簡単に人を信じることができません。
パネラーのシンママさんは、いつか私が壺を売り付けたり、宗教の勧誘をするのではないかと思っていたそうです。
そうそう初めてあった人間を信じられないですよね。
ですから、常に信頼に足る人間なのかどうかを試されていると思っています。

パネルディスカッション最後にこれからやりたいこと、夢を語ってもらいました。
みな、いままで必死に生きてきたので、そんなことを考えたこがないといいながらも、
子どもと離れて自分だけの時間がほしいとか
自分の洋服を買いにいきたいとか
勉強したい、親子留学したいとか、
いろいろ出てきました。

ママたち、子どもたちのやりたいことを、実現できる、
そんな夢のある活動をしていきたいと思います。

パネルディスカッションが終わってみんなで打ち上げにいきました。
お店に向かう時、5歳の男の子が『てらうちさーん』と言って手を繋ぎに来てくれました。
昨年11月に七五三をした男の子です。
私はこの子に信頼されてるのかなと、しみじみと嬉しい気持ちになりました。

シンママ大阪応援団の活動によって私もとても幸せになります。
たくさんのサポーターさんとママたちと新たなスタートをきることがてきました。
心よりお礼申し上げますとともに、今後ともよろしくお願いいたします。

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。