071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

明後日25日(土)が「大阪の貧困と生活保護バッシングを考えるシンポジウム」です

「大阪の貧困と生活保護バッシングを考えるシンポジウム」が明後日にせまってきました。

月曜日に打ち合わせ会議を開き、シンポジストのみなさんとじっくり話しをしました。

シンポジストのお一人は大阪の小学校の養護教諭、保健室のベテラン先生です。
子どもたちの様子から見えてくる貧困について語っていただきます。

もう一人のシンポジストは現役の大学生さん。
彼女は苦学生で、
コンビニの早朝バイトをしながら生活費を稼ぎ、大学に通っています。
彼女自身の生活、そして周りにいる学生たちの様子をリアルに語っていただきます。

前半は中塚久美子さんの講演です。

彼女は昨年「貧困のなかでおとなになる」という本を書かれました。

51yL3oMHEQL__SL160_PIsitb-sticker-arrow-dp,TopRight,12,-18_SH30_OU09_AA160_

もうお読みになった方もおられるとは思いますが、

彼女がこの間、丹念に取材してこられた経験から
貧困の中で子どもたちがどう思い、どう育っていくか・・・・が書かれています。

そして、それだけでなく、こどもの貧困解決にむけた様々な取り組みも紹介されています。

中塚さんのお話、ぜひ聞いていただきたいと思います。

みなさまのご参加をお待ちしています。
       
チラシはこちらです

大阪の貧困と生活保護バッシングを考えるシンポジウム

★日時 2013年5月25日(土)午後1時~4時半
★会場 大阪府保険医協会M&Dホール
①講演 中塚久美子 朝日新聞大阪本社記者
「貧困の中でおとなになるこどもたち~深刻化する実態と記者としての問題意識」
②大阪の貧困の実態とバッシングを考えるシンポジウム 


コーディネーター 加美嘉史 佛教大学准教授
福祉事務所、小学校学校保健室、非正規労働者、生活保護支援団体からの発言

★参加費 無料 資料準備の関係上、事前申し込みをfaxしてください。

★主催 大阪の生活保護を考える会
(大阪自治労連・大阪府保険医協会・大阪府歯科保険医協会・大阪民医連・大生連・大阪社保協)

★連絡先 社会保障推進協議会 Tel06-6354-8662 fax6357-0846

スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク