071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

北海道旅~その一

10日の夜に関空から飛び立ち、12日の夕方に千歳空港をたつという
賞味2日間の北海道滞在だったけれど、
ゆったりと時間をすごし好きなこともしながら、学びもできるという
なかなか有意義な旅でした。

今回の北海道行きは、
「北海道のたたかいについて学びたい」という
私のたっての希望を北海道社保協のみなさんがかなえてくださったという
私にとって本当にうれしい旅だった。

取り組みは「北海道社保協地域社保協交流集会」で、
私は一日目に「国保・介護の基本と要求実現のための自治体運動」という講演。

集会は夜の6時からだったので、
それまでは自由時間。

ゆっくりと起き、まず温泉につかる。

私は大変なお風呂好きで温泉好きなので、
とにかく宿泊は、ビジネスホテルでも温泉付きのところを探す。

ドーミーインは必ず温泉付きなので、
私の宿泊先はほぼ各地のドーミーインで、今回もドーミーイン札幌に宿泊。

体を温めた後は朝食。

さすが北海道。

朝からいくらやほたて、甘エビ、ししゃも、ほっけ、鮭、
そして野菜もじゃがいも、ブロッコリーなど盛りだくさん。

そして何よりも牛乳が美味しいので、
カプチーノの味が大阪と全然違うのにびっくり。

充実の朝ご飯のあとは外へ。

気温が氷点下8度ということで私的には究極の厚着。

13579667527644.jpg

ホテルが「狸小路」という商店街の中にあるので、
商店街をうろうろ。

「産直のみせ」があり、
そこで息子たちのリクエストである「鮭関係」のお土産をたくさん買い、
そのままクール宅急便で自宅に送付。
明日の夕餉の食卓にのぼる予定。

市民向けのスーパーのようなところなので、
観光客相手のお土産物やさんに比べて価格も非常に安くてお買い得だった。

その後、タクシーで地元のきものやさん「きらくや」へ。

事前に数度メールでやりとりをしていただいてので、
お店の方全員に歓待していただき、
併設のカフェでお茶や美味しいケーキまでいただいた。

13579672787521.jpg

とっても若くてかわいい従業員のおふたり。

13579669472908.jpg

でも、残念なのは、彼女たちもそうだけど、
お店の従業員の誰一人着物姿がなかったこと。

やぱり、きものを着ていないと説得力がない。

呉服屋さんの店の人が着物を着ていないというのは、
シェフが味見をしないで料理を出すのと同じではないかと私は思う。

それは着てはじめてわかることがあるから。

あえて、このブログをらくやさんのみなさんがみることを前提として書いてるけど、

洋服のブティックの店員が
他社の洋服をきることはあり得ないし、
絶対に自社の製品を身につけるのは当たり前のことなのに、

なぜきもの業界ではこんなことか許されるんだろうか。

これはやはりどう考えてもおかしいんじゃないか、と思う。

ずっと考えていたのたけれど、

これは結局は
きものを売りたいのか、それとも
きものをきてほしいのか、
という違いなのではないかなと思うのだけれど。

ああ、こういうことは私の「きもの本」にかかないといけないな。
また、まとめて書くことにします。

でも、
きらくやさんの若いお二人と3時間近くもしゃべりをしていたのです。

そんなに長くいったいなにをはなしていたかというと、
きものに関することはもちろんだけれど、

北海道での日常の暮らし、冬の困難さ、
そして、北海道人の気質、などなどについて。

若い彼女らのお一人G田さんは、
大学のときに「北海道の歴史と人間形成」といったような研究をしていたとのことで、
さまざまな話をしてくれた。

やはり北海道は開拓の歴史とは切って切り離すことができない。

全国各地から集落ごと入村し、
そしていろんな人が厳しい自然の中でいきていかなければならないという歴史の中で、
合理的に無理のない仲間たちとの関係をつくってきたという。

地縁血縁のしがらみもあまりなく、
冠婚葬祭はとても簡素だということ。
たとえば結婚式は「会費制」。
新郎新婦の両家の持ち分もきっちりと決まっている。

なるほど。

そこで暮らす若い人との話はとても貴重だった。

私はいつも旅先でとにかくきもの関係の場所を探して一人で行ってみる。

きものは本当に日本に根付いているものなので、
どこにいっても、必ず織り元があったり、呉服屋やさんがある。

そして私が「きものを毎日きている」というと、
必ず歓迎、歓待していただける。

それどころか、
今回のようにお茶を出していただいて話をする、
というようなことは全く珍しくなく、
大抵、何時間もそこにいる人と話をすることになる。

ある意味、
私は「きもの」というツールをつかいながら、
見ず知らずの方とのコミュニケーションに活用しているのかもしれない。

そんなことを感じた時間だった。

きらくやのみなさま、ほんとうにありがとうございました。


スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク