FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

どこもやっていないシンポジウムやります

2月12日に「改正介護保険1年を問うシンポジウム」をします。

この内容、この時期に、多分ほかではありません。
大阪社保協の介護保険に対する運動の到達点であり、介護保険対策委員会の総力を結集して議論し、準備をしてきました。

シンポジストの西田さんは2006年3月まで厚生労働省で介護保険改正検討・実務の中心にいて、4月から近畿厚生局に来て指導監査をしておられる方です。そして、シルバー新報編集局長の川名さんは厚生労働省の取材や現場の取材をしながら今回の改正の問題点を早くから指摘されてきました。

そして、現場はいま何が起こっているのか・・・生の告発もあります。

絶対いろんな方にきていただきたいと思います。
特に、いま地域で介護保険がどうなっているのか、介護保険は使っていないけれど、介護保険料払っていて、介護保険料高くて怒っている方にも来ていただきたいと思っています。

ぜひ、あなたも。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「どうなる介護予防 どうする地域包括支援センター
 改正介護保険一年を問うシンポジウム」


□日時 2007年2月12日(祝)午後1時半開場・2時開会・5時閉会

□会場 エルおおさか南館大ホールhttp://www.ovtc.or.jp/map.html

□シンポジウム企画

コーディネーター(日下部雅喜・大阪社保協介護保険対策委員) 
大阪の状況を中心に介護保険改正の現状・問題点を概括的に触れ、シンポジウムの課題を明らかにする

パネリスト

厚生労働省近畿厚生局・西田紫郎さん
「介護保険改正、厚生労働省がめざしたものと1年目の検証」
改正で厚生労働省の制度設計者たちは何を目指してきたのか、そして1年目の状況について。

地域包括支援センター職員
介護現場の実態①「地域包括支援センターの現状」
地域包括支援センターの本来の役割と、現実の状況について。
  
老松ケアプランセンターケアマネジャー・内海聡子さん
介護現場の実態②「改正が利用者にもたらしたもの」
新予防給付による利用者への影響、福祉用具の利用制限などで、地域の利用者の生活はどうなったのか。

シルバー新報編集長・川名佐貴子さん
「改正介護保険1年、その問題点を徹底検証」
厚生労働省の動向、全国の実態などを取材してきた立場から、改正介護保険の問題点を指摘。

・・・そして会場発言と会場発言もうけてパネリストがもう一度発言。

最後に コーディネーターから「利用者主権の確立へ~大阪社保協の提言と行動提起」 
 
□参加費 1000円

□申し込みは申込書http://www2.ocn.ne.jp/~syahokyo/07.2.12.00.pdfにご記
入の上、大阪社保協までFax、または必要事項ご記入の上メールを。
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク