FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

フランスは小規模自治体の国~なんと36500市町村!!

昨日11日の午前中は
フランス在住の美帆・シボさんとの意見交流会。

美帆・シボさんは平和活動家で
童話「つるにのって」の作者です。

アニメ版 つるにのって―「とも子の冒険」アニメ版 つるにのって―「とも子の冒険」
(1994/05)
ミホ シボ

商品詳細を見る


とても興味深いお話でしたので、
以下紹介しますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

フランスの自治体数は36500です。

パリは人口220万都市ですが、
そんな大きな都市はとても稀で、
人口5万人以上の自治体は112しかなく、
人口700人未満の自治体が67.6%です。(数にして24,674自治体)

フランスには自治体の大きさによる格付けはなく、
すべてコミューンと呼びます。
ここでは日本で言う市町村をすべて市とよびます。

こんなに沢山自治体があって、困らないか、いうことですが、
国は確かに合併をさせたがっていますが、
住民がそれを許さないのです。

でも、行政は小さいとやりにくいので、どうするのかというと、
例えばプールを作りたい、となったら、
ほかの自治体に声をかけて共同でお金を出し合って設置し運営しようとします。
でも、自治体にもいろんな色があります、右派とか左派とか、
それで気が合うやりやすいところに声をかけますから、
近隣だから一緒にやるっていうわけではないんです。

県は海外も含めて99あります。
県はさらに22のグループの地域議会を形成しています。

なお、市長は国会議員や県会議員を兼ねることができます。
例えば、シラク大統領はパリ市町でしたし、
アランジュッぺ大統領はボルドー市長でした。
また、市長は市議会の議長も兼ねます。

市長の任期は6年間で、市の立法上の最高責任者です。

市長は選挙で選ばれるのではありません。
選挙は政党を選ぶ選挙をします。
投票数の50%を獲得しないと与党にはなれないので、
何度も決選投票をして選んでいきます。

そして与党がきまったら、議席を配分します。
議席数が30議席だったら、半分の15議席は与党がとり、
あとの半分は比例制ですから、与党が有利です。
市長は与党のリーダーがなります。
ですから、市長と与党が違って、議会でなにも決まらないという状況は
絶対にありません。

社会党政権下で、市議会議員は男女半々にしないといけないという法律ができました。

市の仕事はまず保育、教育です。
保育は0-2歳までで、
保育所は県、市町村、民間などが建設します。

小学校の建設は市、中学校の建設は県が、大学の建設は国がしますが、
すべての公立学校の教員は国家公務員です。

小学校は5年制で、中学校は4年制です。

小学校では読み書きと算数が中心で、
音楽や体育などの専門教員もいません。
教科書も殆ど使わず、担任教員が教材を作り教えます。
学校は水曜日が休みなので、
親はこの水曜日に市が運営している水泳教室や音楽教室などのおけいこにつれていきます。

中学校での歴史教育は1年古代史、2年中世史、3年近代史などのように時間をとりますすが、
それでも近代史が手薄になると教師は嘆いています。

高校では歴史などは自由研究で、
例えばレジスタンスの歴史研究発表コンクールなどもあります。

フランス人は権利意識がとても高いのです。
たとえば、組合専従がいますね、
彼らの給料は組合費で賄うのではなく、
国家公務員の労働組合専従なら、国が。
企業の労働組合ならその企業がだします。

社会保障については、保険料を払ってるんだからうける権利があると
誰もが思っています。

難民のことですが、難民に2種類あります。

一つは正規の難民。
フランスは亡命する人をかなり受け入れています。
社会主義国からの移民も多く受け入れてきたし、
現在はイラクからのキリスト教関係者を沢山うけけいれています。

もうひとつは違法難民。
闇労働をさせると、その雇い主は厳しい制裁を受けます。
しかし、建設関係などはこの移民を沢山使っていて、
この闇労働をやめさせると建設時器用がなりたたないという現実があります。

消費税についてですが、
実は世界で一番はじめに消費税をはじめたのがこのフランスです。
現在、フランスの税収の半分は消費税収入です。

水・食品などには5.5%
その他のものには19.8%
車や電化製品など贅沢品には33%かかります。
レストランでも昔は19.8%かかっていましたが、現在は5.5%です。

フランスの様々な改悪は日本に影響していると思いますが、
日本からの影響はあまりありません。
ただし、国がいま日本を真似てやりたいと思っているのは、
国立大学の独立行政法人化と国鉄の民営化ですね。
国鉄の民営化は10年くらい前から日本から資料を取り寄せ研究しているようです。

フランス人のたたかい方はデモとストです。
国はすぐには動きません。
「腐るのを待つ」のです。
長く続くと必ず、労働組合間で軋轢などがうまれるのでそれを待つのです。
今回の年金のたたかいも、連帯が長く続きましたが、組合割れがでできました。
法律は通り、すぐに施行されます。
次は2012年の大統領選につながっていきます。
もしサルコジや現政権が勝てば、さらにフランスの改悪は続くでしょう。
反対に負ければ修正されるでしょう。

フランスで暮していて幸せか?ということですが、もちろん人によるでしょう。

フランスでストレスがたまるのは、
なんでもアバウトで時間を守らないということです。
日本人は几帳面なので、フランス人と仕事をするのは大変です。

そして、フランスでは常に自己主張をしていないといけません。
「言わないとわからないでしょ」ということです。
フランスから見ていて、日本の外交は弱気すぎますね、
あれでは国際社会で太刀打ちできないでしょう。

日本人は知っている人に気を遣いますね。
フランス人は知らない人に気を遣います。
だから、フランスでは孤独にはなりません。
知らない人100人の中にいても、必ず手が差し伸べられます。
でも、身近な人には気を遣いません。
「言えばいいだろ」と言われるのです。

日本と似ているのは、歴史の古い国だということです。

フランスの最もいいところは「労働時間が短い」ということです。

でも、いま、自殺者が増えています。
典型的だったのが、フランステレコムが民営化されて
職場のいじめ、セクハラなどのストレスで自殺者が多発しました。

フランスでは教育費は基本無料です。
殆どの学校が公立ですから、大学も国立であれば登録料だけです。
でもフランスの学生は大変だといいます。
生活費を自分でまかなわなければならないから、
仕事をしている学生が増えています。

そして若者たちがいま直面しているのが、
大学をでても仕事につけないというとです。
フランスの社会党政権の時に「学歴をつけなければならない」という流れがあり、
沢山の若者が大学に進みました。
しかし、ドクターをとっても仕事がないという状況です。

依然はこうした状況の時には自治体が公的な雇用の場を作ってきました。
しかし、サルコジはそれをやめてしまったのです。
今、若者たちには絶望感が広がっています。
フランスではいま、若者たちの雇用が最も大きな問題です。

フランスの食糧自給率は120-130%です。
でも、戦後、フランスは100%なかったのです。
アメリカ、ソビエトから独立するために100%を目指したのです。
フランスは農業対策に力を入れていますが、アメリカからの強いプレッシャーがあります。

フランスの農業も様々な問題を抱えており、
例えばワイン作りをする人たちが高齢化しています。
一番若くても40歳代で、中心は60歳代です。
酪農でも、50頭くらいの牛をもっている中規模酪農家も利益が上がりません。
結局小規模は淘汰され、大規模なところしか残らないようになっています。

フランスの高齢者施設は二種類あります。

一つは元気な高齢者が入る施設で、
ワンルームにミニキッチンがあり自分で料理もできるが、
レストランもあり食べることもできる。
医師や看護師は常駐していないが、管理人がいる施設。
(日本でいう高齢者マンションのイメージ)
昔は70歳代、80歳代の高齢者がいたが、
現在は60歳第前半の人が多くなっている。
これは、定年退職後に自分一人で在宅で暮していくことに不安を感じている人が多く、
早くから入所したいという希望が強いため。
でも、待機者がしても多いのです。

もうひとつの施設は医療ケアが必要な人が入る高齢者施設。
ここは公共施設ですが、お金がかかります。

フランスの老後は裕福な人か、低所得者にはいいのですが、
中流クラスが一番困っているのです。

フランス人の政治意識の高さは、常に日常会話に政治のことがでてくるからです。
フランス人はよくラジオを聞いていますが、ここから様々な情報が流されています。
そして常に「討論」をしていて、学校でも討論するのです。
すべての場に自由に意見を述べることができる雰囲気が流れています。

いま、フランスでは少数の金持ちと大多数の貧困者が増えている、
という状況になっています。


・・・・・・・・・・・・・・・・

うーん、
フランスって、日本の今にとても似ていますね。

そこで国民がどのような動きをするのか、
それによって今後が決まるのだ、ということがよくわかる美帆さんのお話でした。
スポンサーサイト



プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク