091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

昨日、今日は東京で

昨日は、10時過ぎの新幹線で東京へ。

1時前に東京着、中央線でお茶の水へ行き、
御茶ノ水の全労連会館へ。

中央社保協主催「国保改善運動全国交流集会」。

新しい国保会計本はこの集会に間に合わせるために必死で作成。

先に全国の都道府県社保協にはチラシをFaxしていたので、
「この本やね」と言って多くの社保協のみなさんに購入していただき、
この会場に送っていた50冊はほぼ完売。

国保会計本表紙



前半は立教大学・S田教授の講演。

後半は3つの報告。

これが抜群に素晴らしかった。

まず、札幌社保協の「国保料の滞納処分のたたかい」

札幌では1987年から毎月「国保・介護・医療110番」を実施して
様々な相談に応じておられるとのこと、
毎週なんてすごい!!

そし、そこで寄せられる相談でいま札幌で何がおきているかをつかみ、
そして運動として対応。

札幌では10年前から「差押え」が起きていて、
その内容はまさに今大阪で起きていることそのもの。

そうした中で、
差押えについて学習をつみ、
そして当局とやりとりしている内容について詳しく報告された。

うーん、すごい。
大阪で学ぶべき内容満載だった。

次は秋田県生活と健康を守る会連合会のたたかい。

宣伝、小集会、学習会、集団申請、交渉、不服審査請求、裁判。

この一連のたたかいをどんなときにも追求。

そのレベルの高さに圧倒される報告だった。

最後は尼崎医療生協の「国保法44条(一部負担金減免)と無料低額診療のとりくみ」。

尼崎医療生協の無料低額診療は2011年度すでに270人が利用。

この制度はすべて医療機関の持ち出しでする制度だが、

発言者のS山さんが強調したのは、
「本来は国保法に謳われている44条減免で実現すべきものではないか」ということ。

そういう視点がないと、
「無料低額診療=共助」ととらえられる危険性がある、
という問題意識はものすごく重要だと思う。

この3つの報告をきいて、
この集会に来た甲斐があったとつくづく実感。

今日も昼まで集会はつづく。

しっかり学んで帰ろう。



スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク