0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

岸和田市と大阪市の違い

今朝は朝一番に岸和田市役所へ。

昨日、このブログをみて相談をしてこられた岸和田市の方。

この方、岸和田市から
平成16年からの国保の滞納保険料170万円と延滞金110万円、合計280万円を請求されている。

うーん、

ものすごい金額の請求と、
えらい古い滞納で、それもびっくり。

10数年前に知人と会社を興し失敗して600万円の借金を背負い、
その後派遣社員となって仕事をするも国保加入。
そして、昨年3月に派遣切りにあい、
おまけに失業手当もでていない。

ということで、とにかく役所と話をしてみましようということに。

地元岸和田生健会の事務局長さんに連絡をしておいてので、
今朝市役所に行くと、すでに保険年金課長に対応していただくこととなっていました。

この課長さんはとてもまじめで感じのいい方で、
昨年の岸和田市役所キャラバンでも意気投合した方。

そのときのことを書いたブログはこちら

課長と主査には大変丁寧に対応していただきました。


まず、保険証は即時発行の手続きとなりましたので明日にも届くはずです。

これは、「失業」や「病気」は国保法施行令第1条に規定されている
「資格証明書発行除外」となるので、申し立てれば保険証は発行されるのです。

さらに
支払えない事情を証明する物を揃えて来週早々にも話し合うことに。

その際には、
延滞金110万円は切り離し、
滞納保険料170万円をどうするかを考えていくこととなりました。

地元の生健会事務局長さんがちゃんと同席してくれいましたので
今後の援助もふくめお願いすることもできました。

しかし…この時期でも
岸和田市役所の保険年金課には溢れんばかりの市民が順番待ちをしていてびっくりしましたね。

一昨日18日にある区役所と、

そして今日20日に岸和田市役所と

いずれも国保料の滞納で話し合いをしました。

二つの自治体の大きな違いは、

個々の世帯の個別の事情を聞く姿勢にあるかどうか、

そして、今現在のその世帯の生活全体を見て
これからのことを考えようとしているかどうか、でした。

大阪市は、とにかく「カネ払うかどうか」しかないのです。

こんなの、自治体とは言えない。

大阪市という看板は下げてサラ金かなんかの看板あげればいい。

まあサラ金には勝手に財産しらべたり、差押え出来るだけの権限はないから、サラ金の方がましです。


岸和田市と大阪市の違い、

これは、まさしく『顔の見える自治体』と『見えない自治体』の違いです。

岸和田市の人口は20万人。

大阪市の人口は260万人、岸和田市の13倍。

顔が見える岸和田市だから、
役所が一人一人の 暮らしにまで配慮ができるけど、

大阪市は大きすぎてできない。

区役所レベルならできるけど、

権限が大阪市にあるのでどうにもならない。

大阪府市統合、つまり広域化で何が起きるかって、

そんなの簡単です。

岸和田市が大阪市になる、

ということでしかありません。
スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク