071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

地方分権とか、地域主権とか言っている人たち、自治体現場がいまどうなっているのかご存知??

地方分権

地域主権

この言葉がはやっている・・・・
というか、
これでいろんなことが解決するみたいに思っている人たちがたくさんいる。

学者研究者もそうだし、

名古屋市長のなんたらとか
大阪府知事のなんとかとか

民主党もそう言ってる。

でもね、

国や都道府県でやってきたことを地方、つまり市町村におろしてきたら
どうなるのか、具体的に分かっている人は全然いないでしょ。

地方分権とか地域主権と、自治体リストラは同時進行できない。

簡単にいうと、
いま、地方自治体の、まあ平たく言うと役所で働く人たちの
半分から3分の一は非正規労働者。

あなたが役所に行って窓口で対応してくれている人のほとんどが
非正規労働者、有期限雇用の労働者・・・というケースが多々ある。

私は自治体相手の仕事を20年からやっているけど、

明らかに自治体の事務能力が落ちている、というか、
当たり前の実務ができていない。

具体的に言うと、

◇送った文書や申請文書をとにかく無くす。

これは実際にあったことだけど、
一昨年、大阪の北の方のある市(結構大きな自治体)は
介護保険料に対して市民が提出した不服審査請求書を全部紛失した。

◇こちらから送った文書が担当課にとどかないことが多々ある。

うちはたいていメール便で様々なアンケート用紙を大阪府内43市町村に送る。
市役所と明記しているのだから、絶対に住所間違いということはないから、
役所には確実にとどいているはず。

そして、担当課も明記しているのに、届いていないという自治体が
毎回一、二ある。

◇計算を間違える。会計決算の数字などがちゃんと書けない。数字の意味がわかっていない。

私はデータ主義なのでいろんな数字を聞くのだけれど、
決算などで確定している会計の数字を単に書くだけ、
という簡単なアンケートなのに、ものすごく間違いが多い。

「一般会計」と「特別会計」の意味もわからない職員もいるし、
決算書と違う数字を書いてきて
適当につじつまをあわせてくる職員もいたりする。

きっと、バイトの子が書いてるんやろね、なんてこっちではいってるけれど、

あんまりひどい場合は、
再三電話やfaxで問い合わせをして修正を求める。

決算の数字は職員が自分で変えたりできる数字じゃないってこと、
わかっていないのでほんとうに驚く。


・・・・・・・・・・・

まあ、うちが出しているアンケートぐらいならいいんだけど、

こうしたちゃんとした仕事ができないことによって
現場ではいま大変なことがおきている。

それは、介護保険や国保などで、
国からの何億、何十億というお金が下りてくるんだけれど、
そうした計算間違いで何億というお金を
もらいすぎたり、返しすぎたり、ということが頻繁におこっているのだ。

大阪でも、
結構大きい自治体でそんなとんでもないミスが頻発している。

たとえば、これは去年東大阪市で起きたミス。

東大阪市が国民健康保険料 10億円“取りすぎ”(産経新聞 2010年2月15日)

 大阪府東大阪市が平成20年度の国民健康保険の算定を誤り、一部の被保険者から保険料を過徴収していたことが15日、分かった。同日開かれた市議会全議員協議会で、市が明らかにした。国や府からの補助金も過大に受給しており、過徴収と過受給額の総額は10億円を超える見込み。過徴収分などについては返還する方針だが、対象となる被保険者の中には死亡したり転居したりしているケースもあり、対応は難航しそうだ。

 ミスは10年近く前から続いていたとみられ、総額はさらにふくらむ可能性がある。

 市によると、算定ミスがあったのは40歳以上、65歳未満の被保険者数。実数は6万人あまりだったが、集計システムのプログラムにミスがあり、約7万人で計算されていた。

 国や府に対しても、水増しされた被保険者数を報告しており、補助金も過大に受給していたという。市は被保険者からの過徴収と過受給額の確定作業を進めているが、市が過去にさかのぼって調べたところ、計算ミスは平成14年度から続いていた。

 今月、20年度の保険料額を精査する過程でミスが発覚。市はこの問題について対策本部を設置し、プログラムミスの原因究明を進めるとともに、今後の対応策を協議していく。



私が言いたいのは、

地方分権とか地域主権とか、
ぼわーっとした抽象論ではなく、
具体的にどんな仕事を地方自治体にやらせるのか、
そしてそれは誰がどんな風に仕事、つまり実務をするのかを

全然わかっていない人たちが言うな!!
ということ。

全部仕事はひとがやるわけで。
つまり役所の人たちがやるわけだ。

今、その人たちがものすごく少なくて、
かつまた非正規の人たちで、
全然研修もうけていない人たちで

いまでさえ、ちゃんと仕事ができていないのに、
これ以上やれといっても、
そりゃあ、あんた、無理ってもんですよ。

自治体リストラをやめないと絶対に無理。
これははっきりしている。

結局、被害をこうむるのは、そこに住む住民たちなのだ。












スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク