071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

物には心がある~追悼 田中忠三郎さん

一昨日6日は中央社保協の会議が二本あるので、
思いきって前泊。

朝、ホテルでて地下鉄で「浅草」へ。

13626984768799.jpg


目的は浅草寺横にあるアミューズミュージアム「布の文化と浮世絵の美術館」。
定期購読している届いたばかりの「七緒」に掲載されていた。

13626999450110.jpg

浅草には何度も来ているけれど、こんな美術館があるなんて全く知らなかった。

きくと、四年前からあるという。

13626984524608.jpg

ここにはこの美術館の名誉館長である民俗学者・考古学者の田中忠三郎さん所有の民具や布が展示されている。

13626984318307.jpg

田中さんは東北下北の生まれで、
独学で下北アイヌの調査や縄文文化の発掘をはじめ
調査対象は民俗学の分野に広げ、
江戸から昭和にいたるまでの衣装や民具(生活用具)を収集・保存。

ここには、約三万点にも及ぶコレクションの中から786点が常設されている。

13626983523684.jpg


「BORO」・・・・つまり、ぼろ、ぼろ布という意味。

13626984132236.jpg

ぼろ布、というのは東北の農漁民の衣服のこと。

東北では木綿ができなかったため、布はほとんど麻。

しかし、今の感覚でいくと麻は夏のもの、東北の冬の寒さの中で麻はどんなに寒かったろうか。

だから、東北では、糸で刺しゅうをして重ね、
「こぎん刺し」や「南部菱刺し」などが生まれた。

ここでは「手にとって布を感じください」ということで自由に触ることができるのだが、

その手触りはまるでガーゼのように柔らかい。

麻を育て、繊維をつむぎ、そして織り、布はできる。

麻がこんなに柔らかくなるには、
どれだけの時間とどれだけの人の手で使われていのだろうかと思う。

13626983883825.jpg

この衣服をみているうちに、涙がこぼれてきた。

田中さんのことが知りたくて、エッセイを購入。

「物には心がある 消えゆく生活道具と作り手の思いに魅せられた人生」

田中さんの言葉が心にしみる。

13626982257971.jpg

田中忠三郎さんのこの著書には、
最終学歴が高校中退で独学で考古学と民俗学を学び発掘と収集をしてこられた苦難の人生が綴られている。

中学生の時に初めて見た黒澤明監督の『わが人生に悔いなし』が人生を決定づけ、
常にその言葉を繰り返し誓いながら歩んでこられた田中さんのまっすぐな生き方に心がうたれた。

また、東北の人々のつい数十年前までの厳しくも苛酷な生活と、
貧しいながらも優しい人々の生き方も同時に書かれており、

それは東北だけでなく、かつての日本人すべてがそうだったであろう歴史をしることができる。

今に生きる私が、
田中忠三郎さんのコレクションと著書に出会えたことに
感謝の気持ちでいっぱいになった。

著書を読んだ後に、田中さんに手紙を書きたいとネットで田中忠三郎さんのことをしらべると、

なんと3月5日に喉頭がんで死去されたことが記されていた。

本当に、ほんのすこし、遅かった。

でも、田中さんが執念をもって、命をかけて収集された民具と衣服は
いま国指定有形民俗文化財の指定をうけ、保存されている。

東京方面にいる方、そして東京に行く方があれば、ぜひミュージアムに行ってみてほしい。

私はまた来月も行こうと思う。

スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク