FC2ブログ
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

フランス着物噺

フランスには洋服は寝間着以外は一枚も持って行きませんでした。

普段から毎日着物生活ですし
全然不都合はなかったんですよね。

それどころかいいことが沢山!

私達日本人は、フランス人から見ると
日本人だか韓国人だか中国人だかわからないと思うのですが

着物を着ていたおかげで
「ジャポネ?」と必ず聞かれました。

ただ、キモノという単語は知られていないようで
「ジュウドウ?」と。
そうそう、フランスは柔道がとても盛んな国なんですよね。

それで

「ノン、ノン、キモノ」と言うと

「オ~キモノマダム!、メルシー」という感じでした。

特にホテルやお店ではキモノマダムということで大切に扱われた感じがします。

また視察先でもキモノマダムとよばれましたし。

パリではあの時期に多分キモノマダムは私だけだったかもしれませんね。

オルセー美術館では女性からせがまれ写真を撮っていただきました。


ただ一つ。
ちょっと困ったことがありました。

フランスから帰国するための空港での搭乗手続きの時のこと。

エアーフランスは出国の際の荷物の重量制限が23キロなんですが

私のスーツケースはなんと29キロ!?

何がそんなに重たいのか?

と思ったら
着物と帯の風呂敷二つで7キロもあったんですね。
冬の着物は絹で袷なので重たいのですね。
迂闊でした。

でも日本からフランスに持ち込むときからあったわけですから
その時には既に重量オーバーだった訳ですが
入国時はノーチェックでした。

風呂敷二つを手荷物にして
重量をなんとかクリアしました。

親切な枚方のN田さんと我が息子に風呂敷を関空まで持っていただきました。

次に行くときは荷物を(着物を)減らさねば!

でも冬以外だと着物も軽いから、違う季節だと大丈夫かな。

とまあ、困ったのはそれくらいでしたね。
スポンサーサイト



プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク