091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

市民をそない敵にまわしてどうすんのか

今朝の寝屋川市役所キャラバン。

とてもびっくりしたことがあった。

「特定健診」「ガン検診」などについてのやりとりの部分。

寝屋川市で今年の自治体キャラバン行動24番めなので、
他の市町村ともこの件については同様にやりとりをしてきた。

健診問題は、とてもなごやかに懇談ができる部分なのだが、

寝屋川市の担当課長は驚きの発言をした。

組合員健診に力をいれているけいはん医療生協から

「医療生協としても努力をしているが、受診者は伸び悩んでいる。
特定健診の受診を増やしていくためにはどうしたらいいと市は考えているのか」

との質問に対して

「受ける側(=市民)の努力がない、本人の問題だ」と言い放ったのだ。

これにはびっくりした。

こんないい方をするような課長にいままでであったことはない。

健診というのは、「治療」ではないので、
相当な努力をしないと受診できない。

健診を供給する方も、受診するほうもだ。

寝屋川市の特定健診内容は国基準に若干の追加(尿酸値とクレアチニン)が入っただけで、
内容はいまいち良くない。

さらにこのいまいちな健診なのに有料で700円かかる。

700円が安いか、
700円ってランチ1食分にあたる。

それに国保加入者は高齢者、年金生活者ばかりではない。

若い低所得労働者が相当数いる。
太子町や島本町との懇談では
いずれも加入世帯の6割がワーキングプア世帯だということだった。

これは、若い人の半分が非正規労働なのだから当然なことで、
国民健康保険はいまや若い人の保険になりつつあるのだ。

非正規で働いている人が、
平日、健診のために仕事をやすむことなどほぼ不可能だ。

「健診うけないお前が悪い」と言い放つ感覚。

市民を敵にまわしているとしか思えない。

スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク