0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

枚方市生活保護障害者自動車保有裁判完全勝訴判決~権利はたたかうものの手にある

生まれつき股関節に障害を持ち歩行が困難な佐藤キヨ子さんが、

日常的に不可欠でかつ資産価値もない自動車の保有を理由に生活保護を廃止され、

再度の保護開始申請も却下した事案に対し、

枚方市を相手取り,2010 年2 月23 日大阪地方裁判所に生活保護棄却決定取消等請求事件として提訴した裁判は、

先週金曜日の19日の午後判決が言い渡されました。

判決では廃止処分及び却下処分の違法性を認め却下処分を取り消すとともに、

国家賠償法上も違法であるとして、

被告枚方市に約172万円の損害賠償の支払いを命ずるという画期的な判決で、

弁護団は「完全勝訴」として評価しました。

13666980328613.jpg


報告集会の中で弁護団からは

「なぜ完全勝訴かというと、棄却決定取り消しだけでなく、国家賠償法にもとずく損害賠償172万円が認められたという画期的な判決で、この2つが認められたことがとても大きい」

「そして、この判決は今後各方面に影響がでると思う」

とのコメントがありました。


さらに注目すべきは弁護団声明にもそのまま抜粋されていますが、

判決文で「生活保護を利用する身体障害者がその保有する自動車を通院以外日常生活上の目的のために利用することは、被保護者の自立助長及びその保有する資産の活用という観点から、むしろ当然に認められる」

としたことです。

実際に、障害者の自動車保有が認められていたとしても、利用は通院のみしか認めないというケースが多々ありますが、

判決ではそうではなく、

「保有が認められているなら自由に利用する方が自立助長になるし、資産の活用にもなる」

と言い切ったわけで、これは現在の生活保護の運用にも大きな影響が考えられます。

現に、自治体が作成している「生活保護の手引き」等には、自動車保有については、障害者の通院のみしか書かれていない場合が多く、今後は判例を活用しながら自治体に書き換えを要求していくことも必要です。

集会では佐藤さんが

「これから人として当たり前の生活が当たり前にできます。後ろ楯がされているのを感じる。これからすいすいとどこまでも行ける。生きていてよかったです」
と挨拶されました。

誰にも遠慮することなく当たり前に外出できることが如何に人間らしいことなのかという思いがこもった言葉で感動的でした。

13666979936602.jpg

報告集会で涙ぐみながら報告された枚方交野生健会の森田事務局長。

13666980554094.jpg

三年間、ずっと佐藤さんを支えつづけてこられました。

たたかいは厳しいけど、でもあたたかい、そんな思いで私も一杯になりました。


次のステップは、
枚方市に控訴させず判決を確定させることです。

弁護団声明と支援する会作成の要請文はこちらです。

ダウンロードし署名していただき支援する会に大至急faxでお送りください。

期限は5月7日まです。

また、拡散していただき、一人でも多くの方たちからのご支援をよろしくおねがいします。

スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク