0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

お気に入りのお弁当箱と食べ方と生き方

先週の東京行きで買ってきた自分へのお土産のお弁当箱。

小ぶりだし、私の愛用の籠にもすっぽりはいるしで、ますますお気に入り。

そして、毎日張り切ってお弁当作ってます。

1459252_475609745888536_889962127_n.jpg



大阪社保協井上会長(内科医)から進められてよんだ本。

脳はバカ、腸はかしこい脳はバカ、腸はかしこい
(2012/10/20)
藤田 紘一郎

商品詳細を見る


それ以来、藤田紘一郎先生の本を何冊も読みました。

50歳からは「炭水化物」をやめなさい。 ~「病まない」、「ボケない」、「老いない」体をつくる腸健康法~50歳からは「炭水化物」をやめなさい。 ~「病まない」、「ボケない」、「老いない」体をつくる腸健康法~
(2012/09/21)
藤田 紘一郎

商品詳細を見る


先月来、
とにかく胃腸の具合が良くなくて胃カメラまで飲みましたが、結局異常なし。


それで、私の胃腸は藤田先生の書かれているように、
私の飲み食いの仕方への注意シグナルを出しているのかなと...

毎日の飲食の分量を減らし、食べる内容も変えつつあります。

そうすると、このところ胃腸の具合がいいのです。

そして、このお弁当箱の分量、
私の場合はこれくらいでいいのですね。
汁物と一緒にゆっくり食べるとお腹いっぱいです。

何をどのように食べるかは、究極的には生き方の問題だとおもうのですが、

私は野菜と発酵食品を中心に、
お魚とお肉は少しずつ、加工食品は添加物が不安なのでできるだけ避けます。

そして大好きなお酒も
量より美味しいと思える程度に。
いまだと生中とグラスワイン一杯がちょうどいいみたい。

藤田先生の著書では、
『五十歳をすぎたら炭水化物は食べるな』ということですが、
私はやはり白米が好きなので、
お昼には白米を美味しく頂き、夜は食べないことにしています。

藤田先生の著書によると毎日5000個ものがん細胞が生まれます。

そのがん細胞とたたかい、殺すのが免疫機能。

免疫機能が強化されるのか、弱体化するかは食事で決まります。

食事は毎日毎日の積み重ねで、
そして食べたものでからだができます。
当たり前のことですが。

でも、藤田先生の本をよんでおもったんですけど、

これは昔から私の母が
子どもである私たちにずっといってきたことで、
そして実践してきたことなんですよね。

『お肉食べたらその5倍の野菜を食べなさい』
『繊維質はからだの汚れをとります』
『冷凍食品と電子レンジはできるだけ使わない』
等など・・・・。

父の病気も、母が完全に食事管理をすることによって、いま安定しています。

母は食育なんて言葉のない50年前から
食事こそが身体のために重要だとずっと言っていたのですね。
スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク