FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

十日町で織の作家さんと出会う

今回の新潟行、
中央社保協総会のために行ったわけだけれど、
そのまま帰るなんてもったいない。

だって、越後湯沢の近くに十日町があるんだもの。
十日町は西陣と並ぶ、着物の産地です。

初めて来たのでどこにいったらいいのかもわからなかったので
とりあえず、「クロス10(テン)」へ。

ここは、十日町地域地場産業振興センター。
十日町の生産品がいろいろとおいてあり、着物もその一つ。

さらにその隣の「キナーレ」という建物へ。
ここは越後妻有交流館というところ。
その中の着物歴史観というところで
市村久子さんという十日町の作家さんの「織の展示会」が開かれていた。

moblog_a85e8dea.jpg


この方が市村さん。
来ておられる着物ももちろんご自分で織られたもの。

moblog_fc6f42c8.jpg


私は紬が大好きなので、
市村さんの作品を大いに楽しませていただいた。
色が綺麗で絵画のように美しい織物。

そして私が着物を着ているということで
市村さんと着物話になった。

蚕から糸を紡ぎ、染め、織る。
それを全部手作業で行えば
これら一連の作業をへて一枚の反物にいるのに、
どんなに時間がかかることだろう。
それに人件費をかけていけば、
着物一枚に何十万、何百万かかるのかがわかる。

でも、もちろん一枚何十万、何百万もかかるものなど
ふつうの人は買えない。
だから、機械で織ったもっと安いものでないと誰も買えない、買わない。

だから着物は売れない。
だから着物で食べていけない。

さらに、着物は流通にさまざまな手が入るので、
そこで中間マージンが発生し、
さらに高くなる。

うーん・・・。

着物日常をめざす私としては、
やっぱり一点物の作家さんの織物は遠い遠い世界ですね。

でも、
いつかはほしい、紫色の紬着物。



スポンサーサイト



プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク