091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

いまふたたび、ハルモニの証言をみなさんにも。

私は2006年と2007年に「ナヌムの家」を訪問しました。

その頃は、ハルモニは元気で、私たちの前でご自分のつらい経験を語っていただきました。

2007年のナヌムの家訪問でご一緒したМ尾さんが

ご自分のブログに

今年の9月11日、ナヌムの家で私たちに話しをしてくださった

イ・オクソンハルモニの言葉を詳細にアップされていたので再録します。

いまだからこそ、みなさんにせひ読んでいただきたいと思います。

そう、いま思い出しました。

この証言があった日の次の日がソウルの日本領事館前の水曜集会で、

集会後にお昼御飯をハルモ二たちと一緒に食べた食堂で、

「安倍首相、辞任」という一報を聞いたのでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神戸女学院大学石川ゼミ韓国旅行
「ナヌムの家」訪問
2007年9月10日~13日・・・・・取材同行記②

私は釜山生まれです。
家が貧しかったので学校には行けませんでした。

15歳の時、よそに仕事に出されましたが、
いじめられたり殴られたり悪口を言われたり、
毎日苦しい生活でした。

そこからさらに他の所へ仕事に行かされ
1年ぐらいたったある時、お使いの途中に突然、
身体の大きな2人の男に捕まえられ
トラックの荷台に投げ込まれました。

そこには自分と同じような女性が5人いました。
降ろしてほしい、家に帰してほしいと言うと、
男がトラックに上がりこんできて私の口を塞ぎ、
手足を縛りました。

どこに行くのかわからないまま出発、
夜になると今度は汽車に乗せられ川を渡りました。
中国のトムンという場所で一晩寝ることになったのですが、
私たちは刑務所か牢獄のようなところに入れられ、
食べるものは何も与えられませんでした。

なぜか1人だけ別の部屋に入れられた私は、
電気もなく真っ暗な部屋で、
一晩中泣きながらうろうろしたり出ようとしたりして、
足を痛めてしまい病気になってしまいました。

今でも足のせいで苦労しています。

■なぜ歴史を消そうとするのか

日本政府は、無理矢理連れてこられた人は1人もいないと言います。
自分から進んで行ったとか、お金のために行ったとか、
そういうことばかり言います。

でも自分で行ったとしたら
なぜこんなに苦労をして痛い思いをして生きてきたのでしょうか。
そんなことは絶対ない。
中国から私が何をもって帰ってきたか。
結局それは病気だけでした。
身体はボロボロになってしまった。
それなのになぜ今でも
日本では「慰安婦」の歴史を消そうとするのでしょうか。

被害者たちは今、
80歳以上のおばあちゃんです。
今日死ぬか、
明日死ぬか
わからない中で生きている。

みなさんのような学生たちの前で
本当にあったことを話すのは嫌ですし、
恥ずかしい思いでなかなか話ができないのです。  

学生のみなさん、
私が話すことを
一つひとつしっかり記録して残していってください。

こうして話すと嘘かもしれないとか、
本当なのかなと思うかもしれませんが、
これは嘘ではありません。

私は日本語はまったく話せませんでした。
けれども慰安所の生活の中では
日本語を話せと強制され、
もし朝鮮語を話したら罰金を払えと言われていました。
無理やりに迫られ
簡単なあいさつ言葉ぐらいを覚えて生きてきました。

■「犬に食べさせてしまえ」と日本兵

慰安所には14才の少女もいました。
ある日、彼女は日本人たちに殺されてしまいました。
こいつは言うことを聞かないといって、
刀で心臓を刺されて殺されてしまったのです。
死んでしまった彼女をどうしたかというと、
市内の道端に捨てて犬に食べられろと言っていました。
本当にこういうことがあっていいのでしょうか、
こういうことが許されるのでしょうか。

私たちがやめてくれと言ったり、
とめたりしたら、
同じように私たちもひどいことを受けてしまう。
だからとめることはもちろん、
声も出すことができませんでした。
慰安所ではこのような残虐なことがよくありました。

11歳の幼い子が連れて行かれたこともありました。
道を歩いている時、水汲みに行っている時、学校に通う途中・・・。
夜中にお母さんに抱かれていたところを
引き剥がされ連れて行かれたり、
さまざまな形で無理やり連れて行かれ人がたくさんいるのです。

慰安所だけではありません。
朝鮮人の何十万人という男や女が
強制的な奉仕活動や兵役を課せられたり、
工場で働かせられたり、
病院の看護師として連れて行かれたり、
さらに少女たちに対しては「処女供出」ということも行われ、
「慰安婦」にさせられていったのです。

今の日本は北朝鮮が何人連れて行ったとか、
拉致のことばかりを言っているけど、
私たちは何十万人も連れて行かれた。
そのことをどうするのか。
どのように考えているのでしょうか。

それを考えると、
はらわたが煮えくり返るような苦しい思いになります。

■日本政府は記録を出しなさい

日本政府の人たちにまず言いたいのは、
日本の中に必ずあるはずの記録を出しなさいということです。
慰安婦に関する記録や証拠を出してほしい。
そうすれば本当の歴史がわかるし、
私は謝罪とか賠償などはいりません。

私には何が必要かといえば、
記録を出せということです。
必ず記録は日本の中にあるし、
そうすれば何があったのかはわかるのです。

当時慰安所の中で女性たちを管理していたのは軍隊でした。
私の慰安所は29部隊という軍隊が管理していました。
私は富子という日本名を付けられていました。
それでも日本政府はうそだというのでしょうか。

私たちはこれからどのように生きるべきなのでしょうか。
平和的に生きるべきなのか、
それとも戦争をして生きていくべきなのか。
再び戦争をすれば被害を受け、
傷つく人がたくさん出ます。
なのになぜまた戦争をしようとするのか。

■米国にではなく私たちに謝れ

慰安所で体験したことが良いことであれば
みなさんの前で話もできますが、
いいことは1つもなかったし、
そういうことを話すのはとてもむずかしくて
なかなか言えません。

私のここに刀傷があります。
日本の少尉に付けられました。
私が言うことを聞かないといって何度も殴った後、
刀で切ってきたのです。
刀を刺すときは刺してすぐに抜くのではなくて、
刺したものを捻って傷つけていじめる。
だから本当にひどく痛かったです。

また慰安所から逃げ出そうとして憲兵に捕まり、
何度も殴られ刀で足を刺されました。
その痕がこれです。

私は繰り返し暴行を受け目にも耳にも障害が残りました。
歯も抜けました。
もし私が憲兵に殴られたとき死んでしまったら、
このようにみなさんに合うこともありませんでした。
日本人は本当に怖い存在でした。

安倍という人は本当にひどい人です。
彼は被害を受けた韓国の女性たちの前で謝るのではなくて、
アメリカ大統領の前で謝っています。
こんな人が日本の首相になっているようでは
日本は良くなっていかないでしょう。

■元「慰安婦」が死ぬのを待つ日本

学生のみなさん、
大学で勉強することはどんなにいいことでしょう。
お父さんやお母さんが学校に通わせてくれて
本当に幸せだと思います。

これから私たちは
戦争をしないで平和的に生きなければいけません。

日本政府はお金がなくて
被害者に謝罪しないのではありません。
日本はお金をたくさん持っていますが、
実は私たち「慰安婦」被害者が死ぬのを待っているのです。
そしてその後に再び戦争をしようと、
戦争の準備をしているのだと思います。
安倍は本当は利巧でずる賢いのでしょう。

学生のみなさん、
しっかり勉強して国を守ってください。
よく考えてみてください。
戦争をするのはいいことなのでしょうか。
戦争が好きですか。
平和的に生きていかなくてはいけないでしょう。

■死んだことになっていた私

戦争が終わると私たちは山に捨てられました。
日本軍が連れて行ったのだから、
日本軍がしっかりと連れて帰るべきであるにも関わらずです。

現在、
日本をはじめ海外で生活している朝鮮人が多いのはなぜか、
結局それは日本のせいでそうなったのです。

私は
日本軍に15歳のときに中国に連れて行かれて、
その後中国で58年間生活し、
2000年になってやっとここに帰って来ることができました。

文字を学ぶことができなかったので、
手紙を送ることができませんでした。
だから韓国の家族は私が死んだものだと思って
死亡申告を出していました。
韓国に戻ってきた時に私は、
死んだ人になっていたのです。
さらにその後の私は国籍がなくて大変苦労し、
そのことがとても辛かった。

私の人生はなぜこうなってしまったのでしょか。
日本がこのようにしたのです。
日本のせいでこうなりました。
当時の日本の政府や軍隊のことを考えると
一つもいいことはないと思っています。

■あなたたちに罪はない

私たちが話をする時、
日本はひどい国だということをたくさん言います。
だけど日本の人たちみんなが悪い人だとは思っていません。
ここに来たあなたたちは
日本の歴史を知らなかったから
それを学ぼうと思ってきている人たちです。
あなたたちに罪はありません。
昔の日本の人たちが政治を間違えてしまって
悪いことをしたり、
ひどいことをたくさんしてきたのです。

にも関わらず、
日本の社会の中で、
お金を稼ぎに行ったとか、
自分から行ったのだと言われることは
本当にひどくて悔しい思いでいっぱいです。

日本からここに来る人はたくさんいますが、
日本政府の人たちがここに来て、
私たちの前ですみませんでしたとか、
苦労かけましたとか、
そのように謝ったことは1度もありません。

みなさんが
私たちハルモニに会いたいと思って来たり、
知ろうとして来たり、
そのようにしてここに来ることは
とてもいいことで、
あなたたちに罪はありません。

これで終わりにしましょう。
長い時間聞いてもらってありがとう。

(通訳:村山一兵氏 2007年9月11日「ナヌムの家」で)
スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク