091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

続々と届く大阪市認定事務センター実態調査~すでに270事業所から回答あり

大阪市内800居宅介護支援事業所に10/19-23に調査票をfaxした「認定事務センター」実態調査。

認定事務センターについてはこちらのブログをお読みください
こちらから一方的に送ったアンケートの回答率というのは、
普通は15%くらい。

800箇所であれば、120程帰ってくればいいくらい。

それが、なんとすでに270か所も回答があった。

それくらい、関心事で、「よくぞ聞いてくれた」というようなアンケートなんだろうと思う。

おおまかな集計ができたので報告すると、

直近の8月9月の介護保険新規申請と更新申請について聞いていて、

新規申請の場合、
申請から決定まで
30日以内(法定期限)はたった6%しかなく、
30-45日が45%、45-60日が45%、60日以上が9%


更新申請の場合、
申請から決定まで
30日以内(法定期限)はたった7%しかなく、
30-45日が40%、45-60日が44%、60日以上が8%

書いている文章をよんでいると45-60日といってもほぼ60日近いという感触で、

さらに最長日数も聞いているが、70日、80日という驚くべき数字がごろごろあり、

なかには

「6月に出した区変が10/29現在まだでていません」とか、

「8/1申請分が10/30現在まだ決定していない」とか、

「4.5.6月申請分は殆ど60日以上かかり、今なお8月申請分で決定していないものがある」

「3/3認定調査→6/3結果着、3ヶ月もかかった。」

という記述も。

何度も言うが、
申請から決定まで、介護保険法では「30日以内」と定められている。
「法定義務」である。

その法定義務の30日の2倍も3倍も、なかには5倍かかっているものもある。

いくら「認定事務センター」を委託しているといっても、
要介護認定の責任は大阪市にある訳だし、

認定が遅れることによって被る損害は損害賠償請求すべきものではないか。

先の大阪市内区役所キャラバンでは、

「いまは落ち着き、月平均で35.5日で決定されると聞いております」
としゃあしゃあと答える区役所の課長が沢山いたが、

なにが「落ち着いた」だ。

今日faxで、「アンケートの追加で大阪市に言いたいこと」というfaxが送られてきたので、
そのまま掲載する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

認定事務業務について大阪市に言いたいこと。

先日すでにアンケートは出させていただきましたが、
付け足して送らせていただきます。

認定業務が遅いのは、60日以内に認定が終わっていたとしても、
そこから発送・到着までに大変時間がかかっている、といえる。

【例示】

10/26に認定が出た利用者(10/29に区役所に問い合わせたところ、
認定以降2営業日の午後からしか認定情報がいただけない、とのことで
10/30の午後に取りに来るように言われて本日認定情報が入手できた利用者)であるが、
まだこの時点でも利用者の家に介護保険証が到着していない。

10/26に介護認定されているのに10/30でもまだ介護度がわからないなど
信じられない状態である。

この利用者は身体が全く普通に動くが認知症で手間がかかっており、
要介護1か要支援か微妙な人である。

要支援ともなれば地域包括支援センターとの契約から始まりプランが変わるので
早く知りたいのに5日たっても介護度がわからず、

認定事務センターの返事では、
料金別納郵便は時間がかかるので・・・・という返事しかいただけず、

このままでは11月に入ってしまう。

なぜこのように時間がかかるのか。

役人の怠慢ではないかと思う。

介護度が決まったその日に通知を発送できないのか。

少なくともそれくらいはしてほしい。

結果を一日千秋の思いで待っている
利用者やケアマネジャーの気持ちは全く伝わっていないと思う。

あまりにも時間がかかるのは、
情報のやり取りに時間を食っているだけのことで、
何とかそこを早くしていただければ、
更新ぎりぎりでばたばたせずに済む。

認定事務センターの職員はアルバイトの責任の範囲内で決まりきった文言しか応答しないし、
本当になんとかならないものか!!

どなたか、なんとか言ってくださいよ!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

アンケートの中にも沢山の同様な記述がある。

だまっててはあきませんね。

アンケート、全部集約して、来週大阪市に行ってきます。

そして、この認定事務センター問題だけは一刻も早く交渉をしなければ。

そして大阪市は
少なくとも市内の居宅介護支援事業所のみなさんに対して
この半年の事態についての説明と謝罪をするべきでしょう。

そして、
認定が遅れたことによって「自費」を支払わなければならなくなった
利用者にも説明と謝罪を求めたい。

スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク