071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

想像を超える反響の意味

今日も朝日放送ラジオ「おはようパーソナリティー道上洋三です」のリスナーの皆さんから
100通以上の「相談活動ハンドブック希望」と書かれた封書が届きました。

20130206リスナーからの封書

「地域包括支援センター」と書かれているのは、
私が話の中で
「介護などのご相談はお住まいの地域に地域包括支援センターというのがあるのでそこにしたらいいのですよ」
とアドバイスしたことが頭に残っているからだと思うのですが、

お一人やお二人だけでなく、沢山の方が「地域包括支援センター」と書いておられます。

封書はトータルですでに400通を超え、
今朝も事務所まで買いに来られる方が二人。

なぜもこんなに反響があるのか・・・・ですが、

私の分析では

1、介護についての不安や、お金の不安を持っておられるかたがものすごく多い。

2、情報がない

3、どこに相談したらいいのかがわからない

の三点ではないかとおもうのです。

世の中の人には驚くほど、情報が届いていないのですね。

そして、自治体、役所に対する不信感もあるとも思います。

私たちがどのようにして、こうした情報を発信していくのか、

情報が欲しいという人たちに届けていくのか、

そこでマスコミの方たちとの協力と連携は不可欠なわけですが、

今回思ったのは、「ラジオの威力」です。

私たちはマスコミと言えば、「新聞」と「テレビ」と思いがちですが、
というか、私も思っていたのですが、

今回、「ラジオ」の発信力はすごいものがあると思いましたね。

例えば、「おはようパーソナリティー道上洋三です」のホームページを見ると、
リスナーは70-80万人と書かれています。

そして、テレビと全く違うのは、
とにかく「自由」で「気楽」だということで、

もちろんリハーサルもなく、「なんでも喋ってください」という感じで。

私も前々日の夜に出演依頼を電話でいただき、

朝日放送に入ったのは当日の本番20分前。うちあわせも事前のメールだけ。

本来は水曜日だけだったのが、
当日の出演の中で「時間がたりないので明日もきてもらえますか」と依頼をうけました。

でもラジオの向こうには固定のリスナーさんたちが何十万人もおられるのです。

ラジオへの情報発信、私たちはもっと考えるべきですね。


スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク