0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

幸せな一日

18日の土曜日は「滞納処分・差押問題国保西日本集会」。

気合いをいれていつもよりおしゃれして紫の紬で。

13901452692350.jpg


8時40分に玉造駅に着き、

会場の大商連会館に向かう途中、行き先表示をつけていく。

9時前に会館に着くと、すでに近畿ブロックのメンバーが集まっていた。

心強いな。

みんなで袋づめをし、打ち合わせをして受付体制に。

続々と会場は一杯になっていく。

開会あいさつをする京都社保協・南事務局長

13901442395821.jpg

会場は満杯、143人が参加。

13901442183070.jpg

まずは楠晋一弁護士の講演「滞納処分の基礎知識とたたかいの到達点」。

DSCF7109.jpg


大阪社保協では何度も何度も繰り返し学んできたことだけれど、

全国的にはこうした学習はされていない。

「滞納処分とはなにか」「差押えとはなにか」「財産調査とは」・・・・

こうしたことをなぜ学ぶ必要があるのか、

楠弁護士はこう指摘します。

①法律や通達なと関係法令を知る(丸めこまれないよう理論武装)

②追及する前提となる事実・証拠をつかむ

③違法行為を監視していることを役所に知らしめる

そのためには、

①専門家(弁護士、税理士、地方議会議員、現役の行政職員、職員OB)との連携、勉強会の開催等

②自治体の情報公開請求制度の活用、役所への質問状・情報提供の依頼など
  入手したデータの分析(「国保の危機は本当か?」)

③役所との定期的な懇談(時には対決)

などが必要だと。

差押えにはルールがあり、

さらには特別法によって「差押え禁止財産」が規定されており、

高額療養費、傷病手当などの健康保険給付、生活保護費、障害者自立支援給付、児童手当、児童扶養手当、養育医療費、後期高齢者医療給付、雇用保険給付などは

金額にかかわらず差押えをすることができない。

しかし、現実的には差押え禁止財産であっても、

通帳に振り込まれたとたん、差押え禁止財産ではなくなり、差し押さえることができる、

と、全国の自治体の職員はそう思っており、そして差し押さえている。

その根拠としてるのが平成10年の最高裁判決。

その内容について、楠弁護士が解説。

簡単に言うと、

差押え禁止財産であっても、預金にはいってしまうと、

いろんお金がごちゃごちゃしてしまって、

何のお金かわからなくなるので、その預金はもう差押え禁止財産ではなくなる、というもの。

たまたま、その通帳はいろんなお金がはいっている預金だったのだ。


そして去年、その最高裁判決を打ち破る画期的な判決がでた。

それが去年の11月にでた「鳥取児童手当差押事件」に対する高裁判決。

この判決については、

鳥取県民主商工会連合会 川本善孝事務局長が「『鳥取県児童手当事件』闘いの歩み」として

どんな経過があったのか、裁判はどう進められたのか、国会で、地域でというお話をいただいた。

DSCF7120.jpg


特に素晴らしいのは、

川本さんが、原告が「児童手当が鳥取県に差し押さえられた!!」と飛び込んできたその日に早速

同行して鳥取県に要請・抗議にいかれたこと。

この議事録がちゃんと鳥取県が作っていて、

のちに裁判でも大きな威力を発揮することになる。

やっぱり、相談をうけたら「同行」しなくちゃね。



そしてさらに、裁判の弁護団の勝俣彰仁弁護士から

「違法な差押えの是正に向けて~鳥取県児童手当差押え事件判決を活かす」と題し

一審(地裁)判決と二審(高裁)判決の内容と意味を詳しくお話いただいた。

13901441951321.jpg

この事件の概要は以下。

鳥取市在住の自営業者の男性が、自動車税・個人事業税等の県税を滞納していたところ、

鳥取県税事務所が平成20年6月11日、

「差押え禁止財産」である児童手当金の振り込みが行われた直後に 

男性の預金を差し押さえたことは「受給権の侵害」にあたり違法であるとして

差押処分等の取り消しと差し押さえられた児童手当金の返還、

国家賠償法の慰謝料を請求した裁判。

「高裁判決文」では、

①処分行政庁は、本件差し押さえ処分の時点で、平成20年6月11日に本件口座に本件児童手当が振り込まれることを認識していたと認めることが合理的である

②処分行政庁において本件児童手当が本件口座に振り込まれる日であることを認識したうえで、本件児童手当が本件口座に振り込まれた9分後に、本件児童手当によって大部分が形成されている本件預金債権を差押えた本件差押処分は、本件児童手当の部分に関しては、実質的に本件児童手当を受ける権利自体を差押えたのと変わりがないと認められるから、児童手当法15条の趣旨に反するものとして違法と認めざるを得ない。

裁判所の判決文って、ぐるぐる回りくどいけれど、でも当たり前のことが書いてある。

このシンプルさが素晴らしい。

勝俣弁護士は、

「しかし,高裁判決は,重要なくさびをうった。

今回“高等裁判所が”差押禁止債権の属性を承継すると明示し,

実際に児童手当の返還を命じて,最高裁判決の限界,預金差押許容説の限界を厳に示した。

最高裁判決があり預金差押許容説もあったから不法行為とはならないという論理は“本件まで”しか使えない。

本件でも地裁判決のとおり紙一重。

ましてや今後はこれまでとは異なり,高裁判決がある以上,

預金となったからといって漫然と差し押さえることは許されない。」と。

そして、勝俣弁護士の講演て初めて知ったのだけれど、

行政訴訟の場合、処分に対する不服審査請求を先にしておかなければ、

裁判で争うことができない。

この事件の場合、

「差押処分」と「配当処分」の2つの処分に対して不服審査請求をしておかなければならないのだけれど、

だいたい、後者に対して審査請求するなんて思いつかない・・・・。

裁判のことを考えて審査請求なんて普通はしない。

でも、一審では画期的な判決がでていて、

「後者については行政庁に対する審査請求手続きを経ないでその取り消しの訴えを提起することができるとするのが相当」とした。

ただ、二審ではこの件については却下したのだけれど、

でもその代わり、

「取立てに係る金員を保持する権限を課税主体に与えるものではないのであって,仮に本件差押処分が違法であることによって,滞納者が財産的損害を被ったり法律上の原因なく損失を受けたりしたというのであれば,本件差押処分の取消し等を経ることなく,不法行為に基づく損害賠償請求あるいは不当利得返還請求の方法によって,滞納者の損害ないし損失の回復を図ることが可能であると解されるから,本件差押処分の取消請求に係る訴えの利益を否定したとしても,滞納者の権利利益を回復することは可能であるといえる。」

とした。

つまり、行政訴訟で「差押処分の取り消し」をしなくても、
民法にもとづく「損壊賠償請求」とか「不当利益の返還請求」とかすればいいやんか、と言ってくれているのだ。

これってめちゃくちゃ画期的なこと。

ここが、この判決のすばらいしとこだ。

勝俣弁護士はそして最後に、私たちにこう言われた。

「常識的な感覚を大事にしてほしい。

全国で行われている年金や児童手当が口座に入った途端に全額差押えているような事例、

常識的に考えておかしい差押えは違法だとしてとり戻すべきだ。

そして、今後なされたおかしな差押えについては直ちに利息をつけて返還請求をすべきだし、

あわして損害賠償請求もすべきだ。

この鳥取の判決を活かすのはこれからだ」と。

本当にそうだ。

私たちの今後のたたかいが見えてきた。

とりあえず、大阪府内市町村の国保収納課担当課長あてに

「滞納処分・差押問題資料集」と「鳥取高裁判決を踏まえて滞納処分を行え」という要望書を送ることにする。

13902001696010.jpg

判決文もきっちりと自治体の担当者に読んどいてもらわないとね。


午後はいくつか地域でのたたかいの報告もあり、

本当に充実した一日となった。

私は、どうしてもこの学習会、全国レベルで必要だとずっとおもっていた。

だから、成功させることができて本当にうれしかった。

終了後、打ち上げをして、いろんな人と語り合った。


13901441594200.jpg


なかでも、福岡建設労働組合の方たちが5人も参加してくださったことはとてもうれしかった。

昨年の1月には、国保学習会の講師としてお招きいただいた。

大阪と福岡でつながっている。

そして、大阪に、近畿に信頼できる仲間がいる。

私は幸せだな、つくづくと思った一日だった。









スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク