FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

210人の 国保広域化とたたかう人々が学習決起集会に

昨夜は大阪府保険医協会M&Dホールに210人ものみなさんが集結。

会場参加者


資料は200部作成し、
座席も200以上セッティングしていただきましたが、

結果としてF210人の方が参加。

まさに、「あふれんばかりの参加」でした。

井上会長

井上会長の開会あいさつです。


09年の門真市の国保調査で、国保が生活を破壊し、いのちまでも奪っている実態が明らかになりました。
10年度の社保協の方針は「国保の再生」に向け、政策と闘いを大阪から発信することを方針としてかかげました。

今年の自治体キャラバンの途中、7月22日に橋下知事と市町村長との協議が行われ、
ここで全国初の広域化の合意が出来上がり、年末までに試案を出すことになりました。
この懇談の内容を見て寺内事務局長は闘いの意思を決めたといっています。
それ以後、社保協の事務局会議、幹事会で府的規模での戦いを組織する必要があると、
医療関係や自治体労働者に呼びかけ協議をした結果、今日の学習決起集会となりました。

民主党は「後期高齢者医療制度」の廃止を先延ばしし、中間報告を出しましたが、
後期高齢者医療制度の悪い骨格だけは残し、医療制度の一元化・広域化へと進もうとしています。

こうした情勢のもとでこの運動の意義について私なりに感じている点を申し上げます。

1、厚労省や民主党が進めようとしている路線はこれまでと同じ医療改悪の流れです。(自己責任、医療制度一元化)これとのたたかいです。

2、民主党が進めようとしている地方主権改革(国の責任を投げ捨て、地方に転嫁、さらに個人責任で)とのたたかいです。

3、橋下知事が強引に進めようとしている大阪府・市の合併で大阪都構想、道州制への道とのたたかいです。文字通りの自治体主権、住民自治を取り戻すたたかいです。

4、国保は1959年新国保法ができ、各自治体がその内容をきめるときに、私達の運動で給付割合や減免制度を勝ち取ってきた歴史があります。国保は上から与えられたものではありません。住民運動で勝ち取った成果です。これを広域化でなくそうとするのは許されません。

いずれにせよ、大阪府を相手にたたかいを起こすのは初めてで、大きなエネルギーが必要です。
初めての運動なので、いろいろと問題点がでてくると思いますが「走りながら考えていきましょう」。

何よりも大事なことはいろんな団体、多くの人たちを巻き込んで「団結して頑張ること」だと思います。

よろしくお願い致します


私は、国保広域化についてしっかりと話をするのは今回が初めて。
90分でまとめるつもりでしたが、
一通り話すと、120分近くかかりました。

事務局長

参加していただいたみなさん、
どうだったでしょうか。

私の資料については、
21日以降に大阪社保協ホームページにアップしますので、
どなたでも見ていただけるようにします。

大阪以外の地域からもご参加いただきました。

近畿各地で大きな運動を作っていただきたいと思います。

スポンサーサイト



プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク