FC2ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

マイケアプランとUさんのたたかい

宝塚市の方からメールがありました。「宝塚市にマイケアプランを出しに言ったら、ケアプランはケアマネジャーしか作れないと拒絶された」と。
早速、「マイケアプラン=自己作成は本人または家族が作成できるし、自治体はその援助をするように6月に厚生労働省から通達が出ていますよ」とメールし、通達もFAXしました。
次の日に「FAXをもって市役所に行ったら急に態度を変えた。でもなるべく作って欲しくないといわれた」とのメール。
そこで、「隣の尼崎市では、すでに100件のマイケアプランが提出されています。尼崎市に確認を取って、宝塚市にも『尼崎市でやっていることがどうして宝塚ではできないのか』といってやってみてはいかがですか?マイケアプランを行政が拒否することはできませんよ。」とアドバイス。
「大阪社保協のホームページをみてメールして、すぐにアドバイスや資料を送っていただき、本当に心強かったです。でも行政ってどうしてあんなひどいことを言うのでしょうか」とメール。

数日後、シルバー新報の編集局からもマイケアプランについて問い合わせがありました。「神奈川県藤沢市のことどう思いますか?」と。
9月のNHKでマイケアプランの特集があり、藤沢市がなんと14枚の文書を提出せるという報道がされ、藤沢市民がえらい怒っているとか。

「嫌がらせとしか考えられないですね。」「でも、マイケアプランをうけとらないという相談はよくありますよ」「大阪市など大きな自治体では以前からマイケアプランの方が何人もいるので抵抗はないようですが、その他の小さな自治体でいままで取り扱ったことのないところは抵抗があるのか、嫌がるようですね。給付管理をするだけなんですけどね」「でも、これは自治体との攻防戦ですから、どんどんマイケアプランを作ってだしていくしかないですよね」とお話しました。

泉南市のUさんは70歳代。以前は介護度1だったのですが、現在要支援2。前は二箇所のデイサービスと電動車椅子をマイケアプランで利用していました。デイについては、介護予防では1箇所しか使えませんが、電動車椅子は引き続き利用しています。いかに電動車椅子が必要か、月末プランを自分で立てる際に、市役所で担当者に訴えて勝ち取っています。
Uさんは、10年ほど前から大阪社保協の様々な学習会に参加しているとても勉強熱心なおばあちゃんです。でもだんだんと背中がまがり、いつのまにか車椅子が必要となりました。でも、電動車椅子があるから大阪中動き回り、先日は神戸で開かれたヘルパー集会にも参加されていたということです。Uさん曰く「電動車椅子があるから私はどこへでも行ける。いろんなところに行って、勉強して、介護の実態をみんなに訴えることが生きがい。私から電動車椅子を取り上げることは死ねということ」と。
そう、これが介護予防でなくて何なんでしょうか。たたかうUさんに頭がさがります。








スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

COMMENT

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク