071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

河本バッシングと生活保護バッシングは全く筋違いだ

連日、お笑い芸人の河本某の母親の生活保護受給に対する
異常なバッシングが続いているが、

河本某がやったことで、
まるで制度に欠陥があるかのように報道するのは大きな間違いだ。

生活保護法や制度のことを知らないマスコミや国民からのバッシングを利用して
この際に生活保護制度改悪をしようという
厚生労働大臣始め政治家と厚労省の画策を感じる。

河本某の事情はよくわからないが、

たとえ親族がどんなに資産があろうかなかろうが、
離れて住む以上、その人の生活保護受給には関係ない。

「扶養の義務」といっても、
もちろん生活保護法にはそれを法的に義務化しているわけでもない。

だいたい、
たとえ戸籍上親子であっても、
その他の諸事情によって、
縁を切っているケースなどいくらでもあるし、

一般的に考えたって、

感情的な部分も含め、
「たとえ親子であったとしても、あの人を扶養するつもりはいっさいありません」
という場合はいくらでもある。

生活保護を申請すると、
福祉事務所から親族に対して「扶養照会」が行くが、
こたえる義務も扶養する義務もない。

借金など様々な事情を抱え、故郷を捨てて一人出ていく人もいる。

数十年音信不通になった家族がどこかの土地で生活保護申請をして、
急に、「扶養をしろ」と役所から言われたとしたら、
「はい、します」などといえるだろうか。

民法上の扶養とは親・子・兄弟・親族などで、
「意志」「能力」がある人の援助のことで、
「能力」があっても「意思」がなければ扶養はしなくてもいい。

河本某は「意思」がなかったということなわけで、
それはなんら問題ない。

ただ、彼は芸人なので、
イメージとして「親不孝者」とそしりを受けているということでしかない。

彼にだっていろいろと事情はあったはずだ。
謝る必要など全くない。



スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク