071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

食べる、料理をする力

この年末は本格的におせちを作ります。

私の母はこのブログでも書いてますけど兵庫県の三田市で料理研究家をやってます。

こんな本もだしていたり

1418716055709.jpg

兵庫県と一緒にこんなパンフレットを監修したり、

1418715458081.jpg

コープこうべの機関紙にお料理コーナーを持ってたこともありました。

っで、
今年の年末は、おせち料理をたべたことのない母子のために
代表的なおせち料理をつくって配ることになりました。

黒豆、煮しめ、伊達巻、ごまめ、松風焼き、きんとん。

こんな感じですね。

1418715480876.jpg

私はおせち料理がとても好きで、
毎年、母のおせちをいただいているのですが、

今年は友人たちと一緒に
一からおせちを学び、
そして、食べてもらいます。

やっぱり、和食ってすごいとつくづく思うんですよね。

まず、お米。
米の状態になっていれば、水と火とお鍋があればご飯になる。
ご飯があれば、最悪でも塩だけでもおいしいおむすびができる。

小麦粉はそういうわけにはいかない。

まあ、最悪みずでまぜて焼けばクレープみたいなのはできるけど、
それだけでおいしくないものね。
混ぜる、こねる、発酵させる、焼く、ゆでる、など時間がかかります。

それから、和食のすごさは発酵食品が多いこと。
味噌、醤油、酒、漬物、納豆・・・・みんな発酵食品だものね。
発酵食品は免疫力を高めるので、病気にならない身体をつくります。

そして、野菜が多い。

根菜や葉物というのは、なかなか他の国の料理にはない。
あっても、日本の野菜ほどバラエティー豊かなものはないです。

そして、魚や肉。

ご飯を中心に
赤、黄、緑でおかずを展開していくと、
いろんなものを食べることができます。

来年、こども達のための料理教室をやりたいと思っています。

お米の寄付がたくさんあるので、
ご飯も単に白飯だけでなく、炊き込みご飯、混ぜご飯、お寿司などの展開、
汁物は味噌汁を基本に、豚汁、団子汁、スープに展開、
おかずは、子どもがつくりやすいものを中心に。

そんなことを思っています。

私は料理を習ったことはありませんが、
たいてい何でもできるのは、
こどものときから料理上手の母の横にいてみて手伝っていたからです。

ですから、料理ができない親に育てられるとそのこどもも料理ができません。

子育ては伝承ですから。

こどもたちに料理ができる力をつけてもらいたい。
料理、食べることは生きる力ですから。






スポンサーサイト

プロフィール

crecre

Author:crecre
大阪の社会保障のことなら何でもまかせて・・・といえるようになりたいと日々勉強勉強
大好きなものは・・・
着物、旅行、露天風呂、読書、映画、足つぼマッサージ、料理(なんでも作ります。特にパスタははっきりいって、そのへんのイタリアンには負けませんし、時間さえあればピザも生地から、餃子も皮からつくります。煮物も大得意です。最近パンも焼いています)
大好きな人たちとの楽しいおしゃべり+美味しいお料理。
表計算ソフトのエクセル・統計が大好きです。
大切なものは・・・もちろん2人の息子、そして三匹のにゃんず。
性格は・・・非常に前向き、後ろは殆ど振り向きません。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー&アーカイブ(Tree)

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

+ アーカイブ
 

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク