071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

大阪市「職員アンケート」に費やした無駄に公金支出9500万円の監査請求に参加しませんか

あの「大阪市職員思想調査」も
今回の「刺青調査」も
同じ人権侵害の調査。

市税を無駄に使っているのは、橋下氏の方だ。

大阪市民のみなさん。

住民監査請求に参加しませんか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

住民監査請求の趣旨

大阪市長橋下徹氏は、2012年2月9日大阪市職員・市民の内心の自由を侵す「職員アンケート」調査を、市役所全職員32000人を対象に「業務命令」として強行した。

質問項目は22項目におよび、例えば「組合活動に参加したことがありますか」では活動内容・誘った人・誘われた場所・その時間帯等詳細、また「特定の政治家を応援する活動に参加したことがありますか」と、明らかに憲法19条の思想・良心の自由侵害、第21条表現の自由の侵害項目が含まれるなど、憲法違反の内容である。

しかも、この調査は職員に対し「業務命令」として行われ、「回答がなされない場合には処分の対象とする」と職員を恫喝しつつ強行したものである。

この行為に対し、大阪府労働委員会は不当労働行為に該当する恐れがあるとし「中止」を勧告したが、橋下市長はこれに応じず調査業務を続行したため、市役所内部は混乱し、業務にも大きな影響を及ぼした事が窺える。

当然、法曹界・労働界からも厳しい批判の声が広がり、実施した第三者調査機関責任者・弁護士野村修也特別顧問は、その非を認めないまま「任期が終わるので廃棄する」と説明し、2012年4月6日、本庁舎地下において、多くのマスコミ・報道陣・関係者の目の前で、集めたアンケート回収分をシュレッダーで破砕し、フロッピーはハンマーでたたき割って見せるなど、破棄行為を公にした。

我々大阪市民は、「職員アンケート」調査問題がこれで決着したなど到底考えない。

第一に、32000人の職員を「業務命令」として、無駄なアンケート調査に巻き込んだことの損失である。本来の業務を横におきムダに使用された職員の労働時間は、すなわち公金支出である。

職員のアンケート回答に要した作業時間は平均1時間と聞く、平均時給2447円(一般職・係長の平均)とすれば約8684万円の公金がムダに支出されたものであり、看過できない。

第二に、職員アンケート調査そのものに要した公金支出の損失である。我々は、大阪市情報公開条例に基づき、総務局・政策企画室に対し一連の費用支出に関する情報の公開を求め、2012年5月15日に提供された。

それによると野村修也特別顧問、原英史特別顧問の2名はじめ彼らを補佐した特別参与11名の合計13名に支払われた公金支出額総計は8,546,990円であることが判明した。これら人件費のみを見ただけでも公金のムダ遣い以外の何物でもない。

この①~②に関わる費用総額約9千5百万円について、十分な監査を求めるとともに、その違法性・不当性を是正する措置を求める。

以上地方自治法第242条第1項の規定により必要な措置を請求する。


・・・・・・・・・・・・・・・

〆切りは5月31日。

お問い合わせは

〒534-0014
大阪市都島区都島北通1-4-10
おおさか市民ネットワーク
★問合せ先
e-mail:osakasimin-net@sannet.ne.jp

スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク