091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

日本の貧困率が過去最悪に~厚生労働省発表

昨日、厚生労働省が「貧困率」を発表した。

日本の貧困の実態はこんなにも深刻だ。

でもまだ日本はやっとこの真実を公表するようになった、
という段階でしかない。

そして、この実態をどう分析して、政策をうつか、
これが全くない。

ぼやぼやしているから、どんどんことは深刻になっている。

日本は残念ながら、上に行くほど「馬鹿」なっているようだ。

だから、私たち、下、つまり現場に近いところが
政策提言し、運動していかなければならない。

私たちはもっと賢く、そして力強くならなければ。
表のうち下2つの表は厚生労働省ホームページから直接とったもの。


概要がわかりやすい毎日新聞記事は以下。

貧困率:最悪16.0% 子供24年間で4.8ポイント増

厚生労働省が12日公表した10年の国民生活基礎調査によると、
全国民のうち、低所得の人の割合を示す「相対的貧困率」(09年)が16.0%となり、
前回調査の数値(06年)より0.3ポイント悪化した。
データがある85年以降最悪で、国際的にも高い日本の貧困率は改善に向かっていない。

子供(17歳以下)は1.5ポイント増の15.7%で、
低所得の家庭で育てられている子供が増えていることを裏付けた。

また、高齢者世帯数の推移を見ると、
65歳以上のみの世帯が1018万8000世帯(全世帯の20.9%)に達し、初めて1000万世帯を突破した。


(表)相対的貧困率の推移 
相対的貧困率

今回厚労省は、同調査を始めた85年までさかのぼって貧困率を算出した。
同年の12.0%に比べると、09年はこの24年間で4ポイント悪化し、
同居する大人の所得で計算する子供の貧困率も4.8ポイント増えた。
同省は所得の低い非正規雇用労働者や年金暮らしの高齢者らの増加が要因とみている。

貧困率の年次推移

一方、「子供がいる現役の世帯」でみると、
母子家庭など「一人親世帯」の貧困率は50.8%。3年前より3.5ポイント減っており、
97年に最悪の63.1%に達した後は減少傾向にある。
母子世帯の年間所得は200万円台で大きく変わっていないのに対し、
非正規雇用の増加などで全体の平均所得が下がっているため、母子世帯の貧困率は減っている。

子どもがいる現役世帯の貧困率

経済協力開発機構(OECD)の00年代半ばの調査では、
日本の貧困率(03年、14.9%)は加盟30カ国中4番目に悪く、一人親世帯は最も悪かった。
OECD平均は10.6%で、仏7.1%、英国8.3%、独11.0%、米国17.1%などとなっている。

このほか、お年寄りがお年寄りを介護する「老老介護」も増えている。
75歳以上を介護している人のうち、本人も75歳以上の人は25.5%で、
3年前より0.6ポイント増えて過去最高となった。

調査は10年6~7月に実施した。世帯構成は約29万世帯のうち約23万世帯から、
所得に関しては約3万6000世帯のうち約2万6000世帯から有効回答を得た。

【毎日新聞 2011年7月12日 20時46分鈴木直】

【ことば】相対的貧困率

全国民の年間の可処分所得を少ない方から並べ、中央の金額(09年は224万円)の半分の水準(貧困線、09年は112万円)に満たない人の割合。主に国民の間の経済格差を示すが、資産は含まない。これとは別に、所得が定められた最低水準額に満たない人の割合を示す「絶対的貧困率」もある。

スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク