091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

介護サービスは家族のためにもあるはずだ

私の年長の知人が、
数度の脳出血を繰返し、一時はとても深刻な状況に陥ったのですが、

ここにきて奇跡的な回復を果たしました……

人間の身体の力、生命力というのは果しなく底知れないものなのですねえ。

これまでにも電話では何度かやり取りをしていたのだけれど、

昨日、思いきってご自宅にお見舞いにいってきました。

一時は自分自身の名前さえ、そして家族の名前さえ思い出せなかった状態から、

昨日は家族の話や選挙の話まで、固有名詞がなかなか出てこなくても、
色々なやり取りをすることができました。

脳出血のために視力が殆ど回復せず、見えない状況になっていますが、

でも光や白や赤などはっきりした色はぼんやりわかるそうです。

ただ、見えないために一つ一つの動作に介助が必要となります。

介護保険の要介護認定は入院中にいち早く調査もうけたのですが、
判定は介護1にしかなりません。

起き上がれるし、歩けるし、食べれるのです。

でも、介護をする夫さんは、四六時中よこにいないといけないのです。

着替えひとつでも、タンスから選び出し、前とうしろ、裏表を指示しないと着れないのです。

要介護認定って、介護の手間を計るんじゃなかったですか?

要介護認定は本人に聞くのではなく、介護者に聞かないとあかんのではないかと昨日思いましたね。


それと、介護をする夫さんがそばにいないと不安になるので、夫さんはずっと家から出れません。

訪問介護や訪問看護は単発では来てくれるけれど、ずっとそばにいてくれるわけではありません。

そんなとき、助かるのはデイサービスだと夫さん。

週に定期に二回でもデイサービスに行ってくれると自分が動けると。

いま、次の介護保険見直しの議論の中で『デイサービスは自立のために役立っていない』『家族がいるのに使っている』みたいな委員からの声が出ていたり、調査結果がでてますが、

デイサービスは家族にとって必要なのだということがよくわかります。

要介護1だからといって家族の介護の手間が少ないわけでは決してないし、

介護のために介護者のすべての時間を奪わないためにサービスが必要なのだと、

昨日のお見舞いの二時間半で思い知りました。

机上の空論で介護を議論するなと、国民会議の委員、そして社会保障審議会介護保険部会委員に言いたい。

いえ、言わなければ。
スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク