FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

date :2018年08月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月25日です!

6月に沖縄の子どもの貧困施策ヒアリングにシンママ大阪応援団メンバーと行ってきました。

その時、コーディネーターをしていただき、大変にお世話になった
堀川愛さん(沖縄子ども総合研究所・所長)をお招きして
沖縄の子と生健会もの女性の実態と貧困解決のための取り組みについてお聞きするフォーラムを企画しました。

堀川愛さんからの声もとどいています。
ぜひご参加くださいね。

<堀川愛さんからのメッセージ>

 大阪の皆さん、シンママ大阪応援団の皆さん、はじめましてこんにちは。沖縄県子ども総合研究所の堀川です。
 来る8月25日に、大阪のドーンセンターにて、「沖縄の子どもと女性の貧困の実態」についてお話する機会をいただきました。
私たち沖縄県子ども総合研究所では、2015年より、子どもの貧困問題の第一人者の研究者の先生方の協力のもと、沖縄県の子どもの貧困率の算出、実態調査の実施から分析を行い、沖縄県で子育てをする皆さんの生の声を行政に直接届けるお手伝いをしてきました。調査で集まった沖縄県のリアルな子育て世帯の声や子どもたちの声は、県行政に大きな影響を与え、この3年間でものすごい急ピッチで新たな施策が展開・実施されてきました。
 2015年には1箇所だった子ども食堂は今や県内100箇所を優に超え、2016年度途中には、子どもの貧困問題に特化した専門の課「子ども未来政策課」が新設されました。さらに困窮世帯の大学進学の給付型奨学金の導入、今年度からはひとり親世帯のバス通学費の半額免除など、次々と支援策が展開されています。
 こうした沖縄県の支援策の展開の背景や、まだまだ着手できていない課題など、沖縄県のこれまでの取り組みとその仕掛け、これからの視点と課題について、ここでしか話せない裏話も交えつつ、じっくりとお話しさせて頂きたいと思います。
 私自身、シングルで5人の子どもを育てている中で見えたことも沢山あります。
子育てリアル世代だからこそ訴えることが出来た「行政に本当に必要とされるていること」とはなにか。どうしたら伝えることができるか。
これまでの私自身の経験から、皆さんに元気と勇気と、ほんの少しでも前に向ける一歩となるよう、お話しさせて頂きたいと思います。
猛暑の中になるかと思いますが、皆さんと元気にお会い出来るのを楽しみにしております。

沖縄県子ども総合研究所 所長 堀川 愛

37919990_1759403620846469_6425645900906889216_n.jpg
スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。